オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/03/26 15:13

ニュース

Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用

 北米時間2021年3月25日,Razerは,USB接続型ワイヤードヘッドセット「Razer Kraken V3 X」(以下,Kraken V3 X)を世界市場に向けて発表した。スピーカードライバーに「Razer TriForce 40mm Driver」を採用することと,公称本体重量が約285gと軽めで,長時間装着時の疲れにくさに重点を置いたイヤーパッドやアームが特徴であるとのことだ。
 国内市場向けの税込直販価格は8588円となっている。

Kraken V3 X
画像集#002のサムネイル/Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用

 Razerは,2020年7月に発表した「Razer BlackShark V2」シリーズで,初めてTriForceの名を冠するスピーカードライバーを採用していた。これは,1基のドライバーユニット内部に低音,中音,高音域を担当する区画を設けることで,複数のドライバーを組み合わせたヘッドフォンのように豊かな再生を可能にするという触れ込みのドライバーだった。
 これまでRazerが使っていたTriForceドライバーは,いずれも直径50mmのドライバーを採用していたが,Kraken V3 Xのドライバーは40mm径なので,小型化したものを採用するようである。

Razerが公開したTriForceドライバーのイメージ
画像集#003のサムネイル/Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用

Kraken V3 Xの外観は,これまでのKrakenシリーズを踏襲したものであるが,2019年登場の「Razer Kraken X RGB」の約275gよりも,10gほど重い
画像集#004のサムネイル/Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用 画像集#005のサムネイル/Razer,USB接続型ヘッドセット「Kraken V3 X」を発表。40mm径になった独自の「TriForce」ドライバーを採用

 そのほかにもKraken V3 Xは,7.1chバーチャルサラウンドサウンド再生への対応や,Razer独自のLEDイルミネーション同期技術「Razer Chroma」対応のLEDを備えるといった特徴も有する。

●Kraken V3 Xシリーズの主なスペック
  • 基本仕様:USB接続対応
  • サラウンド:7.1chバーチャルサラウンド対応
  • 公称本体サイズ:未公開
  • 公称本体重量:約285g(※マイク含む)
  • 公称ケーブル長:約2m
  • 接続インタフェース:USB Type-A×1
  • 搭載ボタン/スイッチ:音量調整ダイヤル,マイクミュートボタン
  • 主な付属品:未公開
  • 対応ハードウェア:PC,PlayStation(詳細未公開)
  • 保証期間:2年間
  • 価格:8588円
ヘッドフォン部
  • 周波数特性:12Hz〜28kHz
  • インピーダンス:32Ω@1kHz
  • 出力音圧レベル:103dB/mW
  • スピーカードライバー:40mm径ネオジム
マイク部
  • 方式:未公開
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:−42±3dB
  • インピーダンス:未公開
  • S/N比:>55dB
  • 指向性:単一指向性
  • ノイズキャンセリング機能:なし

RazerのKraken V3 X製品情報ページ

  • 関連タイトル:

    Razer

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月06日〜05月07日