オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]AMD,Fusion APUの実動デモを公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/02 14:40

イベント

[COMPUTEX]AMD,Fusion APUの実動デモを公開

 2010年6月2日,AMDはCOMPUTEX TAIPEI 2010に合わせ,会場に隣接した商業施設「New York New York」でプレスカンファレンスを開催。そのなかで,同社がAPU(Accelerated Processing Unit)と呼ぶ,CPUとGPUの統合型プロセッサ「Fusion」(開発コードネーム)の実動デモを公開した。
 AMDでGPUとCPUの開発を統括するRick Bergman(リック・バーグマン)氏は,同社のパートナーベンダーに向けたサンプルが出荷済みであることを明らかにするとともに,ウェハを掲げ,2011年前半の正式リリースに向けての開発が順調であることをアピールする。

Fusionのウェハを掲げるRick Bergman氏(Senior Vice President, Products Group, AMD)
AMD A-Series(Llano)

 Fusionは,DirectX 11世代のGPUコア(※正確にはSIMD演算器のアレイ)と,マルチコアCPUを同一ダイに搭載した異種混合プロセッサだ。

APU時代の到来を宣言
AMD A-Series(Llano)

 世界初のAPUとして定義されるFusionで特徴的なのは,メインメモリをGPUコアとCPUコアが共有し,GPUコアとCPUコアが,超高速な内部バスで接続されること。従来,GPUとCPUの連係動作はPCI Express経由で行われてきたが,これを完全に内部バスで置き換えることにより,より密度の高い異種混合コンピューティングを可能にしようとするものだ。
 メインストリームPC(※ここではエントリー〜エントリーミドルクラスくらいの意)向けのFusionとしては開発コードネーム「Llano」(ラノ)が提供され,NetbookやタブレットPCのような,消費電力あたりのパフォーマンスが強く求められる製品セグメントに向けては,開発コードネーム「Ontario」(オンタリオ)が提供される予定。いずれも2011年前半の正式発表に向けて,サンプル出荷済みというステータスになっている。

AMD A-Series(Llano)
メインストリームPC向けFusionとなるLlanoの概要
AMD A-Series(Llano)
こちらはOntarioの概要。NetbookやタブレットPCがターゲットで,ある意味,IntelのAtom対抗といった趣である

 プレスカンファレンスでAMDは,Fusion APUベースのシステムを用いて,テッセレーションに対応したDirectX 11世代の3Dゲーム「Alien vs. Predator」を動作させるデモを公開。2011年以降は,エントリークラスのノートPCでも,DirectX 11世代の3Dゲームを快適に動作させられるとアピールした。


Browser Flip」のデモ比較。左はFusionに統合されるのと同程度のCPU単体で実行させたところで,フレームレートはだいたい2〜3fps。これが,Fusion APUで実行すると,おおむね60fps弱を維持した。パフォーマンスの違いはざっと20倍だ
AMD A-Series(Llano) AMD A-Series(Llano)
  • 関連タイトル:

    AMD A-Series(Llano)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月22日〜09月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月