オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
アサシン クリード公式サイトへ
  • ユービーアイソフト
  • 発売日:2008/01/31
  • 価格:パッケージ版:7329円(税込)
    ダウンロード版:1500円(税抜)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
57
投稿数:2
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「アサシンクリード」のパトリス・デジーレ氏がUbisoftから退職。本人は「自分から辞めたのではない」と発言
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/05/08 15:51

ニュース

「アサシンクリード」のパトリス・デジーレ氏がUbisoftから退職。本人は「自分から辞めたのではない」と発言

 THQに引き抜かれる形でUbisoft Montrealを退社したものの,Ubisoftによる開発チーム買収という形で古巣に舞い戻ったPatrice Desilets(パトリス・デジーレ)氏が,結局Ubisoftから離脱することになったと,欧米のメディアが一斉に報じている。

 「アサシンクリード」シリーズの生みの親として,Ubisoftでもトップレベルの待遇を受けていたデジーレ氏が,引き抜かれる形でTHQ Montrealのエクゼクティブ・ディレクターになったことは,「奥谷海人のAccess Accepted / 第299回:モントリオールで起きた人材引き抜きをめぐる裁判」でも詳しくお伝えしたとおりだ。
 しかし,当時におけるTHQの財務状況は悪化の一途をたどっていた。2013年1月に明らかになったTHQ倒産時の資産売却においては,THQ Montrealと,氏の処女作となるはずだったコードネーム「1666」というプロジェクトを,250万ドルでUbisoft Entertainmentが落札するという,何とも気まずい展開になっていた(関連記事)。

 その後,Ubisoftはデジーレ氏とそのチームの合流を,肯定的に捉える発言もしていたが,本日付けのGame Informerオンライン版(関連サイト)によると,Ubisoftは「買収によってデジーレ氏を含む170人の有能な開発者たちを引き入れることができたものの,ビジョンの違いからプロジェクト継続を断念せざるを得なくなった」とコメントしているという。
 また,デジーレ氏への接触に成功したゲームブログPolygon(関連サイト)は,デジーレ氏自身のコメントとして「自分から辞めたんじゃない。今朝呼び出されて,チームにお別れの挨拶をしたり,デスクの個人の所有物を取りに行ったりする時間も与えられないまま,出ていくことを余儀なくされた」という状況であったことをほのめかしている。

 早くから最新のアニメーション技術に着目し,「アサシンクリード」シリーズでフリーランニング的なスムーズなキャラクターアクションを完成させたデジーレ氏。その最新プロジェクトだった「1666」は,Ubisoftが版権を所有したまま封印される可能性もあり,デジーレ氏は苦しい戦いを強いられることになりそうだ。
  • 関連タイトル:

    アサシン クリード

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード 日本語マニュアル付英語版

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月