オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2009/12/28 19:31

紹介記事

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 コンシューマゲーム機によるインターネット接続が当たり前になってきた昨今,ゲームの本体や体験版,ダウンロードコンテンツ,追加修正のパッチと,PCと同じようにインターネットを通じて,家にいながらソフトウェアのやりとりが行われることも珍しくなくなっている。
 そういった“ダウンロードできるタイトル”のなかには,パッケージでは販売されていない,「ダウンロード販売専用」のゲームタイトルも多く存在しており,ここ数年でコンシューマゲームの在り方が大きく変わりつつある。


 そんな変化を感じつつも,これまで4Gamerでは,ダウンロード専用タイトルについては,大きく扱う機会があまりなかったわけだが,ここで一度どんなタイトルがあるのかを確認してみたいというのが本稿の趣旨だ。
 とはいえ,その数は膨大で全部を紹介するのは難しい。ちょうど2009年も年の瀬を迎えるこのタイミング。忙しかったり,寒かったりでソフトを買いに出るのも億劫……ということで,PlayStation 3/PSP/Wii/DSi(LL)/Xbox 360で購入できるオンライン専用販売タイトルから,年末年始に遊ぶには良さそうな,編集部オススメのタイトルを紹介しよう。
 まだ,オンラインでゲームを購入したことがない人は,この機会にぜひ購入を検討してほしい。

 なお,2ページ目以降に,ダウンロード専用タイトルのリストも掲載したので,購入の参考にしてほしい(※PSPのUMD版/アーカイブスや,ツール系タイトルなど,タイトルによっては省略しているものもあります)

PlayStation 3(PlayStation Network)ダウンロード販売専用タイトル

PSP(PlayStation Network)ダウンロード販売専用タイトル

Wii(Wiiウェア)ダウンロード販売専用タイトル

DS(DSiウェア)ダウンロード販売専用タイトル

Xbox 360(Xbox LIVE アーケード)ダウンロード販売専用タイトル



PlayStation Network(PS3/PSP)


 PlayStation 3(以下,PS3)やPlayStation Portable(以下,PSP)は,ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下,SCE)がサービスを行うPlayStation Networkで,ゲーム本体はもちろん,無料体験版,映像など,さまざまなソフトウェアがダウンロードできる。

 そのなかで日本国内でヒットしたタイトルとして,「PlayStation Awards 2009」で「ゴミ箱 -GOMIBAKO-」「みんなでスペランカー」「葛城ミサト報道計画」「ボンバーマンウルトラ」「バトルフィールド 1943」の5タイトルが表彰されたことは記憶に新しい。編集部でも話題となっていた,これら2009年に注目されたタイトルが,どんなゲームだったのかを紹介していこう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「ゴミ箱 -GOMIBAKO-」は,SCEが立ち上げたクリエイター発掘支援プログラム,「PlayStation C.A.M.P!」から生まれたタイトルだ。いわゆる落ち物系パズルなのだが,ゴミ箱に溜まっていくゴミが溢れないように,うまく詰め込んで,ときには焼却したり腐らせたりと,「こちら」で紹介したように,骨太なアクションパズルに仕上がっている。先のレビューにプレイムービーを掲載しているので,確認してみよう。価格は1500円(税込)だが,12月31日までは“年末大そうじキャンペーン”(関連記事)として,900円(税込)で購入可能だ。

 なお,アーケードゲームのように,3回100円でプレイできる「100円ゴミ箱」も配信中なので,ちょっと試してみたいという人であれば,こちらでプレイしてみると良いだろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 次に「みんなでスペランカー」は,過去アーケードやファミコンでプレイできた「スペランカー」の“新作”タイトルだ。グラフィックスはPS3に合わせて進化しているものの,操作性や死にやすさはファミコンをベースにしているため,一歩足を踏み外すだけでスペランカーらしさを味わえること間違いなし。
 とはいえ,実際にプレイしてみるとコントローラ性能の向上からか,わりとスムースに操作できるようになっていて,多くのプレイヤーにとって鬼門となっていたであろう,綱から綱へのジャンプは楽になった気がする。
 ちなみに,ファミコン版のようなグラフィックスに切り替えてのプレイも可能だ。なお2010年1月に,本作はぬるい! という上級者向けに,超難関バージョンの「みんなでスペランカー ブラック」の発売が予定されているので,こちらにも注目しよう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「葛城ミサト報道計画」はちょっと特殊なタイトルで,「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクター“葛城ミサト”が,日々のニュースを読み上げてくれるというもの。どちらかと言えば「週刊トロ・ステーション」に近い存在なのかもしれない。興味がある人は,30日800円でニュースライセンスを購入/更新できるので,試してみては?

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「ボンバーマンウルトラ」は,説明の必要がないほど有名な「ボンバーマン」シリーズ作品だ。現行機のオンライン機能を生かして,世界中のプレイヤーと最大8人でのオンライン対戦が楽しめるほか,オフラインでも4人対戦が可能なので,(当然,人数分のコントローラーは必要になるが)年末年始の集まりで盛り上がること間違いなしの1本だろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「バトルフィールド 1943」は,Xbox 360でも発売されている,マルチプレイFPS。4Gamer読者であればFPSはお手の物(ちなみに筆者は苦手)だったりすると思うが,これからダウンロード専用タイトルに手を付けようかなと思っているオンラインゲーム初心者な読者も,この機会に挑戦してみると良いかも。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

PlayStation 3(PlayStation Network)ダウンロード販売専用タイトル


 PSPでは,PS3と同様にPlayStation Networkを通じて,ソフトウェアのダウンロードが可能だ。また,Windows用のソフトウェア「Media Go」を利用して,PC上でソフトを購入し,USB経由でPSPに転送することもできる。詳細は,公式サイトの「こちら」で確認してほしい。そんなわけで,さっそくPSPのダウンロード専用タイトルを紹介しよう。

 PSPでは,独自のメディアUMDでソフトが販売されているが,その多くのタイトルでダウンロード販売も行われている。そのためか,ダウンロード専用タイトル自体は少ないのだが,UMD版のタイトルを含めると200タイトル以上,アーカイブスまで含めると500タイトル以上のゲームがダウンロード販売で購入できる。

 そんななかで注目しておきたいダウンロード専用タイトルは,「ディスガイア インフィニット」「テグザーネオ」「クリスタル・ディフェンダーズ」の3タイトルだ。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「ディスガイア インフィニット」は,日本一ソフトウェアの人気シリーズの第1作「魔界戦記ディスガイア」とアドベンチャー「インフィニットループ」の,好評な部分が良いとこ取り(?)されたという,テキストアドベンチャーだ。
 「魔界戦記ディスガイア」の人気キャラクター達が登場する本作。プレイヤーは,魔王城を舞台にある事件を未然に防ぐために,「インフィニットループ」のように時間を移動したり,誰かに憑依したりと活躍することになる。ちなみに主人公は“プリニー”なので,事件が解決できるのか,いろいろと不安だが。
 テキストアドベンチャーなので手軽にプレイでき,帰省のための移動中や,なんとなく時間をもてあましているときに読み進めていくのが良いだろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 「テグザーネオ」「クリスタル・ディフェンダーズ」は,共にスクウェア・エニックスから発売されたタイトルだ。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「テグザーネオ」は古参ゲーマーであればPC(当時は“マイコン”だろうか?)やファミコンで,見聞き,あるいは実際にプレイしたことがあるかもしれない,アクションシューティング「テグザー」の最新作になる。前作が1985年発売ということで,24年を経て登場した本作は,大幅に刷新されたグラフィックスで楽しめる。また,6人までのオンライン対戦なども可能だ。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 「クリスタル・ディフェンダーズ」は,PSPに限らず,さまざまなプラットフォームで発売されているので,ご存じの読者も多いだろう。本作は,マップ上にキャラクターを配置し,襲い来る敵を撃退していくというタワーディフェンス系の人気ゲームだ。いつでも遊べるPSPだからこそ,ダウンロードしておいてちょっとした空き時間で遊んでみるのに最適のタイトルだろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 さて,PSPのタイトルのなかにはアドホックモード対応のタイトルも多く,近くの友人との対戦プレイが可能だ。これに加えて,PS3があれば,「アドホックパーティ」というソフトを利用すると,対応タイトルでPS3を介してオンラインでの対戦や協力プレイが可能になる。詳細や対応タイトルについては,公式サイトの「こちら」のページを確認してみよう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 ちなみに,ソニー・コンピュータエンターテイメントによると,2009年(12月21日時点)のアーカイブスタイトルで一番人気があったのは,やはり「ファイナルファンタジーVII インターナショナル」だったようだ。次いで「ファイナルファンタジーVIII」,「ファイナルファンタジータクティクス」と続いている。先日発売されたPS3用ソフト「ファイナルファンタジーXIII」で初日の販売本数が100万本を超えるなど,ファイナルファンタジーシリーズの強さがアーカイブスにおいても証明される形となっている。


PSP(PlayStation Network)ダウンロード販売専用タイトル



Wiiウェア/DSiウェア(Wii/ニンテンドーDSi[LL])


 Wiiには,インターネットに接続することでテレビのチャンネルを増やすというコンセプトで,「Wiiの間」をはじめとしたコンテンツが楽しめる“Wiiチャンネル”や,Wiiのダウンロード専用タイトルがダウンロードできる“Wiiウェア”,ファミコンやスーパーファミコンなどの懐かしのタイトルが遊べる“ヴァーチャルコンソール”が用意されている。

 Wiiのダウンロード専用タイトルには,Wiiリモコン/ヌンチャクを利用した体感アクション系のゲームのほか,低年齢層向けのゲーム,教育系タイトルなどが多いことが特徴だ。
 Wiiといえば家族向けというイメージが強いわけだが,そんななかで年末年始に活躍しそうなタイトルといえば,やはり「人生ゲーム」を始めとする定番ボードゲーム系や,スポーツゲームだろう。親戚一同が集まる場で,子供達と一緒に遊べば,盛り上がること間違いなしだろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 Wiiは,パッと見るとミニゲーム的なタイトルが多いのだが,「こちら」の記事でレポートしたような,本格的なアクションパズル「Shadow Walker 影の少年と光の妖精」といったタイトルもリリースされている。
年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「Shadow Walker 影の少年と光の妖精」は,ステージ内のオブジェクトを利用して影を作り,光に当たると動けなくなり,ミスになってしまう主人公キャラクターを,影から影へと導いていくパズルアクションゲームだ。可愛らしい見た目とは裏腹に,ステージを進めていくと難度は高くなり,やりごたえのある難関ステージが登場する。レポートにもあるように,年末年始に家族や友達でワイワイと遊んでみるのも良いだろう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 また12月22日は,スクウェア・エニックスから「ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス」「スクール オブ ダークネス」の2タイトルの配信が開始されている。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「ロストウィンズ ウィンター オブ メロディアス」は,2008年12月24日に配信された「ロストウィンズ」の続編で,主人公「トク」と風の精霊「エンリル」を操作して,世界に散らばる謎を解き明かすアクションゲームだ。物語自体はこの作品内で完結しているので,前作未プレイでも問題なく楽しめるほか,今後の続編のリリースが予定されている。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

 「スクール オブ ダークネス」は,暗闇に覆われた学校から,主人公ジェイクを脱出へと導く3Dホラーパズルアクションだ。ヌンチャクとWiiリモコンを使って明かりをともしながら,教室からヒントを探し出さなくてはならない。ただし,明かりを得るために多くの電力を使ってしまうと,ブレーカーが落ちてゲームオーバーになってしまうので注意が必要だ。両タイトルの詳細は,「こちら」の記事で確認しよう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

Wii(Wiiウェア)ダウンロード販売専用タイトル


 ニンテンドーDSシリーズは,脳トレ系が流行った影響もあるのだろうか,パズル系のゲームが多く,また女性プレイヤーの比率も高いようだ。また,今回の紹介では省いているが,タッチパネルを利用したツール系のソフトや教育系のソフトなども豊富であることが特徴だ。なお,ダウンロード専用タイトルである“DSiウェア”の購入ができるのは,DSiもしくはDSi LLに限られる,DS/DS Liteでは行えないので注意してほしい。

 さて,そんなDSiウェアで年末年始におすすめするタイトルは,アドベンチャー系タイトルの「探偵 神宮寺三郎」シリーズだ。「探偵 神宮寺三郎 果断の一手&謎の事件簿」「探偵 神宮寺三郎 椿のゆくえ&謎の事件簿」「探偵 神宮寺三郎 明けない夜に&謎の事件簿」「探偵 神宮寺三郎 連鎖する呪い&謎の事件簿」の4タイトルがリリースされている。新宿歌舞伎町に事務所を構える私立探偵「神宮寺三郎」がさまざまな難事件を解決していく本格推理アドベンチャーゲームで,第1作は1987年にファミコンで発売されたという長寿シリーズだ。年末年始といえば,民族大移動と称されるくらいに,日本人の多くが帰省するわけだが,その時の長い移動時間に,このような推理アドベンチャーをプレイして有意義な時間を過ごしてみては,いかがだろうか。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

DS(DSiウェア)ダウンロード販売専用タイトル



Xbox LIVE アーケード(Xbox 360)


 Xbox 360は,Xbox LIVEを通じてさまざまなゲームや映像などがダウンロードできる。ダウンロード専用タイトルが購入できる「Xbox LIVE アーケード」で特徴的なのは,海外製のダウンロード専用タイトルが多く配信されているところだろう。いろいろと海外の面白い作品や,ユニークな作品がプレイできるのが魅力だ。

 さて,Xbox 360で2009年もっとも話題となったダウンロード専用タイトルが何なのかというと,「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66」だ。
 本作は,「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」の最終バージョンで,ロボットアクションゲームの最高傑作との呼び声が高く,4Gamer編集部では,ハードウェア番長こと佐々山が,勢いあまって(?)DC用ツインスティックをXbox 360向けに改造してみたり,Xbox 360用「ツインスティックEX」を2台購入したりといったエピソードがあったり,なかったりする。
 筆者の周りでも「オラタン(本作の略称)が出るの!? ちょっとXbox 360買ってくる」と言っていた人が割りと多くて,その人気は身をもって体感。そんなわけで,あらためてここでおすすめしておこう。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 続いて話題になったタイトルといえば,「バトルフィールド1943」だろう。こちらはPS3版も「PlayStation Awards 2009」で“PlayStation Store特別賞”を授賞しており,納得の面白さだ。このほか,アクションゲーム「Castle Crashers」,対戦格闘ゲーム「MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes」,モトトライアル ゲーム「Trials HD」の3タイトルも2009年にXbox 360で話題になっていた。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「Castle Crashers」は,4人でのマルチプレイに対応した横スクロールアクションゲームで,ゲームのお手軽さ,独特のグラフィックスや壮大な音楽など,ユーモアセンスに溢れ,フレンド同士で盛り上がれるタイトルして,4Gamerの読者レビューにおいても高評価を得ている。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 「MARVEL VS. CAPCOM 2: New Age of Heroes」は,マーべルとカプコンの代表的な人気キャラクター総勢56名が参戦する対戦格闘ゲームだ。本作は,2002年に発売されたのだが,その後プレイヤーからの要望により,2009年7月にXbox 360版が,2009年8月にPS3版があらためて発売された。今回掲載しているタイトルリストでは「懐かしのゲーム」ジャンルを省いているが,対戦格闘好きはチェックしておきたいタイトルだ。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介
 最後の「Trials HD」は,物理現象をリアルに再現したモトトライアルゲームで,2種類のゲームモードと,50以上のコースが用意されている。レースモードでは,障害物が置かれた屋内コースで,バイクをうまくコントロールしてゴールを目指す。もう一方のスキルゲームモードでは,モトトライアルらしいさまざまな離れ業に挑戦するのだが,爆発(!?)/転倒/ケガが絶えない激しいゲームになっている。また,エディタ機能でコースを作成したり,ほかのプレイヤーとの共有やダウンロードも可能だ。

年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介 年末年始はダウンロード販売専用ゲームで遊ぼう! 編集部オススメのタイトルを紹介

Xbox 360(Xbox LIVE アーケード)ダウンロード販売専用タイトル

 
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月25日〜04月26日