オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
マイクロマウスから新作4本が発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2003/10/29 19:31

ニュース

 マイクロマウスから新作4本が発表 - 2003/10/29 19:31


 マイクロマウスは10月31日に「ハンビーアサルト」(5800円),11月6日に「ストラテジックコマンド」(6800円),「ネイビーシールズ 2」(5800円),「ミッドナイトアウトロー」(5800円),を発売すると発表した。各タイトルの詳細は以下の通り。

「ハンビーアサルト」(画像上段左,画像中段左)
 軍用車両"ハンビー"を題材に,広大な戦場で戦闘を繰り広げるアクションゲーム。ハンビーとは,第二次世界大戦中に活躍したジープの性能を遥かに凌ぐ車両で,湾岸戦争でも使用されたという世界最強の軍用汎用装甲車だ。ちなみに正式名称はHMMVEE(High Mobility Multi-Purpose Wheeled Vehicle)という。
 舞台となるのは,砂漠地帯のイラクや険しいジャングル地帯のカンボジア,アフガニスタンなど。メインはハンビーに搭乗しての銃撃戦だが,ミッション次第ではハンビーから降りて一兵士としての戦闘も強いられることとなる
 本作に登場するハンビーは"HUMVEE:M99A2" "HUMVEE:COBRA" "HUMVEE:EAGLE" "HUMVEE:UPARMOR"の4種類。それぞれ性能が異なり,装備している武器(マシンガン/ロケットランチャー)も違う。
 とてもスピーディなゲーム展開が特徴的で,つい敵機から目を離すと背後に回られて攻撃されることもある。また,マップ上にはアイテム(ヘルスポイント回復/ロケット弾/弾薬など)が時々落ちているので,見落とさないように注意。

「ストラテジックコマンド」(画像上段中央,画像中段中央)
 戦車戦ゲームの名作「コンバットミッション」の開発元バトルフロント社が制作を手掛ける,ターン制の戦略級ストラテジーゲーム。第二次世界大戦下のヨーロッパを舞台に,プレイヤーは,枢軸軍もしくは連合軍の司令官として,敵対する勢力の打倒を目指さなければならない。収録されているシナリオは,1939年ポーランド侵攻,1940年電撃戦,1941年バルバロッサ作戦,1942年スターリングラード攻防戦,1943年クルスク戦車戦,1944年D-Dayの全6種類。

 いわゆる"戦術的な要素"は極力排除されている本作だが,画面上に表現されるユニットは一つにつき約6〜10万人(複数個軍団クラス)の兵力換算と,そのゲームスケールはまさに"総司令官"の視点そのもの。ヨーロッパ大陸を俯瞰する戦略マップ上にいくつものユニットが入り乱れる様は,"国家的総力戦"の戦争と言われた数十,数百万規模の当時の戦いを見事に表現しているといえるだろう。
 またユニークなのが,開戦当時(ゲーム開始時)には参戦していない国が多く用意されており,それらがいつ参戦してくるか分からないという"ランダム宣戦布告システム"(勝手に命名)が用意されている点である。これは,それぞれの国家の外交戦略は大枠が決定しているものの,プレイヤーの行動いかんで実際の宣戦布告時期が多少前後してしまうというシステムだ。例えば,国境沿いに兵力を集結させたりしてその国を刺激することで,参戦の時期が早まったりする可能性があるということだ。予期しない時期での敵国/同盟国の参戦がシステム的に用意されていることによって,当時の世界情勢の不安定さ,またそれに対する司令官の気持ちを表現しているのは,なかなかに面白い試みだといえるだろう。史実に沿ったプレイを楽しみたい場合には,ランダム宣戦布告システムをオフにするだけでよい。

 Free French Units(自由フランス軍)やScorched Earth(焦土作戦)など,当時の事象も細かくルール化している本作は,地味ながらも優れた操作性と手堅い作りを匂わせる,掘り出し物の一本。決して万人にお勧めできるような内容ではないが,この手のボードゲームなどが好きだというプレイヤーは,ぜひチェックしておくといいだろう。

「ネイビーシールズ 2」(画像上段右,画像中段右)
 アメリカ海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」(通称Seals)をテーマにしたFPSゲーム。主に陸空海3方面からの任務をこなす彼らだが,今作ではイラク/朝鮮/パキスタンといった地へ潜入することとなる。潜入目的は大量殺戮兵器の破壊,原子炉無力化,諜報機関妨害/体制崩壊,など現代社会を連想させるものがある。
 その内容は一般的なFPSとほとんど同様で,マシンガン/拳銃/ナイフ(武器は実際にSealsが使用しているものが登場)などを用いて敵を倒していく。あまりにも高い場所からジャンプするとヒットポイントが減ってしまったり,ヘッドショットなども可能。少しおもしろい点としては,特定のマップでは"スイッチ"を入れることによってゲームが進行するような,要素が取り込まれている。また,行動を共にする隊員には指示を出すこともできる

「ミッドナイトアウトロー」(画像下段右,画像下段中央)
 日本でも馴染み深い(?),ドラッグレース(ゼロヨン)をテーマにした3D レースゲーム。ゼロヨンとは400メートルの直線距離の,スタートからゴールまでのタイムを競うレースのことだ。単純そうに見えるものだが,速く駆け抜けるためには,絶妙なタイミングのシフトチェンジ,アクセルワークなどのテクニックはもちろんながら,駆け引きなども要求されるのだ。
 本作のステージとなるのは公道。対戦相手はA〜Dのクラスに分かれており,Dクラスの連中全員に勝つとCクラスの連中と勝負ができる。クラスが上がるにつれてライバルは強くなるので,まずは勝てるクラスで貯蓄。徐々に強力なパーツを購入するといいだろう。
 レースが開催される時間は早朝/夕方/深夜で,プレイヤーは好きな時間帯を選べる。早朝/夕方を選んだ場合は賭け金と名声の額が上昇するが,警察に捕まる可能性が高くなる。逆に深夜を選んだ場合は,賭け金と名声こそ跳ね上がらないが,警察に捕まる可能性は低い。ちなみに捕まった場合は罰金を科せられる。
 マルチプレイにも対応しているので,自慢の愛車同士の対戦も可能だ。

 今回発売されるタイトルはすべて英語版だが,丁寧な日本語マニュアルが付いているので英語が苦手な人でも遊べるだろう。(halen)

「ハンビーアサルト」
■発売日:2003年10月30日
■価格:5800円
■対応OS:Windows 98/Me/XP

「ストラテジックコマンド」
■発売日:2003年11月6日
■価格:6800円
■対応OS:Windows 98/Me/XP

「ネイビーシールズ 2」
■発売日:2003年11月6日
■価格:5800円
■対応OS:Windows 98/Me/XP

「ミッドナイトアウトロー」
■発売日:2003年11月6日
■価格:5800円
■対応OS:Windows 98/Me/XP


  • 関連タイトル:

    ミッドナイトアウトロー

  • 関連タイトル:

    ネイビーシールズ 2

  • 関連タイトル:

    ハンビーアサルト

  • 関連タイトル:

    ストラテジックコマンド

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/07/17)
ミッドナイトアウトロー
Software
発売日:2003/11/06
価格:
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月13日〜06月14日
タイトル評価ランキング
68
48
魔界戦記ディスガイア6 (Nintendo Switch)
30
ETERNAL (iPhone)
2020年12月〜2021年06月