オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2004/08/02 20:10

ニュース

「GNO2」先行体験イベントにアムロも参戦!
2004/08/02 20:10
 バンダイは2004年9月1日から「ガンダムネットワークオペレーション2」(以下,GNO2)を正式サービスするが,それに先駆けて7月30日に体験会を開催した。このイベントは秋葉原Neccaで開催され,45人の定員はあっという間に満席。さらにかなりの数のメディアが集まり,相当な賑々しさとなっていた。
 イベントは,"芸能界で一番機動戦士ガンダムに詳しいアイドル"と自称する稲葉ちあき氏のMCによってスタートし,スペシャルゲストとしてバンダイの新藤氏と牛村氏によってゲームの特徴が語られた。主な特徴は下記の通り。





■GNO2の特徴
・戦闘中でも編成が可能
・パイロットにスキルシステムの導入
・プレイヤーの立場は部隊長となり,モビルスーツだけの部隊が編成可能
・モビルスーツによっては武装の変更が可能
・モビルスーツ同士を組み合わせて新しいモビルスーツを作成可能
・2D版と3D版の二つのモードが搭載
・GNO2メッセンジャーで友人とのコミュニケーションがとれ,ログインしていなくても戦況の確認が可能

 またサービスインに先駆けて2004年8月4日から公式サイト先行でパッケージの販売も決定している。しかも先行登録者には三つの嬉しい特典が! ファンならぜひとも受けておきたいサービスだ。

■先行登録プレイヤーの特典
・特殊機体を配備:マゼラ・アタック☆(ジオン軍),セイバーフィッシュ☆(連邦軍)
・補給:+1000ポイント
・戦功ポイント:+10ポイント
※なおGNOの現役プレイヤーがGNO2に移行した場合は勲章ポイントを戦功ポイントとして引き継ぐ

 基本的には前作のテイストを踏襲しながらも,各要素がパワーアップといった感じ。実際のゲームはテレビシリーズの「機動戦士ガンダム」で語られた一年戦争を実時間で3か月に渡って戦うことになるが,常にログインして戦う必要はなく,プレイヤーがログアウトしてもその部隊は設定された命令に応じた行動を取るようになっているので,1日10分だけのプレイでも楽しめるものとなっている。このあたり,プレイ時間の取りにくい社会人には,ありがたいゲームシステムといえるだろう。



 次にスペシャルゲストとしてアムロ・レイ役でおなじみの声優,古谷徹氏が登場。氏自身はβテストにも参加しており,「僕はアムロじゃないのにジオン軍のプレイヤーから目の敵にされて困っています」「プレイしているとついついアムロの声でしゃべっちゃったりするんですよ」とのセリフに会場が笑いに包まれるシーンも。ちなみに氏が率いる久遠蒼月隊は,βテストでもかなりの勢力であるらしく,ランキング1位であるそうだ。さすがに狙われるにせよ,敵を攻めるにせよ,アムロの名前は偉大である。
 イベント中盤では古谷氏や牛村氏から出題されるクイズに,ゲームのチャットで回答する"早打ちチャットクイズ"が行われ,正解者にはガンダムやビグロといったモビルスーツ/モビルアーマーがプレゼントされていた。問題を掲載しておくので興味のある人はチャレンジしてもらいたい(※回答はこの記事の一番下にあります)。

Q1.古谷氏が所属する久遠青月隊のモチーフになっている花は何か?
ヒント:青い月

Q2.牛村氏はとあるモビルスーツのプラモデルを50個持っているが何?
ヒント:価格が安く集めやすい

 クイズがちょうど終わるころには,もう一人のスペシャルゲストの土田晃之氏が到着。土田氏は初めてプレイするんですといっていたが,バンダイのスタッフの心遣いか,なぜか土田氏の部隊にはガンダムが5機も配備されていた。これを見た古谷氏は思わず「ガンダムが5機もいるじゃないかぁ!」とアムロ声になっていた。どうやら氏は興奮するとこうなってしまうようだ。
 こうして時間いっぱいまで参加したプレイヤーは古谷氏と一緒に戦うなど,有意義な時間を過ごしたようである。

 しかしイベントは,これでは終わらなかった。7月31日は古谷氏の誕生日ということで,急遽会場は誕生会へと変貌。ケーキにプレゼント(ガンダムのプラモデル)などをもらった古谷氏には,メディアだけではなくファンからもフラッシュのシャワーが浴びせられ,「こんなの聞いてないよ!」と古谷氏も満足の様子。氏にとっても会場に集まったガンダムファンにとっても思い出深いイベントになったに違いない。(Murayama)



おまけ
 会場の最後方には,ひっそりと発売直前のガンダムのプラモデルが置かれており,ファンには見逃せないものとなっていた。が,もっとも驚かされたのは原寸大のハロをモチーフにしたキューブ型PCケースが展示されていたこと。このPCケースはリモコンを使うと手を伸ばしたり,ハッチが開閉する仕組みになっていた。現実問題として家で使うには難があるかもしれないが,インパクトは十分! ネタモノ好きなら購買意欲がそそられそうだ。

A1.薔薇の品種。ブルームーンが好きらしい
A2.アッシマーは価格が安いので数を揃えやすいとのこと




  • 関連タイトル:

    ガンダムネットワークオペレーション2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月20日〜01月21日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月