オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
格闘ゲームの講習会ってどんな感じ? GODSGARDEN主催の「スーパーストリートファイター4 入門案内と上達のための会合」に参加してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/03/12 00:00

イベント

格闘ゲームの講習会ってどんな感じ? GODSGARDEN主催の「スーパーストリートファイター4 入門案内と上達のための会合」に参加してみた

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
 2014年3月8日,東京・秋葉原にあるe-sports SQUARE AKIHABARAにて,GODSGARDEN主催による「スーパーストリートファイターIV 入門案内と上達のための会合」が行われた。
 これは,間もなくの稼働が予定されているシリーズ最新作「ウルトラストリートファイターIV」に向けた講習会イベントで,かずのこ氏板橋ザンギエフ氏猫舌氏など,GODSGARDENに縁ある有名プレイヤー達を講師陣に迎え,参加者は自身のレベルや要望に応じた個人レッスンを受けられる,というものである。筆者も参加してみたので,その模様を写真とともにレポートしていこう。

このイベントの模様はニコニコ生放送での配信が行われた。気になる人は,タイムシフトをチェックしてみよう

GODSGARDEN公式サイト内イベント告知ページ

ストリートファイターシリーズ ポータルサイト



e-sports SQUARE AKIHABARAにGODSGARDEN講師陣が集結


 「スーパーストリートファイターIV アーケードエディション」を題材に,初心者から中級者を対象として開かれた今回の講習会。当日のe-sports SQUARE AKIHABARAには,お馴染みGODSGARDENの講師陣に加え,多くの受講者が集まっていた。
 なお今回のイベントは,受講に事前登録が必須となっており,各人のPP(プレイヤーポイント)などを参考にしたうえで,レベルに合わせて講師が付く,という形式で進行。ハイレベルな人には講師が2人で付き,対戦を見ながらアドバイスしていく,といった形も取られていたようだ。受講者達の質問や要望も,「ブランカ対策を教えてほしい」といったピンポイントなものや,「辻式って何ですか?」といったテクニックにまつわるものなど多岐にわたっていた。

GODSGARDENの主要メンバーであるかずのこ氏,板橋ザンギエフ氏,猫舌氏,スパIV大会の解説としてもお馴染みの志郎氏,ブランカ使いとして名を馳せるニシキン氏,コーディーを使う女性強豪プレイヤーのかりぱくさんらが講師を務めた
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

会場にはぺこス氏や総師範KSK氏,レン氏,女子ゲーマー部を主催する渚さん,神園氏など,GODSGARDENの面々がほぼ勢揃い。GODSGARDENオフ会という側面もあるイベントになっていて,かなりゆるい雰囲気の中,メンバーたちと交流を深める参加者も多く見られた
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

会場では野試合台も開放されており,対戦を楽しむ人の姿も多かった。また,Evil Geniusesに所属する女性プロ格闘ゲーマー,チョコブランカさんが訪れ,組み手が行われるといったサプライズも
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション スーパーストリートファイターIV アーケードエディション


実際に講習を受けてみました


 どこかピリピリとした空気が漂う大会イベントとは違い,終始和やかな雰囲気で進行した今回のイベントだが,単に見ているだけではつまらない……というか筆者自身もゲームがしたくなってくる。そう思っていたところに,本講習会の首謀者であるふり〜だ氏から,「講習,受けてみます?」という,大変ありがたいお誘いをいただいた。そんなわけで,筆者も実際に講習を受けてみることにした。

 さまざまな格闘ゲームをプレイしてきた筆者だが,ストリートファイターIVシリーズについていえば,実は最近はあまりプレイできていない。なので現時点の実力をコンシューマ版のPPでいえば,(カルテには0と書いたが)おおよそ2000そこそこと思われる。そんな筆者に講師として付いてくれたのは,女性強豪プレイヤーであるかりぱくさんだ。今回の講習会では,主に「これからスパIVを始めようと考えている初心者」を担当していたとのことで,基本的な動きを教えてもらうにはうってつけの人選である。

まずはカルテに使用キャラクターなどを書き込む。なお一般参加者は,申し込み時に記入が済ませている。筆者は昨年,フランスで行われたWorld Game Cupで1勝もできなかったので,改めて基本的な動きを教えてもらおう,というのを受講テーマに据えることにした
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

 というわけで,さっそく講習がスタート。まず,キャラクターは問わないので,本作の基本的な動き方を教えてほしいという旨を伝えると,好きなキャラがいるなら,それを選ぶのが一番良いと前置きしつつ,「そういう方には,ひとまずリュウをオススメしています。基本的なコマンドが揃っていて,コンボも簡単で,しかもゲームのシステムが理解しやすいんです」とのお答えが。オーケー,リュウで行きましょう。主人公だし,ウメハラさんも使ってるし。


 使用キャラクターが決まったあとは,「どの程度このゲームを理解できているのか知りたいので,一度対戦してみましょう」ということで,かりぱくさんと対戦することに。曰く「対戦すれば,お話するより手っ取り早く分かりますから」とのこと。格ゲーマーならレバーで語れというやつですね。
 ……その結果,筆者の生まれたてのひよこのようなリュウが,かりぱくさんのコーディーに葬り去られたことは言わずもがなだが,対戦後のアドバイスとして,「対空の昇龍拳が出なかった場面がありましたよね」とのお話が。言われてみれば,かりぱくさんのジャンプをあまり落とせていなかった気がする。

「相手のジャンプを70%の確率で落とせるようになれば,リュウにとって強力な武器になるので,まずはその練習の仕方をお教えしましょう」

 新たなキャラクターを始めるときは,まずひとつ武器を作ると勝ちやすくなるとのことで,リュウの場合はそれが対空の昇龍拳にあたるというわけ。明確なゴールがある分練習もしやすいし,なるほどこれは確かに勝つための近道のように思えてきた。


 「対戦中,どうして昇龍拳が出なかったのかというと,私がわざと昇龍拳を出しにくくしてから跳んだからです。コーディーは接近手段が豊富なので,対戦相手はどうしても地上での動きに注目してしまうんですね。そうなると,コーディーにジャンプされてしまったときにびっくりしてしまって,昇龍拳が間に合わなかったりするんです」。なるほど,「相手がジャンプしてくるかも?」という意識があらかじめない状態では,いざ飛ばれた時に,昇龍拳をとっさに入力できなくなってしまうわけだ。

 「まずは相手のジャンプをずっと見ておいて,見ているときは必ず昇龍拳を出せるようにしましょう。それができるようになったら,ある程度地上での動きを見ながら,空中へも意識を振り分けるようにしてみましょう」

 かりぱくさんの話を受けて,地上技でけん制する合間でジャンプしてもらい,そのときの対空昇龍拳の精度をチェックしてもらうことに。地上で動きつつ,意識の何割かを相手のジャンプの確認に割くよう振り分けたら,無事かなりの精度で落とせるようになった。しかも落とすたび,かりぱくさんに「シビレますね!」と褒めてもらえることもあって,対空モチベがかなり高まったような気もする。単純なことかもしれないが,褒められるのは非常に重要ですね。

レッスン終了後,アドバイスや宿題を頂くことができた。伝家の宝刀,ガチャ昇龍セビキャンウルトラコンボを練習して,気分だけでもウメハラさんを目指します
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

 とまあ,講習はこのように,会話と実技を繰り返す流れで行われていった。筆者の場合は,格闘ゲームの対戦においてとくに重要となる“意識配分”について,またしゃがみ中Kと波動拳によるけん制の重要性や,画面端に追い詰める意味合いなど,リュウを使って勝つうえで第一歩となる要素をご教授いただいたが,人によってはもっと初歩的な,それこそコマンド入力のコツや,コンボを狙う理由といったところまで,さまざまなレッスンが行われたそうだ。

 先ほどの意識配分も含め,対戦格闘ゲームを遊ぶうえでセオリーとなる考え方や技術は,重要な割にあまり明文化されていないものが多い。例えば,いわゆるソニックブームなどの横タメコマンド(インスト表記では4タメ6+ボタン)の技なら,1タメ61+ボタンと入力するのがベスト……というか,タメキャラをやり込んだことのある人なら,意識はせずとも自然にそう入力しているはずなのだ
 しかし格闘ゲーム未経験の人では,なかなかその仕組みに気付けないことも往々にしてある。本講習会では,レッスンの合間に,そういった細かな要素に言及することも多かったようで,この辺りは個人レッスンだからこそ可能な教え方かもしれない。

※一応説明しておくと,タメ系の技は後ろ方向であるなら4でなくとも1で良く,また次のタメを最速で作るために,6でコマンドが完成した後は,ボタンを押す前から再び1に入れておく,というわけだ。

 また,受講者の中には,「これまで動画勢だったが,この機会にプレイを始め,まず1勝を目指したい」という完全な初心者も何人かいたようで,筆者としてはそれがかなり印象に残っている。この事実だけとってみても,今回のイベントは大成功といっていいのではないだろうか。
 ファンとメンバーが心地良い距離感を保ち続ける良質なコミュニティを築いてきたGODSGARDEN。これまで,アーケード由来のコミュニティが担ってきた役割を,インターネットを介した巨大な“ゲーセン風”コミュニティが受け継いでいると考えると,なかなかに感慨深いものがある。次回の講習会は,タイトルからして未定だそうだが,今後も,格闘ゲームのこれからを切り拓くような,新しくて楽しいイベントが開催されることに期待したい。

イベントの最後には,本イベントの企画を務めたふり〜だ氏が登壇。「次回のゲームタイトルは未定ですが,今回皆様から頂いたご意見やご感想を参考に,よりよいイベントにできるよう努力したいと思います」と述べ,講習会を締めくくった

スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
昨今のGODSGARDEN主催のイベントの例に漏れず,本イベント中は「奢られくん」(配信の視聴者から現地の選手やスタッフなどに,食事などを“奢る”ことができるシステム)が稼働しており,終了間際にはなんとあのモエ・エ・シャンドンが奢られるというハプニングが。お値段1万8000円ナリ……
スーパーストリートファイターIV アーケードエディション
おまけ。酔っ払い過ぎて砂漠の民っぽい何かになってしまった神園氏

ストリートファイターシリーズ ポータルサイト

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(ダウンロード版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(ダウンロード版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

  • 関連タイトル:

    スーパーストリートファイターIV アーケードエディション(パッケージ版)

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    Super Street Fighter IV Arcade Edition

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/11/27)
リアルアーケードPro.V3 SA
amazon価格:18900円
Video Games
発売日:2009-12-24
リアルアーケードPro.V3 SA(Amazon.co.jpオリジナルカラー:「ブラック×ダークブルー」)
amazon価格:29300円
Video Games
発売日:2010-03-18

ELECOM USBアーケードスティック PS3用 ブラック JC-GMAS01BK
amazon価格:3801円
Video Games
発売日:2010-08-05
ファイティングスティックV3
amazon価格:5980円
Video Games
発売日:2009-11-12


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月21日〜05月22日