オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/04/03 15:29

ニュース

最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表

 北米時間2019年4月2日,Intelは,サーバーおよびデータセンター向けCPUであるXeonシリーズの新製品として,開発コードネーム「Cascade Lake」と呼ばれていた第2世代「Xeon Scalable Processor」計58製品を一斉に発表した。
 Cascade Lakeは,既存のXeonシリーズと同じく14nmプロセス世代のプロセッサで,1つのプロセッサパッケージ内に最大56基の物理CPUコアを搭載するシリーズ「Xeon Platinum 9200」をラインナップしていることや,深層学習向けの拡張命令「Vector Neural Network Instruction」(VNNI)を追加した「Intel Deep Learning Boost」(DL Boost)への対応が大きな特徴だ。

Intelが発表した第2世代Xeon Scalable Processorのイメージ。なお,右端の「Xeon D-1600 Processor」は,同時に発表となったネットワーク機器向けのXeon Dシリーズの新製品で,Xeon Scalable Processorとは別物である
画像(002)最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表

 第2世代Xeon Scalable Processorでは,メモリ周りの強化もポイントとなっている。第1世代のXeon Scalable Processorでは,メモリコントローラが最大6チャネルのDDR4-2666対応となっていたが,新製品では最大12チャネルのDDR4-2933対応へと強化された。

第2世代Xeon Scalable Processorの概要
画像(003)最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表

DL Boostを利用することで,深層学習における性能は第1世代のXeon Scalable Processor比で最大14倍も高まるとIntelはアピールしている
画像(005)最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表

 注目のXeon Platinum 9200シリーズは,最大56コア112スレッド対応を実現したプロセッサだ。1基のCPUダイは28コア仕様で,それをパッケージ上に2基実装する仕組みとなっている。
 IntelがCascade Lakeを予告した2018年11月時点では,CPUコア数が最大48基となっていたが,製品版ではそれを上回るスペックをラインナップに加えてきたわけだ。

Xeon Platinum 9200シリーズの特徴を示したスライド。1基のCPUダイは28コア仕様で,それをパッケージ上に2基実装している
画像(004)最上位CPUは最大56コア112スレッド対応。IntelがHPC向け第2世代「Xeon Scalable Processor」を発表

 言うまでもなく,ゲーマーが購入するような製品ではないものの,深層学習向けの命令セットが将来の一般消費者向けハイエンドCPUに実装されるということはあり得るかもしない。

Intelの第2世代Xeon Scalable Processor製品情報ページ


  • 関連タイトル:

    Xeon

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日