※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
1990年代にリリースされた異色RPGの精神的後継作「Torment: Tides of Numenera」のインゲーム映像が公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/05/21 13:57

ニュース

1990年代にリリースされた異色RPGの精神的後継作「Torment: Tides of Numenera」のインゲーム映像が公開

 クラウドファンディングサイトのKickstarterで,ゲームプロジェクトとしては史上最高額となる418万8927ドルを獲得して開発が進められているRPG「Torment: Tides of Numenera」。その初となるゲームプレイトレイラーが公開された。



 本作は,テーブルトークRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」でも異色のチャプターとなる「Planescape」をベースに開発され,1999年にInterplay ProductionsによりリリースされたRPG「Planescape: Torment」の精神的後継作品だ。開発を行うinXile Entertainmentには,Interplay Productionsの設立者でもあるBrian Fargo(ブライアン・ファーゴ)氏を筆頭に,当時のメンバーも多く所属している。

 主人公は,「The Last Castoff」と呼ばれる古代人の精神生命体であり,死んでもほかの肉体に魂を宿すことによって不死の状態を得ている,神に選ばれた存在だ。記憶は継承されないので本人はその事実に気付いていないが,神を葬ろうとする勢力が出現したことにより,プレイヤーはほかのCastoff達が生きる「第九世界」に旅をしていく……というのが本作のストーリーとなっている。善と悪が混在し,敵と味方の区別も付かない中,プレイヤーはさまざまな試練に耐えながら「命の尊厳」についての問いかけられることになるのだ。

 今回リリースされたトレイラーを見ると,クラシカルなグラフィックスや,文字量の多いインタフェース,そして異様な精神世界など,Planescape: Tormentを思わせる要素がたっぷりと盛り込まれていることが分かる。複雑な会話やストーリーを楽しむゲームであるため,日本語化が予定されていない本作をプレイするためのハードルは高いが,2015年第4四半期のリリースを待ちたいところである。

「Torment: Tides of Numenera」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Torment: Tides of Numenera

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月