オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
SteelSeries,「Freedom to Play」を掲げるスマートフォン対応製品を発表。ゲームパッドやヘッドセットなどが10月から順次登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/08/15 21:55

ニュース

SteelSeries,「Freedom to Play」を掲げるスマートフォン対応製品を発表。ゲームパッドやヘッドセットなどが10月から順次登場

 SteelSeriesは,「Gamescom 2012」の開催に合わせて,「プラットフォームに限らず,どこでも自由に利用できる」製品を示す新たなタグライン(=キャッチコピー)「Freedom to Play」と,その製品群を発表した。


 第1弾のラインナップは,PCやスマートフォン,タブレットで使用できるゲームパッド「SteelSeries Free Mobile Gaming Controller」,ヘッドセット「SteelSeries Flux Headset」「SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset」,スマートフォンとタブレット用の周辺機器「SteelSeries Free Touchscreen Gaming Controls」。価格と発売時期は以下のとおりだ。

  • SteelSeries Free Mobile Gaming Controller
  • 価格:79.99ドル
    発売時期:2012年10月
  • SteelSeries Flux Headset
  • 価格:99.99ドル
    発売時期:2012年10月
  • SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset
  • 価格:129.99ドル
    発売時期:2012年11月
  • SteelSeries Free Touchscreen Gaming Controls
  • 価格:19.99ドル
    発売時期:2012年第四4半期

 新タグラインの話やfreedom to playという言葉自体は,2011年10月にマーケティング部門のトップ,Kim Rom氏へメールインタビューを行った時に出てきていたが,ようやく展開が始まるというわけである。順に製品仕様を見ていこう。


SteelSeries Free Mobile Gaming Controller


 2012年1月時点では「SteelSeries Ion wireless controller」として発表されていたワイヤレスゲームパッドだ。接続はBluetoothで行われ,対応プラットフォームはPCとMac,Android搭載スマートフォンおよびタブレット,iOS搭載スマートフォンとタブレット,そしてiPod touchとされている。

 ボタンの配置は,アナログスティックが筐体中央に並ぶ,PlayStation系に近いもの。搭載ボタンはスティックの左側に「Dpad」(十字キー),中央のアナログスティック上に×2,右側×4,そして筐体奥側の側面左右に各1となる。
 サイズは公称55(W)×108(D)×20(H)mm,重量は同54gと,非常に小型かつ軽量なのもポイントだ。スマートフォンやタブレットを対応プラットフォームとする以上,持ち運びやすさを重視してこのサイズにしているのだと思うが,確かにこれなら外出先にも持って行きやすそうである。……ゲームパッドを持ち歩きたいかという点で,別の議論はあるかもしれないが。

スマートフォンや手と比べると,非常に小型のゲームパッドであることが分かる
充電はUSBで行われる。バッテリー駆動時間は20時間以上とのことだ


SteelSeries Flux Headset

SteelSeries Flux In-Ear Pro Headset


 40mm径のドライバーユニットを搭載する,オーバーヘッドタイプのワイヤードヘッドセットだ。接続インタフェースは3.5mmミニピンで,このケーブルは左右エンクロージャ部のどちらにでも接続できる。
 また,空いているサウンド出力用端子に別のSteelSeries Flux Headsetを接続することで,1つのデバイスから発せられる音を2台のヘッドセットで聞くことも可能だ。

 本体色はブラックとホワイトの2種類。これに加えて,エンクロージャ部のサイドパネルやイヤーパッド,ケーブルは,複数のカラーバリエーションがオプションとして用意されており,これらを組み合わせて好みの色のヘッドセットにカスタマイズすることもできるようである。


 もう1つのヘッドセットSteelSeries Flux In-Ear Pro Headsetは,バランスドアーマチュア型のカナルタイプとなる。こちらは製品情報ページがないので詳細は不明だが,ケーブルの取り外しや耳栓部分の付け替えなどが可能になっているという。マイクはインライン型で,よくあるスマートフォン用ヘッドセットのような仕様となっているようだ。
 ボディのカスタマイズが特徴のFluxの名が付いているわりに,少々地味な印象を受けるが,リリース文を見る限り音質面が強くアピールされているので,そちらに振った製品ということなのだろう。


SteelSeries Free Touchscreen Gaming Controls


 SteelSeries Free Touchscreen Gaming Controlsは,スマートフォンやタブレットに吸盤で取り付けるアナログスティックとボタンのセットになっているのだという。現時点ではこちらも製品情報ページはないが,似たような吸盤式のガジェットは中国や台湾のメーカーからいくつか登場している。この手の製品をSteelSeriesが作るとどういった使い勝手になるのかは,気になるところかもしれない。

 なお,今のところ,いずれの製品も国内発売時期のアナウンスはない。SteelSeriesが放つ新ジャンルの製品群は,スマートフォンやタブレットにどのようなゲーム体験をもたらすことになるのだろうか。


「SteelSeries Free Mobile Gaming Controller」製品情報ページ

「SteelSeries Flux Headset」製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    SteelSeries

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月17日〜01月18日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月