オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/23 12:00

広告企画

【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

画像(024)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

 シグニファイジャパンが2019年11月29日に発売を予定しているPCゲーマー向けのLED照明「Philips Hue Play ライトバー」(以下,Hue Play)をご存知だろうか。本製品は,映像や音楽に合わせて照明の色がシンクロするバータイプのLED照明なのだが,「百聞は一見に如かず」ということで,まずは本製品を実際に使用している様子を見てほしい。映像と照明が見事にシンクロして,新しい視覚体験が生まれているのが分かるはずだ。


 オランダの照明メーカーであるシグニファイ(旧フィリップス ライティング)が展開するスマートワイヤレス照明システム「Hue」は,自宅のネットワーク上に心臓部となる「Hue ブリッジ」(※別売り)を接続することで,同一ネットワーク上にある最大50個のライトやアクセサリーを,「Philips Hueアプリ」で管理できるという代物だ。
 単体,もしくはグループ単位で照明の色を変更したり,時間を指定して点灯/消灯させたりといった細かいコントロールが楽しめる。

※Hue Playスターターセットには同梱

画像(004)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに
 今回発売となる「Hue Play」は,上述の「Philips Hueアプリ」や,Windows 10/Mac OS用ソフトウェア「Philips Hue Sync」と連動させることで,“PCディスプレイに映し出されたゲーム映像と,Hue Playによる照明をシンクロできる”のが大きなウリとなる。これにより,映像の表現力が拡張され,より没入感のある空間を演出することができるわけだ。

 上に掲載した動画を見ても分かるかと思うが,画面の左側に森,右側に川があるシーンでは,ディスプレイの左に設置したライトバーが緑系に,右に設置したライトバーが青系に発色している。
 どのライトバーがどの場所の色を参照するかは,「Philips Hueアプリ」の“エンターテインメントエリア”で大まかに設定できる。例えば,ライトバーをディスプレイの上部に取り付けて,画面上部の色を参照するように設定すれば,空の色を拡張できるといった感じだ。

画像(002)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

 Hue Playは1600万色フルカラーに対応しているので,ゲーム画面とシンクロしたときの色の再現性がとても高い。それでいて,あくまで間接照明なので光の主張そのものはそこまで強くなく,ゲームプレイの邪魔にならないのもポイントだ。
 明暗やシンクロ感度を自分好みに設定できるほか,ゲームごとに設定を保存する機能もあるので,そのゲームに合った演出を探っていくのも1つの楽しみ方となるだろう。

ゲームだけでなく,YouTubeやNetflixでの動画視聴時にも同様の体験が可能だ
画像(003)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

 また,「Hue Play」は音にもシンクロさせられる。これは音楽モードとして実装されており,PCから出力される音に合わせてライトバーの発光パターンが変化する仕組みだ。いわゆる“音ゲー”との相性の良さはもちろんだが,音の演出に力の入ったホラーゲームなどでも,臨場感が高まるのでオススメできる。以下の動画にある「龍が如く」のような,緊迫感のあるドラマシーンや派手な演出がある作品にもマッチするので,音楽モードもいろいろ試してみると面白いだろう。



Hue Play セットアップガイド


 ネットワーク上で管理する製品と聞くと,セッティングに手こずりそうなイメージがあるかもしれないが,Hue Playのセッティングはとても簡単である。文字に起こすと「電源コネクタを挿して,LANケーブルをつなげ,スマホアプリの手順に従って初期設定するだけ」なのだが,せっかくの機会なので,ここでは写真と合わせてセッティングの手順を紹介しよう。

■ステップ(1):Hue ブリッジに電源コネクタとLANケーブルを挿す

こちらが「Hue ブリッジ」。手前にはLAN端子とACプラグの差込口がある
画像(005)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに


○ステップ(2):Hue Play ライトバーの配置を決めて電源を入れる

付属するスタンドを取り付ければ,横向きに置くこともできるし,立てることもできる
画像(006)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(007)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

ライトバーの配置場所を決めるときは,部屋を暗くすると照明のあたり方が分かるのでオススメ
画像(011)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

付属の粘着シートを使うことで,ディスプレイの後ろに直接貼り付けることもできる。粘着力はかなり強く,余程のことがない限りはがれ落ちる心配はない
画像(020)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(021)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに


○ステップ(3):スマートフォンに「Philips Hue」をインストール

画像(012)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(013)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに
ストアからアプリをダウンロードしてインストール。アプリを立ち上げてブリッジが検出されたら,ブリッジの中央にあるボタンを押してリンクさせる
画像(010)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに


○ステップ(4):ルーム(グループ)を作る

ルームは,ライトを管理するグループのようなもの。ここではマイルームという名前で,先ほど設置したライトバーを登録してみた
画像(015)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(014)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに


○ステップ(5):エンターテインメントエリアを作る

設定からエンターテインメントエリアを選択し,先ほど作ったマイルームを指定する
画像(017)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(016)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

対応する位置にライトのアイコンを配置する。ゲーム画面とシンクロさせるなら,画像のように配置すると良いだろう。ちなみに,アイコンをその場でタッチすると,参照する高さを3段階で設定できる
画像(018)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに 画像(019)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに

 あとは,PCに「Philips Hue Sync」をインストールして,作成したエンターテインメントエリアと同期させれば,「Hue Play」を体験する準備は完了となる。写真と画像を交えて紹介したので少しボリュームが出てしまったが,実際はアプリの指示に従うだけなので,つまづくことはないだろう。参考までに筆者の場合は,エンターテインメントエリアの設定が終わるまで10分もかからなかった。

「Philips Hue Sync」ダウンロードページ



Hue Play 製品情報


 Hue Playのラインナップは以下のとおりだ。要となる「Hue ブリッジ」は別売りだが,スターターセットには同梱されているので,「Hue」の世界に初めて飛び込むという人は,スターターセットの購入をオススメしたい。予約はAmazonから可能だ。

製品名 Philips Hue Play
ライトバー
Philips Hue Play
ライトバースターターセット
(ライトバー2個+ブリッジ)
Philips Hue Play ライトバー
エクステンション
カラー フルカラー フルカラー フルカラー
ルーメン値 530lm/4000k 530lm/4000k 530lm/4000k
消費電力 6.6W 6.6W per unit 6.6W
電源アダプター 有(3口) 有(3口)
サイズ 252x43x36mm 252x43x36mm 252x43x36mm
IP 20 20 20
保証 2年 2年 2年
市場想定価格(税込み) 9680円 2万1780円 7480円

画像のACアダプタは海外仕様のもの。日本で販売されるものには変換プラグが付属する
画像(022)【PR】映像と照明がシンクロする「Philips Hue Play ライトバー」で,ゲームをワンランク上のエンターテイメントに


「Philips Hue Play ライトバー スターターセット」をAmazonで購入


「Philips Hue」公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月28日〜01月29日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月