オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
英雄伝説 零の軌跡 Evolution公式サイトへ
  • 角川ゲームス
  • ピラミッド
  • 発売日:2012/10/18
  • 価格:パッケージ版:6090円 , ダウンロード版:5040円,限定版:7980円,キャラアニ限定BOX:9800円(いずれも税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
75
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS Vita「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」は,4社が手を組み最強の作品に。ライブやトークショウなども催された制作発表会の模様をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/10 13:43

ニュース

PS Vita「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」は,4社が手を組み最強の作品に。ライブやトークショウなども催された制作発表会の模様をお届け

英雄伝説 零の軌跡 Evolution
 2012年2月9日,角川ゲームスとキャラアニの共同主催による「PlayStation Vita専用ソフトウェア『英雄伝説 零の軌跡』制作発表会」が,東京は六本木のニコファーレで開催された。発表会では,2011年9月にその存在が明らかにされたPS Vita版「英雄伝説 零の軌跡」の正式タイトル名が「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」となることや,その具体的な内容が発表。また,日本ファルコムの楽曲のアレンジを専門とするバンド「jdkBAND」によるライブや,作品に出演する声優の水橋かおりさんが進行を務めるWebラジオをイメージしたトークショウなども行われた。ここでは,その模様をお伝えしよう。

ニコファーレの名物でもある,LEDディスプレイで彩られた会場。部屋を囲む巨大なスクリーンには,ニコニコ生放送視聴者からのコメントがリアルタイムで流れていた

会場で愛想をふりまいていた,本作のマスコットキャラクター,「みっしぃ」(写真左)と,みっしぃガールのしおりん。(=´・ω・`= )みししっ

制作発表会速報記事(スクリーンショット多数掲載)

「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」公式サイト


角川ゲームス代表取締役社長の安田善巳氏
 この日イベントの進行役を務めたのは,角川ゲームス代表取締役社長の安田善巳氏。冒頭で安田氏からイベントの出演者が紹介され,その後上映されたPVによって,本作の正式タイトル名が明らかにされた。

 そのタイトル名は,前述のとおり「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」。本作は,2010年9月に日本ファルコムより発売されたPSPタイトル「英雄伝説 零の軌跡」にPS Vita向けのアレンジを施して移植されるタイトルである。PSP版をもとにキャラアニが新たに企画・プロデュースし,ピラミッドが開発,そしてファルコムが監修し,角川ゲームスが販売するという,4社による合同プロジェクトとして,2012年夏の発売を目指して鋭意製作中だ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution
英雄伝説 零の軌跡 Evolution 英雄伝説 零の軌跡 Evolution

キャラアニ代表取締役社長の加藤 智氏
 普段はアニメグッズを制作・販売しているキャラアニは,今回のプロジェクトでゲーム業界に初めて参入することとなる。その経緯を,同社代表取締役社長・加藤 智氏は,次のように語る。
「ホビーやグッズ,ドラマCDなど一連の商品開発に力を入れてきた我々が,近年のeコマースの一環として,かねてから我々と信頼関係のあった日本ファルコムさんにご協力いただいて,この企画が実現しました。開発のピラミッドさん,販売の角川ゲームスさんという心強い味方も得て,4社による新しい形の信頼関係を作りつつ,ユーザーのみなさんに喜ばれるゲームを作っていきたいと思っております」

日本ファルコム代表取締役社長の近藤季洋氏
 続いて登場した日本ファルコム代表取締役社長の近藤季洋氏は,「キャラアニさんとの提携により,過去に発売された弊社ライセンス製品の中でもとくに高い評価を得ている,PCエンジン版の『イースI・II』を超える作品になりうる」と,本作に対する期待を語ってくれた。


 次に,PS Vitaでのリメイクにあたり,タイトルにある「Evolution」に関わる6つのポイントを,ピラミッド代表取締役社長の中野 賢氏とキャラアニのプロデューサーである平賀忠和氏が解説した。以下にそのポイントをまとめておこう。

解説を行うピラミッド代表取締役社長の中野 賢氏(写真左)と,キャラアニのプロデューサーの平賀忠和氏


■Evolution 1:メインシナリオのフルボイス化
 本作のメインシナリオは,PS Vitaへの移植にあたってフルボイス化がなされている。ロイド・バニングス役の柿原徹也さん,エリィ・マクダエル役の遠藤 綾さん,ランディ・オルランド役の三木眞一郎さん,ティオ・プラトー役の水橋かおりさんなど,PSP版でメインキャラクターを務めた声優陣を中心に,フルボイスとなるシナリオで,総勢157名のキャラクター達がドラマを繰り広げるのだ。
 最終的に2万を超えるというボイスパターンは,ファルコム作品史上最大。発表会の後半にゲストとして登場したメインキャストの一人である水橋かおりさんは,「自分のセリフだけの台本なのに,厚さが電話帳ぐらいあった」と,その圧倒的なボイスのボリュームについて語っている。

水橋かおりさんが演じる「ティオ・プラトー」
英雄伝説 零の軌跡 Evolution

■Evolution 2:劇中ミュージックは全曲アレンジ
 PSP版に収録された本作の楽曲全74曲は,すべて新アレンジ,あるいは新規収録が行われている。会場でも今回収録される曲の一部が流されたのだが,それを聴いたニコニコ生放送視聴者からも,大きな期待を感じさせるコメントが寄せられていた。

■Evolution 3:支援要請(サブクエスト)の追加
 「軌跡」シリーズのやり込み要素として人気の支援要請(サブクエスト)が,新たに追加される。プロットの原案を日本ファルコムが担当し,それを基に,同シリーズのドラマCDやノベライズなどを手掛けているシナリオ工房・田沢大典氏のチームがシナリオを制作しているとのことだ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution 英雄伝説 零の軌跡 Evolution
英雄伝説 零の軌跡 Evolution

■Evolution 4:劇中ムービーを新規制作
 ゲーム中の要所で見られるムービーが新規に追加される。オープニングムービーを始め,新たな映像をたっぷりと楽しめるようだ。

■Evolution 5:グラフィックの高解像度化
 PSPからPS Vitaに変わることで,グラフィックスはPS Vitaに対応するよう最適化される。解像度が倍となり,2Dの素材については,新たに制作したものが用意されるという。
 なお3DのモデルはPSP版と同じものだが,テクスチャの変更や,改修の処理によって美しく見えるように進化してるとのこと。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution
英雄伝説 零の軌跡 Evolution 英雄伝説 零の軌跡 Evolution

■Evolution 6:ミニゲームを追加
 PS Vitaの機能を活用したミニゲームが追加される。「ダーツ501」「クロックメモリー」「コロコロみっしぃ」などという,タッチパネルやモーションセンサーなどを使用したミニゲーム群である。
 なおゲーム本編でも,メニュー周の操作に背面タッチを使うような仕組みも搭載されるとのことだ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution 英雄伝説 零の軌跡 Evolution

 登壇した平賀氏は,説明の最後で,本作の見どころについて次のように語っている。
「当シリーズは物語がしっかりと完成していて,世界観設定のバランスもよく,さらにそこにドラマ的な要素としてムービーやボイスが入ることで,ゲームに入りやすい要素がたくさんあります。今回もぜひそういったところを感じてもらいたいですね」

スペシャルゲストとして登場した,ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデント,河野 弘氏
 上記作品解説ステージのあと,会場にはサプライズゲストが登場した。PS Vitaの発売元であるソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントである,河野 弘氏だ。
 生放送の視聴者からも――会場のスクリーンに流れるコメントで――驚きの声があがる中,河野氏は「英雄伝説シリーズは,弊社が主催するPlayStation Awards 2011のユーザーチョイス賞に2年連続で選ばれている,ファンの支持の高い作品です。そんなシリーズに,私共の新しいプラットフォームであるPS Vitaにぜひ参加していただきたいと思っていたところ,今回角川ゲームスさんから発売と聞いて驚いたのですが,キャラアニさん,日本ファルコムさん,ピラミッドさんという,世界観を共有されているみなさんがコラボレーションして作られることに大変心強く思いました。PS Vitaが持っている可能性を最大限に引き出していただける作品として期待を込めて,今後もいろいろな形でサポートさせていただきたいと思っております」と挨拶した。

 その後ステージは,jdkBANDのライブへと突入する。ファルコム作品の楽曲をアレンジして演奏するjdkBANDではあるが,1曲めに「イース2」の名曲「To Make The End Of Battle」が演奏されたのには筆者も驚いてしまった。もちろん今回発表された零の軌跡 Evolutionの新曲なども演奏され,視聴者も大いに楽しめたのではないだろうか。なおこのライブのセットリストは以下のとおりだ。

jdk BANDライブセットリスト
  • To Make The End Of Battle:「イース2」より
  • 銀の意志 金の翼 〜THE ANIMATION EDIT〜 :「空の軌跡 THE ANIMATIOIN」より
  • セルリアンブルーの恋 :英雄伝説 零の軌跡 Evolutionより新曲
  • Formidable Enemy:英雄伝説 零の軌跡より
  • OVER DRIVE:イース2より
  • Inevitable Struggle:英雄伝説 零の軌跡より
  • way of life:英雄伝説 零の軌跡 Evolution新オープニングテーマ


ボーカル入りのナンバーでは,jdkBANDの小寺可南子さんがステージに立ち,美声を披露。ファルコムファンには馴染みのナンバーが6曲と,新曲1曲が演奏された

 ライブが終了し,続いてはWebラジオ「ティオの“ファルコムラジオ”めんどくさいです…でもがんばります」が“出張版”として,トークショウが行われた。レギュラーの水橋かおりさんと,ライブを終えたばかりの小寺可南子さん,そして同じくjdkBANDドラムの岡島俊治さん,キーボードの上倉紀行さんによる,ラジオ風のトークショウだ。生アフレコなども披露され大いに盛り上がったこのトークショウをもって,発表会のすべてのプログラムが終了となった。
 ちなみに水橋さんと小寺さんがパーソナリティーを務めるこのファルコムラジオは,日本ファルコムの公式サイトで毎週配信中だ。トークショウに登場したjdkBANDの3人も,本作におけるミニゲームのボイスアクターとして出演しているとのことなので,製品の発売時はぜひ探してみよう

 日本ファルコム,キャラアニ,ピラミッド,そして角川ゲームスによる強力な4社タッグによる制作をSCEがバックアップするという強力布陣で制作中の本作。英雄伝説シリーズや軌跡シリーズのファンはもちろん,PSP版をプレイした人や,本作で初めてシリーズに触れる人でも楽しめるような内容となることに期待したい。

終了後のフォトセッションより,左からSCE河野氏,日本ファルコム近藤氏,キャラアニ加藤氏,角川ゲームス安田氏,ピラミッド中野氏

こちらはゲストのみなさん。左から井上央一さん(jdk Gt),上倉紀行さん(jdk Key),小寺可南子さん(jdk Vo),声優の水橋かおりさん,水谷美月さん(jdk Vio),岡島俊治さん(jdk Dr),寺前 甲さん(jdk Gt),榎本 敦さん(jdk Ba)

フォトセッションの最後は,みっしぃが乱入して大騒ぎに。ところでいつの間にか映り込んでいた青いパーカーの人は一体誰なのか……

制作発表会速報記事(スクリーンショット多数掲載)

「英雄伝説 零の軌跡 Evolution」公式サイト

  • 関連タイトル:

    英雄伝説 零の軌跡 Evolution

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月24日〜06月25日