オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/08/07 20:00

イベント

セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載

 アークシステムワークスが贈る対戦格闘ゲーム「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」(以下,BBCP)。2014年4月にはPlayStation Vita版も発売され,多くのプレイヤーが楽しんでいる本作だが,そのアーケード用最新バージョン“ver 2.0”のロケーションテストが,全国各地のゲームセンターにて本日(2014年8月7日)スタートした。期間は8月7日から8月10日の3日間で,東京・愛知・大阪・福岡の4店舗で体験できる。

ロケテスト会場となった「秋葉原Hey」
画像(001)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載

 Ver.2.0の最大の目玉といえば,コンシューマゲーム機版のストーリーモードで登場した「セリカ=A=マーキュリー」と,前作からの復帰キャラクター「Λ-No.11-(ラムダ)」が新キャラクターとして登場すること。両者ともに非常に人気の高いキャラクターだけあって,このロケテスト開催を待ちわびていた人も少なくないはず。またシステム面や既存キャラクターにも細かく手が入れられており,シリーズプレイヤーにとっての見どころも多い。

 4Gamerでは今回,ロケテスト初日の秋葉原Heyにお邪魔して,いち早くVer.2.0に触れることができたので,早朝より集まったファン達によって熱気に溢れた会場の様子から,実際のプレイフィールまでをお伝えしていこう。また本作のプロデューサーである森 利道氏と,プランナーの加藤京平氏へのミニインタビューも合わせて掲載しているので,ぜひ最後まで読み進めてほしい。

■関連記事:

「BLAZBLUE」シリーズポータルサイト


新キャラに加え,システム面も変化した“Ver.2.0”


 店舗の開店時間となる10:00前,店の前にはすでに80人ほどの列ができている状態だった。平日の早朝にも関わらず集まったファンの数からも,本作への期待度の高さがうかがえるというものだろう。
 店内にはロケテスト用の専用スペースが設けられており,全部で8台の対戦台が設置されていた。プレイ中の試合を観戦できるディスプレイも用意されており,参加者達は,待ち時間にそれをチェックし,また情報交換なども盛んに行っているようだった。

画像(002)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載
画像(003)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載 画像(004)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載

 筆者も短い時間ながらプレイすることができたので,少しだけプレイフィールについても触れておこう。新バージョンで目を惹くのはなんと言っても新キャラクターだが,今作にはそれ以外にも大きな変化がある。中でも,実際の対戦に大きく影響を与えるのは,やはりオーバードライブ(以下,OD)周りのシステム変化だろう。

画像(010)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載
 ODはバーストアイコンを消費することで,一定時間キャラクターがパワーアップするというシステムだが,防戦に回っているときには出すことが難しかった。それが今作からは,ガードモーションをキャンセルしての発動――いわゆるガードキャンセルでの発動が可能となった。つまり相手の連続技に無理矢理割り込み,反撃の切っ掛けを作るためにも使えるようになったというわけだ。

 今回のロケテストでは,ガードキャンセルから発動した場合のOD持続時間は,通常の発動時と同じようだった(通常技キャンセルで出した場合などは,これまでどおり半分の持続時間)。あくまでロケテストバージョンでの話であるため,稼働時にどうなるかは不明だが,このまま実装となった場合には,全キャラクターに共通するかなり強力な切り返しの手段となる。これまで以上に,攻守が目まぐるしく入れ替わる展開となりそうだ。

 そのほか,各キャラクターの基本性能についても,さまざまな調整が加えられている。公式サイトでは現在,ロケテスト用のインストカード(PDF)が配布されており,各キャラクターごとに変更があった必殺技などが確認できる。ロケテストに訪れる予定の人は,まずこちらをチェックしておこう。

 ちなみに新キャラクターである「セリカ=A=マーキュリー」と「Λ-No.11-(ラムダ)」については,後ほどムービー記事にて紹介する予定だ。興味がある人は,そちらも合わせてチェックしてほしい。

画像(005)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載 画像(006)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載


「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」プロデューサー 森 利道氏&バトルプランナー 加藤京平氏 ミニインタビュー


4Gamer:
 BLAZBLUEファンには待望のバージョンアップとなる“Ver.2.0”のロケテストがいよいよ始まったわけですが……先日のインタビューで,今年BBCPにはなにも予定がないって言ってませんでしたか?

アークシステムワークス プロデューサーの森 利道氏(右)とプランナーの加藤京平氏(左)
画像(007)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載
森 利道氏(以下,森氏):
 あれはですね……ナンバリングタイトルとしてはって意味だったんですよ。誤解させてしまったとしたら申し訳ない,と最初に謝っておきます。でも,こうして盛り上がってるんだから,みんな許してくれるよね?

4Gamer:
 それはもちろん! むしろ2キャラも追加されるなんて夢にも思っていなかったので,嬉しい限りです(笑)。さっそくその新キャラについてですが……「セリカ=A=マーキュリー」「Λ-No.11-(ラムダ)」,この2名が追加された理由からお話いただけますか。

森氏:
 まずアーケード版では,前回のバージョンアップでカグラとココノエを追加しましたよね。その流れから今回のVer.2.0になるわけで……ここで追加キャラがいないと寂しいじゃないですか。

4Gamer:
 いや,それはそうですけど(笑)。しかし,なぜこの2名だったのでしょうか。

森氏:
 1人目がセリカというのは,実は最初から決まっていたんですよ。で,もう一人はどうしようと考えているときに,次回作で復活させたいと思っていたラムダに白羽の矢を立てました。

4Gamer:
 しかしラムダと同タイプであるニューが居るわけで,ニューとの差別化が問題になりますよね。実際に今回のロケテストでは,ニュー側にも大きく手が入れられているようですが。

森氏:
 そうなんですよね。ニューとラムダって,どちらも大元に「シューティング」タイプというコンセプトがあるわけです。でもこれまでのニューには,その上に更に「モードチェンジ」というコンセプトまで乗っかっていた。

4Gamer:
 確かに。そういう意味では,かなり重たいキャラクターだったといえるかもしれません。

森氏:
 ええ。もちろんそこを気に入ってくれた人もいるとは思うのですが,個人的にはちょっとマニアックすぎるんじゃないかと思っていたんです。そこで,「シューティング」のコンセプトに立ち返って,そこから二つのキャラクターに派生させることしました。

画像(009)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載

加藤京平氏(以下,加藤氏):
 簡単に言えば,ニューは「BLAZBLUE CALAMITY TRIGGER」からのコンセプトを受け継いだ遠距離シューティングキャラ。一方のラムダは,アクトパルサー系の技を軸にした遠距離奇襲型キャラとして調整しています。

森氏:
 以前のタイトルでニューやラムダを使っていた人なら,すぐにまた動かせるようになると思いますよ。

4Gamer:
 ではセリカはどんなキャラクターなんですか? 触ってみた感じ,かなりシンプルな印象でしたが。

森氏:
 セリカは,「とにかく簡単に動かせるキャラ」というオーダーで作ったキャラクターなので,初心者が始めるにはオススメですね。

加藤氏:
 上級者が使うと,いろいろと悪さできる要素も入ってたりはするんですが……その辺りはまだ調整中ということで(笑)。とにかく,まず触っていただいた感想をいただけると,ありがたいと思っています。

4Gamer:
 なるほど。ではセリカについては稼働後のブラッシュアップを楽しみにしたいと思います(笑)。本日はありがとうございました!

画像(008)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載



 記事冒頭でもお伝えしたとおり,今回のロケストは東京・愛知・大阪・福岡の4店舗で,8月7日から8月10日の3日間にわたって開催されている。以下に実施店舗を再掲しておくので,本作が気になっているファンは,ぜひ最寄りの会場まで足を運んでみてほしい。また公式サイトには,ロケテストのアンケートフォームも設置されているので,プレイ後はぜひ意見を出してみてはいかがだろうか。

◯ロケテスト実施店舗
  • 「秋葉原Hey」
  • 住所:東京都千代田区外神田1-10-5 廣瀬ビル1階〜4階
  • 「タイトーステーション 大須店」
  • 住所:愛知県名古屋市中区大須3丁目20-7
  • 「タイトーステーション 大阪日本橋店」
  • 住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4-9-14
  • 「タイトーステーション 福岡天神店」
  • 住所:福岡県福岡市中央区天神2-6-35サザンクロスビル

【開催期間】
2014年8月7日(木)〜2014年8月10日(日)

画像(011)セリカとラムダが参戦した「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA Ver.2.0」ロケテストレポート。森Pへのミニインタビューも掲載

「BLAZBLUE」シリーズポータルサイト

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月01日〜12月02日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
巨神と誓女 (BROWSER)
2020年06月〜2020年12月