オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Tower of AION公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:396
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
[GC 2008#12]ようやくサービスインが見えてきたNCsoftの次期主力MMORPG「Aion: The Tower of Eternity」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/08/21 17:17

イベント

[GC 2008#12]ようやくサービスインが見えてきたNCsoftの次期主力MMORPG「Aion: The Tower of Eternity」

 2年以上前から,NCsoftの次期主力タイトルとして期待が集まっていたMMORPG「Aion: The Tower of Eternity」(以下,Aion)が,Games Convention 2008のNCsoftブースでプレイアブル展示されていた。
 E3にNCsoftが参加しなくなったため,プレイアブルバージョンを4Gamerが取材するのは2007年のG★以来となり,約9か月振りだ。さすがに9か月もあれば,以前よりだいぶ完成に近づき,サービススケジュールも見えてきた。今回の取材で新たに分かったことなども含めて紹介しよう。

The Tower of AION
 Aionは,天界と魔界の間にあった塔「アイオン」が破壊されたときに生まれた亀裂「アビス」で,3種族が入り乱れて戦うMMORPGだ。プレイヤーが選択できる種族の天族・魔族と,NPC専用種族となる龍族が戦う,PvPvEと呼ばれるシステムが特徴の一つになっている。
 PvPvEでは,各勢力が互いにエリアを奪い合っていく。より多くのエリアを支配した種族は,強力なアイテムを生産できるなど,有利になる仕組みだ。
 
 本作でプレイヤーが選べる職業は4種類で,レベルアップしたのちに各2種類用意されている上級職へと転職できる。ちなみに,以前は,韓国語バージョンをもとに紹介したので,職業の呼び方が日本人には馴染みの薄いものだった。だが,今回は英語版が出展されており,RPGを遊び慣れている人にとっては名前を聞いただけで特徴がつかみやすいと思うので,改めて職業の名称をお伝えしておく。最初に選べる職業はファイター,スカウト,プリースト,メイジの四つ。そして上級職は,以下のようになっている

・ファイター
   グラディエイター
   テンプルナイト


・スカウト 
   レンジャー
   アサシン


・プリースト 
   クレリック
   キャンター


・メイジ 
   ソーサラー
   スピリットマスター


The Tower of AION
 日本でサービスが行われるときは,また別の呼称になっている可能性が高いが,韓国語版のものよりは,今回紹介したもののほうが,役割がイメージしやすいだろう。

 ファイターが肉弾戦に特化しており,プリーストが回復魔法などを使いこなすといったRPGの基本は,本作でもそのまま継承されている。だが本作には,スティグマストーンと呼ばれるアイテムが用意されており,ほかの職業の特徴を取り入れることが可能だ。
 スティグマストーンは,モンスターのドロップアイテムで,プレイヤーキャラクターが装備すると,スティグマストーンに秘められたスキルを使えるようになるというもの。つまり,ファイターのキャラクターを使っていても,メイジの力を秘めたスティグマストーンを装備すれば,攻撃魔法が使えるというわけだ。ブースで説明してくれたNCsoft EuropeのVolker Boenigk氏は,スティグマストーンの存在により,PvPがよりスリリングになると語っていた。例えば,一人で行動しているメイジでも,場合によっては強力な肉弾攻撃を使える可能性があるので,うかつには近づけないのだ。
 プレイヤーキャラクター同士が戦うだけに,どのようにスティグマストーンが機能するのかは分からない。だが,パーティを構成しているメンバーを見ただけでは,戦い方を決められないというのは面白い。マンネリ化対策には一役買いそうだ。

ブーススタッフのVolker Boenigk氏
 Aionは2008年内に韓国でサービスインし,2009年初頭に北米とヨーロッパでサービスが続く。ドイツで行われているゲームショウなので,日本での展開については聞けなかったが,欧米でのサービスとさほど変わらないのではないだろうか。ようやく思う存分に遊べるときがきそうだ。
 
 2006年に発表された当時は,キャラクターが空を飛べるようになったり,かなり細かい部分までキャラクターをカスタマイズできたり,リネージュIIを上回るビジュアルで次世代感が漂っていたのだが,開発が遅れたことにより,“今風”のMMORPGになったという感じだ。もっとも,エンジンがCryENGINE(2ではなく)と一世代前のものなので,最近のPCならほとんど問題なく動くだろう。このあたりは怪我の功名かもしれない。
 なんにせよ,楽しみなMMORPGだということは間違いない。来年のGames Conventionではアップデート情報などが聞けるようになっていてほしいものだ。


キャラクターカスタマイズの豊富さも本作のウリ。顔の細かいパーツから足の大きさまで,いろいろといじれる。もっと早くサービスインされていれば,次世代感が強まったのに。もったいない
The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION

The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION
The Tower of AION The Tower of AION
  • 関連タイトル:

    The Tower of AION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/07/17)
タワー オブ アイオン スターターキツト
発売日:
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日