オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
マクロスアルティメットフロンティア公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/09/27 01:06

イベント

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

 東京ゲームショウのバンダイナムコゲームスブースに出展されている「マクロスアルティメットフロンティア」「スーパーロボット大戦NEO」「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS」を紹介するステージイベントが,9月26日に開催された。

各作品のファンにはおなじみ,名物プロデューサーの3名が登壇。「お笑いトリオじゃないですよ!」と司会者の女性に突っ込まれて苦笑い
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

 1本めのマクロスアルティメットフロンティアは,PSPで10月1日に発売されるアクションシューティング。名作ロボットアニメ「マクロス」シリーズのほぼすべてのストーリーを網羅し,100機以上のメカを自由に操り,160以上のミッションに挑むという,ボリュームたっぷりの作品だ。

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
マクロスアルティメットフロンティアのプロデューサーである広野啓氏が持つのは,130分以上の映像を収録したUMDビデオが付属する期間限定販売版「超豪華娘々パック」のパッケージだ
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
「マクロスF」のヒロインの1人ランカ・リーを演じる中島愛さんがゲストに。劇中の人気曲「星間飛行」を披露。「キラッ!」のポーズも決まり!
本作の主題歌「Burning Fire」を歌うユニット,FIRE BOMBERが,「マクロス7」の放映以来15年ぶりに再結成された
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

 次に紹介されたのは,10月29日に発売されるスーパーロボット対戦NEO。数多くのロボットヒーロー達が入り乱れて戦うシミュレーションRPGシリーズ,通称「スパロボ」の最新作で,Wiiでのリリースは今回が初めてだ。本作には,「絶対無敵ライジンオー」をはじめとする「エルドラン」シリーズや「NG騎士ラムネ&40」,「機動武闘伝Gガンダム」など,1990年代に放映された作品群のロボットが登場する。

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
本作のCMキャラクターを務める,中川翔子(右)さんと高橋胡桃さんがビデオレターでコメント。「馴染みのある1990年代のロボットが出てきてNEOウレシス!」としょこたん
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
寺田貴信プロデューサー(中央)は,ほかのプロデューサー2人と一緒に「スパロボNEO」のデモンストレーションプレイを行った

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

 イベントのトリに紹介されたのは,PSPで12月3日発売予定の機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム NEXT PLUS。ここで紹介されたスペシャルゲストが,ガンダムを語るうえで外すことのできない声優である古谷徹さんだ。2009年はガンダム生誕30周年ということで,さまざまなイベントに出演しては,「アムロ,行きます!」と,計100回以上叫んでいるのだとか。

古谷さんは初代ガンダムのアムロ役以外に,「蒼月昇」の名義で「機動戦士ガンダム00」のリボンズ・アルマーク役で出演している
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ

 さて,機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUSは,アーケード版「ガンダムVS.ガンダムNEXT」をパワーアップした作品で,ガンダムシリーズ18作品から,60機以上の人気モビルスーツが登場し,2対2のチームを組んで対戦するアクションゲームとなっている。「機動戦士ガンダムUC」のユニコーンガンダムをはじめ,アーケード版には登場しなかった新規の機体が数多く登場するほか,本作オリジナルの「ネクストプラスモード」も搭載するのも特徴だ。

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
「一年戦争も体験できるんですよね!」と古谷さんがポロッと漏らし,プロデューサーの後藤能孝氏(中央)が慌てるシーンも
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
本作には,名曲「哀戦士」を,Gacktさんがカバーしたバージョンも収録されている。ビデオメッセージでは独自の世界観とガンダム世界の表現について切々と語っていた

 イベントの最後には,古谷さんとプロデューサー陣の4人対戦プレイが予定されていたが,機材のトラブルにより,急遽,古谷さんがアーケードモードを一人でプレイすることになった。あえてアムロではなく,リボンズの乗るリボーンズガンダムを選んで出撃して戦っていると,終盤にアムロの乗ったガンダムが敵として登場してくるという,ファンにとってはたまらないシチュエーションに! 古谷さんはリボンズになりきり「人間が! 人間風情が!」と名セリフを叫びつつガンダムを倒して見事勝利するという,まるで演出かと思えるほどの結果を迎え,客席から大きな歓声と拍手を受けていた。

 最後は,プロデューサー3人がそれぞれ別の作品をPRして,約1時間のステージイベントは終了。年内の発売を控えた3作品,さてロボット好きは一体どれから遊ぼうか?

[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
広野氏はマスクを被り,シャア本人(!?)になって再登場したが,リボンズ対シャアの夢の対決は残念ながら実現しなかった
[TGS 2009]ランカとアムロもやってきた! バンダイナムコゲームス「夢の!ロボットゲーム大集結」ステージ
リボーンズキャノンに変形して戦う場面も。実はこのリボーンズガンダム,動いている姿が公開されるのは今回が初めて
  • 関連タイトル:

    マクロスアルティメットフロンティア

  • 関連タイトル:

    スーパーロボット大戦NEO

  • 関連タイトル:

    機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日