オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ドラゴンクエストライバルズ公式サイトへ
読者の評価
56
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/14 16:39

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」


著者近影
 先週に引き続き,私,この年の瀬に引っ越し作業中でしてね。なので相変わらずゲイムに向き合う時間がさほど無いわけです。
 私が東京に来て以来,15年も住んだ部屋から引っ越すわけで,言うなれば15年分の思い出が詰まっているわけですよ。具体的に言うと,15年分のゴミがたまっているわけですよ。当然のように15年ぶりに出会うアイテムも収納の奥から出てくるのです。
 VHSのビデオテープが出てくるのはまだいいの。電化製品というか,そういう記録をする機器も,時代と共に移ろいゆくものだから。ただ,なぜ小学生時代に遊んでいたはずのミニ四駆が出てきたのか,さらには,そもそも遊んだ記憶のないリカちゃんっぽい人形がなぜ出てきたのか,理解が追い付かないわ。
 私の記憶が確かであれば,私は大学を卒業して大阪から東京に出てきたはずなのよ。だから,小学生時代に遊んだミニ四駆が東京にあるはずがない。そして,リカちゃんっぽい人形の謎。確かに今でこそ私はイメージ的には中性的ではあるわよ。でも,目覚めは高校時代に部室の酸っぱ苦いあの匂いが苦手じゃなかったところだから,時代考証的におかしいのよ。
 リカちゃんっぽい人形で遊んだことはおろか,欲しいと思ったことすらないし。ちょっとしたホラー。髪が長くなっていたり,表情が変わっていたり,あるいは涙のあとがあったりしていたら,一日も早く引っ越したほうがいいのかな? と思えるんだけど,残念ながら初めてお目にかかるので,今のところはただの軽いホラー。なんか捨てるのも怖いし,どうしたらいいんでしょうねこういうの。
 そんな引っ越しライフを送っております。ちなみに,誰も喜ばない情報開示として,引っ越し自体は来週半ばなので,あと1週間はゲイムとまともに向き合えない生活が続くわ。引っ越し先のネット回線開通工事が終わるかどうかも定かではないことを考えると,しばらくは据え置きゲイム機でオンライン要素のあるタイトルはプレイできそうもないのよね……。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」
 そこで,ですよ。我々にはアレがあるじゃないか。いや,いい時代ですよ。ゲイムはゲイム機のみでヤるにあらず。スマートフォンがあるのです。引っ越しで時間もないし,プロレスで地方にイくときにもプレイできるし,電波さえあればネットに常につながっていられる。もっと言うと,ほとんどが基本プレイ無料。スマホ用ゲイムでゲイムがプレイできるんですね。これを機に,ちょっと気になっていたタイトルをプレイしてみたわ。
 まずは「ドラゴンクエストライバルズ」iOS / Android)。簡単に言うと,「ドラゴンクエスト」(以下,ドラクエ)のカードゲイムよね。こういうところでもドラクエはズルいと思うの。まだそんなにプレイできていない私でも,新たにカード手に入れたらテンションが上がるんだもん。集めたいって思っちゃう。
 カードゲイムって,結局,収集欲が大切だと思うのよね。極端な話,集めるだけである種の満足を得ることができる。もちろんカードを駆使して相手に勝つための戦略を練るっていうのも楽しみになってくるんだろうけど,入り口としては“カードを集めたい”なのよね。
 そういう意味で,ドラクエというコンテンツの持つ力はすごい。私からしてみたら,「これはズルい」と言わざるを得ない。ドラクエだからできること。ドラクエだから提供できるワクワク。そこがうまく作られているタイトルだと思うわ。
 基本プレイ料金は無料だから,ドラクエが好きだったら,最初タダでカードを引くとこぐらいまでとりあえずプレイしてみたらいいと思う。ワクワクできること請け合い。長くプレイするかどうかは一度試して決めたらいいんじゃないかしら。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」
 次,「ウイニングイレブン カードコレクション」iOS / Android)。これは,サッカーゲイム「ウイニングイレブン」(以下,ウイイレ)のカードゲイムね。これまたカードゲイム。選手を集めてチームを作るっていう,比較的オーソドックスなコレクションゲイムになっているわ。
 試合は完全オートで進んでいくから難しい操作はなし。選手を集めてチームを編成したら,あとは試合を眺めるというタイプなの。試合シーンはキレイだしバリエーションも豊富だから,どの試合も緊張感を持って見ていられるわ。
 一方,試合に介入できない部分をどう評価するか。これについては,まだまだプレイを重ねていない段階ではあるけども,選手カードをコレクションするっていう目的に完全にフォーカスしているので,これはこれで潔い仕様なのかなとは思っているわ。長い間プレイできるかどうかはヤってみないと分かんないけど。
 ただ,やはりこちらも基本プレイ料金は無料なので,サッカー好きならばひとまず最初の選手カードを引くところまではヤってみていいんじゃないかしら。こちらもワクワクを味わえるわよ。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第460回「ワクワクが大事」

 とまあ,今週はスマホ用のカードゲイムを二つプレイしてみたってだけの話なんだけどね。スマホ用のゲイムって,結局は続けられるかどうかがポイントなのよね。で,続けるためのモチベーションって,カードゲイムの場合はとくに“カードをゲットするときにワクワクできるかどうか”が重要だと思うの。
 思えば,ワクワクというのはエンターテイメントにおいては大事な要素なのよね。まだ見ぬ世界を見たり,結果に一喜一憂したり。ワクワク=未来に対して期待すること。
 普段の生活の中だと,ワクワクできることって少ないじゃない。学生時代,例えば遠足の前だったり新学期や新生活が始まる前には少なからずワクワクしたもんだけど。大人になればなるほど,それが少なくなってくる。基本的には,だけどね。きっとそれって,色んなものを見聞きした経験から,次に起きることを想像できてしまうからなんでしょうね。
 それでも常にワクワクを与えてくれるのがエンターテイメント。まだ見ない世界を見せてくれる。結果として,必ずしも望んだ世界が目の前に広がっているわけではないかもしれない。その時が来て,見てみないことには分からない。それでも,ワクワクした時間は貴重よ。まだ見ぬ世界を想像する。だから今を頑張れるの。
 そういう小さな,それでいて貴重なワクワクをドラゴンクエストライバルズもウイニングイレブン カードコレクションも与えてくれたわ。だから,みんなにも味わってほしいわよね。繰り返すけど,無料だし。
 みなさん,ワクワクを味わってますか? ワクワクがあれば,頑張れるから。だから自分なりのワクワクを見つけましょう。私も今味わっているわよ。引っ越しという,ワクワクをね。どちらかというと,引っ越し日までに荷物がまとまるかのヒヤヒヤ成分のほうが多いけど。そんな感じでまた今から荷造り頑張ります。ではまだ見ぬ来週も,この連載でお会いしましょう。

今週のハマりゲイム
PlayStation 4:「コール オブ デューティ ワールドウォーII
PlayStation Vita:「GOD WARS 〜時をこえて〜
Nintendo Switch:「中毒パズル レベルス+
ニンテンドー3DS:「スナックワールド トレジャラーズ
iOS:「ドラゴンクエストライバルズ」「ウイニングイレブン カードコレクション

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手がプロデューサーを務めるDDTプロレスは,本日(12月14日),愛知・名古屋市中スポーツセンター大会「ドラマティックええじゃないか2017」を開催します。ちなみにディーノ選手,試合後にすぐに東京へ戻り,AbemaTVの「木曜The NIGHT」に出演するとのことで,「なぜ名古屋から配信させてくれないのか……」とぼやいていました。ちなみに今週末の16日には東京・としまえん大会「第3回リングドリーム主催DDTプロレス興行〜『愛』は『逢い』よりいでて3〜anniversary,but life goes on」,17日には東京・太子堂商店街歩行者天国大会「太子堂商店街年末プロレス」も控えているのですが,この寒い季節に屋外で半裸にならなければならないということで,「ひょっとしたら肩叩きにあっているのでは?」と疑心暗鬼になっている様子でした。
  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストライバルズ

  • 関連タイトル:

    ドラゴンクエストライバルズ

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン カードコレクション

  • 関連タイトル:

    ウイニングイレブン カードコレクション

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月23日〜09月24日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月