オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Mad Max公式サイトへ
レビューを書く
準備中
Mad Max
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[gamescom]オープンワールド型アクション「Mad Max」のプレゼンリポート。文明崩壊後の荒野で生き残るにはクルマが必要不可欠
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/08/24 22:11

イベント

[gamescom]オープンワールド型アクション「Mad Max」のプレゼンリポート。文明崩壊後の荒野で生き残るにはクルマが必要不可欠

 Warner Bros. Interactive Entertainmentから2014年に発売予定の「Mad Max」PC/PS4/PS3/Xbox One/Xbox 360)は,2013年6月10日に開催された「PlayStation E3 2013 Press Conference」で発表され,大きな注目を集めた(関連記事)。そんな同作のプレゼンテーションが,gamescom 2013のビジネスエリアにある同社のブースで行われた。

Mad Max
Avalanche StudiosのJohn Fuller氏
 本作は,映画「マッドマックス」をベースにしたオープンワールド型アクションゲームで,開発はJust Causeシリーズなどで知られるAvalanche Studiosが担当する。
 プレゼンテーションでは同スタジオのJohn Fuller氏が,最初にゲームの基本的な内容を紹介した。プレイヤーは主人公マックスを操作して,さまざまなミッションをこなしていくことになる。マップは広大なので目的地へは基本的にクルマで移動するが,クルマは単なる移動手段ではなく戦闘にも使われるようだ。

 文明が崩壊してしまった後の世界が舞台になっているだけに,ただひたすら荒野が広がっており,クルマなしではなにもできない。つまり,クルマが本作の重要な要素になっているのだ。

Mad Max
マックスの愛車として知られるインターセプターは盗まれてしまったそうで,本作では「Magnum Opus」というクルマが相棒になる

 もちろんミッションによっては,クルマで目的地に移動した後,マックス自身を操作することもあるが,その場合でも大抵帰りは敵のクルマに追い回されるハメになる。そこでクルマの性能があまり高くないと,逃げ切れるものも逃げ切れなくなったりするわけだ。
 
 というわけで,ミッションによっては敵のクルマを奪って,そのエンジンを自分のクルマに積み替えるといった要素もある。エンジンのほかには,サスペンションやタイヤなどのパーツもカスタマイズ可能で,プレイヤーはミッションの内容に応じて調整するのだ。また,クルマは戦闘でも重要になるので,必要以上にゴツゴツとしたバンパーを取り付けて攻撃力を高めるといったこともできる。ちなみに,こうしたクルマの組み合わせパターンは100万とおりを超えるという。

Mad Max

 スクリーンショットを見ればお分かりのように,この世界には道と呼べるようなものはほとんどなく,岩がゴロゴロと転がっている未舗装の大地を疾走していく。当然,クルマは上下に激しく揺れ,ときにはジャンプしてしまうこともあるが,その表現も本作のウリの1つだ。悪路でも走れるように改造してあるとはいえ,荒野を突っ切ってぶっ飛ばす姿は見ているだけでも気持ちがいい。
 さらに,そんな状況で戦闘に突入することもあるというのだから,血がたぎるシチュエーションだ。

Mad Max

 また,敵を仕留めるとスローモーションになる演出があるが,これがクルマの疾走感といいコントラストになっていて,無駄にかっこいい。本作のリリース予定は漠然と2014年としか発表されていないが,その動向に注目せざるを得ないタイトルだ。

「Mad Max」公式サイト

4Gamer「gamescom 2013」特設ページ

  • 関連タイトル:

    Mad Max

  • 関連タイトル:

    マッドマックス

  • 関連タイトル:

    Mad Max

  • 関連タイトル:

    マッドマックス

  • 関連タイトル:

    Mad Max

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月