オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2014]「大乱闘スマブラ」にあのパックマンが参戦。Miiファイターや連動フィギュアamiiboのさらなる詳細情報も入手
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/06/11 17:48

イベント

[E3 2014]「大乱闘スマブラ」にあのパックマンが参戦。Miiファイターや連動フィギュアamiiboのさらなる詳細情報も入手

 北米時間2014年6月10日,E3 2014会期初日の閉幕後に開かれた任天堂主催のラウンドテーブル式記者発表会にて,「大乱闘スマッシュブラザーズfor Wii U」「大乱闘スマッシュブラザーズfor 3DS」(以下順に,大乱闘スマブラWii U,大乱闘スマブラ3DS。とくに区別しない場合は大乱闘スマブラとする)に参戦する新キャラクターについてのアナウンスがあった。

 気になる新キャラクターは,なんとあのパックマン
 本作の開発は,桜井政博氏率いるソラとバンダイナムコゲームスの共同で行われているという経緯もあり,「誰もが知っていて,参戦すればみんなが驚くキャラクター」としてパックマンが選ばれたのだそうだ。


大乱闘スマブラ版パックマンのデザインベースは「パックランド」


 発表会は,本作のディレクターを務めるソラ代表 桜井氏によって行われたが,一切の撮影が禁止されていたので,会場内の写真がないことをあらかじめお断りしておく。

※以下,パックマンに関係する画像はすべて任天堂のE3 2014特設サイトで公開されたもの

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
 さて,パックマンを大乱闘スマブラに実装するうえで幾度となく議論されたのは,「どのようなデザインのパックマンにするか」だったそうだ。
 パックマンは1980年にアーケードゲームで登場したキャラクターのため,オリジナル形状はカクカクのドット絵である。さすがにそのまま登場させるわけにもいかないため,議論を経て最終的に,「パックランド」(1984年)に登場したときのパックマンをベースとして3Dグラフィックス化にしたものに落ち着いたのだという。最近,パックマンは3DCGアニメ化もされているが(関連記事),同アニメのものではなく,あくまでも「パックランドにおけるパックマンの造形を採用した」という点が強調されていた。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 一方で,ドット絵のパックマンテイストも捨てがたかったとのことで,バトル中に発動した技によっては,“ドット絵版パックマン”に変身することもあるとのこと。
 ドット絵テイストはそれだけでなく,パックマンが繰り出す技の中に,ドット絵ベースのフルーツやパワーエサなどもあり,クラシックなゲームキャラクターならではの面白さを視覚的にアピールするお遊び要素が,多数盛り込まれているようだ。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U 大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 桜井氏によれば,パックマンがバトル系のゲームに参戦するのは本作が初めてとのこと。そして,パックマンを始めとしたマリオ,ソニック,ロックマンなど,世界で最も有名なゲームキャラクターが一堂に会する作品に携われたことを,とても誇りに思っているとも述べていた。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

この2つの画像は3DS版のもの


新要素「Miiファイター」についても解説される

大乱闘スマブラ用Miiメイキングツールも実装予定に


 大乱闘スマブラには,シリーズ初となる,各キャラクターの能力をカスタマイズできるという要素も追加されている。
 とくに重要といえるのがMiiファイターで(関連記事),Miiファイターでは「格闘」「剣術」「射撃」という3つの「体術タイプ」を選んだうえで特性のカスタマイズが可能となっているため,プレイヤーの個性をかなり強く出せるようになる。

左から,「射撃」「格闘」「剣術」
大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 なお,Miiファイターは,「各プレイヤーアカウントのMiiをそのまま登場させると,バトルの雰囲気が暴力的で殺伐となってしまう」という懸念から,あえて「大乱闘スマブラのためのオリジナルキャラクターを作る」というコンセプトで,専用のMiiメイキングツールが実装される予定になっているという。

 自分で作ったMiiファイターは,フレンド同士で共有したり,フレンド同士の対戦で使用したりできるが,不特定多数のプレイヤーとバトルするときは,肖像権やモラルへの配慮から,Miiファイターは使えないよう制限されるとのこと。
 プレゼンテーションでは,「ロード・オブ・ザ・リング」でお馴染みの,世界的に有名な俳優Elijah Jordan Wood(イライジャ・ウッド)氏や,任天堂アメリカ社長である“レジー”ことReginald Fils-Aime(レジナルド・フィサメィ)氏のMiiファイターが紹介され,聴講者の笑いを誘っていた。


「amiibo」は“成長する”CPUキャラクターである


 プレゼンテーションでは,本作で初めて本格的に活用されることになった,Wii U GamePadのNFC機能についても説明が行われた。

 大乱闘スマブラWii Uのリリース時には「amiibo」と名付けられたNFCチップ内蔵のフィギュアが発売される。そして,このフィギュアをWii U GamePadが備えているNFCカードリーダー兼ライターにタッチすると,そのフィギュアのゲームキャラクターを本作にCPUキャラクターとして参戦させることができるようになっている(関連記事)。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 通常のCPUキャラクターと区別するために「フィギュアプレイヤー」(以下,FP)と命名されるこのキャラクターは,人間のプレイヤーと対戦するたびに成長するメカニズムが内蔵されており,CPUキャラクターの最高レベルであるレベル9を大きく上回るレベル50まで育てられる。
 そしてFPは,対戦経験により少しずつ個性を強くしていく。たとえば,溜め技を(対戦者に)多用されたFPは,投げ技で応戦する性格になったり,ガードを固める性格になったりするそうだ。
 このようにして成長させたFPは,対戦時に相棒プレイヤーとして味方に付けたり,あるいは友人のFPとどちらのFPが強いかを競い合ったりするという楽しみ方もできるという。

 桜井氏は,これまで「スマッシュブラザーズシリーズのフィギュア」といったトイ関連グッズは任天堂の制約により許されていなかったが「本作でそれが初めて解禁になる」と喜んでいた。
 もちろん本作のフィギュアはゲームシステムに深く関連したものであり,純粋なトイ関連グッズではない。しかし,「任天堂のお墨付きの立体物」として見ても十分にそのクオリティは高く,コレクターズアイテムとしても人気を博しそうである。桜井氏も「自分も発売されたら全部買う」と,本気とも冗談ともとれない発言をしていた。

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 ソフトとして先行して発売されるのは大乱闘スマブラ3DSだが,一部のステージ構成を除けば,ゲーム性やゲームシステムは3DS版とWii U版で大きな違いはないとのこと。もちろん,スペシャル登場キャラクターやMiiファイターの仕様なども,すべて両者で共通になっているとのことだ。

関連記事:[E3 2014]「大乱闘スマブラ」にプレイヤーのMiiで戦える新要素「Miiファイター」が実装。3DS版の発売日は9月13日に決定

関連記事:[E3 2014]フィギュア連動サービス「amiibo」が発表。初対応ソフトは「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U」。今後は「マリオカート8」も対応


「大乱闘スマッシュブラザーズ」公式サイト


「E3 2014」4Gamer特設ページ

  • 関連タイトル:

    大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

  • 関連タイトル:

    大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月25日〜04月26日