オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー:其の拾伍「地味な面白さが好きです」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/10/16 12:45

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー:其の拾伍「地味な面白さが好きです」


今週のディーノ選手は,巷を騒がす拳闘親子の話題について物申し,返す刀でボクシングゲームでも取り上げるのかと思いきや,普通に「デルトラクエスト 7つの宝石」と「アルカイック シールド ヒート」について言及しております。なので拳闘に興味のない人でも安心です。



著者近影
 いやはやなんだこの亀田バッシングの世の中は。そもそも誰が何で持ち上げていたんだっていう話はあるにせよ,世の中全体がこの状況だと,逆に亀田親子の応援をしたくなるわね。絶対にしないけど。ただ,亀田親子に対しては別に何も思わないながらも,ここにきて必要以上に亀田親子を叩いている人達はね……。とくに「神聖なボクシングを汚すな」的な意見が多いのはちょっと……。
 どうせみんな,そんな毎回ボクシング見てるわけじゃないでしょ。たまたまゴールデンタイムでTVでやってるの見て,無礼な若者が世界王者に完膚なきまでに叩き潰された姿を見た後で,追い討ちのようにただ叩きたいだけじゃない? 亀田親子はその言動から叩かれても仕方ないとは思うけれども,普段ボクシングを見ていない人までもが日ごろの鬱憤を晴らすかのように,ここぞとばかりに叩きに行くのはどうかと思うのよ。それこそ卑怯な弱い者イジメだと思うのは私だけかしら。いや亀田親子を擁護するつもりなど毛頭ないんだけど,もうJBCからの正式な処分が下ったんだから,放っておきましょ。

デルトラクエスト 7つの宝石
 ……と,こんなことを感じたこの一週間のニューカマーゲイムはこちら。バンダイナムコゲームスの「デルトラクエスト 7つの宝石」。ニンテンドーDSのソフトね。
 これってどうやら,オーストラリア生まれの人気ファンタジー小説が原作で,日本ではテレビアニメにもなっている作品を原作としているんだそうな。ウン,知らなかったわね。でもこのゲイム,原作モノとは思えないほどしっかりできているわ。どれくらいしっかりしているかと言うと,逆に原作モノであることがイメージ的に足を引っ張ってるんじゃないかと思うくらい。
 例えばハリーなんとかとか,なんとかニモとか,そういう海外の原作モノゲイムってホラ,回りくどい言い方をすると「大丈夫かコレ?」ってこっちが心配しちゃう感じじゃない? でも,デルトラクエストはそんなことなかった
 ストーリーはきっと,原作を端折ってるんだろうから,多少日本人離れした展開なのはまあ仕方がないとして,まずテンポがいい。設定上の理由があるのかは分からないけれど,こんなにしれっと移動速度の速い主人公は初めて見たわ。移動のストレスはゼロ。そして,シンプルなのもいい。だいたいRPGって言ったら(アクションRPG含む)「この扉を開けるためにはこの鍵が必要」的なお遣いゲイムが多いんだけど,このゲイムにかかればそんなもんクソ喰らえ。敵が現れたら斬る。それだけ。
 ……イヤ,厳密にはそれだけでもないんだけども,要するに難しいことを考えずにプレイできるって意味ね。もちろん,特定のアイテムを持っていないと入手できない宝箱とかはあるんだけど,物語を進めていくには必要ない感じ。支障がないっていうかむしろ,特定のアイテムを入手して開けた宝箱の中身は案外ショボいくらいだったわよ。
 そこで今回はこのゲイムを,「男色印の大ブレイクはしないだろうけど案外イケるゲイム」略してDDSAIGに認定
デルトラクエスト 7つの宝石 デルトラクエスト 7つの宝石 デルトラクエスト 7つの宝石

デルトラクエスト 7つの宝石
 そして,2本目これまたニンテンドーDSなんだけど「アルカイック シールド ヒート」(以下ASH)。これは,ファイナルファンタジーシリーズで有名な坂口博信氏や植松伸夫氏が設立した,ミストウォーカーの作品ね。今更私が言うようなことじゃないほど有名だけれども。でもこのタイトルが,任天堂からリリースされたっていうのは,やっぱり隔世の感があるわ。
 ちょっと話がそれたわね。連載を通して何度か言ってきたけれども,私は昔からどちらかと言うとドラクエ派。だから実は,このゲイムを最初から手放しで信頼していたわけではないのよ。FFが嫌いなわけではないんだけれど,「ブルードラゴン」には裏切られた気分でいっぱいになったことがあるの。そんなブルードラゴンショックを胸に抱いたままASHも半信半疑でプレイしてみたわ。
 ケツ論だけ言うと,大丈夫だった。無理矢理表現するならば,地味に面白い感じ。でも,シミュレーション好きの私から言わせてもらうと,この「地味な面白さ」こそがシミュレーションゲイムやシミュレーションRPGには大事なのよ。だって,シミュレーションRPG自体がゲイムとして地味なんだもん。こちとらシミュレーションに派手さは求めてないのよ。コーエーは好きだけど無双シリーズには乗り切れない,そんな私みたいな人はプレイしてみてもいいんじゃないかしら。
 あ,地味って言っても,ミストウォーカーっぽいポップなんだか重厚なんだかって雰囲気は残ってるから,ジュンスカイミストウォーカーズも安心してプレイするといいわ。
デルトラクエスト 7つの宝石 デルトラクエスト 7つの宝石

 というわけで,今週はここまで。あ,ゲイムヒヒョーに関する意見ならともかく,ボクシングネタに関する苦情はお控えくださいな。ゴールデンタイムの地上波TVで試合が放送されたことのないようなしがないプロレスラーの文字数稼ぎですので。ではまた来週!

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
いよいよ今週末(21日),後楽園ホールで行われるDDTの「Day dream believer 2007」において,“ヌル毛ラ コントラ ヌル毛ラ”という試合形式で,No.1ホストの美月凛音選手(?)とタッグを組み,中澤マイケル&松永智充と対戦するディーノ選手。この試合への意気込みを聞いてみたところ,「私達が負けると星誕期さん(編注:最近ワイドショーなどで目撃することもある,アルゼンチン出身の元力士)の体毛が剃られちゃうんでがんばろうかしら」とのこと。


デルトラクエスト 7つの宝石

デルトラクエスト 7つの宝石

対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:バンダイナムコゲームス
発売日:2007年9月20日
価格:5040円(税込)
CEROレーティング:A
公式サイト:http://www.bandaigames.channel.or.jp/
list/ds_deltora/



デルトラクエスト 7つの宝石

アルカイック シールド ヒート

対応機種:ニンテンドーDS
メーカー:任天堂
発売日:2007年10月4日
価格:5800円(税込)
CEROレーティング:A
公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/ds/yasj/
  • 関連タイトル:

    デルトラクエスト 7つの宝石

  • 関連タイトル:

    アルカイック シールド ヒート

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月07日〜12月08日