オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/12 22:32

ニュース

[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

幕張メッセのホール3にあるMSIブース。入り口近くなのですぐ見つかる
画像(002)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック
 ゲーマー向けPCや周辺機器でお馴染みMSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンは,東京ゲームショウ2019(以下,TGS 2019)に大きめのブースを構えて,さまざまな最新製品を披露している。その中では,本邦初公開という新型ノートPC「GF65 Thin」の試作機を底板を外したむき出しの状態で参考展示していたのが目を惹いた。実機はともかく,中身の展示は恐らく世界初だろうとのこと。
 そこで本稿では,GF65 Thinをはじめとする新型ノートPCなど,MSIブースの見どころを紹介しよう。


初公開のGF65 Thinは比較的安価な薄型ゲーマー向けノートPC


 早速,初公開となったGF65 Thinの中身を見てみよう。筆者がブースを訪問したときに展示してあったのは,GF65 Thinの底面を外して,マザーボードやクーラーなどが見えるようにした試作機である。

恐らく世界初公開というGF65 Thinの内部
画像(003)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

 MSIのゲーマー向け薄型ノートPCには,薄さと高性能を兼ね備えた「GS」シリーズと,今回取り上げる「GF」シリーズがある。GSシリーズが,ハイエンド製品に相応しいスペックを備える一方で価格も相応にお高い製品であるのに対して,GFシリーズは20万円未満の比較的手の届きやすい価格帯を狙った製品なのがポイントだ。
 ただ,既存の製品である「GF63 Thin」が,排気用のファンを1基しか内蔵していなかったのに対して,新しいGF65 Thinでは,2基のファンと複数のヒートパイプを組み合わせた冷却システムとなったのが大きな違いであるという。構造的には,現行のGS65シリーズが採用する冷却システム「Cooler Boost Trinity+」よりはやや簡略化してあるようにも見えるが,既存製品よりも高性能なCPUやGPUを搭載可能なポテンシャルを有するであろうことは想像に難くない。

左右に計2基の排気用ファンがあり,ファンとGPUおよびCPUの間を計6本のヒートパイプがつないでいる
画像(004)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

うっかり聞きそびれてしまったのだが,左側がGPUで,右側がCPUと思われる
画像(005)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック 画像(006)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

筐体の手前側にはM.2スロットが3基並んでおり,1つには無線LANモジュールが,残り2つにはSSDが装着してあった
画像(007)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック
 ブースに展示してあったポップによると,GF65 Thin試作機は,GPUにノートPC向け「GeForce RTX 2060」を,CPUには6コア12スレッド対応の「Core i7-9750H」を採用し,メインメモリ容量は8GB×2,内蔵ストレージはPCI Express(以下,PCIe)接続で容量256GBのM.2 SSDを2基搭載する構成であるとのこと。
 HDDは内蔵しない代わりに,M.2 SSD用のスロットを2基備えて,SSDを複数枚搭載できるというのも,比較的安価なノートPCとしては見どころと言えよう。

 価格や発売時期は未定――2020年の年明けかもしれないとのこと――だが,手の届きやすい価格のゲーマー向け薄型ノートPCが登場すれば,興味を惹かれる人は少なくなさそうだ。


抜群の価格対スペック比が魅力のGL65


 MSIブースのノートPCで,取り上げておきたいもう1つの製品が,9月13日にオンラインショップ限定で発売となる「GL65」(型番:GL65-9SD-046JP)だ。

GL65-9SD-046JP
画像(008)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

 一見すると,特別なところがなさそうに見えるGL65だが,その特徴は抜群の価格対スペック比にある。
 GPUにノートPC用「GeForce GTX 1660 Ti」,CPUには4コア8スレッド対応の「Core i5-9300H」を採用し,メインメモリ容量は8GB×2,内蔵ストレージは容量256GBのPCIe SSDと容量1TBのHDDを搭載。さらに15.6インチサイズで解像度1920×1080ドットの液晶ディスプレイは,リフレッシュレート144Hzに対応するといった具合に,エントリークラスよりも一回り上のスペックを有しながら,なんとメーカー想定売価が税込16万円前後なのだ。

画像(009)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック
 ちょっと前なら20万円前後はしたであろうスペックを,16万円台に収めたのは賞賛に値する。もちろん,GL65よりも安いゲーマー向けノートPCはあるのだが,それらはGPUや液晶ディスプレイ,あるいはストレージのスペックを妥協しなくてはならないので,性能面で不満を感じやすいものだ。初めてのゲームPCとしてノートPCを検討しているという人なら,GL65は,選択肢に入れる価値のある製品と言えよう。


MSIブースにおけるその他の見どころ


 MSIブースには,ノートPC 2製品以外にも見どころのある製品がいくつもあった。それらを写真で簡単に紹介したい。

 今回の目玉製品と紹介されたのが,クリエイター向け液晶ディスプレイの「Prestige PS341WU」だ。いわゆる4K解像度よりも広い解像度5120×2160ドットの34インチIPS液晶パネルを採用し,VESAのHDR対応ディスプレイ規格「DisplayHDR 600」認証も取得した製品である。

Prestige PS341WU。アスペクト比は21:9となる
画像(012)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

 デジタルシネマ向け色域規格である「DCI-P3」のカバー率98%という色域の広さも特徴だ。価格は未定であるが,相応に高価な製品となるのは間違いない。垂直最大リフレッシュレートは60Hzとのことだが,こんな高解像度のウルトラワイドディスプレイでゲームをプレイしてみたいものだ。

Fortniteで解像度を確認してみると,間違いなく5120×2160ドットだった(左)。OSDメニューの画質設定で,色域規格別のプリセットが用意してあるというのは,いかにもクリエイター向け製品らしいポイントだ(右)
画像(013)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック 画像(014)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

 ゲーマー向け周辺機器では,国内未発表のUSB接続型ヘッドセット「Immerse GH50」を参考出品していた。アナログ接続型ヘッドセット「Immerse GH30」の上位モデル的な製品であるが,ヘッドセット側に7.1chバーチャルサラウンドサウンド再生機能を備えており,特別なソフトウェアなしにサラウンドサウンドを再生できるのが特徴だ。

Immerse GH50。ヘッドバンド部分はImmerse GH30よりも可動範囲が広い
画像(015)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

USB接続タイプなので,PCからの電力で側面のLEDイルミネーションが光る(左)。インラインリモコン上に,バーチャルサラウンドのオン/オフを切り替える[7.1]ボタンがあった(右)
画像(016)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック 画像(017)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

黒地に金色のロゴやラインをあしらったMSIのPCケース「MPG SEKIRA 500G」をベースにしたデモPC(左)。グラフィックスカードも金色のクーラーを使った「Radeon RX 5700 XT EVOKE OC」である
画像(018)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック 画像(019)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

最後に紹介するデスクトップPCは,ゲーマー向けではなく,ゲーム専門学校などゲームに関わる法人を対象にした製品で,Project Whiteのゲーマー向けPC「G-GEAR」とMSIのコラボレーションによるデスクトップPCだ。MSI製PCケースにG-GEARのロゴやシンボルマークが描かれている。一般消費者向けではないとのことだが,G-GEARユーザーでもある筆者は,ちょっとうらやましかった
画像(010)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック 画像(011)[TGS 2019]未発表新型ノートPC「GF65 Thin」の中身を世界初公開。MSIブースで見どころの新製品をチェック

MSIの東京ゲームショウ2019特設Webページ

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年04月〜2019年10月