パッケージ
プロジェクトEGG公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「プロジェクトEGG」,PC-9801版「XakII -サーク2-」を配信開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/11/25 14:49

リリース

「プロジェクトEGG」,PC-9801版「XakII -サーク2-」を配信開始

プロジェクトEGG
配信元 D4エンタープライズ 配信日 2009/11/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

株式会社D4エンタープライズ、
レトロゲーム配信サービス『プロジェクトEGG』にて
『XakII −サーク2−(PC-9801版)』をリリース

レトロゲームの復刻ビジネスやデジタルコンテンツの配信を行なっている株式会社D4エンタープライズ(本社・東京都千代田区、代表取締役・鈴木直人)は、同社が運営するレトロゲーム配信サービス『Project EGG(※)』において、新規コンテンツ『XakII −サーク2−(PC-9801版)』のリリースを開始しました。

タイトル : XakII −サーク2−(PC-9801版)
ジャンル : アクションロールプレイング
メーカー : マイクロキャビン
配信サイトURL :
http://www.amusement-center.com/project/egg/cgi/ecatalog-detail.cgi?contcode=7&product_id=798
画像集#002のサムネイル/「プロジェクトEGG」,PC-9801版「XakII -サーク2-」を配信開始
価  格 : 945円(税込)
権利表記 :
(C)MICRO CABIN CORP
(C)2009 ProjectEGG
(C)2009 D4Enterprise,Inc / (C)2009 MSX Licensing Corporation.


画像集#004のサムネイル/「プロジェクトEGG」,PC-9801版「XakII -サーク2-」を配信開始
 1990年にマイクロキャビンからリリースされたアクションRPG『サークII』は、前作のバドゥーとの戦いから3年後を舞台としており、母と共に暮らしていたラトク・カートが、消息不明の父に似た人物の噂を聞き、バヌワの町へと旅立つところからスタートします。
 今回の見所は、前作と比較してより高いアクション性を追求している点でしょう。前作では体当たりだった攻撃方法も、今回は剣を振ったり、フォースショットを撃ったりできるほか、ジャンプを導入したことでフィールドに立体感を出すことにも成功しています。
 ほかにも新要素として“カルマ”というパラメーターにも注目。これはモンスターを倒すと上昇するパラメーターで、あまり高い値になってしまうと殺生のし 過ぎと判断されて、なんと経験値が入らなくなってしまうのです。といっても教会でカルマを減らしてもらえるという救済策が用意されているので、冒険後には 必ず教会に立ち寄っておくことをお忘れなく。

画像集#005のサムネイル/「プロジェクトEGG」,PC-9801版「XakII -サーク2-」を配信開始
 前作で定評のあった、奥行きのある美しい画面を表現する“VRシステム”も健在。縦や横方向への多重スクロールや、水面に映る流れる雲など、その映像表 現は前作を凌ぐデキとなっています。ほかにも建物の陰に隠れた際に、半透明でキャラクターを表示する機能や、より洗練されたパラメータ表示部分など、細部 まで丁寧に作られた本作。高いアクション性や、練りこまれたサークの世界観を楽しみたい方にオススメの作品です。
(このソフトはWindows Vistaに対応した新バージョンのEGGにて再販売するものです。ゲームの内容はオリジナル、旧型EGGのものより変更はございませんので、ご注意下さい。)

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!
http://www.youtube.com/watch?v=6AKAmKBio5Q

※『ProjectEGG』とは
 PC-9801、FM-7、X1といったようにプラットフォームが乱立していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、今のゲームに大きな影響を与えました。しかし記録メディアの劣化やプラットフォーム等の変化により、それらは次第に遊べなくなっています。
 D4エンタープライズでは、レトロゲームを文化遺産のひとつと考え『ProjectEGG』というプロジェクトを発足しました。過去の名作をWindows上に復刻し、いつまでも楽しめるようにすること。それが『ProjectEGG』の役割と考えております。

『ProjectEGG』URL :
http://www.amusement-center.com/project/egg/
動画でゲーム紹介! YouTube内チャンネル『EGGチャンネル』URL :
http://www.youtube.com/ProjectEGG
  • 関連タイトル:

    プロジェクトEGG

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月07日〜02月08日