お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/12/29 00:00

企画記事

ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画




ディースリー・パブリッシャー
エグゼクティブ プロデューサー
岡島信幸

代表作:EDFシリーズ,お姉チャンバラシリーズ,ドリームクラブシリーズなど

画像集 No.418のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「星のカービィ ディスカバリー」
本業が忙しかったこともあり、2022年リリースのゲームをほとんど遊んでいないことに気づきました。不勉強で申し訳ないです。そんな私ですが、「星のカービィ ディスカバリー」はとても良くできているという印象が強く残っています。さすが30年間人気のソフトウェアですね。敬意をこめて。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シン・ウルトラマン」
とても印象に残っています。公開時期が、ちょうどコロナが落ち着いていた頃だったので「今しかない!」と約3年ぶりに映画館に足を運んで観たことを思い出します。最近は映画観賞といえばサブスク動画配信サービスばかりでしたが、やっぱり映画館で見る方が良いと再認識できました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

マイケル・シェンカー
11月末にMSGとして数年ぶりに来日していたマイケル。現在ヴォーカルのロニー・ロメロさんは2016年レインボーではロニー・ジェイムス・ディオに聞こえましたが、マイケルとのUFO楽曲ではフィル・モグに聞こえるから不思議ですね。22年はニューアルバムもリリースし、それなりに良かったです。しかしライブ映像を見ると、私はUFOとMSGのベスト選曲をすべてロニー・ロメロのヴォーカルでセルフカバーしてほしいと思う派です。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年はお待たせしていた「地球防衛軍6」が無事にリリースでき、多くのお客様にEDFへ入隊していただきました。改めて感謝を申し上げます。2023年にはこの「地球防衛軍6」の追加ミッションDLCをお届けする予定ですので楽しみにお待ちください。新年もユーザーの皆様に寄り添いつつ、関係各社のクリエーターの方々と協力し、良い商品をお届けするように努力してまいります。どうぞご期待ください。

「地球防衛軍6」(PS5 / PS4
(C)SANDLOT (C)D3 PUBLISHER
画像集 No.419のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.420のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.421のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.422のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



デスクワークス
代表取締役 / ゲームデザイナー
藤井トム

代表作:「RPGタイム!〜ライトの伝説〜」「World II World」

Twitterアカウント
画像集 No.049のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Ghostwire: Tokyo」
運良く手に入れたPlayStation 5で最初にプレイしたタイトルです。最初に遊んだタイトルがGhostwire: Tokyoでよかったと心底思えた面白いゲームでした。
遊びと表現が習合一体化して、新しいコントローラーの振動を通じて心も震えました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」
ガンダムシリーズが描く未来に日々近づいていると思うだけで、毎日が楽しく感じます。
タイトルと主人公を見た時から期待が高まっていましたが、期待以上に毎週の楽しみになりました。
子供の頃からたぬきが好きで、グッズを集めたり南小松島や信楽に旅行へ行ったりしていた私にとって、たぬき熱が再燃するきっかけにもなりました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

レストランsioオーナーシェフ鳥羽周作様
クリエイティブと、それを楽しく広めること、自画自賛の気持ちよさ、色々な大事なことを学ばせていただいています。料理のように、ゲームも手軽に楽しくお好みに作れる日が来るのかもしれないなと、AI画像生成とも合わせて考えさせられた1年でした。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

スマートフォンを2画面に分割して、同時に2つの視点で物語を楽しめる新感覚RPG「World II World」は基本プレイ無料でiOS/Andoridに今冬リリース予定です。ターン制RPGを遊びたい方、新しいゲームを求めている方を中心に、ぜひ全てのゲームプレイヤーに体験していただきたいです。
また2022年は、開発期間が約10年になってしまった「RPGタイム!〜ライトの伝説〜」を無事にリリースすることが出来ました。リリース後も開発を続けておりまして、最大4人で遊べるパーティーゲームモード「モンスターパーティー」を追加する無料アップデートを2023年に予定しています。ぜひ、本編と合わせて遊んでみてください。
2023年は心機一転して、また新しいゲームアイディアを形にしていきたいと思います。これからもデスクワークスのタイトルに、ご注目いただけますと幸いです。

「World II World」(iOS / Android
(C)DeskWorks / Aniplex
画像集 No.050のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「RPGタイム!〜ライトの伝説〜」(PC / Xbox X / Xbox One / iOS / Android
(C)DeskWorks / Aniplex
画像集 No.051のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



トゥーキョーゲームス
ディレクター,シナリオ
打越鋼太郎

代表作:「AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナイニシアチブ」,ZERO ESCAPEシリーズ,「Ever17 -the out of infinity-」

Twitterアカウント
画像集 No.423のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「春ゆきてレトロチカ」
オーセンティックでエレガントな真っ向勝負のミステリ。さすがスクエニさん、真面目で優等生的な推理ADVを作るなぁ。…と思っていたのは6章までで、終章ではひっくり返るような信じがたい変化球を投げてきました。え、これ、全然真面目な優等生じゃないじゃん! たとえるなら、DEATH NOTEでいうところの夜神月的な確信犯。伏線は丁寧に張りめぐらされていて美しく、完璧にフェアで穴がない。配役や構成にも意味があり、オチも自分好みで大満足。曲や演出、役者さんの演技も素晴らしく、推理にミスったときの反応が可笑しくて、わざとハズレを選んだりもしてました。本当に面白かったです!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「サイバーパンク: エッジランナーズ」
今年公開された映像作品の中でダントツ! 冒頭から興奮し過ぎて死ぬかと思った。制作に携わった人たちが正直羨ましい。ガジェットもアクションもめちゃくちゃかっこいいし、ルーシーはかわいいし、レベッカも超最高!! ストーリーも緻密に練り込まれていて無駄がなく、構成も巧み。終盤の感動への持って行き方とか、熟練の技を感じて嫉妬する。スタッフインタビューによると、ゲーム版の背景モデルを使ってロケハン的なことを行なったとか。それが大きな勝因のひとつだろう。普通アニメ1本作るのに、街を丸ごと1個構築することなんて出来ないから…。とにかくすべてが最高でした。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

アルベルト・ミエルゴ
今年「ラブ、デス&ロボット」のシーズン3が公開された。彼はその中の1作である「彼女の声」と、シーズン1の「目撃者」の監督脚本。「スパイダーバース」の美監も務めている。いや、そんな説明はどうでもいい! とにかく今すぐ「目撃者」と「彼女の声」を見てほしい。その独特の映像美と妖しげな世界観にたちまち魅了されるだろう。背景は実写や2Dや3Dの合成。だが人物はすべて3Dで作られている。それだけでも驚きなのだが、話はそれでは終わらない。実はこれらの作品、モーキャプを一切使っていないらしいのだ。彼はこう言っている。「これはキーフレームと呼ばれる本物のハンドアニメーション。白雪姫と同じようにゼロからキャラを動かした」メイキングを見ると、どうやら役者やダンサーはいるようだ。ロトスコープに近いものだと言われている。いずれにせよ、正気の沙汰とは思えない。かなりイカれた映像作家だ。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナイニシアチブ」絶賛発売中!「超探偵事件簿 レインコード」は2023年春発売予定! ゲーム版の「TRIBE NINE」も鋭意制作中です! ご期待下さい!

「AI: ソムニウムファイル ニルヴァーナ イニシアチブ」(PC / PS4 / Switch / Xbox One
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
画像集 No.424のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



トゥーキョーゲームス
ディレクター,シナリオライター
小高和剛

代表作:ダンガンロンパシリーズ

Twitterアカウント
画像集 No.425のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク」
今現在のゲームがどこまで進歩しているのか、すぐにわかるクオリティ。
ゲームはとんでもない領域まできたなとプレイしながら興奮しました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「THE MATCH 2022」
那須川天心VS武尊の一戦。
アニメも映画もマンガも小説もゲームも色々体験したけど、2022年で一番興奮したのはこの試合を見ている時でしたね。1ヶ月以上前からずっと楽しみにし続けていて、終わった後は虚無感でした。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

冨樫義博
再開した「HUNTER×HUNTER」がメチャクチャ面白い。
マンガというジャンルを超えている。
どこまで連載を続けてくれるのか楽しみなような怖いような。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年には超大作アドベンチャーゲーム「超探偵事件簿 レインコード」が超発売されます。超期待していてください。ゲーム版の「TRIBE NINE」も鋭意制作中で、2023年中のリリースを目指してます。めちゃくちゃリッチなスマホゲーム体験になると思うので、こちらも是非期待しててください。

「超探偵事件簿 レインコード」(Switch
(C)Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
画像集 No.427のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「TRIBE NINE」
(C) Akatsuki Games Inc.
画像集 No.426のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



トゥーキョーゲームス
ディレクター,シナリオライター
中澤 工

代表作:「ワールズエンドクラブ」「ルートダブル -Before Crime * After Days-」「Ever17 -the out of infinity-」

Twitterアカウント
画像集 No.428のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット」
まださわりしか遊べてませんが、初めてパクチーを食べた時のようなアクの強さに圧倒されています。
あちこちTRPGっぽさが溢れているのも懐かしくて好きです。
子供の頃に食べたソウルフードが、異国の見たこともないスパイスでむちゃくちゃアレンジされて出てきたような手触りでした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」
毎週、日曜の夜が楽しみでした。
素晴らしすぎる脚本と、演出と、役者の演技(キャスティングも!)、そして、史実とフィクションの絶妙なマリアージュ! 理想的なエンタメの形でした。
最終回、ラストの怒涛の展開も圧巻で…。
おかげで、今は酷いロスに陥っています…。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

イーロン・マスク
やることなすこと苛烈で好きです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は、シナリオを手伝った「AI:ソムニウムファイル ニルヴァーナイニシアチブ」の発売を祝福しつつ、「TRIBE NINE」のゲーム版に関わりながら、未発表のゲームを作り続けています。
来年は未発表のタイトルもお披露目できる…? できない…?
よろしくお願いします!!

「TRIBE NINE」
(C) Akatsuki Games Inc.
画像集 No.429のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



ドラガミゲームス
代表取締役社長兼ゲームデザイナー
安田善巳

代表作:「LOLLIPOP CHAINSAW」「GOD WARS」「√Letter ルートレター」「艦隊これくしょん -艦これ-」

Twitterアカウント
画像集 No.430のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ライブアライブ」
伝説のゲームが遊びやすくなって復活したのが嬉しかったですね。大人っぽい仕上がりも好印象でした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「卑弥呼-真説・邪馬台国伝-」(作:リチャード・ウー 画:中村真理子)
王たる資格、王たる器とは何か、そして日本人はどこから来てどこに向かうかを問いかける古代日本祭祀王の数奇な運命を描くコミック。毎号わくわくしながら拝読しています。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

三笘 薫
ワールドカップでの大活躍で世界中から注目されているプロサッカー選手。ドリブルやアタッキングサードでの判断力に卓越した才能を感じさせる三苫選手のさらなる飛躍を期待しています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は、現在開発中のロリポップチェーンソーリメイク版を発売したいと考えています。リメイク版のスペックについては、日本だけでなく世界中のユーザーの皆様より沢山のご要望をいただいており、そのすべてを開発スタッフ全員で共有しています。どういう作品にすべきというメインテーマにしっかりと向き合って開発に取り組んでまいります。ご期待ください。

「GOD WARS 日本神話大戦」(PC / PS4 / Switch / PS Vita
(C)2022 DRAGAMI GAMES
画像集 No.431のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.432のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「√Letter ルートレター」(PC / PS4 / PS Vita / iOS / Android
(C)2022 DRAGAMI GAMES
画像集 No.433のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「LOLLIPOP CHAINSAW」(PS3 / Xbox 360
(C)2022 DRAGAMI GAMES



ドロッセルマイヤーズ
代表 / ゲームプロデューサー / ゲームデザイナー
渡辺範明

代表作:Kaiju on the Earthシリーズ,ヨフカシプロジェクト,小学館グッドゲームズ,ゆるゲーシリーズ等ボードゲーム作品多数)

Twitterアカウント
画像集 No.434のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DUEL BOY」です。これはゲームデザイナー上杉真人さん(代表作「ペーパーテイルズ」「ボルカルス」「破宮のデクテット」)がゲームマーケット2022秋で頒布した同人カードゲームで、ランダム封入のカードパックを買ったプレイヤー達が、その日そのイベント会場の通路上でたまたま出会っては「辻バトル」をするという、ある種の「カードバトル少年の夢」を実現したかのような衝撃作でした。「ゲームシステムの設計をする」という狭義のゲームデザインにとどまらず「体験そのもののワクワクを設計するというのはある意味でゲームデザインとプロデュースの境目に広がる領域ですが、これからのゲーム制作者には職種を問わずそれが求められていくと思います。また、「DUEL BOY」における体験は「その日その場所でしか現出しない遊び」としてデザインされていることにアナログゲームならではの特性も充分に活かされており、そのコンセプチュアルさにも唸りました。そして僕自身はこのカードパックを朝イチで購入していながら、痛恨のミスでプレイできなかったという……「遊べなかったゲーム」が年間最も気なるゲームになるという稀有な経験……それすらもコンセプチュアル!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」です。これまでのスーパー戦隊シリーズのセオリーを完全に破壊するようなアバンギャルドなドラマ作りと、シンプルに原点回帰しつつ現代的アップデートも試みたロボット玩具(ドンオニタイジン)の商品設計。この、一見正反対なようで「当たり前を疑う
というポリシーに貫かれた、トータルの企画プロデュースが興味深かったです。その一方で、昨年の「機界戦隊ゼンカイジャー」から2年連続で過去戦隊オマージュ要素を組み込んでいるところ等、先進性と保守性の狭間で「いびつさ」を感じる部分もあり、長期シリーズをマンネリ化させず運営していくことの面白さと難しさを両方感じる番組でした。来年はどうなる!?

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

テレビプロデューサー佐久間宣行さんです。業界は違いますが、大手企業から独立してフリーのプロデューサーとして活躍されている事にシンパシーを抱きます。プロデューサーは予算を握ってナンボの仕事なので大企業にいた方が成立しやすい面もありますが、企画力と人の繋がりがあればこんな事も出来るんだぜ!というワクワクを感じさせてもらえ、しかもそれが民放ラジオ(オールナイトニッポン)を通じてご本人からお客さんへ直接発信されているのは現代的なクリエイティブのあり方だと思います。2022年は横浜アリーナでのライブイベント実現という意味不明な(笑)達成もあり、面白かったですね。やっぱりご本人が楽しんで活動されてる感じが最高で、お話してみたい方の一人です。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年はヨフカシプロジェクト、小学館グッドゲームズという2つの新しいボードゲームシリーズの立ち上げに関わり、それぞれ個性ある面白いボードゲームを計9作品も発売できました。その中でも「破宮の十重奏(デクテット)」は「ソロプレイ重視のボードゲーム」という新しい分野へのチャレンジとして良い手ごたえがあり、来年発売のKaiju on the Earthシリーズ最新作「クアント」(こちらもソロプレイ重視のボードゲーム)へと、企業を超えたバトンをつないでいけそうな感じです。もちろん多人数でわいわい遊ぶ面白さはボードゲームの根幹をなす魅力ですが、1人でじっくり遊べるボードゲームには今後のオルタナティブな可能性を感じます。来年もドロッセルマイヤーズは「遊び」の研究領域を広げていきたいと思いますので、よろしくお願いします。Spotifyで配信中の「ドロッセルマイヤーズ・ラジオ」も聴いてね!

画像集 No.435のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
Kaiju on the Earthシリーズ「ボルカルス」
(C)2019 Arclight, lnc. / Drosselmeyer & Co. Ltd.
画像集 No.436のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
ヨフカシプロジェクト「破宮の十重奏(デクテット)」
(C)2021 Konami Digital Entertainment
画像集 No.437のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
小学館グッドゲームズ「4コマンガ」
(C)Shogakukan Inc. 2022 All rights reserved.
画像集 No.438のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
ゆるゲー「ドロッセルマイヤーさんのなぜなぜ?気分」
(C)2021 Drosselmeyer & Co.Ltd. All Rights Reserved.



名越スタジオ
代表取締役社長
名越稔洋

代表作:龍が如くシリーズ

画像集 No.545のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

ひとつを選ぶとすれば「ELDEN RING」ですね。フロム・ソフトウェアの作品がもはや一過性のブームとは誰にも言わせない事実となったことに、心から敬意を込めて選ばせていただきました。ジェラシーを感じますし、それが個人的に創作意欲につながります。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

又吉直樹さんの小説「人間」が印象深かったですね。又吉さんご本人からいただいて、ひさびさに読んだ小説です。この方はやはり主人公以外の存在の固めかたが絶妙。主人公の気持ちや言わんとするメッセージが固めていったパズルのピースの残りの形にしっかりと現れる。太宰作品的な、やんわりとした哲学的なエッセンスも内容にうまく効いている。とても勉強になります。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

とくに思いつかないのですが、大谷翔平さんサッカーワールドカップの日本代表メンバーの皆さんからは目が離せませんでした。新型コロナはまだ終わってはいませんが、スポーツに関わるヒーローたちに一喜一憂できることをひさびさに実感した1年でした。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

まずは現在進行形の作品に全力投球です。中身はもう少し待ってほしいのですが、頼もしいスタッフがたくさん集まって順調です! ご期待ください!!



24Frame
代表取締役
友野祐介

代表作:「METAL DOGS」

Twitterアカウント
画像集 No.393のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Unpacking」
これは……シビレました!!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「TITANE チタン」
まずはこんなに色々嫌な事、よく思いつくなっていう。
そういう意味ではエンターテインメントじゃないんだけど、他じゃ見られないっていう意味ではエンターテインメントなので大いに考えさせられました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

ファミマガの元編集長、さあにん@山本直人さんです。
当時の裏話が聞けるのは嬉しいです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

準備しているものが世に出ていくといいなと思う2023年です。
まだ先は長いですが、こちらに最近の我々の顛末と新情報が出たりしております。



日本ファルコム
代表取締役社長 / プロデューサー
近藤季洋

代表作:イースシリーズ,軌跡シリーズ

画像集 No.526のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

今年はあまりゲームに触れなかったのですが、何とかこれだけはと思ったのがやっぱり「ELDEN RING」でした。
今もまだプレイ中なのですが、つい脇道に入ってばかりで本編がなかなか進んでおりません。オープンワールドっぽいものを遊ぶとついそうなってしまうのですが…もっともっと時間取って遊びたいです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ゴーストバスターズ/アフターライフ」です。小学生の時に初代を見て、登場する様々なお化け退治の道具にワクワクしました。
今でもレプリカを買おうかとたまに真剣に悩みます。
映画はゴーストバスターズマニアにはたまらないネタ満載で、人のコトは言えませんが過去作を見たことない人は大丈夫かなと心配になりました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

2022年は大きな事件が色々とありましたが、不安定な世界情勢とそこに関わってくる方たちには目が行ってしまいますよね。少しでもいい形で次の世代にバトンタッチできないものかと考えてしまいます。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は「イース・メモワール -フェルガナの誓い-」「イースX -NORDICS-」とイースシリーズを立て続けにリリースする他、リメイクもいくつか予定しています。例年になくたくさんのタイトルを発売する予定ですのでお楽しみに。ここ近年はゲーム業界も特に変動が激しいので、自分たちらしさを失わず、新しいことに常に興味をもって進んでいきたいですね。

「英雄伝説 黎の軌跡II -CRIMSON SiN-」(PS5 / PS4
(C)Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.
画像集 No.527のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.528のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.529のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.530のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



日本一ソフトウェア
ゲームデザイナー
早矢仕昇平

代表作:「屍喰らいの冒険メシ」

画像集 No.531のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ライブアライブ」のリメイクが印象的でした。
幼少期によく遊んだタイトルの一つですが、リメイクは絶望的だろうと感じていたところに来てくれたので、一人両手を挙げて喜んでおりました。
実際に遊んでみると、原作ファンに寄り添った内容になっているのが非常に素晴らしいです。
HD-2Dやマップの3D化により見栄えが大きく向上していたり、ゲームバランスの調整が行われていたりするのですが、その上でSFC版の頃のプレイ感覚を全く損なっていない、丁寧な作りになっています。
「リメイクとはかくあるべし」という製作者の思いやこだわりを感じるようでした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

印象深かったという観点では「スペシャル」(平方イコルスン著)という漫画の4巻ですね。
恐縮ながら僕は読んだことのない漫画でしたが、4巻で完結ということで後輩におすすめを……おすすめ?うーん……。
「趣味に合わなくても責任は持たないけど読んで欲しい」と言われて読んだのですが、その内容がまぁ……もう……衝撃的でした。
詳細はネタバレになるのでここでは語れませんが、あえて言うなら「趣味に合わなくても責任は持たないけど読んで欲しい」ですね。
あ、僕は趣味に合いました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

「なかやまきんに君」さんですね。
もちろん、お笑い芸人として活動されていたので以前から存じていましたが、特に注目するようになったのはYouTubeでの活動を始められてからですね。
昨今、氏が広告等に出演される度に大きな注目を受けているように感じます。

もちろん、氏のYouTubeチャンネル「ザ・きんにくTV」も登録しています。
個人的に「世界で一番楽な筋トレ&有酸素運動」によくお世話になっていますよ。

パワー

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年1月26日(木)に「魔界戦記ディスガイア7」を発売しますが、僕はプランニング・ゲームデザインとして参加しています。
昨年は「次はゲームデザインを担当したい!」と抱負を書きましたが、無事達成できました!やった!
個人的にシリーズの中でも5が一番好きなので、あの頃のプレイ感覚を彷彿とさせるような内容を目指して開発を進めています。
是非手にとって遊んでください!よろしくお願いします!

2023年も引き続き、ゲームデザイナーとして活躍予定です。
詳細はまだお伝えできませんが……乞うご期待!

「屍喰らいの冒険メシ」(PS4 / Switch
(C)2022 Nippon Ichi Software, Inc.
画像集 No.532のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



日本一ソフトウェア
開発責任者,デザイナー
古谷優幸

代表作:「void* tRrLM2(); //ボイド・テラリウム2」

画像集 No.533のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Inscryption」
こういうゲームがだいすきなんです!
カードゲームとしても悪い使い方を考えさせる効果が多くて、うまくいくとすぐインフレするのが気持ちよかった。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ONE PIECE FILM RED」
すでにコンテンツとして王者だったんですが、ここにきて更にこんな新鮮な盛り上がりをつくれるのがすごいというかうらやましいというか理想像として発奮させられます。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

NIRU(Apex Legends配信者)
Apexの配信者の中でもプレイスタイルが気持ちよく、見てるとうまくなった気分になれるので配信や動画を毎日見てます。今年出版された本を買ったらサイン本が当たりました!!(じまん)

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年6月に「ボイド・テラリウム2」を発売しました!!!まだ隠れている名作なので、みんな買ってね〜〜〜〜〜。

画像集 No.534のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.536のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「void* tRrLM2(); //ボイド・テラリウム2」(PS4 / Switch
(C)2022 Nippon Ichi Software, Inc.
画像集 No.543のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.544のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



日本一ソフトウェア
開発責任者
美濃羽俊介

代表作:「魔界戦記ディスガイア7」

画像集 No.538のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「地球防衛軍6」です。
基本的に戦闘中にながれる放送と通信だけでシナリオが進みますが、刻一刻と悪くなる状況に絶望し、ピンチのときに助けに来てくれた仲間に感謝する、そして最後にはガッツリ心を掴まれてしまいます。
ゲーム体験とシナリオは分離してしまいがちですがこういう形で体験とシナリオが一致してこそゲームで物語をやる意味があるなと感心させられました。
最高です。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「本田鹿の子の本棚」です。
短編集みたいなワンアイデア勝負の作品が好きなのでかなり好みでした。
よくある話を一捻りとか、別の角度から見る、みたいなのが多くてニヤニヤしてしまいます。
単行本最新の中だと「バレーボールZ」が大好きです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

野食系ユーチューバーのホモサピさんです。
昆虫とか苦手なのですが見ていたらある程度大丈夫になりました(ある程度ですが)。
知識があればただの草むらでもドブ川でも発見があり楽しく暮らせると言うのはいろいろな示唆があってああいうふうになれたらいいなと思います。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

長期シリーズディスガイアの開発に携わって、胃の痛い日々を送っていましたがお陰様で満足の行く仕上がりになりました。シリーズファンの方にもそうでない方にも楽しんでいただけたら幸いです。

「魔界戦記ディスガイア7」(PS5 / PS4 / Switch
(C)2023 Nippon Ichi Software, Inc.
画像集 No.539のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.540のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.541のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.542のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
第2IP事業ディビジョン 第3プロダクション ゼネラルマネージャー / エースコンバットシリーズ ブランドディレクター / バンダイナムコエイセス 代表取締役副社長
河野一聡

代表作:エースコンバットシリーズ

Twitterアカウント
画像集 No.439のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」です。フロム・ソフトウェアさんがずっと積み上げてきたものの集大成で、継続していくことが地力となり、ここまで大きく花開くというスタジオの物語にも感動しました。ゲームのなかも、プレイヤーの視線誘導まで計算されて、注視せずとも感覚・印象で変化を感じる世界の作り込みなど、たくさん学ことがありました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「トップガン マーヴェリック」になります。かなり前から、このためにエースコンバットチームは動いていて、でも、延期が続いてバタバタして、直前でも……やっと公開されて、映画が大ヒットして、みなさまにもDLCを喜んでいただいて、なので、コンテンツとともに今年、一番、印象深いできごとになりました。映画はトム・クルーズも素敵でしたが、なんといっても戦闘機の演技が見事でしたね。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

ジェームズ・キャメロン監督です。これ書いている時点では、まだ観ていないですが「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」がすごく楽しみです。映画を撮るために毎回、技術開発から挑戦する姿勢に強く共感していまして、観客を驚かせるために、まずイノベーションから始めるという、クリエイターとしては、もっとも理想的でもっとも難易度の高いことをずっとやってらっしゃるからです。「今度はどんな驚きを、感動をさせてもらえるのだろう?」って期待される人物ってスゴイことなんですよね。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「一生涯楽しみながら向上する」ということで、2022年は自身の力不足を痛感することも多かったのですが、とはいえ、一生、足らないことを知り、勉強していくものだし、それを楽しんでいこうと決心して臨みます。今年は株式会社バンダイナムコエイセスも設立をして、ちゃんと世界で評価してもらって全世界のお客様に驚き、喜んでいただけるコンテンツを生み出してく覚悟も表しました。2023年は、そろそろ、なんか、あれこれしないと、さすがにマズかろうと、そんなことを考えていますのでご期待ください。

「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン」(PS4 / Xbox One / PC
ACE COMBAT(TM)7: SKIES UNKNOWN & (C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.440のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
総合プロデューサー
坂上陽三

代表作:アイドルマスターシリーズ,「リッジレーサー」

画像集 No.441のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Pokémon LEGENDS アルセウス」
今までのポケモンの遊び方をある程度踏襲しながらも一新させる意欲作。
1匹づつポケモンを見つけて追いかけて捕まえるというプロセスはさながら虫取り少年の気持ちを思い出す。本作はちゃんとポケモンが主役であると強く感じることができる作品。ポケモンがまだ一般化していない世界、この世界の人々にとってまだ未知のポケモンを捕まえていくという遊びは、ポケモンが目指した本当のコンセプトなのではと思うほどマッチしている

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

海外ドラマ「ウェンズデー」(Netflix)
アダムス・ファミリーのスピンオフ作品。主人公は長女のウェンズデーがモンスターの生徒が集まるネヴァーモア学園に転校してくるところかはじまる学園ホラー殺人ミステリーコメディードラマ(笑)。ウェンズデーは最後まで無表情!しゃべると超ブラックで絶対友達になれない激ツン性格だけど、どこか憎めない。なぜか観ているうちに段々かわいく見えてくる。今までにない魅力的なヒロイン!ツギハギだらけのハンドくんが良い奴。人は見た目で判断しちゃいけない。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

(回答なし)

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年アイドルマスターは17周年を迎えました。ありがとうございます。次に向けてその一歩として2023年2月11、12日に東京ドームにて「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!!!! 2023」が開催されます。久しぶりの合同ライブなのでプロデューサーのみなさんと元気に、次の一歩を踏み出していきたいと思います。

アイドルマスターシリーズ
(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
画像集 No.442のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
都築克明

代表作:「ONE PIECE 海賊無双4」「キャプテン翼 RISE OF NEW CHAMPIONS」「ONE PIECE ODYSSEY」

画像集 No.443のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

個人的に、「Pokémon LEGENDS アルセウス」は非常に学びが多いタイトルでした。作品のコンセプトが魅力的なことはもちろんのこと、ファンに興味を持っていただくためのプロモーション映像の「※復元中※【公式】ヒスイ地方の記録映像」では、世界観を伝える上での新しい形を見せていただいたと思いますし、ゲームとしても非常に楽しませてもらいました。特に広大なマップを冒険する中で、緊張感とワクワク感を大きく引き上げる「時空の歪み」には、企画をする人間として感動したのを覚えています。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「スピリテッド」という映画が非常に印象に残っています。
ベースとなる「クリスマスキャロル」という物語を、亡霊たちの仕事という新しい世界観を採用し、2人の主人公を対比しながら面白くも温かい物語にまとめていると感じました。物語の随所に差し込まれるミュージカルも、中盤以降の物語にロジックではない勢いを与えてくれるという意味で非常に効果的で、改めてドラマにおける「歌」の効果を感じさせてくれました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

サッカーの久保建英選手三笘 薫選手です。
この2人の出場する試合は毎回何かやってくれそうで、夜中にDAZNでずっと見させてもらっています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

メインプロデューサーを担当させていただく「ONE PIECE ODYSSEY」が、来年1月12日に発売を迎えます。このタイトルは「ONE PIECE」連載25周年記念タイトルとして、「ONE PIECE の世界に触れる冒険」をコンセプトに据え、5年以上の期間を掛けて開発してきた大型タイトルになります。長らくお待たせしてしまいましたが、多くの方に楽しんでいただけるゲームになっていると思いますのでぜひご期待いただけると嬉しいです!

「ONE PIECE ODYSSEY」(PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / PC
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
画像集 No.444のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
冨所弥生

代表作:家庭用釣りスピリッツシリーズ,トモシリーズ

画像集 No.445のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
大ボリュームのマップとイマジネーション溢れる怒涛のボス達に圧倒されました!
ソウルシリーズとしては、マルチプレイで進めやすくなり、アクションゲーム下手には有り難かったのですが、エルデの王には未だなれていません…

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「サイバーパンク:エッジランナーズ」
ナイトシティの泡沫の生き方を、感情移入できる王道のボーイミーツガールに落としこみ、10話で無駄なく駆け抜ける構成と、キャラクターを魅せる印象的な絵作りと、パワーのある音楽で本当に大好き!最高でした!日々、音楽を聞いてはラストシーンのルーシーを思いだして目頭を熱くしています。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

桜井政博さん
YouTubeチャンネル「桜井政博のゲームを作るには」を、無料で見られているという奇跡に感謝しています。勉強させてもらっています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ワーキングマザーのゲームプロデューサーとして、親と子を楽しい思い出で繋げられるゲームをもっと作って行ければと思います。
今年発売した「釣りスピリッツ 釣って遊べる水族館」は、来年もアップデート予定を色々仕込んでおりますので楽しみにしてください!

「釣りスピリッツ 釣って遊べる水族館」(Switch
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
(C)Bandai Namco Amusement Inc.
画像集 No.446のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.447のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
羽生和正

代表作:「デジモンサヴァイブ」「デジモンストーリー サイバースルゥース」「ファミリーフィッシング」

Twitterアカウント
画像集 No.448のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

私は日本のメーカーが作るRPGが好きなのですが、そんな中で私の心を引いたのは「ソウルハッカーズ2」の新作の発売でした。
「真・女神転生」シリーズや「デビルサマナー」シリーズは学生の頃に大好きな作品でしたので、そんなシリーズの新作が出ると聞き、注目しており、限定版を予約して購入させていただきました。
しかし、ふと思いなおすと、真・女神転生シリーズは「III」が出たタイミングごろに社会人となり、生活サイクルが激変。忙しさに忙殺され、購入したはいいが、結局クリアする事のないまま今まで来ていまっていました…。
その後の新作も購入はすれどクリアまで遊ぶことができておらず…、「新作を遊ぶ前に関連シリーズを網羅した上で遊ぶのがファンの矜持だろう」と考え、ちょうど昨年度発売された「真・女神転生III」HDリマスター版のDL版を購入し(PKG版は限定版を発売日に購入済み)遊び始め、現在は「真・女神転生IV FINAL」をプレイ中で、いまだに「ソウルハッカーズ2」に行く突くことはできておりません…楽しみが山積みです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

2022年のエンターテイメントコンテンツで注目をして追っていたのは、朝倉未来プロデュースの「BreakingDown」です。
「BreakingDown」は1試合1分、選手紹介から試合決着まで大体10分以内に終わる、配信時代に特化したような作りになっている格闘エンタメです。
第1回大会開催は2021年でしたが、2022年は出場選手のキャラクターが揃ってきたことに加え、出場選手たちのSNSやYouTubeチャンネルでのセルフプロデュースによって、各選手のキャラクター性やバックボーン、出場選手同士のYouTubeチャンネルのコラボによって関係性が構築されていく様など、3ケ月に1回の興行の隙間を埋めるコンテンツが、興行外で拡大していき、それが最終的に次の興行の因縁に繋がっていく仕掛け作りが非常によくできていると感じ、面白いと注目していました。

過剰に行き過ぎたセルフプロデュースのパフォーマンスもあり、話題先行な部分もありますが、今後、運営のノウハウ蓄積や競技としてのルールの完成度、出場選手の技術のレベルアップによって、どこまでコンテンツとして成熟していくのかが楽しみです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

YouTubeチャンネル「ピーナッツくん!オシャレになりたい!」「ぽんぽこちゃんねる」で活躍するVTuberのピーナッツくん
VTuber黎明期から活躍しており、相方の「甲賀流忍者!ぽんぽこ」との掛け合いの中でのボケやツッコミ、巧みなワードセンスが大好きです。
今年はヒップホップフェス「POP YOURS」に出演するなどヒップホップアーティストとしても飛躍し、VTuberの枠を超えて活動の場を広げていました。
昨年のクリスマスに発表された「刀ピークリスマスのテーマソング2021」を2022年の年明けループで視聴しており、2022年はピーナッツくんから始まった一年でした。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

デジモンファンの皆様によろこんでいただけるような様々なタイトルを仕込み中です。
是非、楽しみにお待ちいただけましたら幸いです。

「デジモンサヴァイブ」(PS4/Switch
(C)本郷あきよし・東映アニメーション
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.449のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.450のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「デジモンストーリー サイバースルゥース」(PS Vita
(C)本郷あきよし・東映アニメーション
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.451のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.452のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
プロデューサー
原 良輔

代表作:「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」「ドラゴンボールZ KAKAROT」

画像集 No.453のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゼノブレイド3」
1,2の設定を踏襲しつつ、丁寧で濃密に作り上げられたストーリーの完成度が高く、非常に満足度の高い作品でした。クリア後はしばらく余韻に浸りつつ、ネタバレを気にせず考察動画をあさり続ける日々が続きまして、そこまで含めて楽しい時間を過ごすことが出来ました。また音楽も過去作同様、大変素晴らしいクオリティに仕上がっており、早くサントラ発売されないかと公式からの情報を心待ちにしています。もちろんDLCの追加ストーリーも楽しみです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「五等分の花嫁」
ここは本当にドラゴンボールのチームなのか?と本気で疑うくらい、私の所属する課のメンバーのほとんどが五等分の花嫁を読んでおり、悔しくてすぐにコミック全巻読破し映画を観に行きました。五つ子のヒロインのうち誰が結婚相手として選ばれるかが最後まで予想つかない=選ばれる確率も五等分というタイトル通りの設定がよく出来ているなと感心してしまいました。残念ながら私の推しは選ばれることなく終わってしまったのですが、結末の納得度は高く、映画でもしっかり泣いてしまいました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

黄皓
Amazonプライム・ビデオの番組「バチェロレッテ・ジャパン」シーズン1にて、突然生花をしろと命じられ、素人ながら見事なセンスで完成させた上で、どのようなコンセプトやイメージで生けたかのプレゼンをされていたのですが、そのプレゼンが即興とは思えないほどクオリティが高く感動した時からファンになりました。「バチェラー・ジャパン」シーズン4では見事バチェラーに抜擢され、番組中はかなり攻めたパフォーマンスをされていましたが、最終的にはしっかりと生涯のパートナーを見極めて、今でも幸せそうに過ごされています。男としても経営者としても、彼の力強い生き方は見ていて気持ち良いですし、いつもパワーをもらっています

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」は2月以降のシーズン2配信に向けて、「ドラゴンボールZ KAKAROT」は1月のリマスター版発売と以降のDLC配信に向けて、それぞれ鋭意開発進行中です。ファンの方々のご期待に沿えるよう2023年も精進して参りますので、引き続きよろしくお願いいたします!

「ドラゴンボール ザ ブレイカーズ」(PS4 / Xbox One / Switch / PC
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.454のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.455のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「ドラゴンボールZ KAKAROT」(PS4 / Xbox One
(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.456のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.457のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコエンターテインメント
エグゼクティブゲームディレクター / チーフプロデューサー
原田勝弘

代表作:鉄拳シリーズ,「サマーレッスン」「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT」,ソウルキャリバーシリーズなど

Twitterアカウント
画像集 No.458のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」!と言いたいとこですが、担当プロダクションだったので挙げてはいけないルールに抵触しますね。。。
全く関りのないタイトルとなると…そう! 「Metal: Hellsinger」です!!!
これ、お知り合いの David Goldfarb さん(Battlefield Bad Company 2やPaydayなどで知られる)がディレクションしているゲームなんですが、今作「Metal: Hellsinger」は画期的なFPSタイトルです。
FPSにリズムゲームの要素が絶妙にフュージョンされており、遊んでいる最中の没入感はこれまでのゲームで言う没入感と全く異なります。
これは是非みなさんにも体験してほしいです、もう一度言います、「Metal: Hellsinger」です、これは是非おためしを!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

ドラマなら「ベター・コール・ソウル 」のラストシーズン。
映画なら……うーん、ちょっとまあお前もか、またそれか、と思われるの覚悟で「トップガン マーヴェリック」です。
これね、弊社のその某タイトルのプロデューサーが私より先に映画を見ていたんですね。彼はまだ「トップガン マーヴェリック」が世の中で評価が始まっていない段階でこの映画を見る機会があったわけです。
そこで私、彼に尋ねたんです 「トップガン マーヴェリック、100点満点中何点でした?」と。
そしたら彼、「30点」とか言い出すんですよ。
それを聞いて私、驚きましてね。これは期待できないなとおもいつつも翌週映画館に観に行ったんです。
某プロデューサーの評価とコメントを思い出しつつ観賞しましたが、少し首をかしげましたね。
いや、これ、あのトップガンの続編としては100点、いや120点やないか?と。
そりゃあ色々と「そんなわけあるかいな」というシーンは満載なんですよ、劇中の作戦ブリーフィングの画面やミッションは弊社のエースコンバットそのものと言っていいほどのフィクションっぷりだし、トマホークは一斉大量発射されるわF/A-18の倍以上の速度で追い越していくわ、敵陣に都合よく「あの機体」がいつでも飛べる状態で置かれているわ、だけど、だけどね、そういうのはもう関係ないんですよ、リアリティを超越して「絵作り」とか「ゲーム世代に響く演出」だとか「機体の位置関係が誰にも伝わりやすいカメラワーク」だとか、そういうのが素晴らしい。何よりも往年のトップガンファンに対するファンサービスが満載で、間延びしないテンポの良さで、観ている間は邪念が消えてしまう。久々に映画館で見るザッツエンターテインメントだったと思うんですよ。
その後、世間の評価がうなぎのぼりになって、超ロングランになった際、例の某タイトルプロデューサーは遂に認めましたよ、「自分がいかに世間と価値観がずれているかわかりました」と。
そらそーよ、この映画の評価に関しては、あなたが一番ズレとったらあかん人やないか!そう思いつつ、僕はふと、「まあでも、そこが一般人感覚とズレているからこそ、面白いゲームを作れるところもあるのかなあ?」なーんてことは特に思わず手元のスマホでにゃんこ大戦争してましけどね。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

2名います。

(1)ウォロディミル・オレクサンドロヴィチ・ゼレンスキー大統領です。
理由はみなさんご存じのとおりです。

(2)井上尚弥(ボクサー)
ボクシングというスポーツのゲームバランスを完全に壊しているモンスターです

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

いくつかタイトルを開発中です。そのうちのひとつが、今年発表した「鉄拳8」です。まだまだ開発に時間がかかりますが、開発チーム全員頑張っていますので、応援よろしくお願いします。
あとなんでしょう、ゲーム会社に在籍する開発者としての残り時間を考えると……やりたいことと残された時間の帳尻が合わなくて悩んでいます。つまり時間が足りないなあと。
まあ、いずれ終わりはやってくるものですし、ユーザーにとっては関係のない事なのですけどね。
とにかく、今は開発している複数のタイトルに注力します!

画像集 No.459のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「鉄拳8」(PC / PS5 / Xbox Series X|S
TEKKEN(TM)8 &(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.460のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.461のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画

「サマーレッスン」(PS4
(C)Bandai Namco Entertainment Inc.
画像集 No.462のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコオンライン
エグゼクティブプロデューサー
下岡聡吉

代表作:「アイドリッシュセブン」「BLUE PROTOCOL」

画像集 No.463のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

待ちに待っていた「タクティクスオウガ リボーン」です。改めてこのゲームができることが最高すぎる。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「サイバーパンク: エッジランナーズ 」です。脚本・映像・音楽に加えサイバーパンクという作品世界を拡張するブーストコンテンツとして最大限の賛辞が贈られるべき作品かと思いました。IPを商品セグメント限定せずメディアをまたいで広げていくことが大事になっている中で、ゲームにはゲームにしかできない魅力を、アニメにはアニメにしかできない魅力を重ねていくことが、わかっていてもなかなかできないわけですけれども、クリエーターの情熱によってそれが成功した好例になったと思います。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

もうここは好きに書くのですが、休憩時間の短い間に一番触れたのが音楽と漫画でして、有馬あるまさんフカヤマますくさんの「エクソシストを堕とせない」の作家の皆様と、岩田雪花さん青木 裕さんの「株式会社マジルミエ」が、面白すぎるのでジャンプ+で読んでほしいです!初回全話無料です!
生きる糧〜。
音楽ではYOASOBIさんヘビロテさせていただきました。そして、Mrs.GREEN APPLEさん井上苑子さんの「点描の唄」で癒される日々でしたので厚くお礼申し上げます。
今年もたくさんのエンタメに触れることができて幸せでした。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は「アイドリッシュセブン」が7周年、「BLUE PROTOCOL」もいよいよサービスインが見えてきまして、ありがたくも多忙な日々を過ごさせていただきました。その中にあって、多くの方が心を込めて作られたたくさんのエンタメに触れさせていただき今年も生き抜くことができました。本当にありがとうございます。
願わくば自分たちの手掛けるコンテンツも誰かの心を揺さぶることができますようにと願っています。
当社のプロジェクトを応援いただいている皆様がこれからも楽しんでいただけるよう2023年も全力で頑張ります。

「アイドリッシュセブン」(iOS/Android
(C)アイドリッシュセブン
画像集 No.464のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「BLUE PROTOCOL」(PC / PS5 / Xbox Series X|S
(C)2019 Bandai Namco Online Inc.(C)2019 Bandai Namco Studios Inc.
画像集 No.465のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコオンライン
プロデューサー
丸山和也

代表作:「GUNDAM EVOLUTION」「機動戦士ガンダムオンライン」,ガンダムネットワークオペレーションシリーズ

画像集 No.466のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット」です。2019年に「The Game Awards」で「ベストRPG」を含む4部門受賞したタイトルですが今年のファイナルカット版で始めてプレイしまして、かなり異色のアドベンチャーゲームですが世界観に入り込んでプレイでき、記憶に残りました。「ボードゲーム好きな人にも向いているのでは?と思います。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」
これまで「ガンダム」を観たことがない人でもこの作品から興味を持って他のガンダム作品も観るようになったといった声を周囲でも良く耳にしました。「ガンダム」らしさを保ちつつも、新たな層にファンを拡大してくれている作品だと思いますので、今後の展開もとても楽しみにしていますし、「GUNDAM EVOLUTION」もそのように新しいファンを獲得できるよう頑張っていきたいです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

三谷幸喜さん(脚本家)
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では非常に描きづらい時代を魅力的な群像劇に仕上げて注目を集めていましたが、その他にも様々なジャンルの舞台、TV出演など多岐に渡り活躍されていました。常に新しいジャンルに挑戦する姿勢であったり、いつも出演する役者さんの魅力を理解し最大化しようとされていて、自分も見習いたいです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「GUNDAM EVOLUTION」はPCでもPlayStationでもXboxでも楽しめます。今後も"進化"するべく続々とアップデートしてまいりますので是非プレイしていただけますと幸いです。

「GUNDAM EVOLUTION」(PC / PS5/Xbox Series X|S/PS4/Xbox One
(C)創通・サンライズ
画像集 No.468のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.467のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.469のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.470のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



バンダイナムコ研究所
ヘッド・プロデューサー
小山順一朗

代表作:「機動戦士ガンダム 戦場の絆」「アイドルマスター」「釣りスピリッツ」「湾岸ミッドナイト」「マリオカート アーケードグランプリ」

Twitterアカウント
画像集 No.475のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「メガドライブミニ2」
小さなハードに詰まりまくった作り手の心が籠った逸品です。限られた予算と期間でよくぞここまで!と感動しました。ファンサービスのお手本として見習いたいです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シン・ウルトラマン」
産まれて初めてYahoo!映画レビューに投稿してしまいました。劇場を出た直後です。思わず書き込まずにいられませんでした。3回観に行ったのも産まれて初めてです。それくらい感動と衝撃を受けました。もちろんポジティブにです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

佐渡島庸平
バカボンドや宇宙兄弟の編集者として有名で、現在株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平氏です。
世の中を見ていると僅かな新奇事象が見えるそこにヒットの萌芽がある。それを摘み出して周辺を調べFactが積みあげ、面白くなるロジックに構成していくと、周囲が関心を示してくれる。段々クリエーターを巻き込めて行けるようになる。このプロセスにとても共感しました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年からバンダイナムコ研究所で、xR領域×AIの新サービスを開発しております。今年中に発表できることを祈っていてくださいませ。嗚呼、粛々とやるべきことをやるべきようにやるだけじゃ!



バンダイナムコスタジオ
バトルプランナー
有働龍郎

代表作:「テイルズ オブ ザ レイズ」

画像集 No.471のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「アークナイツ」
携帯端末でアドバンテージのあるスワイプ操作、定期的なアップデート、デザインとあわせた世界観など参考になる点が多くありました。
進んできた高難易度化含め、どう展開していくかにも興味があります。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

気合と迫力で圧すスポーツマンガも好きですが、作戦で勝負してる感の強い「球詠」が、最新刊がやたらよいところで引っ張ってくれているので
続きが楽しみです。大野さんがエースです

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

フレン・E・ルスタリオさんきっかけで観る動画の幅が増えました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「テイルズ オブ ザ レイズ」は2023年に運営6周年を迎えます。プレイアブルキャラクターも250名を超えていますので、過去に遊んだことのある方も覗いて見てはいかがでしょうか。

画像集 No.472のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「テイルズ オブ ザ レイズ」(iOS / Android
TALES OF THE RAYS(TM)& (C)Bandai Namco Entertainment Inc.
(C)いのまたむつみ (C)藤島康介
画像集 No.473のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.474のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月12日〜07月13日