お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/01/25 17:00

レビュー

メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING

Text by 宮崎真一


 NVIDIAのAmpereアーキテクチャを採用したハイエンド向けGPU「GeForce RTX 3080」(以下,RTX 3080)について,筆者は,レビュー記事で「消費電力が高いものの,性能は前世代から飛躍的な向上を果たしている」と評した。しかし,RTX 3080のグラフィックスメモリ容量は10GBであり,Turing世代の最上位モデル「GeForce RTX 2080 Ti」の11GBから,1GBだが減っている。とくにNVIDIAが推すリアルタイムレイトレーシングを利用する場合や,4Kといった高解像度でのゲームプレイする場合などでRTX 3080のグラフィックスメモリ容量はネックになりがちだった。
 また,競合製品となるAMDの「Radeon RX 6800 XT」などは容量16GBのグラフィックスメモリを搭載しており,それに比べるとRTX 3080のグラフィックスメモリ容量は,どうしても見劣りしてしまう。

 そこで,NVIDIAは北米時間2022年1月11日,RTX 3080のメモリ増量版となる新しいRTX 3080を発表した。この新RTX 3080は,グラフィックスメモリ容量が従来の10GBから12GBへと増やされている点が最大の特徴だが,それ以外にもいくつかスペックの変更が行われている。
 この新RTX 3080は,どの程度の実力を有するGPUなのか。ASUSTeK Computer(以下,ASUS)製の「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」(以下,Strix 3080-O12G)を試用する機会を得たので,テストを通じて詳しく見ていきたい。

ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING
メーカー:ASUSTeK Computer
実勢価格:26万5000円前後(税込)
画像集#002のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか


CUDA Core数が8960基へと増強

メモリ帯域幅はRTX 3080 Tiと同じ912GB/s


 以降の文中では,従来のRTX 3080を「RTX 3080 10GB」,新RTX 3080を「RTX 3080 12GB」としてグラフィックスメモリ容量の違いを明記することを断ったうえで,RTX 3080 12GBのスペックを紹介していこう。

GPU-Z(Version 2.43.0)でRTX 3080 12GBのスペックを確認したところ
画像集#005のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBと同じAmpere世代のGPUで,GPUコアに「GA102」を採用している。そのため,シェーダプロセッサの「CUDA Core」を128基集めて「Streaming Multiprocessor」(以下,SM)を構成し,そのSMを12基集めたミニGPUクラスタ「Graphics Processor Cluster」(以下,GPC)を,フルスペックでは7基搭載する点は変わらない。ただ,RTX 3080 10GBでは1基のGPCと4基のSMを無効化していたのに対して,RTX 3080 12GBでは,1基のGPCと2基のSMを無効化している。
 つまり,RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBからSMが2基増えて,CUDA Coreの総数も8704基から8960基と,約3%の増加を果たしたわけだ。

NVIDIAコントロールパネルでRTX 3080 12GBのシステム情報を確認したところ
画像集#003のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか 画像集#004のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Ampere世代のGPUなので,RTX 3080 12GBもリアルタイムレイトレーシングを担当する第2世代「RT Core」を搭載している。Ampereアーキテクチャでは,1基のSMに1基のRT Coreを組み合わせているため,RTX 3080 12GBのRT Core数は70基と,こちらもRTX 3080 10GBの68基よりも増えた。同様に,AI推論アクセラレータである第3世代「Tensor Core」も,1基のSMに4基を組み合わせているため,RTX 3080 12GBは280基のTensor Coreを持つ計算になる。

 その一方で,RTX 3080 12GBの動作クロックは,ブーストクロックこそ1710MHzとRTX 3080 10GBと変わらないものの,ベースクロックは1260MHzと,RTX 3080 10GBの1440MHzから180MHzも低く抑えられている。RTX 3080 12GBでは,CUDA Core数やグラフィックスメモリ容量の増加で発熱がきつくなり,ベースクロックを落とさざるをえなかったということなのだろう。ブーストクロックが変わらないのは,ベースクロックと異なり持続的にブースト上限で動き続けることは少ないからと思われる。

 グラフィックスメモリは,容量が10GBから12GBへと増えたのは先述のとおりだが,メモリインタフェースが384bitへと拡大された点も見逃せない。RTX 3080 12GBのメモリクロックは19GHz相当で,RTX 3080 10GBと変わってないないが,メモリインタフェースの拡張によってメモリバス帯域幅は912GB/sとなり,RTX 3080 10GBから20%も増大している。

CUDAの開発キットに付属している「devicequerydrv.exe」。L2キャッシュはRTX 3080 Tiと同じ6MBだった
画像集#006のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBの主なスペックを,RTX 3080 10GB,それに上位モデルの「GeForce RTX 3080 Ti」(以下,RTX 3080 Ti)とともにまとめたものが表1となる。RTX 3080 12GBは,RTX 3080 TiとRTX 3080 10GBの間に置かれたモデルという理解で間違いない。

画像集#007のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか


カード長は実測約320mmとかなり大きめ

Axial-tech仕様の3基のファンが特徴的


 Strix 3080-O12Gのカードそのものを見ていこう。

画像集#008のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Strix 3080-O12Gのカードサイズは,実測で約320mm(※突起部除く)だった。RTX 3080 10GBのFounders Editionが同287mmだったので,それより30mm以上も長い。
 マザーボードに装着すると,ブラケットから35mmほど上にはみ出ており,かなり背が高いカードである。導入するときは,PCケースのサイドパネルとの干渉に注意を払いたい。

カード長は約320mmと長い
画像集#009のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 重量は,実測で約1783gもあり,RTX 3080 10GBのFounders Editionが約1351gだったのに比べて,400g以上も重いカードとなっている。

重量は同じく約1783gと,かなりヘビー級のカードである
画像集#010のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

裏面には金属製バックプレートが装着されている
画像集#011のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

2.9スロット占有タイプだけあって,厚みはかなりのものだ
画像集#012のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 GPUクーラーは2.9スロット占有タイプで,かなりの厚みがある。GPUクーラー上には,100mm径相当のファンを3基搭載しているが,中央の1基だけはファンブレードの数が13枚で,両端の2基は11枚と,枚数に違いを付けた「Axial-tech」仕様のファンを採用しているのがポイントだ。これらのファンは,外枠となるバリアリングが波打った形状をしているのも特徴的である。ASUSによると,Axial-techファンによって横からの吸気を可能にし,エアフローの静圧を高めているという。

ファンに注目すると,中央の1基のみブレードの枚数が多いことに気付くだろう
画像集#013のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

カード後方は,前面から裏面へとエアーが抜ける構造だ
画像集#015のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 また,中央の1基のみ時計回り,両端の2基は反時計回りと,回転の向きが異なっている点もユニークである。同社によると,(回転の)向きを変えることで,気流の乱れを抑え,冷却性能の向上を実現しているそうだ。GPUの温度が50℃を切るとファンの回転を停止する機能も備える。

ASUSの製品情報ページにあるGPUクーラーのイメージ。ヒートパイプが6本描かれている
画像集#014のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 カードの隙間から覗き込むと,GPUクーラーには6本のヒートパイプが用いられているのが確認できる。また,ASUSの説明によると,電源部には同社の独自品質規格である「Super Alloy Power II」を採用し,安定した電源供給を実現しているそうだ。

 また,カード側面にはLEDイルミネーションが組み込まれており,ゲーマー向け向けモデルらしく派手なイルミネーションが点灯する。これらのLEDは,付属アプリケーションの「Armoury Crate」(Version 3.1.2.0)の「Aura Sync」から発光色や発光パターンを制御することが可能だ。

Armoury CrateのAura Syncには,常時点灯を含めて9種類の発光パターンが用意されている
画像集#016のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 なお,Strix 3080-O12Gの動作クロック設定は,ベースクロックこそリファレンスと変わらない1260MHzだったものの,ブーストクロックは1860MHzと大きく引き上げられた,いわゆるクロックアップモデルだ。メモリクロックは19GHz相当で,こちらはリファレンスと変わらない。

 さらにStrix 3080-O12Gでは,ASUS製アプリケーションの「GPU TweakII」(Version 2.3.8.0)を用いて,「OC mode」「Gaming mode」「Silent mode」という3つの動作モードが利用可能だ。工場出荷時設定はGaming modeで,動作クロックは先述したとおりだ。OC modeにすると,ブーストクロックが1890MHzに,Power Targetは106%まで上げられる。Silent modeの動作クロックは公開されていないものの,実際に試した限りではブーストクロックが1830MHz,Power Targetが94%に,それぞれ低下した。なお,どの動作モードでもメモリクロックは変わらない。

カード側面に実装されたVBIOS切り替え用ディップスイッチ。ブラケット側がPモード,逆側がQモードとなる
画像集#017のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 Strix 3080-O12Gでは,3つの動作モードに加えて,PモードとQモードの2つのVBIOSを搭載しているのもポイントだ。VBIOSの切り替えは,カード側面に用意されたディップスイッチを使用し,工場出荷時設定はPモードだった。これをQモードに切り替えるとPower Targetとファン設定が変更されて消費電力が抑えられ,ファンの動作音も減る。

 PCI Express(以下,PCIe)補助電源コネクタは,8ピンを3基実装する。NVIDIAによると,RTX 3080 12GBのFounders Editionは8ピン×2という仕様なので,Strix 3080-O12Gは電力供給をかなり強化しているわけだ。

補助電源コネクタは8ピン×3という構成(左)で,カードそのものの背が高いため,一段低い位置に実装されている(右)
画像集#018のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか 画像集#019のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 なお,映像出力インタフェースは,DisplayPort 1.4a×3と,HDMI 2.1 Type A×2という構成だ。HDMIが2系統用意されている点がトピックとして挙げられよう。

映像出力インタフェースではHDMI 2.1 Type Aが右側に2つ並んでいるのが目を惹く
画像集#020のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか


OC状態に加えて,リファレンス仕様でもテストを実施


画像集#021のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 それでは,テスト環境の構築に話を移そう。
 今回,比較対象にはRTX 3080 10GBと,上位モデルのRTX 3080 Tiを用意した。また,Strix 3080-O12Gは,先述のとおり3つの動作モードと2つのVBIOSがあるので,今回は工場出荷時設定,つまりGaming modeおよびPモードを選択した状態でテストを行い,それに加えて,ブーストクロックをリファレンスにまで落とした状態でもテストを実施した。なお,それぞれを区別するため,以降,文中およびグラフ中では,前者を「ASUS STRIX 3080 12GB」,後者を「RTX 3080 12GB」と表記することをここで断っておく。

 使用したグラフィックスドライバは「GeForce 511.23 Driver」で,これはテスト時に最新バージョンとなるものだ,それ以外のテスト環境は表2のとおり。

表2 テスト環境
CPU Ryzen 9 5950X(16C32T,定格クロック3.4GHz,最大クロック4.9GHz,共有L3キャッシュ容量64MB)
マザーボード MSI MEG X570 ACE(AMD X570,BIOS 7C35v1D2)
メインメモリ G.Skill F4-3200C16D-16GIS PC4-25600 DDR4 SDRAM 8GB×2(DDR4-3200の16-16-16-36設定で利用)
グラフィックスカード ASUS ROG Strix RTX3080-O12G-GAMING(GeForce RTX 3080,グラフィックスメモリ容量12GB)
GeForce RTX 3080 Founders Edition(グラフィックスメモリ容量10GB)<
GeForce RTX 3080 Ti Founders Edition(グラフィックスメモリ容量12GB)
ストレージ Samsung Electronics SSD 850 EVO(MZ-75E500,500GB)
電源ユニット Corsair CMPSU-1200AX(定格1200W)
OS 64bit版Windows 10 Pro(Build 19043.1466)
チップセットドライバ AMD Chipset Drivers 2.13.27.501
グラフィックスドライバ GeForce:GeForce 511.23 Driver

 テスト内容は,4Gamerのベンチマークレギュレーション25.0に準拠したもの。ただ,今回はNVIDIA製GPU同士での比較なので,「3DMark」(Version 2.22.7334)では,レイトレーシングのテストとなる「Port Royal」と「DirectX Raytracing feature test」,それにDLSSのテストである「NVIDIA DLSS feature test」を追加した。NVIDIA DLSS feature testでは,DLSS 2.0を選択したうえで,DLSS modeを「Quality」に設定している。

 また,「Call of Duty: Warzone」は,「Call of Duty: Warzone Pacific」へと名前を変えて,一部ゲーム内容が変更された。レギュレーションで採用している「PLUNDER訓練」もなくなったため,今回は「基本演習」を用いて,チュートリアルの指示どおりに1分間進めたときのフレームレートを計測している。なお,2回計測してその平均を採るなど,計測方法はCall of Duty: Warzoneと変わらない。

 テスト解像度は,RTX 3080 12GBが,4K解像度を意識したGPUであるため,3860×2160ドットに加えて,いまだ利用率の高い1920×1080ドット,さらにそれらの間となる2560×1440ドットを選択した。


RTX 3080 12GBが真価を発揮するのは4K解像度

ベースクロックの低さがネックとなる場面も


 それでは,3DMarkから順にテスト結果を見ていこう。
 Fire Strikeの総合スコアをまとめたものがグラフ1となる。

画像集#022のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBは,Fire Strike UltraやExtremeでRTX 3080 10GBに約1%の差を付けた。しかし,Fire Strike“無印”では,わずかではあるがRTX 3080 10GBに届いておらず,ベースクロックの低さが足を引っ張ったと見られる。一方,クロックアップを行っているASUS STRIX 3080 12GBは,しっかりスコアを伸ばしており,RTX 3080 10GBを3〜6%程度引き離している。ただ,さすがにRTX 3080 Tiを上回るには至っていない。

 グラフ2は,総合スコアから「Graphics score」を抜き出したものだ。

画像集#023のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 総合スコアを踏襲した形になっており,やはりRTX 3080 12GBは,Fire Strike“無印”で,わずかではあるがRTX 3080 10GBに逆転を許してしまっている。描画負荷が低い状態では,ベースクロックの低さがスコアに影響を与えるようだ。

 続いてグラフ3は,ソフトウェアベースの物理演算テスト結果を「CPU score」として抜き出したものだが,CPUを統一していることもあり,スコアはほぼ横一線だ。

画像集#024のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 グラフ4はGPUとCPU両方の性能が効いてくる「Combined test」の結果をまとめたものだ。

画像集#025のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Combined testは,GPUとCPUともに負荷が大きいテストが行われるため,RTX 3080 12GBはFire Stike“無印”でも,常にRTX 3080 10GBを上回るスコアを発揮した。興味深いのは,Fire Strike“無印”とFire Strike Extremeで,ASUS STRIX 3080 12GBとRTX 3080 Tiがいい勝負を演じている点だ。さすがに,Fire Strike Ultraでは格の違いを見せ付けられているが,描画負荷によってはクロックアップモデルが上位モデルを食う可能性も見えてくる。

 続いては,DirectX 12世代のテストである「Time Spy」の結果を見ていこう。まずは総合スコアをまとめたグラフ5からだ。

画像集#026のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Time SpyはFire Strikeよりも負荷が大きくなるためか,RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBに約2%の差を付けた。ASUS STRIX 3080 12GBも,RTX 3080 10GBとの差を4〜6%程度に広げており,DirectX 12でRTX 3080 12GBを真価を発揮しそうだ。

 次のグラフ6はTime SpyのGPUテスト結果,グラフ7はCPUテストの結果をそれぞれまとめたものだ。

画像集#027のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#028のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 まず,GPUテストの結果からだが,ここでは,CPU性能の影響がなくなるため,総合スコアよりも差が広がる結果となった。RTX 3080 12GBとRTX 3080 10GBの差は2〜3%程度,ASUS STRIX 3080 12GBとRTX 3080 10GBとの差は7〜8%程度となり,クロックアップの効果てきめんだ。ただ,それでもRTX 3080 Tiの牙城を崩すにまでは至ってない。
 一方のCPUテストは,Fire Strikeと同様に,CPUが同一なので基本的にスコアは横並びだ。

 リアルタイムレイトレーシングの性能を計るPort Royalの結果がグラフ8となる。

画像集#029のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 先述したように,RTX 3080 12GBとRTX 3080 10GBでは,RT Coreの数が異なっている。そのため,RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBに1%強の差を付け,ASUS STRIX 3080 12GBは差を約6%まで伸ばしている。RTX 3080 12GBは,リアルタイムレイトレーシング性能が向上していることが,このテスト結果からもハッキリ見て取れる。

 さらに,もうひとつのレイトレーシングテストとなるDirectX Raytracing feature testの結果がグラフ9となる。

画像集#030のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Port Royalとは異なり,RTX 3080 12GBが,Fire Strike“無印”と同じくRTX 3080 10GBに届いていない。レイトレーシングでもベースクロックの低さが露呈した格好だ。ただ,クロックアップを施しているASUS STRIX 3080 12GBはスコアをしっかりと伸ばして,RTX 3080 10GBとの差を約6%に広げている。

 続いて,DLSSの性能を見るNVIDIA DLSS feature testの結果(グラフ10)を見ていこう。

画像集#031のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 DLSS on時のスコアを見ていくと,RTX 3080 10GBとの差は,RTX 3080 12GBで1〜2%程度,ASUS STRIX 3080 12GBで6〜7%程度と,Tensor Core数で上回るRTX 3080 12GBがしっかりと性能向上を果たしている。ただ,DLSS off状態からDLSS onに変えてどれだけ性能が向上したのかを計算すると,RTX 3080 10GBは1920×1080ドットで55%,2560×1440ドットで62%,3840×2160ドットで81%なのに対して,RTX 3080 12GBは順に54%,63%,81%で,大差ない結果に落ち着いている。

 では,実際のゲームではどうなのだろうか。グラフ11〜13の「Far Cry 6」の結果から見ていこう

画像集#032のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#033のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#034のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Far Cry 6でも,低解像度ではRTX 3080 10GBのほうが,RTX 3080 12GBよりも平均フレームレートが高いという状況が発生している。ASUS STRIX 3080 12GBをもってしても,2560×1440ドット以下の解像度ではRTX 3080 10GBに届いておらず,ベースクロックの低さはかなり大きなネックとなっているようだ。ただ,3840×2160ドットにもなると,RTX 3080 12GBはしっかりと真価を発揮し,RTX 3080 10GBに約5%の差を付けている。

 次に「バイオハザード ヴィレッジ」の結果がグラフ14〜16となる。

画像集#035のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#036のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#037のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBが,1920×1080ドットでRTX 3080 10GBに届かないのはここでも同じ。平均フレームレートこそ肩を並べているが,1パーセンタイルフレームレートになると,RTX 3080 12GBはRTX 3080 10GBに2%ほどの差を付けられてしまっている。一方で,ASUS STRIX 3080 12GBは,平均フレームレートでRTX 3080 12GBに5〜7%程度の差を付け,1パーセンタイルフレームレートではRTX 3080 Tiに迫る性能を見せた。

 グラフ17〜19は,Call of Duty: Warzone Pacificの結果だ。

画像集#038のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#039のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#040のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 1920×1080ドットで,RTX 3080 12GBがRTX 3080 10GBに届いていないのは,バイオハザード ヴィレッジと似た傾向だ。だが,2560×1440ドット以上の解像度であれば,RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBに平均フレームレートで1〜3%程度,1パーセンタイルフレームレートで3〜7%程度の差を付けている。とくに3840×2160ドットの1パーセンタイルフレームレートでは,RTX 3080 12GBが差を広げているのは要注目だ。また,クロックアップを行っているASUS STRIX 3080 12GBであれば,1920×1080ドットでもRTX 3080 10GBを軽々を上回る性能を発揮している。

 続いては,「Fortnite」の結果をグラフ20〜22に示す。

画像集#041のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#042のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#043のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 わずかではあるものの,RTX 3080 12GBは,すべての解像度でRTX 3080 10GBを上回って見せた。ただ,1920×1080ドットにおける差は実フレームレートで1fpsにも満たないので,低解像度でRTX 3080 12GBが苦しい戦いを強いられているのは変わらない。ASUS STRIX 3080 12GBとRTX 3080 10GBとの差は,平均フレームレートで4〜6%程度となり,クロックアップの効果はかなり大きい。

 グラフ23〜25は「Borderlands 3」の結果だ。

画像集#044のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#045のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#046のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 Fortniteと同じく,RTX 3080 12GBは,すべての解像度でRTX 3080 10GBを超える結果を残した。ただ,その差は最大でも1.1fpsと,ほぼ横並びと言ってもよいほどだ。ASUS STRIX 3080 12GBとRTX 3080 10GBとの差も,平均フレームレートで1〜5%程度,1パーセンタイルフレームレートで1〜2%程度と,とくに後者であまり引き離せていない。

 グラフ26は「ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク」(以下,FFXIV暁月のフィナーレ ベンチ)の総合スコアをまとめたものだ。

画像集#047のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBにおいて,ベースクロックの低さがネックになっているのは,このテストでより顕著に表れている。RTX 3080 12GBは,3840×2160ドットこそRTX 3080 10GBに約3%ほど差を付けているものの,2560×1440ドット以下の解像度では逆に約4%の差を付けられてしまっている。ASUS STRIX 3080 12GBでも,2560×1440ドット以下の解像度ではRTX 3080 10GBに並ぶのがやっとで,RTX 3080 12GBのアドバンテージは4K解像度で表れてくると言ってよさそうだ。

 そんなFFXIV暁月のフィナーレ ベンチにおける平均フレームレートと最小フレームレートをまとめたものがグラフ27〜29だ。

画像集#048のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#049のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#050のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 平均フレームレートでは,1920×1080ドットでRTX 3080 10GBがRTX 3080 12GBを上回っている点は総合スコアから変わらない。一方,最小フレームレートに着目すると,2560×1440ドット以下の解像度では,CPU性能の影響が大きいためか,RTX 3080 12GBとRTX 3080 10GBは横並びだ。だが,3840×2160ドットでは,RTX 3080 12GBがRTX 3080 10GBに約9%もの差を付けた。これだけの差があると,実際のゲームでもプレイフィールはかなり変わってくるはずだ。

 グラフ30〜32には,「Project CARS 3」の結果をまとめている。

画像集#051のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#052のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
画像集#053のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 ここではRTX 3080 12GBが,RTX 3080 10GBに対してすべての解像度において平均フレームレートで1〜2%程度の差を付け,優位に立っている。ASUS STRIX 3080 12GBは,クロックアップによってさらにフレームレートを伸ばしており,RTX 3080 10GBとの差は,平均フレームレートで3〜5%程度に広がっている。


消費電力は40W近くも増大

RTX 3080 10GBを超える電力喰い


 表1を見ても分かるとおり,RTX 3080 12GBのTGP(Total Graphic Power:グラフィックスカード電力)は350Wと,RTX 3080 10GBから30Wも上昇して,RTX 3080 Tiと同等になってしまった。はたして実際の消費電力はどの程度なのだろうか。
 そこで今回は,NVIDIAが開発した消費電力計測ツール「PCAT」(Power Capture Analysis Tool)を用いて,グラフィックスカード自体の消費電力を計測してみたい。今回も3DMarkのTime Spyにおいて,消費電力が高くなる傾向が出たGraphics test 2実行中の結果を示している。その結果をグラフ33に示そう。

画像集#054のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 この結果を見ると,RTX 3080 12GBが300W台後半で推移しているのに対して,RTX 3080 10GBは300W台前半と,消費電力にハッキリと開きがあるのが分かる。また,RTX 3080 12GBとRTX 3080 Tiがほぼ同じ消費電力で推移しているのも見て取れる。350W以上となった回数を数えてみると,RTX 3080 12GBは725回もあるのに対して,RTX 3080 10GBはわずかに19回と,これだけでも消費電力に明確な差があるのが分かる。
 グラフ33から中央値を求めたものが,グラフ34となる。

画像集#055のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBは370Wほどと,RTX 3080 10GBから40W弱上昇してしまっている。テストに用いたStrix 3080-O12Gは,3系統のPCIe補助電源コネクタを持つ豪華な作りであるため,それだけ消費電力が大きくなってしまう面はある。つまり,この結果がGPUの差とイコールではないのだが,それでもRTX 3080 12GBの消費電力は,確実に増大していると言っていい。

 ログの取得が可能なワットチェッカー「Watts up? PRO」を用いて,システム全体の最大消費電力も計測してみた。なお,テストにあたっては,Windowsの電源プランを「バランスに設定」。さらに,ゲーム用途を想定して,無操作時にもディスプレイ出力が無効化されないよう指定したうえで,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点をタイトルごとの実行時,OSの起動後30分放置した時点を「アイドル時」としている。
 その結果がグラフ35だ。

画像集#056のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 このテストでは,ピーク値を結果として採用するため,差は広がる傾向にある。RTX 3080 12GBとRTX 3080 10GBとの差は,26〜53W程度と大きく,ASUS STRIX 3080 12GBにいたっては,RTX 3080 Tiを上回る場面も多い。RTX 3080 10GBのレビューで筆者は,「電力喰い」と称したが,RTX 3080 12GBはそれ以上と言っても過言ではない。

 最後に,GPU-Zを用いて計測したGPU温度も確認しておきたい。ここでは,温度約24℃の室内で,テストシステムをPCケースに組み込まず,いわゆるバラックに置いた状態から,3DMarkの30分間連続実行時を「高負荷時」として,アイドル時ともども,GPU-Zから温度を取得することにした。
 その結果はグラフ36のとおり。

画像集#057のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか

 RTX 3080 12GBは,高負荷時でも70℃を割っており,搭載するGPUクーラーの冷却性能はかなりのものだ。さすがに,これだけ巨大なクーラーを装着すると,十分に冷えているということなのだろう。また,アイドル時の温度が全体的に高めだが,これはファンの回転が停止するためだ。

 最後に筆者の主観であることを断ったうえで,Strix 3080-O12Gの動作音について触れると,かなり静かな印象を受けた。ASUSは,十分に静音性にも配慮しているようで,少なくともFounders Editionより静かであることは間違いない。


価格は20〜25万円程度

4K解像度でゲームをプレイする人向け


Strix 3080-O12Gの製品ボックス
画像集#058のサムネイル/ASUS「ROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING」レビュー。メモリ12GB版のGeForce RTX 3080は従来モデルより高性能になったのか
 以上のテスト結果を踏まえると,RTX 3080 12GBは描画負荷により,その評価が変わってくる。たとえば,TPSやFPSなどで,1920×1080ドットのような低解像度で描画オプションを下げてフレームレートを稼ぐという用途では,ベースクロックの低さがネックとなりやすい。
 その一方で,3840×2160ドットの高解像度では,描画オプションが高めてプレイする場合は,RTX 3080 10GBを超える性能を得られることは間違いない。しかもその場合,タイトルによっては上位モデルのRTX 3080 Tiに迫る勢いを見せる点も,魅力のひとつとして挙げることができよう。

 ただ,RTX 3080 12GB搭載カードの価格は実勢価格で20〜25万円ほどと,一昔前の感覚で見れば常軌を逸した価格で販売されている。もちろん,半導体不足の影響と需要の高さによる品不足で高騰するのは理解できるのだが,それでもRTX 3080 Tiとほぼ同価格帯というのは納得がいかない。従来のRTX 3080 10GBを価格改定して,そこにRTX 3080 12GBを据えてほしかったというのは,わがままなのだろうか。

 さらに苦言を呈すると,従来のRTX 3080 10GBとRTX 3080 12GBは,メモリ容量を確認しないとどちらのGPUか判別することができず,安価なRTX 3080を購入したら従来の10GBモデルだったということも起こり得る。RTX 3080 12GBは,RTX 3080 10GBと基本スペックが異なっているのだから,それこそTuring世代のように“SUPER”を付けるなどして,消費者にGPU名でハッキリと違いが分かるようにするべきだったのではないかと思う。

 とはいえ,ハイエンドモデルのラインナップが拡充したことは,消費者の選択肢が増える点ではありがたい。4K解像度でゲームをプレイする人も増えてきており,そういった人であれば,グラフィックスメモリ容量12GBを搭載したRTX 3080というのは,魅力的なGPUに足り得るのではないだろうか。半導体不足が解消して価格がこなれてくれば,RTX 3080 12GBの評価もより高いものになるだろう。


ASUSのROG Strix RTX 3080-O12G-GAMING製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Republic of Gamers

  • 関連タイトル:

    GeForce RTX 30

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日
タイトル評価ランキング
83
Halo Infinite (PC)
75
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
46
ELDEN RING (PC)
2021年11月〜2022年05月