オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

AOGC 2007

このページの最終更新日:2007/09/04 21:52:43

rss
  • このページのURL:

キーワード

下線

ジークレスト長沢氏が語る,オンラインゲーム内コミュニティの現状と,その活性化戦略について

 AOGC 2007で「オンラインゲーム内コミュニティの活性化戦略」という講演を行った,ジークレスト代表取締役兼CEO 長沢潔氏に,その講演内容をより具体的な言葉で伝えてもらうべく,直接話を聞いた。同社の掲げるコミュニティの活性化戦略は,どのようにして生まれ,どのような実効を発揮しているのだろうか。

[2007/02/27 20:03]

[AOGC2007#17]ガンホーの堀氏,ついに「Project:“Rondo”」を語る

 AOGC 2007二日目第4講,ガンホー・オンライン・エンターテイメント 取締役開発本部長 堀 誠一氏の講演「オンラインゲーム開発への道程」では,ガンホー年来の開発案件である「Project:“Rondo”」の概要が語られた。長期間にわたる開発と運営をはじめから織り込んだ,新しいオンラインゲーム開発の姿を実現しようというものだ。

[2007/02/23 23:47]

[AOGC2007#16]コーエー松原氏が思い描く,オンラインゲームの「向こう側」とは? オンラインゲーム市場の今と未来について

 「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC 2007)の2日目にあたる2月23日,コーエー執行役員 松原健二氏による講演「オンラインゲーム beyond:可能性はどこまでか?」が行われた。サービスの質やインフラ環境が目まぐるしく変化していく中,松原氏にはどのような「向こう側」が見えているのだろうか?

[2007/02/23 23:09]

[AOGC2007#15]中国ではRMTが定着しつつある? 中国オンラインゲーム市場の最新動向

 アジアのオンラインゲーム市場の中で,昨今最も激しい動きを見せる中国市場。その最新事情について,立命館大学助教授 中村彰憲氏が講演を行った。1億3700万人にものぼるという中国のネット利用者。中村氏は,中国のオンラインゲーム市場の可能性,そして陰の部分について語った。

[2007/02/23 21:36]

[AOGC2007#14]ゲームポット植田社長が「パンヤ」などを引き合いに,コミュニティを形成するためのノウハウを披露

 2月22日,「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC2007)において,ゲームポット代表取締役社長 植田修平氏が「ゲームポットの事業戦略におけるコミュニティの活用法」と題した講演を行った。同社の「スカッとゴルフ パンヤ」「CABAL ONLINE」「君主」の3タイトルを引き合いに,コミュニティ形成のノウハウを存分に披露しており,コミュニティに関心を持つ人だけでなく,これらのタイトルで純粋に楽しむプレイヤーにとっても興味深い講演内容となっていた。

[2007/02/23 21:30]

[AOGC2007#13]画期的な,警察による講演セッション「サイバー犯罪の現状と対策」

 本日行われた「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC 2007)の講演,「サイバー犯罪の現状と対策」の模様をお伝えする。警察庁 情報犯罪対策課 安部 真氏が,オンラインゲームでの事件も含むサイバー犯罪について語るこのセッションは,主催者であるBBA(ブロードバンド推進協議会)のたっての希望で実現したものという。

[2007/02/23 19:49]

[AOGC2007#12]E-Sportsの現状報告,そしてE-Sportsの持つ可能性を紹介

 昨日(2月22日)より開催されているイベント「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC 2007)において,E-Sportsにまつわる講演が行われた。登壇したのは,E-Sports関連のイベント/講演ではもはやお馴染みの犬飼博士氏と,電通のスポーツ事業局に所属する竹田恒昭氏の二人。E-Sportsとは何かという解説に加えて,日本における現状などが報告された。

[2007/02/23 17:31]

[AOGC2007#11]欧米のオンラインゲームがなぜアジア市場で失敗したか? そして韓国ゲーム市場の最新動向とは

 オンラインゲーム産業を研究する第一人者として知られるソウル中央大学教授 魏 晶玄(ウィ・ジョヒン)氏。オンラインゲーム関連の講演会ではお馴染みとなっている同氏だが,22日より開催される「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」でも講演を行った。今回は「なぜ欧米のオンラインゲームはアジア市場で失敗したか」をテーマに講演を実施。その原因についての自説を展開していった。

[2007/02/23 13:40]

[AOGC2007#10]スパイウェア対策ソフトのウェブルート 野々下氏が語る,ゲームアカウントを狙うトロイの木馬

 スパイウェア対策ソフト「スパイ スウィーパー」シリーズで知られるウェブルート・ソフトウェア。そのテクニカルサポートディレクターである野々下幸治氏が「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC 2007)で明日(2月23日)講演するのは,オンラインゲームとトロイの木馬についてだ。アカウントハックの危険は,思ったより身近なもののようである。

[2007/02/22 23:39]

[AOGC2007#09]「LOTRO」を国産/韓国産MMORPGと同じスタートラインに引き上げる,さくらインターネットの戦略とは?

 本日2月22日,ベルサール神田で開催された「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」において,さくらインターネット代表取締役社長兼CEO 笹田亮氏は,「『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン アングマールの影』の世界同時期発売の狙い」と題した講演を行った。その内容は,LOTROを題材としたグローバル展開の具体例に終始せず,欧米産MMORPGを国産/韓国産MMORPGの土俵へ引き上げる戦略にも触れた,実に興味深いものだった。

[2007/02/22 23:28]

[AOGC2007#08]「真・三國無双BB」,正式サービス開始から3か月時点でのプレイヤー動向は?

 本日2月22日,「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」において,ELEVEN-UP 取締役 栗原 哲氏による,「『真・三國無双BB』 運営概要と従量課金について」(講演前の仮題は「『真・三國無双BB』の従量課金について」)と題した講演が行われた。講演の概要は,先日掲載したインタビューにほぼ準じたものだったが,ここでは講演を通じて,より具体的に見えてきた本作のプレイヤー像について,若干の補足をしておこう。

[2007/02/22 19:37]

[AOGC2007#07]アジアで成功するオンラインゲームを考える。ソウル中央大学教授ウィ・ジョヒン氏インタビュー

 オンラインゲームについてのさまざまな問題/課題が議論される「Asia Online Game Conference」(AOGC)。オンラインゲームの識者達が講演を行うこのイベントだが,その中の一人に,アジアのオンラインゲーム市場を研究対象としている学者,魏 晶玄(ウィ・ジョヒン)氏がいる。AOGC 2007でも登壇が予定されているウィ氏だが,4Gamerでは,そんな同氏にインタビューを実施。アジア市場,そしてオンラインゲームについて,いろいろな話を伺ってきた。

[2007/02/21 23:58]

[AOGC2007#06]オンラインゲーム国際分業の現在と未来について。ハイファイブ代表取締役社長 澤紫臣氏にインタビュー

 2月22日/23日に開催される「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」において,ハイファイブ・エンターテインメント代表取締役社長 澤紫臣氏は,「オンラインゲーム国際分業〜日中韓の現場から〜」と題された講演を行う。それに先駆け,国際分業の現状や課題,可能性などについて話を聞いた。

[2007/02/21 23:51]

[AOGC2007#05]現時点ではパブリシティ目的がメイン。デジタルハリウッドの大槻透世二氏が語るSecond Lifeのビジネス展開

 昨今,何かと話題の絶えない「Second Life」だが,「Asia Online Game Conference 2007」(AOGC 2007)でも,本作にまつわる講演が行われる。講演を行うのは,デジタルハリウッド大学院SL研究室の大槻透世二氏。大槻氏は,デジタルハリウッドが監修するSLトレーニング講座の講師も務めており,SLに関する造詣が深い人物。SLについて,いろいろな話を伺ってきた。

[2007/02/21 23:34]

[AOGC2007#04]“掛け算”で考えるライセンスビジネスとは? サイバーステップ代表取締役社長 佐藤類氏が語る日本発全世界行きのゲーム

 2月22日,23日に「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」が開催される。その2日目に,「海外ライセンス/自社運営に関するHowTo」と題した講演を行うサイバーステップ代表取締役社長の佐藤 類氏に,今回の講演の概要や,「ゲットアンプド」を全世界へ向けて展開させるための秘訣などを語ってもらった。とくにゲーム開発者を志す人にぜひともチェックしてもらいたい内容である。

[2007/02/21 17:40]

[AOGC2007#03]業界単位の支援でなくITベンチャー振興が本義。経済産業省関東経済産業局 釜田氏が語るオンラインゲームフォーラム

 「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(AOGC 2007)の講演プレビューとして,オンラインゲームフォーラムの取り組みに関する話題をお届けする。独自の市場統計や,オンラインゲームガイドラインの発表で知られる同フォーラムだが,団体そのものの姿について語られる機会は少ない。首都圏地域の経済振興をミッションとする同団体の活動について語ってもらった。

[2007/02/20 23:06]

[AOGC2007#02]「真・三國無双BB」のビジネスモデルの現状,課題,そして今後のアップデートまでをELEVEN-UPに直撃インタビュー

 2月22日,23日の両日に,「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」が開催される。その初日となる2月22日に,「『真・三國無双BB』の従量課金について(仮題)」という題目で講演を行うELEVEN-UPの栗原 哲氏に,今回の講演の概要や,真・三國無双BBが抱えている課題,さらには今後のアップデートなどについて簡単に話を聞かせてもらった。

[2007/02/20 15:57]

[AOGC2007#01]エヌ・シー・ジャパン セキュリティ担当 天野氏が語る,オンラインゲームでの不正行為による事業者被害

 2月22日,23日に開催される「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」(以下,AOGC 2007)で予定されている講演のプレビューを,本日から順次お届けする。本番でどういった講演が行われるのか,チェックするのに役立ててほしい。今回はエヌ・シー・ジャパン アドミニストレーションユニット 天野浩明氏による,不正行為対策の話題だ。

[2007/02/15 23:40]

「Second Life」内の会場ともリンク。AOGC 2007プレイベント開催

 本日(2月2日)行われた,「Asia Online Game Conference 2007 Tokyo」のプレイベント「Preview of AOGC 2007 in Second Life」の模様をお伝えする。「Second Life」内に設けたバーチャルな会場と,リアルの会場をつなげ,両方の聴衆に向けて講演するという,なかなか興味深い試みであった。

[2007/02/02 22:08]

2007年2月22日からアジアオンラインゲームカンファレンス2007開催

[2006/12/21 20:45]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月