オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Tower of AION公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:397
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/10/12 16:51

プレイレポート

「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

画像(001)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 エヌ・シー・ジャパンが運営中のMMORPG「The Tower of AION」では,10月18日に大型アップデート“Episode 2.7 デュエル オブ ディーヴァ”が実装される。サブタイトルを見ても分かるように,これは主に対人戦(PvP)にスポットを当てたアップデートとなる。

 今回は,18日のアップデート実施に先駆けて,エヌ・シー・ジャパン本社にて先行体験することができたので,恒例のプレイレポートをお届けしていきたい。記事の最後には,PvPで役立つアビス装備(Lv40エリート装備のフルセット)の読者プレゼントもあるので,そちらもお見逃しなく。

画像(002)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

「The Tower of AION」公式サイト



PvPを目的とする“第3テンペル訓練所”が登場


画像(003)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 Episode2.7における最大の見どころは,ディーヴァの育成機関“テンペル訓練所”に第3のエリアが登場すること。すでに実装済みの第1エリアがパーティプレイ向けのPvE,そして第2エリアがソロプレイ向け用のPvEを目的としているのに対し,今回の第3エリアは“パーティ&ソロプレイ向けのPvP”が目的となっている。つまり,インスタンスエリア内でのPvPという,これまでのAIONにはなかった要素が楽しめるのだ。

 第3テンペル訓練所の内部は,1対1で戦う「孤独の闘技場」と,10名がバトルロイヤルを繰り広げる「混沌の闘技場」の2種類に大別できる。気軽に試せる練習環境が用意されていることもあり,従来のPvP環境と比べると,PvPへのハードルは低めに設定されている印象だ。第3エリアならではの新たな報酬品も追加されており,かなり魅力的なアップデートに仕上がっている。

画像(004)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート


種族に関係なく1対1で戦う「孤独の闘技場」


「孤独の闘技場」では対戦相手のキャラネームが見えるものの,チャットは行えない
画像(005)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
画像(006)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 最初に紹介する「孤独の闘技場」は,1対1でのPvPを行うインスタンスエリアである。戦う相手はもちろんプレイヤーキャラだが,種族に関係なくマッチングが行われる。つまり“味方種族”と戦う可能性があるわけで,これは(合意のうえで行われるデュエルなどを除けば)AIONでは初の試みだ。

 インスタンスの内部では,3種類のステージを順番に転戦することとなる。相手を一度倒しても即終了とはならず,制限時間内であればポイントが増減しつつ試合続行となる。1ステージの制限時間は3分間でステージが3つ,つまり9分間にわたってPvPを続けた結果,ポイントが高いプレイヤーキャラクターが勝利,という流れだ。

勝敗は9分間の累計獲得ポイントで決まる。ステージ内にはさまざまなオブジェクトがあるが,「相手に取らせない」ためにも積極的に狙いたい
画像(007)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート 画像(008)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

このステージでは定期的に,下から火柱が吹き上がる。ステージごとにさまざまなギミックがあるので,しっかり覚えよう
画像(009)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 ここでは,単純に相手を倒せばいいというわけではなく,いかにしてポイントを稼ぐかが重要だ。そのための方法はいくつかあり,ステージ内に出現するモンスターを倒したり,宝箱を開けたり,採集したりといったアクションでもポイントを得ることができる。
 「1対1のPvPでそんなヒマがあるのか?」と思うかもしれないが,たとえばローブ職なら,スリープなどで相手を一時的に無力化したときがチャンスだし,倒した相手が復活するまでの時間も利用できる。9分間という枠内で考えれば,チャンスは意外と作れるものだ。

 “闘技場”は,すべてが見晴らしの良い広場というわけではない。各ステージにはそれぞれ違った特徴がある。飛行をフル活用する“崩れた風の塔”や,逆に飛行が行えない“アビスの橋”といったステージもあり,テクニック次第では,多少のキャラ性能差を覆すこともできそうだ。



10名がバトルロイヤルを繰り広げる「混沌の闘技場」


「混沌の闘技場」では敵のキャラクターネームが“訓練生”で統一される。PvPが苦手という人でも,孤独の闘技場よりは参加しやすそうだ
画像(010)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 続いて紹介する「混沌の闘技場」は,10名のディーヴァ達がバトルロイヤルを繰り広げるPvPモードである。マッチングやポイント獲得などの基本システムは,おおむね「孤独の闘技場」と同じ。混沌用のステージは孤独用とは別に,6種類が用意されており,それらの中から3つが選ばれる。

 実際にプレイしてみると,これは想像を遥かに上回る,すさまじいPvP環境であった。なにしろエリア内にいる9人すべてが敵なわけで,まるで,たった1人で敵本拠地へ“潜入”しているような緊張感だ。しかもエリア内はさほど広くないので,敵との遭遇戦は必至。カメラをぐるりと回すだけでも,赤ネームのキャラが数体発見できるという有様である。とくに,飛行を前提としたステージでは“360度敵だらけ”となり,文字どおりカオスな展開が楽しめる。プレイ中,思わず笑いがこみ上げてくる人も少なくないはずだ。

画像(011)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
ミニマップを見てのとおり,細い路地が迷路のように入り組んだステージ。角を曲がったら目の前に敵が,といったケースが当たり前のように起こる
画像(012)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
ステージによって,各クラスの得意/不得意がある。このように飛行ができず見晴らしの良いステージだと,キャスター職は格好の的になってしまいがちだ

 ちなみに最終ステージでは,高順位のプレイヤーキャラの頭上に,とてもよく目立つアイコンが表示される(これは孤独の闘技場も一緒)。このキャラを倒すと高ポイントが得られるので,当然,集中的に狙われるという仕組みだ。最終ステージでは順位が目まぐるしく入れ替わり,これもゲームのカオスっぷりを盛り上げてくれる。

画像(013)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
各スクリーンショットのステージを見ながら,「自分のクラスならどうやって戦うか?」というのを考えてみるのもよいだろう
画像(016)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
ポイントを稼ぐためのコツは,どちらかというと“死なないこと”より,“相手を倒すこと”だと思えた。積極的に攻めていこう
頭上や背後など,死角から襲い掛かられるのは当たり前。弱ったキャラクターを探して漁夫の利を狙うプレイヤーもおり,展開はカオスそのものだ
画像(014)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート 画像(015)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

 そのクライマックスにおける3分間の様子を録画してみたので,プレイムービーで紹介してみたい。
 ムービーの状況を簡単に説明しておくと,筆者が用いているクラスは,キャスター系のスピリットウィング。ステージ開始時点での順位は2位で,これをキープするためにPvP(特に接近戦)は避けたいところ。でもチャンスがあれば1位のPCにフィアを決めたい。これが基本戦略だった。
 ……しかしそうは問屋が下ろさないというわけで,どのような結末を迎えるのかはムービーを最後までご覧あれ。



練習用モードも用意されており,初心者も安心


画像(017)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 今回実装される対人戦コンテンツは,平日は「12:00〜14:00」と「18:00〜翌2:00日」,土日は「10:00〜翌2:00」までの間,マッチングに申請できるようになる。入場時にはチケットが必要で,これは簡単なデイリークエストで得られる仕組みだ。参加レベル帯は,「Lv46〜50」と「Lv51〜55」の2つとなる。

 マッチングシステムはドレドギンに近い印象だが,今回の闘技場はインスタンスの再入場時間が15分と短く,チケットさえあれば何度でも挑戦できる。たとえば平日の間にデイリークエストでチケットを貯めておいて,週末に思いっきりPvP,といった遊び方も可能だ。

画像(018)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート 画像(019)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

 そしてもう一つ,今回の闘技場には,「孤独の修練場」「混沌の修練場」なる練習用エリアが用意されている。これらのエリアでは報酬こそ得られないものの,チケットを消費せず,ペナルティも一切なしでPvPに挑戦できる。PvPの練習や各ステージのギミックなどを予習するにはうってつけといえよう。

 気になる報酬システムに関してだが,孤独/混沌の闘技場での戦果に応じて,“勇気のテンペルの記章”という新たなポイントが得られる。従来のテンペル記章と,勇気のテンペルの記章を合わせることで,ユニーク/ヒーローグレードの武器や防具と交換可能だ。
 注目すべきは,“下取りシステム”(のようなもの)が実装されていること。従来のヒーロー装備を持っている人に限られるが,それにテンペル記章を上乗せすることで,今回の新アイテムが交換可能である。テンペルのヒーロー武器は現在人気が高く,これは歓迎されそうなシステムだ。

画像(020)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート 画像(021)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート


PvP要素以外ではレイドコンテンツとなった「パドマシャの洞窟」に注目

“Lv40エリートアビス防具セット”プレゼントもお見逃しなく!


画像(023)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
 Episode2.7では,第3テンペルの追加以外にも,いくつかの仕様変更が行われている。それらの中でも,ゲルクマルスに出現するネームドモンスターとして最強を誇っていた“パドマシャ”と,インスタンス内で戦えるようになる点は,今後注目を集めそうだ。

 インスタンスの名前は「パドマシャの洞窟」。入場できる最大人数は48名(2フォース)で,再入場時間は7日間と,正真正銘のレイドコンテンツである。天族(インギスオン)と魔族(ゲルクマルス)のどちら側にも,この入口は用意される。ちなみに今回の仕様変更により,パドマシャと対になっていたインギスオンのネームドモンスター“セマタ”は,今後出現しなくなるそうだ。

画像(024)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート 画像(025)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート
画像(022)「Lv40エリートアビス防具セット」の読者プレゼントにも注目。「AION」次期大型アップデート“Episode2.7 デュエル オブ ディーヴァ”先行プレイレポート

 パドマシャの洞窟の内部では,ヒーロー級の龍族を何体が倒したあとで,パドマシャと相対することになる。パドマシャ自身の攻撃力もさることながら,戦闘中に龍族の援軍が続々と駆けつけてくるので,フォース単位での役割分担が必須となるだろう。その分,報酬アイテムの価値も高いので,コアプレイヤーにはぜひ挑戦してもらいたい。


 「AION」の次期大型アップデート“Episode 2.7 デュエル オブ ディ−ヴァ”の主な内容は,大体このようなところだ。全体的に見ると,PvPを手軽に楽しめるように考えられたアップデートだと思える。
 たとえ負けてもアビスポイントは減らないし,混沌エリアなら相手のキャラネームも見えない。PvPというよりは,「極めて狡猾なNPC」を相手にバトルを楽しめるような感覚だ。ポイント獲得のシステムも,「死ぬことを怖れずガンガン突っ込める」バランスになっており,プレイしていて実に楽しい。PvP経験の有無に関係なく,レベル46以上のキャラクターを所有している人は,実装後にぜひ挑戦してみてほしい。

 最後に,エヌ・シー・ジャパンから読者プレゼント用として,“アビス装備”のレベル40用エリート装備フルセットを27名分いただいたので,興味がある人は以下の応募フォームから,奮ってご応募を。



 プレゼントに応募するには,下記のリンクから応募フォームへ進み,すべての項目に記入して送信ボタンをクリックしてください。 重複応募は当選を無効とさせていただく場合がございます。締め切りは,2011年10月19日(水曜日)16:00です。
 当選者は,後日メールでお知らせします。

「AION」“Lv40エリートアビス防具セット”プレゼントに応募する


プライバシー・ポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)


個人情報の保護に関する法律(以下「法」といいます)では,個人情報取扱事業者が取得する個人情報について,利用目的その他の法により定められた事項を,公表または本人が容易に知り得る状態に置くよう定めています。
Aetas株式会社(以下「弊社」といいます)は,これらの事項につき,以下の通り掲載いたしますのでご覧ください。

1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的(法18条1項)

弊社が取得する個人情報の利用目的は以下のとおりです。

(1)本人からの問い合わせへの対応および弊社サービスの利用に関する手続きのご案内や情報の提供等のカスタマーサポートのため
(2)課金計算および料金請求のため
(3)マーケティング調査および分析のため
(4)弊社および他社の商品,サービスおよびキャンペーン等のご案内のため
(5)弊社に対するご意見やご感想(弊社サービスに対するご意見やご感想を含む)のご提供の依頼のため
(6)紛争および訴訟等の対応のため
(7)合併,分社化,営業譲渡等によって,弊社が事業を承継し個人情報を取得した場合,承継前に本人に同意を得ている利用目的の達成のため
(8)その他,弊社サービスの提供に必要な業務のため

なお,上記以外の目的で当該個人情報を利用する場合は,その都度,その利用目的を明確にし,本人から事前の同意をいただきます。


2.共同利用に関する事項(法23条4項3号)

法23条4項3号は,個人データを特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨および一定の事項を本人が容易に知り得る状態に置いているときは,あらかじめ本人の同意を得ないで,その共同利用者に個人データを提供できることを定めています。 この条項に関わらず,弊社は本人の同意を得ることなく,個人情報取得時に明示した共同利用者以外の第三者に個人情報を提供することはいたしません。


3.弊社が取り扱う保有個人データに関する事項(法24条1項)

(1)当該個人情報取扱事業者(弊社)の名称
Aetas株式会社

(2)すべての保有個人データの利用目的
「1.弊社が取り扱う個人情報の利用目的」に同じ。

(3)開示等の求めに応じる手続
弊社保有個人データに関する利用目的の通知(法24条2項関係),開示(法25条1項関係),訂正等(法26条1項関係),利用停止等(法27条1項関係),および第三者提供停止(法27条2項関係)に関するお問い合わせにつきましては,ご請求の内容をご確認のうえ,以下の電子メールアドレスまでご連絡ください。
電子メールアドレス:info@aetas.co.jp

(4)保有個人データの取扱いに関し弊社が設置する苦情・相談のお申し出窓口
弊社保有個人データに関する苦情・相談につきましては,「(3) 開示等の求めに応じる手続」に記載の電子メールアドレスにて承ります。


4.備考

(1)規約等の優先
弊社が,本人への通知や利用規約の掲示等の方法により,別途,利用目的等を個別に示させていただいた場合等には,その個別の利用目的等の内容が,以上の記載に優先いたします。ご了承ください。

(2)リンク先個人情報の取り扱い
弊社が運営するWebサイトからリンクされている弊社以外が運営するWebサイト(以下「リンク先」といいます)における個人情報の取り扱いについては,弊社が責任を負うことはできません。リンク先における個人情報の取り扱いについては,リンク先の個人情報の取り扱い方針等をご確認ください。

(3)改定
弊社は,本プライバシー・ポリシーの全部または一部を改定する場合があります。改定した場合には,本Webサイトの掲載内容に反映すること等により公表します。


  • 関連タイトル:

    The Tower of AION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/09/17)

4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月