オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/06/08 14:36

イベント

[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから

 COMPUTEX TAIPEI 2013の展示会場では,各社のPC関連最新機器が数多く展示されていた。ゲーム録画に特化したビデオキャプチャ製品をリリースしているAVerMedia Technologies
(以下,AVerMedia)は,近々日本での発売も予定している「LIVE GAMER PORTABLE」の展示を行っていた。

 LIVE GAMER PORTABLEは,すでに4Gamerでレビューしたこともあるゲームキャプチャデバイス「AVT-C281」(関連記事)の後継機ともいうべき製品で,AVT-C281と同様,PCなしの単独で使えるデバイスだ。大きさは手のひらサイズと,大幅に小型化されている。
 では,AVT-C281をただ小さくしたものなのか……というと,世代が新しくなっている分,機能が格段に進化している。

ゲーム録画デバイスの本命「LIVE GAME PORTABLE」が登場。手前にあるのがモード切換スイッチ。左がPC接続モード。右が通常モード
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから

 まず,AVT-C281になかったHDMI入力に対応した点がホットトピックだ。録画対応最大解像度は1080pの30fpsとなっている。
 HDMIパススルー端子も装備しており,ゲーム機からの映像は,ほぼ遅延なしのパススルー端子から出力することに対応している。AVerMedia製ビデオキャプチャ製品の低遅延性能はAVT-C281やAVT-C985(関連記事)で実証済みなので,今度も信用してよさそうだ。

 では,LIVE GAMER PORTABLEは完全にHDMIに移行した製品なのか……と思えば,そうではなく,アナログ入力端子もにも引き続き対応している。具体的には,変換ケーブル経由でのコンポーネントビデオ入力(D5入力)にも対応する。なので,HDCP制御の影響でHDMI経由では録画ができないPlayStation 3なら,こちらを利用すればOKだ。

接続端子部。アナログビデオ入力(コンポーネントビデオ入力/D5入力)は変換ケーブル経由での接続となる
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから

 AVT-C281では,録画の保存メディアは,USBメモリか本体に内蔵した2.5インチサイズのストレージデバイス(HDDやSDD)だったが,LIVE GAMER PORTABLEでは,本体内蔵のSDカードスロットに挿入されたSDHCないしはSDXCカードとなる。現在,AVerMediaでは128GBの容量までのSDXCでの動作確認ができているとのことだ。SDカードは,HD映像録画に対応したクラス10が奨励されている。

SDカードスロット。通常モード時はこちらに録画される
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから

通常モードでは上面の青いボタンを押せば録画が開始される
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから
 ところで,LIVE GAMER PORTABLEには,もう1つ,とてもユニークな機能が搭載されている。
 LIVE GAMER PORTABLEは「通常モード」でPCとUSB接続すると,SDカードスロットに挿入されたカードをPCから読み出せるだけなのだが,モードを「PCモード」に切り換えて接続すると,LIVE GAMER PORTABLEが外付けハードウェアH.264エンコーダとして利用できてしまうのだ。
 PCモード時,LIVE GAMER PORTABLE内蔵のハードウェアH.264エンコーダによってエンコードされたビデオストリームはLIVE GAMER PORTABLE側のSDカードスロット内のSDHC/SDXCカードではなく,ホストPC側のHDDに書き出すことができる。

 通常モードでのSDHC/SDXCカードへの録画では,SDHC/SDXCカードの書き込み速度の上限から,録画ビットレートはおよそ十数Mbps程度が限界となるが,PCモード時はUSBバス経由でホストPC側のHDDに書き出すことができるので,ハードウェアエンコーダの上限ビットレートである60Mbpsでの録画が可能になるという。なお,LIVE GAMER PORTABLEのUSBインタフェースはUSB2.0とのこと。まぁ,ハードウェアエンコーダが最大60Mbps対応なので,最大480Mbpsの転送レートを持つUSB2.0でも力不足ということはない。

 さらに,もう一つ。PC接続モード時は,LIVE GAMER PORTABLEでキャプチャしている映像をストリーミング配信することも可能となっている。そう,AVT-C985のストリーミング機能までを取り込んでしまった格好だ。バンドルソフトウェアがAVT-C985のものと同じ「RECentral」なので,Ustream,Twitch,ニコニコ動画などに対応できると見込まれる。
 日本での発売は7月を予定。価格は2万円前後になるとのことだ。

AVerMediaが提供するビデオキャプチャ&ストリーミングソフト「RECentral」。PC接続モードではこのソフトを使って録画や配信を行う
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから
日本のデジタル放送に対応したテレビ番組録画&家庭内配信ボックスの発売も計画中。こちらは発売時期,価格は未定
[COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから [COMPUTEX]PCなしで低遅延HDMI&アナログ録画に対応し,ストリーミングやPC接続にも対応。気合いの入ったゲーム録画デバイスがAVerMediaから

COMPUTEX TAIPEI 2013取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    AVerMedia

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月17日〜06月18日