オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
プロジェクトEGG,「マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)」が本日配信
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/08/25 14:45

リリース

プロジェクトEGG,「マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)」が本日配信

プロジェクトEGG
配信元 D4エンタープライズ 配信日 2020/08/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にて
2020年8月25日に『マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)』をリリース

2020年8月25日、レトロゲーム関連の復刻・配信ビジネスなどを行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区 代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG(※)』において、新規コンテンツ『マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)』のリリースを開始しました。

画像集#001のサムネイル/プロジェクトEGG,「マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)」が本日配信

タイトル:マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)
ジャンル:シミュレーション
メーカー:システムソフト
配信サイトURL:
http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?contcode=7&product_id=1588
発売日:2020年8月25日
価格:500円(税抜)
(※キャンペーン終了後は1000円(税抜)での配信となります。)
権利表記:


画像集#002のサムネイル/プロジェクトEGG,「マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)」が本日配信

 狭間の地、ミッドガルド。ここにメルファラの嘆きが響いた時より幾星霜が過ぎ去ったのであろうか。あの契約以来、この平穏の眠りを醒ます者がいるとは誰も信じてはいなかったのに。
 だが嵐のようにわき起こった覇王の軍勢は、瞬く間に地上を蹂躙した。民人は力の限りに戦ったが、蠢く魔物達の軍勢は覇王と共に驀進し、ついに末裔の王国に迫り来たった。
 最後の時にも決断せぬ王を後に残し、騎士リスターは単騎敵中を突破した。勇者の叫びに応えた天界の守護ヘイムダルは 百万の精鋭をミッドガルドに送り出す。地上は阿鼻叫喚に満たされ、そして静寂が訪れた。
 それから数えて三世代が過ぎ去った。優柔不断な末裔王は乱心して国を追われ、覇王その人も凶刃に倒れる。それでも国は残り脆い均衡もそのままに、今も保たれている。
 だが今ここに新たな兆しが現れた。人の記憶にも残らぬ遥かな東の島にて、その者が「黄昏の指輪」を手にしたまさにその時、歴史の大天秤は再び大きく傾き始める。
 かくして古の大戦の幕は開かれたのだ。

画像集#003のサムネイル/プロジェクトEGG,「マスター・オブ・モンスターズfinal(PC-9801版・Windows10対応版)」が本日配信

 本作は1992年にリリースされたターン制のシミュレーションゲーム。プレイヤーは9つの種族(ソルジャー、エルフ、龍、バーバリアン、アマゾネス、トロール、鬼、スケルトン、ウルフ)から一人を選び、部下のモンスターとともに、ミッドガルド(人間界)、アースガルド(天上界)、ニブルヘル(地底)、エリシアム(妖精界)といった世界を攻略していきます。
 各マップには敵対するマスターが存在しており、これを倒すことでクリアとなります。魔法を駆使したり、部下のモンスターを召喚して戦わせたり、マップ上の探索をしてアイテムを見つけたりしながら攻略していきましょう。ちなみに戦闘で経験値を積むと、各モンスターは成長し、最大で3段階の進化をします。中には進化することで攻撃方法が変化したり、移動方法が変わったりすることも。ちなみに人間型のモンスターはアイテムを装備できるので、マップ上で武器などを拾ったら装備させてみるといいかもしれません。
 前作まではマップ上でピュアに戦うシミュレーションゲームといった印象でしたが、今回は物語性が大幅にパワーアップ。大きなキャンペーンマップで進軍方向を決めたり、マップ上ではイベントが発生することで仲間が増えたり……。さらにマルチエンディングを採用しているため、繰り返してプレイすることも可能です。
 シミュレーションゲームでありながら、シナリオ分岐などしっかりとした物語が楽しめる本作。シミュレーションとしてはもちろん、RPGっぽさも楽しめる贅沢な一本です。


「プロジェクトEGG」公式サイト

  • 関連タイトル:

    プロジェクトEGG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日
タイトル評価ランキング
93
72
原神 (PC)
68
58
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
2020年04月〜2020年10月