オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/15 14:06

ニュース

GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

 CES 2019の期間中,GIGA-BYTE TECHNOLOGY(以下,GIGABYTE)は,ラスベガスのホテルで招待者向けの製品展示を行っていたが,そこに,同社のゲーマー向け製品ブランド「AORUS」初となるゲーマー向け液晶ディスプレイ「AORUS AD27QD」(以下,AD27QD)があった。

AD27QD
画像(002)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

 北米市場では1月16日発売予定となっており,北米市場におけるメーカー想定売価が599ドル(税別)となっているAD27QDは,27インチサイズで解像度2560×1440ドットのIPS液晶パネルを採用する液晶ディスプレイだ。垂直最大リフレッシュレートは144Hz対応で,AMD独自のディスプレイ同期技術「FreeSync」対応,また映像の残像感を低減する「AIM Stabilizer」や暗部の視認性を高める「Black Equalizer」といった機能もサポートしている。
 また,HDR表示も可能で,VESAのHDR対応ディスプレイ規格「DisplayHDR 400」にも対応。色域はデジタルシネマ向けの色域規格「DCI-P3」の色空間カバー率95%とのことだ。

 実機にはスタンドの頂部に頑丈な取っ手が付いているため,移動するときに持ち運びやすいという。IPS方式のパネルを採用する時点で「ガチな勝負向け」ディスプレイとは言いがたいだけに,「外出先へ持って行く」ニーズはあまりない気もするが,自宅内で箱から出したときのセッティングや,ちょっとした模様替えにおいては便利そうである。

上部に取っ手のついたスタンド(左)。具体的な数値は未公開だが,スタンドは上下回転(チルト)と高さ調整が可能で,縦回転(ピボット)にも対応している(右)。ディスプレイ本体背面とスタンド背面のロゴマークは,カラーLEDイルミネーションを内蔵していた
画像(003)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ 画像(004)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

 さて,ここまでに述べた主な仕様は,他社製の液晶ディスプレイと比べて特別というほどではない。AD27QDにおける差別化要因はそれ以外のところにある。
 最初に紹介するのは,液晶パネル下側のベゼル部分に,3基のマイクを内蔵している点だ。AD27QDとPCをUSBケーブルで接続すると,内蔵の3基のマイクをアクティブノイズキャンセリングに対応したアレイマイクとして利用できるという。

画像(005)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ
背面側で下向きに並ぶ各種インタフェース。左から順に3.5mmミニピンヘッドフォン出力,3.5mmミニピンマイク入力,2系統のHDMI 2.0入力,DisplayPort 1.2,アップストリーム用のUSB 3.1 Gen.1 Type-B,ダウンストリーム用で2系統のUSB 3.1 Gen1 Type-Aが2つという配置だ
画像(007)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ
アレイマイクを構成するマイクの1つは,ベゼル下部中央にあるAORUSロゴの下に埋め込んであった。残り2つは,GIGABYTEの説明員によると,ロゴから少し離れたところにあるらしいのだが,ぱっと見だと場所を確認できず

 もう1つの見どころは,Windows上で動作するディスプレイ設定ソフトを標準で用意してあるところだ。画調モード選択機能や輝度,コントラストを調整機能といった基本的なものだけでなく,画面上に子画面を表示してメイン画面の機器とは別の映像を表示するPiP(Picture-in-Picture)や,2画面を並べて表示するPbP(Picture-by-Picture)といった,およそOSDメニューから設定できる機能はほぼすべてをソフツェアから設定できるようになっていた。
 このソフトからは,ベゼルの下部にあるOSD操作用のジョイスティックに,デフォルトとは異なる機能を割り当てるといったことも可能だそうだ。

AD27QDのディスプレイ設定ソフト。ディスプレイに手を伸ばして操作するのではなく,手元のマウス操作で設定を変更できるのは便利だ。
画像(006)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

 PC側のキーボードショートカット操作で,ディスプレイの各種設定を素早く切り替える機能もあった。

AD27QDの設定を切り替えるキーボードショートカットの一覧
画像(009)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

映像の中央に重ねて表示する照準マークを,スマイリーフェイスに変えた状態。赤い線で描かれた顔がそれだ
画像(010)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ
 ちょっと面白いのは,画面の中央にクロスヘア(照準)を重ねて表示する機能で,照準マークをユーザーが任意の画像と差し替えられるという点だ。実機によるデモでは,あらかじめ登録しておいたスマイリーフェイス(ニコちゃんマーク)を画面中央に表示してみせ,笑いを取っていた。

 日本での正式販売が行われるかどうかは不明とのことだったが,競合製品が少なくないHDR表示対応の144Hz対応液晶ディスプレイで,PC用設定ソフトの多彩な機能をアピールポイントにするというのは,なかなか目の付けどころがいいように思う。AORUSブランドは最近,日本での活動を活発にしつつあるので,ディスプレイの国内展開も期待したいところだ。

ちなみにこちらは,会場内に展示されていた液冷対応グラフィックスカード「AORUS GeForce RTX 2080 XTREME WATERFORCE WB 8G」。HDMI×3,DisplayPort×3,USB Type-C×1といった具合に,7系統ものビデオ出力を備え,このうち最大4画面出力を行える
画像(011)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ 画像(012)GIGABYTE,ゲーマー向けブランド「AORUS」初の液晶ディスプレイ「AD27QD」を発表。PC用設定ソフトの多機能ぶりが魅力だ

GIGABYTEのAORUS公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    AORUS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月