オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NEWラブプラス+公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2014/03/27
  • 価格:パッケージ版:5700円(税抜)
    ダウンロード版:5200円(税抜)
    コンプリートセット:各3万2000円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
80
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/04/01 17:24

イベント

「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

 KONAMIは2014年3月29日,イベント「カノジョと過ごす 日光・鬼怒川『NEWラブプラス+』体験ツアー」を実施した。これは,同社が3月27日に発売したニンテンドー3DS用ソフト「NEWラブプラス+」のゲーム内で,「日光・鬼怒川旅行イベント」に登場するスポットを実際に巡るという企画だ。ツアー当日は,事前の募集に応じた男女合わせて36名のカレシ達が,カノジョとの観光を楽しんだ。

ツアーで使われた観光バスには,「十羽野高等学校様」という表記が
画像(001)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

 今回のツアーで巡ることとなったスポットは,「日光東照宮」「カフェレストラン匠」「EDO WONDERLAND 日光江戸村」「東武ワールドスクウェア」の4か所。
 そのうち,EDO WONDERLAND 日光江戸村ではステージイベントが開催され,「ラブプラス」シリーズのクリエイティブプロデューサーを務める内田明理氏とキャラクターデザイナーのミノ☆タロー氏,そして「ラブプラス」ファンとして知られる声優の阪口大助さんの3名がトークを繰り広げた。

クリエイティブプロデューサー 内田明理氏(中央),キャラクターデザイナー ミノ☆タロー氏(右),阪口大助さん(左)
画像(002)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

 EDO WONDERLAND 日光江戸村の感想を問われた内田氏は,「NEWラブプラス+」のロケハンで初めて訪れたとのことで,マスコットキャラの「ニャンまげ」を実際に見たときはテンションが上がったという。そのあとの取材中も,自身が黒澤映画の中にいるような感覚にたびたび陥っていたそうだ。
 そのロケハンの写真をもとにイラストを描き上げたというミノ☆タロー氏は,今回,実際にEDO WONDERLAND 日光江戸村の各所を見て,「あのとき描いたパーツだ」とワクワクすると話していた。

トークイベントのMCを務めたタレントの森 一丁さん(左端)は,ツアーにも同行し,参加者とともにスポット巡りを楽しんでいた
画像(003)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(004)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(005)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(006)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

 また阪口さんは,一足早くゲーム内の日光・鬼怒川旅行イベントを体験したとのこと。“マナカレ”(愛花のカレシ)として知られる阪口さんだが,今回はあえて寧々でプレイしてみたそうで,「寧々さんの意外な一面が見られて,可愛いなと思いました」との感想を述べていた。
 日光・鬼怒川旅行イベントについては,愛花,凛子,寧々それぞれに見どころがあると内田氏。三者三様の思惑が秘められた展開が待っているので,ぜひ楽しんでほしいとのことである。

話題は,東武ワールドスクウェアや,愛花が表紙のイラストを描いた(という設定の)「修学旅行のしおり」にも及んだ。ミノ☆タロー氏いわく,「日光東照宮の絵はトレース疑惑がある」そうだ
画像(007)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(008)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

画像(009)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(010)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(011)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(012)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
会場では,ツアー参加者から寄せられた「ラブプラスへの想い」の中から,優秀作品に「阪口賞」「内田クリエイティブプロデューサー賞」「ミノ☆タロー賞」が贈られた
画像(013)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(014)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(015)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

京葉線 姉ヶ崎駅で撮影された力作の画像には,特別ゲストのニャンまげから「ニャンまげ賞」が贈られた
画像(016)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(017)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

ツアーに参加したカレシ達には,2014年5〜6月に掛けて実施される予定のキャンペーンにて配布されるノベルティが,先行でプレゼントされた
画像(018)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
 トークイベントのエンディングでは,阪口さんとミノ☆タロー氏が,ツアーに参加したカレシ達に感謝を述べるとともに,「これから,カノジョ達と一緒に楽しいときを過ごして行きましょう」とコメント。
 また内田氏は,このツアーについて「皆さんが,こうして共有した体験を,何年かあとに楽しい記憶として思い返していただけるとうれしいです」と話していた。

 それでは最後に,今回のツアーで巡ったスポットをフォトレポートとして紹介していこう。

●日光東照宮

 江戸幕府初代将軍 徳川家康を神格化した「東照大権現」を祀っている。今回のツアーでは,滞在時間が約1時間だったので,有名なポイントをチェックするだけとなった。

画像(019)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(020)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(021)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(022)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

ゲーム中で登場する日光東照宮。数多くの彫刻で装飾された陽明門を観光しているようだ
画像(037)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート


●カフェレストラン匠

 明治創業の「日光物産商会」の2階に設けられたカフェレストラン。ツアー参加のカレシ達には,ゲーム内のイベント同様,“ネネカレ”と“マナカレ”には「ゆば弁当」が,“リンカレ”には「カレーセット」が昼食として提供された。

店内には,「NEWラブプラス+」のポスターが展示されていた
画像(023)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(024)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(025)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(026)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

こちらはゲーム内での食事シーン。ご覧のとおり,カレーセット
画像(038)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート


●EDO WONDERLAND 日光江戸村

 江戸時代の街並みを再現したテーマパーク。ツアーでは,上記のトークイベントが行われたほか,ゲーム内のEDO WONDERLAND 日光江戸村イベントを先行体験できるコーナーも設けられた。

画像(027)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(030)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(031)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(028)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

日光江戸村でのイベント
画像(039)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート


●東武ワールドスクウェア

 世界文化遺産45物件,および世界の建築物や遺跡などを25分の1スケールで再現。ゲーム内東武ワールドスクウェアイベントを先行体験できるコーナーも設けられた。

画像(032)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(033)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート
画像(034)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート 画像(035)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

寧々さんとパリ観光……ではなく,もちろん舞台は東武ワールドスクウェア
画像(040)「NEWラブプラス+」のゲーム内イベントスポットをリアルで堪能。日光・鬼怒川の名所を日帰りで巡ったツアーの模様をレポート

「NEWラブプラス+」公式サイト

  • 関連タイトル:

    NEWラブプラス+

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/05/11)
NEWラブプラス+ (2014年春発売予定)
Video Games
発売日:2014/03/27
価格:¥6,490円(Amazon) / 3350円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月30日〜10月31日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
49
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
38
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年05月〜2020年10月