※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.2
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
Switchとスマホ向けの
「妖怪ウォッチ」新作がそろい踏み
妖怪ウォッチ4
妖怪ウォッチ メダルウォーズ
読めば試遊が10倍楽しくなる!
「キルラキル ザ・ゲーム -異布-」
プレイレポート
木村拓哉さん主演のリーガルサスペンス
名越稔洋監督が語る
JUDGE EYES:死神の遺言
イケメンだらけ! 女性向けタイトルの
ステージ・ブースレポート
Readyyy!
囚われのパルマ Refrain
ダンキラ!!! -Boys, be DANCING!-
スペシャルゲストが登場したステージイベント
「ビリオンロード」ステージで
ビリー隊長がエクササイズを披露
片山右京さんが「F1 2018」で鈴鹿を走った
Samusung SDDブース
「カプコン ベルトアクション コレクション」を
漫画家の押切蓮介さんがプレイ
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Oil Rush公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
69
Powered by metacritic
Oil Rush
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ロシアのデベロッパが開発した海戦RTS「Oil Rush」を紹介する今週の「海外ゲーム四天王」。ああ,海はいいなあ。広くて大きいし
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/02/06 15:36

連載

ロシアのデベロッパが開発した海戦RTS「Oil Rush」を紹介する今週の「海外ゲーム四天王」。ああ,海はいいなあ。広くて大きいし

第115回:「Oil Rush」

 ロシアのデベロッパ,Unigine Corpの処女作「Oil Rush」を紹介してしまうのが,今週の「海外ゲーム四天王」だ。ゲームの制作は初めての同社だが,独自開発のゲームエンジンを使った,DirectX 11向けのベンチマークソフトを制作するなど,技術力は確かな会社。手軽にプレイできて,ハイレベルなグラフィックスが楽しめるところが魅力的。
 地球温暖化により海が世界を覆い,資源が枯渇した暗い近未来を舞台にした本作を,「オレの資源はとっくに枯渇している」と意味不明なことを豪語するライターの朝倉哲也氏が紹介しよう。

ロシアのデベロッパの処女作は
ちょっと珍しい気がする海戦ストラテジー

 今週の「海外ゲーム四天王」は,近未来の海戦を描いたストラテジー「Oil Rush」を紹介する。
 地球温暖化の影響で海面が上昇し,ほとんどの陸地が海に飲み込まれ,それに汚染と,それに伴う環境破壊が追い打ちをかけるという,割と厳しい近未来の世界が本作の背景だ。案の定,資源も枯渇しており,人類の歴史が終焉を迎えようとしているこの世界で最も重要なのは,わずかに残された石油掘削施設を手に入れる事だった。プレイヤーは,そんな絶望的な状況の中で,海上に築かれた石油資源を獲得すべく,世界各地を転戦していかねばならないというわけだ。

Oil Rush

「Oil Rush」公式サイト


 本作の開発は,ロシアに本拠を置くゲームデベロッパのUnigine Corpが担当しており,DirectX 11をサポートした同社のゲームエンジン「UNIGINE Engine」が使用されている。対応機種はWindowsのほか,Mac OS,Linux,そしてPlayStation 3と,マルチプラットフォームで展開される力の入った作品だ。2011年7月29日に掲載した記事でもお伝えしたように,Unigine CorpはDirectX 11向けのベンチマークソフト「Heaven Benchmark」を制作しているメーカーであり,本作が同社初のゲームタイトルとなる。

Oil Rush
Oil Rush Oil Rush
Oil Rush Oil Rush

 冒頭にも書いたように,Oil Rushは海戦をメインにしたリアルタイムストラテジー(RTS)だ。戦闘のメインとなるユニットは,マシンガンを搭載した小型高速艇や,敵施設の破壊に適したミサイルを積む戦闘艦など,艦艇が中心となる。一部飛行ユニットは登場するものの,あくまで船同士による海戦がメインだ。
 ゲームモードは,石油資源の獲得のために敵軍団と戦って世界中を転戦していくCampaign,コンピュータが操作する敵を相手に戦うQuick Game,そしてMultiplayerの3種類が用意されている。

Oil Rush
Oil Rush

Oil Rush
 Campaignはつまりシングルプレイキャンペーンで,最初の数ミッションがチュートリアルを兼ねているので,まずはここでしっかりと操作方法を把握しよう。基本操作は,RTSを好んでプレイしている人ならすぐに分かると思うが,生産部分がちょっと特徴的なシステムになっている。
 Quick GameではCPUが操作する最大3勢力との戦いが楽しめるが,CPUとタッグを組んで,残りの勢力と戦うことも可能だ。用意されているマップは15種類で,凍てついた海や水没したジャングルなど,ほかではあまり見られないような,面白いマップが用意されている。
 Multi Playに関しては,筆者がプレイした限りでは対戦相手がなかなか見つからず,残念ながら今回は試すことができなかった。

Oil Rush
Oil Rush Oil Rush
Oil Rush Oil Rush

 そんな本作だが,一般的なRTSとはやや異なるユニットの生産方法が特徴といえるだろう。ユニットは生産拠点によって作れる種類が決まっており,しかもすべて自動で行われるのだ。戦闘で失ったユニットは,後方の拠点で自動生産してくれるので,出来上がったユニットを自軍に近い敵拠点に向けて,次々と送り込んでいく力押しのプレイスタイルになりやすい。戦略を駆使して戦うというよりは,自軍に近い敵の拠点から,数に物をいわせて奪取していくといったダイナミックな展開になる。とはいえ,それは敵も同様で,後方にある手薄な拠点を狙って長駆してきたりするので,なかなか気を抜けない。極めればそれなりの戦略がありそうな気はするものの,第一印象としては,簡単であるぶん,ちょっと大味かな。

Oil Rush
Oil Rush

 拠点には,ユニット生産施設のほかに,飛行場や石油掘削施設などが用意されている。飛行場で生産される航空機は,艦船や敵施設への攻撃も可能だが,耐久力が低いので攻撃の主力にはなりにくいだろう。ただし移動速度が速いので,偵察にはもってこいだ。
 石油掘削施設は,ユニットの生産などに欠かせない石油を手に入れるための重要な施設なのだが,防衛のための砲台などは作れないため,場合によっては数に限りがあるユニットから艦艇を割いてでも守らねばならない。ユニットの運用面では,悩ましい存在だ。

Oil Rush

 知名度は決して高いといえない本作だが,スクリーンショットを見てもお分かりのように,UNIGINE Engineのクオリティはなかなかのもの。海面の雰囲気や,変化する天候,描き込まれたユニットなど,思わず感心してしまうはずだ。あんまり難しいRTSはどうも苦手という人や,最新グラフィックスに興味のある人は,ちょっと試してみよう。

■■朝倉哲也(ライター/四天王)■■
 アクションゲームからMMORPG,アドベンチャーからストラテジーまで,なんでもプレイする雑色系ライター。年季の入ったPCゲーマーでもあったが,最近はコンシューマ機のゲームもプレイするようになったので,そのオールラウンダーぶりをますます強くしている。
  • 関連タイトル:

    Oil Rush

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月