オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
C9 (Continent of the Ninth)公式サイトへ
  • Webzen Japan
  • WEBZEN
  • 発売日:2011/07/28
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
89
投稿数:70
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「C9」のテスト情報や豪華声優陣,菅野よう子さん/土屋アンナさんによるオリジナルソングなどが発表された「C9 プレスカンファレンス」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/06/30 21:55

イベント

「C9」のテスト情報や豪華声優陣,菅野よう子さん/土屋アンナさんによるオリジナルソングなどが発表された「C9 プレスカンファレンス」レポート

C9 (Continent of the Ninth)
 2011年6月30日,ゲームオンはオンラインアクションRPG「C9 [Continent of the Ninth]」のプレスカンファレンスを東京都内で開催した。カンファレンスでは,C9の特徴が紹介されたほか,プレイヤーキャラクターのボイスを演じる声優陣や,オリジナルソングを制作中であること,参加者を絞ったテストが7月14日に開始されることなどが発表された。なお,お伝えした通り,テストに参加するためには事前の手続きが必要となり,応募が5000を超える場合は抽選となる。4Gamer読者枠として2000名分を用意してもらっているので,奮って申し込んでほしい。

「C9 [Continent of the Ninth]」プレオープンテストに4Gamer読者枠で応募する



ゲームオン 第三事業部 部長 麥谷将人氏
 最初に登壇したゲームオン 第三事業部 部長 麥谷将人氏は,同社が2011年で創立10周年を迎えることに触れ,その歴史の中でもC9の開発元であるWebzenとは「ミュー 奇蹟の大地」「Soul of the Ultimate Nation」を通じて9年もの付き合いがあると説明。その信頼関係を十分に活かし,C9ではスピード感のある運営,開発体制をゲームオン全体で構築し,10万人以上の登録会員獲得を目指したいと抱負を述べた。

 C9のプレゼンテーションを行ったのは,ゲームオン 第三事業部 C9運営チーム プロデューサー 中川敬順氏と,C9公認ナビゲーターを務める松井 悠氏。松井氏は,ゲームライターや国際的なゲーム大会の日本プロデューサーとして活動している傍ら,格闘ゲームやFPSなどの対人戦コンテンツを持つゲームを中心に年間200本以上のタイトルを実際にプレイしているという人物だ。中川氏は,アクション性の高さを活かしたたPvPをメインコンテンツに据えるC9を発展させていくにあたり,ゲームを選別する厳しい目が必要だと考え,松井氏を起用したと説明した。


C9公認ナビゲーター 松井 悠氏
ゲームオン 第三事業部 C9運営チーム プロデューサー 中川敬順氏

C9 (Continent of the Ninth)
 続いて,C9がアクション性の高いMORPGであることや,2009年の韓国ゲーム大賞では大統領賞をはじめとする5つの賞を獲得したことなどが紹介された。中川氏曰く,先日行われたαテストでは,ノンターゲッティングとハイスピードコンボが生み出す戦闘の爽快感に高い評価が集まったとのこと。

 また,「異界の門」が隠された9番目の大陸を目指すというストーリー展開や,プレイヤーキャラクターが「ハンター」「ファイター」「シャーマン」の3タイプであることが紹介された。中川氏によれば,ハンターは短剣と弓を駆使したトリッキーな戦闘を得意とし,ファイターは大剣を振るう攻撃やプロレス風の技が特徴だという。紅一点のシャーマンは,魔法による遠距離攻撃を得意とする一方で,蹴りなどの体術にも長けているとのこと。なおナビゲーターの松井氏は,ファイターがお気に入りだそうだ。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 C9のグラフィックスに関しては,現在,オンラインゲームで使われているほとんどの技術が駆使されているという。会場では,その中からスピード感を強調しているモーションブラー効果と,背景をぼかして遠近感を出す“フォーカシング効果”の二つが紹介された。とくに後者に関しては,奥行きが表現されることから,PvPで相手との距離感がつかみやすくなると,松井氏は話していた。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 そのほか,パーティプレイおよびPvPのデモプレイが行われた。前者では,第2大陸の城を舞台に,レベル30のプレイヤーキャラクター4人によるパーティプレイを披露。ハンターの上級職であるアサシンと,シャーマンの上級職であるタオイスト/エレメンタリストも紹介された。
 PvPは最大8対8で戦えるとのことだが,会場では2対2のデモプレイが行われ,PvP用のロビーへは,CTRLキーを押してメニューを呼び出すことで,ゲームのプレイ中いつでもシームレスに移動できることなどが紹介された。ちなみに,PvPで使われたマップ「運命の決闘場」は,回廊や落とし穴などが配置されているとのこと。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

C9 (Continent of the Ninth)
 日本展開に向けては,ユーザーインタフェースのさらなる調整を施すほか,コントローラへの対応を図っていることが発表された。またムービーやアニメーションといった演出,転職時のクエストなどを加え,ゲームをより盛り上げていくという。
 加えて,プレイヤーキャラクターそれぞれのボイスを演じる声優陣が明らかとなり,ボスモンスターとの決戦前に再生されるそれぞれの決めゼリフが公開された。最後に発表された山口由里子さん演じるシークレットキャラは,中川氏によると,正式サービス開始後,そう遠くない将来に詳細が発表となる予定だ。ほかにも,主要NPCにはボイスが採用され,それを演じる声優陣は総勢36名にも登るという。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

Webzen C9開発チーム プロデューサー ユ・チュンギル氏
 プレゼンテーションの最後に,松井氏は,C9をオンラインRPGのトップになれる可能性を秘めたタイトルであると賞賛。公認ナビゲーターとして,プレイヤーと運営チームの架け橋となるような活動をしていきたいと締めくくった。

 続いて登壇したのは,Webzen C9開発チーム プロデューサー ユ・チュンギル氏。ユ氏は,開発チームのスタッフとの「最近のゲームはプレイしていて眠くなる」という会話がC9の発端だったと,開発当時のエピソードを語った。しかし“眠くならない”ゲームにするために“アクション”というキーワードを掲げたまではよかったものの,ユ氏をはじめスタッフ達はアクションゲームを作ったことがなく,何から手を付けていいか見当がつかなかったとのこと。そこで,まず各自が好きなキャラを作ってPvPを行い,負けたキャラを作り直してまたPvP……ということを延々と繰り返していったという。その結果,ほかのタイトルにはない幅広いプレイスタイルを許容する,C9のPvPが出来上がったとユ氏は説明する。

C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)

 またユ氏曰く,現在は9つの大陸のうち第6大陸を開発中だ。続く第7大陸はより挑戦的な内容を目指すとのことで,具体的にはレイドコンテンツやギルド戦など,コミュニティを核とした要素を盛り込んでいくという。
 ユ氏は,これまで格闘ゲームをはじめ,多くの日本産ゲームをプレイしてきたと述べ,今,自分の手がけるC9がこうして日本でローンチされることは大変光栄なことだと話していた。なお日本での展開にあたり,ゲームオンからWebzenへ100項目以上の依頼案件が提示されたという。中川氏によれば,そのうち数十の項目はすでに実現されているそうだ。

C9 (Continent of the Ninth)

 そのほかカンファレンスでは,作曲家の菅野よう子さんと,歌手としても活動するモデル/女優の土屋アンナさんによるオリジナルソングを制作中であることが発表された。
 会場では,菅野さんのメッセージと,土屋さんによるビデオメッセージも披露され,菅野さんによれば,C9というタイトルをヒントに“9”にまつわる世界的な名曲を内包した楽曲に仕上げるとのこと。ストリングスとギターサウンド,そして土屋さんのカリスマ性のあるボーカルを組み合わせ,クラシックとロックを融合した雰囲気を目指すそうだ。また土屋さんは,C9の世界観やゲーム性に合わせた格好いい曲になると話していた。
 この企画は中川氏の熱意によって実現したとのことで,詳細は曲が完成次第,追って発表される。

 カンファレンスの最後,中川氏はゲームオン全体でC9に取り組んでいると,あらためて説明。松井氏の協力を得て,PvPのオフラインイベントにも力を入れていくので,期待してほしいと締めくくった。

「C9 [Continent of the Ninth]」公式サイト


C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
C9 (Continent of the Ninth) C9 (Continent of the Ninth)
  • 関連タイトル:

    C9 (Continent of the Ninth)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月16日〜10月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月