オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/20 11:41

ニュース

SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売

 2019年9月20日,SteelSeriesは,磁気ホールセンサー式キースイッチ「OmniPoint Adjustable Actuation Switches(以下,OmniPoint)を採用して,アクチュエーションポイントをキーごとに調整できるという,まったく新しい機能を備えたゲーマー向けフルキーボード「Apex Pro」を,10月4日に国内発売すると発表した。日本語配列モデルと英語配列モデルがラインナップされており,メーカー想定売価はいずれも2万9000円(税込3万1900円)前後である。

Apex Proの日本語配列モデル
画像(002)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売

OmniPointのイメージ画像
画像(003)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売
 Apex Proは,SteelSeriesが2019年5月のCOMPUTEX TAIPEI 2019に合わせて発表した製品で,同社と中国のキースイッチメーカーであるHuizhou Gateron Electronic Technology(以下,Gateron)の共同開発によるOmniPointを採用するのが最大の特徴だ。
 詳細はCOMPUTEX TAIPEI 2019でのレポート記事を参照してほしいが,簡単に説明するとOmniPointは,キーキャップの先に付けた磁石による磁力の変化を,スイッチ側の磁気ホールセンサーで検出して,任意のしきい値を超えるとキーが押されたとする,今までにない仕組みのキースイッチである。
 OmniPointをメインキーに採用することで,素早く入力したいキーはアクチュエーションポイントを浅くしておき,誤爆を避けたいキーは,逆にアクチュエーションポイント深く設定するといったことが可能であるわけだ。

 アクチュエーションポイント変更以外にも,入力に対するレスポンスの速さや,メカニカルキースイッチやメンブレンキースイッチのような機械部品を使わないことによる耐久性の高さも特徴である。とくに耐久性は,SteelSeriesでの試験では打鍵回数が1億回を超えても壊れることがなかったそうだ。

 Apex Proの外観は,オーソドックスなフローティングデザインのフルキーボードである。写真を見る限り,キートップの印刷が独特であることを除けば,キーの配列もごく普通のようだ。

キーボードバックライトを強調した写真。天板上にキースイッチを載せたフローティングタイプのデザインを採用する
画像(005)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売

OLED Smart Display。その右上にあるのがスクロールホイールで,右下側は設定用のボタンだ
画像(004)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売
 大きな見どころは,10キーの奥側にあるモノクロ有機ELディスプレイ「OLED Smart Display」と,その右にあるクリック機能付きスクロールホイールやボタンにある。Apex Proは,PC用の統合設定ソフトウェア「SteelSeries Engine 3」でもキー関係のカスタマイズを行えるが,有機ELディスプレイの表示を見ながらスクロールホイールとボタンによる操作だけでも,アクチュエーションポイントやそれ以外の設定項目を調整できるのだ。ゲームのプレイ中にも調整しやすいのは大きな利点であろう。

 3万円を超える価格がハードルとなるのは否めないが,アクチュエーションポイント変更機能や耐久性の高さといった特徴は,ヘビーゲーマーの注目を集めるのではないだろうか。

関連記事

SteelSeriesの「Apex Pro」はゲーマー向けキーボードに革命を起こすか? キーごとにアクチュエーションポイントを変更可能

SteelSeriesの「Apex Pro」はゲーマー向けキーボードに革命を起こすか? キーごとにアクチュエーションポイントを変更可能

 COMPUTEX TAIPEI 2019に合わせてSteelSeriesは,新型のゲーマー向けキーボード「Apex Pro」「Apex Pro TKL」を発表した。同社とGateronの共同開発による独自キースイッチ「OmniPoint」の採用により,ユーザーがキーごとにアクチュエーションポイントを自由に設定できるキーボードであるという。

[2019/06/01 00:00]

SteelSeries日本語公式Webサイト



#### 以下,リリースより ####

SteelSeries、アクチュエーションポイントの調整機能を備える
「OmniPoint」スイッチを搭載したメカニカルゲーミングキーボード
APEX PRO
10月4日(金)より国内販売開始

・新開発の磁気ホール効果センサーを使用した「OmniPoint」スイッチを採用
・OmniPointスイッチは、アクチュエーションポイントを0.4mm-3.6mmの間で調整可能
・設定やアプリをコントロールできる有機ELディスプレイとメタルローラーを搭載
・航空宇宙産業で使用されるアルミ製の筐体による滑らかで美しいデザイン
・国内向けの日本語配列モデルはスタンダードな108キーモデル


ゲーミング周辺機器のグローバルリーダーにしてイノベイターであるSteelSeriesは、アクチュエーションポイント調整機能を備えた「OmniPoint」スイッチを搭載し、極めて優れたカスタマイズ性を誇るメカニカルゲーミングキーボード「Apex Pro」を、10月4日(金)より日本国内のSteelSeries製品取扱店にて販売します。
カラーはブラックの1種類。キー配列はUS配列と日本語配列(108キー)の2種類。店頭推奨価格は、US配列、日本語配列ともに29,000円(税抜)です。
(US配列は、一部店舗限定)

APEX PRO
JP/US
店頭推奨価格
29,000円(税抜)
(画像は日本語配列モデル)
画像(002)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売

■「APEX PRO」の特徴
OmniPoint Adjustable Actuation Switches
画像(006)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売
一般的に、タイピング愛好家やゲーマーは、低く長いアクチュエーションポイント(3.6mm)を好んでいます。その一方で、スピードを求め、0.4mmという高く短いアクチュエーションポイントを好む人々もいます。Apex Proに搭載される、特許取得のOmniPointアジャスタブル・アクチュエーション・スイッチは、磁気センサーを搭載し、各キーそれぞれの正確な感度を選択できるようになっています。また、SteelSeries Engineを使用することによって、Apex Proは、Counter-Strike: GlobalOffensiveと言ったゲームの起動時や、その他日常の生産的なタスクのために、感度が自動的に変更される機能を備えています。OmniPointスイッチに搭載されている磁気センサーは、伝統的なメカニカルスイッチと比較して、極めて高速なレスポンスタイムを提供し、Apex Proを最も素早く反応するキーボードにしています。

OLED Smart Display
画像(008)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売
新開発のOmniPointスイッチと並び、Apex Proシリーズには、OLED Smart Displayが搭載されています。このSmart Displayは、Discord、Spotifyといったアプリや、CS:GO、Dota2といったゲームからの通知を表示するだけでなく、キーボード上で直接アクチュエーションポイントをカスタマイズすることを可能にします。SteelSeries Engineソフトウェアを使用することで、極めて詳細なカスタマイズ設定をすることが可能ですが、キーボードの感度を設定する上で、ソフトウェアは必須ではありません。

Aircraft Grade Aluminum Alloy
キーボードのフレームには航空機用アルミニウムを採用。この5000系アルミニウム合金フレームによって、高耐久かつ高い堅牢性を誇り、ハイエンドなセットアップに完璧にマッチします。

Premium Magnetic Wrist Rest
キーボード用のアクセサリとして、シンプルかつ安定して使用することができる、マグネット式のリストレストが同梱されています。このリストレストは、高い耐久性を誇るソフトタッチコーティングが施され、長時間の快適なタイピングとゲーミングを提供します。

Dedicated Multimedia Controls
Apex Proには、クリッカブル・メタルローラーとメディアキーが搭載されています。これらの機能によって、ユーザーは再生/停止などのメディアコントロールやキーボードのセッティングを、キーボード上で直接コントロールできるようになっています。

Dynamic Per-Key RGB Illumination
各キーには、カスタマイズ可能なフルRGBのLEDが搭載されており、様々なイルミネーションエフェクトを設定することができます。同じPCに接続されている、他のSteelSeries製品とイルミネーションを同期させることも可能です。

■製品仕様
画像(007)SteelSeries,アクチュエーションポイントを変更可能なキーボード「Apex Pro」を10月4日国内発売

  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月