オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜公式サイトへ
  • エヌシージャパン
  • NCSOFT
  • 発売日:2004/06/25
  • 価格:Lv84まで無料
    30ゲージカートリッジ:2000円(税込)
    90ゲージカートリッジ:6000円(税込)
    1DAY-FREE:100円(税込)
    クラシックサービス:基本プレイ無料
  • Amazonで買う
読者の評価
73
投稿数:73
レビューを投稿する
海外での評価
62
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
サーバー引っ越しサービスの導入も発表! 「リネージュII オフラインミーティング&カンファレンス in 広島」のレポート記事を掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/09/01 23:30

イベント

サーバー引っ越しサービスの導入も発表! 「リネージュII オフラインミーティング&カンファレンス in 広島」のレポート記事を掲載

 日本6都市を対象としたエヌ・シー・ジャパンのオフラインイベント,「エヌ・シー・ジャパンが行く!〜日本縦断ユーザーカンファレンス 2008〜」は,2008年の7月から12月にかけて,福岡/広島/大阪/名古屋/札幌/東京の6都市で行われることになっている。
 同社が運営するタイトルにちなんださまざまな催しや,新作タイトルの発表などが行われる当イベントだが,7月26日には,第1弾となる「リネージュII オフラインミーティング&カンファレンス in 福岡」が行われた。4Gamerにも,そのレポート記事を掲載しているので,まだ見ていないというエヌ・シー・ジャパンコンテンツのファンは,ぜひとも目を通してほしい。

 そして8月30日に,その第2弾となる「リネージュII オフラインミーティング&カンファレンス in 広島」が,広島県安芸郡のネットカフェほっとBBステーションぷらネット広島府中店で行われた。福岡に続き,こちらにも参加してきたので,その模様をさっそくお伝えしていこう。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


驚きの豪華商品も用意された当イベント

夏休みの締めは「リネージュII」で!


リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
会場には,ファンフィクションコンテストの優秀作品も展示されていた
 MMORPG「リネージュII 〜The Chaotic Throne〜」といえば,エヌ・シー・ジャパンを代表する超人気タイトル。月額課金制で成功を収めている,数少ないMMORPGの一つだ。当イベントでは,そのリネージュIIに関するさまざまなイベントが行われた。夏休み中ということもあり,会場には多くの若いプレイヤーが集まり,福岡でのイベントに負けず劣らずの盛況ぶりを見せていた(最終的には,140人近くの参加者があったようだ)。

 福岡でのイベントと同様に,会場には来場者が挑戦できるガチャガチャが設置されていた。その賞品として,リネージュIIのストラップや,ゲーム内アイテムなどが多数用意されていたのだが,来場者の中には,なんとSグレード武器を引き当てた人もいた。ガチャガチャの付近は,そんな幸運を求めるプレイヤーで常に賑わっていた。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


さまざまなデータを調査・紹介!

「リネージュII まるみえ情報局」


リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 イベントの最初に行われたのは,「リネージュII まるみえ情報局」。第1弾の福岡でも同様のイベントが行われていたが,その時は“人気職業ランキング”や,“1日にOE(オーバーエンチャント)でロストされる武器の数”などが紹介されていた。
 しかし,今回は内容をガラリと変え,“サーバー別お金持ちランキング”や,“サーバー別GMコール数ランキング”など,ユニークなランキングが紹介されていた。
 中でも“サーバー別OE失敗ランキング”は,プレイヤー達も気になっていたようで,ランキング1位が“カイン”サーバーだと発表されたとき,カインの住民らしき来場者達から,大きなどよめきの声が上がっていた。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 また,ランキング以外にもサプライズで重大発表があった。なんと,プレイヤーから要望の多かった“サーバー引越しサービス”の導入が,ついに決定したのである。これは9月中旬のサービス開始が予定されており,利用料金は少々高めになるとのこと。各サーバーの人口やゲームバランスを考慮した結果,頻繁にサーバー移動を繰り返されるのも望ましくないということで,「“本当に”移りたいという方に利用してもらいたい」と,エヌ・シー・ジャパンのスタッフはコメントしていた。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜


ユーザーの希望や提案にその場で返答した

「クリエイティブ コミュニケーション」


「リネージュII」開発コーディネーターの申敏秀(シン・ミンス)氏
 福岡に引き続き,本作の開発コーディネーターである申敏秀(シン・ミンス)氏も登場。開発者とユーザーが直接交流するイベント,「クリエイティブ コミュニケーション」が行われた。来場者は会場内にてアンケートに答え,それらに目を通したシン氏が,直接返答をするという内容だ。

 登壇したシン氏は,まず「広島のプレイヤーは開発者よりもゲームに詳しいと聞いたので,福岡の時よりも緊張しています」と挨拶。その後は,「カキが美味しいと聞いて楽しみにしていたのですが,シーズンじゃなかったのが残念。また冬に来たい」などとコメントして,笑いを誘っていた。前記事でのインタビューにて,「日本語は「るろうに剣心」で覚えた」と答えるほどの親日家で知られるシン氏。とても穏やかで真面目な人柄に,多くのプレイヤーが好感を抱いたのではないだろうか。

 雑談で十分に会場が暖まった頃合いを見て,いよいよ本題に突入。多くの意見が集まっており,シン氏はそれらの提案や質問に対して,非常に真剣に考慮し,返答していた。
 では,詳しい内容について,以下でピックアップして紹介して行こう。



意見:ヘルバウンドが簡単になり過ぎです。

回答:逆に質問しても良いですか? ヘルバウンドって簡単ですか? ヘルバウンド自体,物凄くマニアックなものとして作られているのですが,それが簡単と言われると……(笑)。確かに,難度を下げたことによって,古参プレイヤーは頑張ってクリアしたのに,それよりもあとにきたプレイヤーが簡単にクリアできてしまうというのは,不公平な部分だと思います。その部分は,開発者としても一番気にしているところなので,韓国に帰ってからもう一度プレイし直して,検討してみます。今から難度を上げるというのは難しいので,ヘルバウンドに入ることで発生するメリットを追加する方向で考えていきたいと思います。


意見:マントを実装してください。

回答:実は今,マントを開発中です。いつ実装できるのかはまだ言えませんが……。なぜ今までマントを実装しなかったのかというと,リネージュIIにはさまざまな防具が存在していますよね。今,安易にマントを実装すると,防具のデザインによってはグラフィックスが崩れてしまうんです。だから,実装するためにはすべての防具でテストしなければいけないんですよ。そのテストが終わったら,実装していきますので,ぜひ期待してお待ちください。


意見:結婚システムを実装希望!

回答:前回の福岡イベントでも発表したんですが,日本ではゲーム内で知り合ってそのまま現実で結婚するというケースが,1年に少なくとも12件もあるんですよ。ですから,結婚をシステム的に再現できるのであれば,ぜひやりたいと思います。例えば,現在ゲーム内には“インスタントダンジョン”という物があるので,それを利用して“インスタント結婚式”みたいな(笑)。そういう風にできれば楽しいと思います。


意見:可愛いアガシオンがもっとほしいです!

回答:アガシオンの種類は,これからも当然追加していきます。今開発と相談している案としては,“日本専用のアガシオン”を作ろうということで,例えば“サムライ”とか,“招きネコ”とか。そういう日本独特のアガシオンを追加していきたいなと思っています。楽しみにしていてください。


意見:ライトユーザーでも参加しやすいイベントがほしいです。

回答:現在,日本専用のイベントを考えております。日本の皆さんって,祭りやイベント的なものが本当に好きだなと感じていまして,そういう部分でもっとアピールしていきたいなと思っています。例えば,冬になったら雪が降ったりとか,サンタクロースが登場したりとか。そういう細かい部分でも,喜んでくれるのが日本のプレイヤーだと思います。ライトユーザー向けということなので,そういう狩り以外の部分でも楽しめるイベントを,早ければ今年中に追加していきます。こういう場で出た意見を真剣に,聞き流さずに検討しているということを証明したいので,今年中に何かできれば,ぜひやりたいと思います。

 このほかにも多数の意見があり,来場者達はとても真剣に,シン氏の話に耳を傾けていた。途中,先日のアップデートで実装されたバイタリティシステムについて,“必要”か“不必要”かで多数決をとる場面もあったのだが,結果は“必要”だという意見の方が圧倒的に多く,その理由としては,やはり“時間がない人でもレベル上げが楽になった”というのが大きいようだ。
 「リネージュII」はレベル上げが大変,というイメージがあって,今まで敬遠していたという人も,圧倒的にレベル上げがラクになった今なら,比較的スムースにプレイできそうだ。この機会に,リネージュIIを遊んでみてはいかがだろうか?


最強装備に身を包んだキャラが集結!

“エヌ・シー・ジャパンからの挑戦状”


リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜
 当イベントのメインアトラクションである“エヌ・シー・ジャパンからの挑戦状”。その内容は,来場者が“黎明の君主達”(以下,黎明軍)と“黄昏の革命軍”(以下,黄昏軍)という25人ずつの血盟に分かれ,“エヌ・シー・ジャパン軍”(以下,NCJ軍)が待ちかまえる城へと攻め込むというものだ。
 使用されるキャラクターは全員レベル85で,しかも装備は“イカルスシリーズ”武器と“ダイナスティシリーズ”防具という,まさに最強設定。50分の制限時間内にディオン城の城門を破って進入し,最奥の部屋で盟主が“支配者の刻印”を成功させれば勝利となる。

 このアトラクションで一番の盛り上がりを見せるのが,“NCJ軍”が戦場に仕込んだボスモンスター/レアNPCとの戦闘だ。前回の福岡イベントでは“ティラノサウルス”や“アステア ヴァン ホルター”がプレイヤーの前に立ちはだかっていたが,今回は開始早々,城外に“ザケン”が出現。参加者達は果敢に挑んだが,恐ろしい耐久力を持つ“ザケン”にかなりの苦戦を強いられていた。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

 圧倒的な戦闘力で一気に攻め,“ザケン”を撃破すると,大量の宝箱が出現。その中身はアトラクション終了後にもらえる,プレゼント用のキーアイテムだった。
 大量のアイテム獲得にホクホク気分だったのも束の間,城内に侵入すると,今度は巨大ボス“ベノム”が突如出現し,参加者たちを苦しめた。

 阿鼻叫喚の中,玉座に腰掛けて記念撮影をするマイペースなプレイヤーもいたりと,アトラクションは大盛り上がり。途中,多くの犠牲者を出しつつも“ベノム”を撃破し,いよいよ“NCJ軍”が待つ部屋へと突入。両者入り乱れての大混戦となった。
 それから間もなくして,“黄昏軍”が“NCJ軍”の防衛を打ち破り,城の占拠に成功。まず“黄昏軍”が1歩リードという形になった。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

 追い込まれた“NCJ軍”は,ここで“黎明軍”に一時共闘を提案。“黎明軍”はこれを受け入れ,最強の(?)連合軍が誕生した。
 物量作戦で押され,優勢から一転,たちまち窮地に追い込まれた“黄昏軍”だったが,なぜかここで“NCJ軍”が突如味方であるはずの“黎明軍”に攻撃を開始。どうやら,両陣営が弱ったところで漁夫の利を得ようという,ド外道な作戦を企てていた模様で,連合体制は一瞬にして瓦解してしまった。

 “NCJ軍”による空気の読めない行動で,戦闘は泥沼化し,なかなか決着のつかない状態に。しかも,途中いきなりのエラーによって,参加者の大半が切断されてしまうというトラブルも発生した。少人数での辛い戦闘が続いていたが,しばらくして無事に再開。制限時間を10分延長しての,最後の総力戦が始まった。

リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜 リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

 結局,“黎明軍”も“NCJ軍”も,チームワーム抜群の動きを見せた“黄昏軍”の防衛を破ることができず,制限時間が終了。福岡に続き,広島でも“黄昏軍”の勝利となった。 アトラクション終了後,勝利した“黄昏軍”にはもれなく,ゲーム内アイテム「種族別サークレット」がプレゼントされた。またチームに関係なく,宝箱からキーアイテムを入手した人に対し,ノートPCやガチャガチャ用のイベントコイン,Webmoney(1000円分)といった豪華なプレゼントが授与されていた。

 今後のイベントについても,どんなモンスターが登場し,また,“NCJ軍”がどんな珍行動を取ってくれるのか,期待せずにはいられない。


クイズ大会で広島に賢者誕生!?

次回以降のイベントにも期待!


 イベントの最後には,来場者全員を交えてのクイズ大会が行われたが,「本当に正解させる気あるの!?」と,ツッコミを入れたくなるほどコアな問題ばかりで,最初の1問でいきなり8割の参加者が脱落していた。
 見事最後まで勝ち残った2名には“広島賢者”の称号と,豪華商品が授与され,それでイベントは終了となった。

 MMORPGのオフラインイベントといえば,東京都内で開催されることが非常に多い。そんな中,全国6都市でイベントを展開しようというエヌ・シー・ジャパンの行動力には脱帽だ。本当にゲームのファンのことを大切に思っていなければ,予算的にも,労力的にも,なかなかできないことだろう。

 来月以降も,大阪/名古屋/札幌/東京で順次オフラインイベントが行われる予定だ。それらのスケジュールについては公式サイトで確認できる。興味があるなら,是非とも参加してみることをオススメする。きっといい思い出になるはずだ。

  • 関連タイトル:

    リネージュ2 ライブサービス〜Epic Tale of Aden〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月