お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/12/29 00:00

企画記事

ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画




グラスホッパー・マニファクチュア
代表取締役社長/ゲームデザイナー
須田剛一

代表作:「シルバー事件」「killer7」,NO MORE HEROESシリーズ,「シャドウ オブ ザ ダムド」「LOLLIPOP CHAINSAW」

画像集 No.204のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「MARVEL SNAP」
簡単、お手軽、早い!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ストレンジャー・シングス」シーズン4
セパレイト・ウェイズのイントロが流れ、スティーブ・ペリーの唄が聴けるとは、、
震えました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

伊図透さん
「銃座のウルナ」から気になっていた漫画家さんで、今年全作読み、心酔しました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

グラスホッパー・マニファクチュアは2023年に創立25年を迎えます。
気がつけば四半世紀もの間、ビデオゲーム業界の大海原を航海してきました。
これからも約束の地であるジパング目指して、荒波を乗り越えてゲーム作りをしていきます。

「ノーモア★ヒーローズ3」(Switch
(C)Marvelous Inc. Developed by Grasshopper Manufacture Inc.
画像集 No.205のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.206のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



グラビティゲームアライズ
プロデューサー / ディレクター
神崎喜多

代表作:「貞子M 未解決事件探偵事務所」「NBA RISE TO STARDOM」「神箱 KAMiBAKO - Mythology of Cube -」「うぃず・きゅっぱ」

画像集 No.207のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「春ゆきてレトロチカ」
実写ゲームというのは過去にもいくつかありましたが、ハードウェアの制限などにより、映画やドラマそのままのクオリティをゲーム内に再現するのは難しいものがありました。「春ゆきてレトロチカ」はそれを実現しているところにまずは大変驚きました。シナリオや映像もとてもよく作り込まれていて見事。
現在のゲーム市場において、なかなかチャレンジしにくいジャンルかと思うのですが、あらためて、ゲームとは本来自由なものであることを再認識した作品でした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「リコリス・リコイル」
僕にとっては突如現れた話題作という印象でしたが、見た瞬間に「この作品は面白い!」と直感しました。ご覧になった方も多いと思いますので内容などの説明については割愛しますが、世界観の奥深さや映像のクオリティの高さは、さすがの制作陣でしたね。放送されるたびにSNSではトレンド入りしていましたし、時代のニーズにも合っていたのかもしれません。ヒットが難しいアニメオリジナル作品としては、歴史に残る一作と言っても過言ではないと思っています。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

エイドリアン・ニューウェイ(F1 レッドブル・レーシングCTO / レーシング・デザイナー)
レッドブル・レーシングは、2021年度にF1ドライバーズチャンピオン、そして2022年度はドライバーズチャンピオンとコントラクターズチャンピオンになりました。しかし、それは簡単なものではありませんでした。
F1は毎年レギュレーションが大きく変わるため、レーシングカーの設計をその都度変更しなくてはいけません。そんな環境の中で、彼の作るマシンは常に業界のトップを走り続けています。
なぜそんな過酷な世界でも結果を出し続けることができるのか。それは、彼のものづくりへのこだわりにあると思っています。例えば、最先端のテクノロジーを扱っているにも関わらず、CADではなく、いまだに製図版を使い、鉛筆と定規で設計している点。疑問があったら徹底的に話し合いをする点。テスト結果を素直に受け止め、追求し続ける姿勢などなど、非常に学ぶところが多いと思い注目しております。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

まず、現在運用中のタイトル「NBA RISE TO STARDOM」も来シーズンに向けて大規模な改修を予定しておりますので、ぜひご期待頂ければと思います。
2023年には新規タイトルを複数リリースできるように制作を進めています。
ワールドクラフトRPG「神箱 KAMiBAKO - Mythology of Cube -」は、バラバラになった世界の土地をパズルで修復するゲームです。修復した土地を耕し、クラフトで豊かにします。土地にはモンスターも出現し、バトルで倒していくという要素もありまして、かなりやり込める作品となっています。
バーチャルペット「うぃず・きゅっぱ」では、ゲームの開発だけではなく、Twitterでの4コマ漫画の公開など、“かっぱさん”というキャラクターとしての展開にも力を入れております。
最後に、こちらはまだ詳細はお伝えできないのですが、「SFEARS」と呼んでいる、プロファイリング謎解きアドベンチャーゲームの制作プロジェクトも進行中です。お楽しみに!

画像集 No.208のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「NBA RISE TO STARDOM」(iOS / Android
(C)2022 NBA Properties, Inc. All Rights Reserved. Officially licensed product of the National Basketball Players Association. (C)2022 GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.209のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「神箱 KAMiBAKO - Mythology of Cube -」(PC / PS5 / Nintendo Switch / iOS / Android
(C)GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.210のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「うぃず・きゅっぱ」(iOS / Android
(C)GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.
画像集 No.211のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「SFEARS」
(C)GRAVITY GAME ARISE Co., Ltd.



グランゼーラ
チーフプロデューサー兼ゲームデザイナー
九条一馬

代表作:「R-TYPE FINAL 2」,絶体絶命都市シリーズ,「マンガ・カ・ケール」「巨影都市」など

Twitterアカウント
画像集 No.212のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Sky 星を紡ぐ子どもたち」
プレイを始めたばかりのゲームですが、導かれるままに歩いたり、走ったり、飛んだりしています。レベルの作り方がゆったりしていたり、地形の傾斜の心地よさなどに感心しながら、時間の経つのを忘れていじっています。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「トロール」
ノルウェーが舞台の伝説の巨人トロールが登場する映画です。昔観た「トロール・ハンター」という映画を思い出しながら観ました。トロールが実在するかもと思わせる点ではトロール・ハンターのほうがよかったように思いますし、最初の30分ぐらいでトロールの存在が明らかになってから、残り1時間もどうやって持たせるのかと心配しながら観ましたが、最後まで集中して観ることができました。現代の街に直立する巨大生物が現れる設定は、おもしろいですね。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

将棋の羽生善治九段
王将リーグを全勝で挑戦権獲得したのにはシビレました。藤井聡太五冠との王将戦をとても楽しみにしています。どちらにも勝ってもらいたいと思っていますが、羽生九段のタイトル100期達成なるかというところがどうにも気になっています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は、準備していたいくつかのタイトルが世に出せそうです。「R-TYPE FINAL 3 EVOLVED」「R-TYPE TACTICS I・II COSMOS」を発売します。「絶体絶命都市5」「マンガ・カ・ケール」の情報も出します。お楽しみに!

画像集 No.213のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「R-TYPE FINAL 3 EVOLVED」(PC
(C)Granzella Inc."R-TYPE" is a trademark and/or copyright of IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.
画像集 No.214のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「R-TYPE TACTICS I・II COSMOS」(PC / PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / Nintendo Switch
(C)Granzella Inc."R-TYPE" is a trademark and/or copyright of IREM SOFTWARE ENGINEERING INC.



crim
代表取締役
竹安佐和記

代表作:「Devil May Cry」「鉄騎」「大神」「零〜月蝕の仮面〜」「無限航路」「El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON」「GOD WARS」「The Lost Child」

@Sawaki_TakeyasuTwitterアカウント
画像集 No.009のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Stray」
ネコ感がとてもよかった。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シン・ウルトラマン」
とにかく顔がよかった。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

溝部拓郎
今一番輝いてる人だな〜と思ったので。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲームとは違いますが、抱負として最近巨大壁面塗装をしたのですが、やっぱりデカいは楽しいのでまた2016年の東京ゲームショーで描いたような大きな絵描いてみたいですね(実はそれ用に部屋も改装済み)あと今Switch版のEl Shaddaiを開発中なんとか春くらいまでには出したいと思います。

「El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON」(PC / PS3 / Xbox 360
(C)crim
画像集 No.010のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KMS
プロデューサー
石渡真人

代表作:「天啓パラドクス」

Twitterアカウント
画像集 No.052のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Cult of the Lamb」
インディーゲームからは本当にいつも刺激を貰っています。

可愛らしい子羊が教団を作り上げるという、中々にセンシティブな設定に反したカワイイ絵柄がとても印象的です。ダンジョン内で死んでしまった場合でも全てのアイテムがロストするわけではないので優しい設計です。

教団運営パートですが、生贄の儀式で力を得たり、信仰心が下がらない様に洗脳したり、離反しようとするものを拘束、カニバリズムなどショッキングな要素も含まれており苦手な方もいるかもしれませんが、とても面白いゲームデザインとなっています。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「ぼっち・ざ・ろっく!」
自分が若い時にバンドを組んでいたのですが、色んな面で共感。
またバンドの文化が盛り上がってくれると嬉しいです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

Ado
ゲフィン・レコードと契約をされたという事で今後の活躍の場をさらに広げていかれると思います。
今後の日本国内での活躍は勿論、世界での活躍とても楽しみにしています。

私も日本だけではなく世界の人達がアッと驚くような体験が提供出来るように精進します。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「天啓パラドクス」の開発からリリースとアッという間に2022年が過ぎましたがお陰様で沢山の方に遊んで頂いております。2023年も沢山の方の意見を取り入れつつ、皆さんが楽しめるコンテンツを追加していけたらと思います。

来年も新機能や現行の仕様の見直し等、皆様に長く遊んでもらえるタイトルも私も成長して参りますので
今後とも何卒よろしくお願い致します!

そして2023年も株式会社KMSとして新しい取り組みや新規ゲーム開発も進めております。
情報公開出来るタイミングになりましたらKMSのSNSアカウント等で発信できればと思いますので、こちらもお楽しみにお待ち下さい!

「天啓パラドクス」(PC / iOS / Android
(C)2021 EXNOA LLC / KMS,inc.
画像集 No.053のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.054のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
シブサワ・コウブランド長
伊藤幸紀

代表作:「三國志 覇道」

画像集 No.215のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「FIFA 23」です。
ワールドカップの開催年ですが、アップデートでワールドカップモードを遊べるのは凄いです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「SPY×FAMILY」です。
評判が高かったのでアニメで見ています。設定といい台詞といい面白いです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

サッカー日本代表森保一監督。ワールドカップに向けて誰を選ぶのか、どういった戦い方をするのか注目していました。ブラボー!

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

運営タイトルで安定したサービスと新しい驚きをユーザーの皆さまにお届けできるように頑張ります。
また、新作も準備していますのでご期待ください!

「三國志 覇道」(iOS / Android / PC
(C)2020-2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.216のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.217のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
ルビーパーティーブランド ブランド長
襟川芽衣

代表作:「金色のコルダ スターライトオーケストラ」

画像集 No.218のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
「死にゲー」というジャンルを生み出し、多くのユーザーに期待され続け、その期待に応え続け、前作よりもさらに大きな話題を呼び世界中のファンを夢中にさせる、って凄いですよね。
フロム・ソフトウェアさんのセンスと企画力にただただ敬意を表します。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「チェンソーマン」
コミックスのスピード感、個性的なキャラ達、ギャグとシリアスの絶妙なバランスも最高なんですが
今までのジャンプにはいないタイプの主人公で超過激な展開、ジャンプでこれをやっていいんだと度肝を抜かれました。
まさに「異端児」でありしっかり成功もおさめているところが凄いです。
また、アニメがとにかくかっこいい!エンディングが毎話違うのも豪華ですし全部最高にイカしてるので毎回各種SNSでバズっており、プロモーションも上手いなあと思います。
今後も目が離せません。どうかデンジが幸せになりますように。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

成田悠輔さん
今年はビジネス系のYouTubeをよく見ていたのですが、ひろゆきさんと一緒に出演されている「日経テレ東大学」が大変おもしろく、ネットの中で追いかけるようになりました。
話はわかりやすいし、エッジの利いたユニークな考え方にいつも感心しています。
プレゼンもとてもうまくて勉強になりますね。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2月に「金色のコルダ スターライトオーケストラ」、3月に金色のコルダシリーズがそれぞれ周年を迎えます。
来年はコルダの年!として様々な企画をご用意していますので是非ご期待ください。
また、来年こそは新作のニュースを皆さんにお届けできるよう、頑張ります!

「金色のコルダ スターライトオーケストラ」(iOS / Android
キャラクターデザイン/高山しのぶ
(C)2021-2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.219のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.220のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
常務執行役員,プロデューサー
小笠原賢一

代表作:「信長の野望・新生」「信長の野望・創造」「討鬼伝」など

画像集 No.221のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Dead by Daylight Mobile」
モバイル版のローンチによって家族とパーティーを組めるようになったため大きくプレイ頻度が上がった。国内においてオンラインマルチプレイは一定範囲のユーザーが楽しむものであったが、モバイル版でのリアルタイムマルチが一般的になると訴求範囲が格段に広くなるため、予想外の大ヒットが生まれる可能性があると思う。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「鎌倉殿の13人」
これまであまり人気の出なかった題材がここまで注目を集めるコンテンツとなったことに素直に驚きました。巧妙な脚本、演出、キャスティングはもちろんですが、メディアに取り上げられることを意識したプロモーション手法も熟練の度を増しているように思います。
何よりエンタメコンテンツをフックに多くの人がその時代、歴史に興味を深くする流れは制作者冥利に尽きるのではないでしょうか。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

秋山大輔(サウナ師匠)
2022年だけではないのですが、サウナの役割・イメージ・位置付けに大きな影響を与えた人として非常に注目しました。いちサウナーとして人気が出たゆえの混雑に戸惑いながらも、使う人の快適性・利便性・満足感を追求した新たなスポットが続々誕生するトレンドと「昔ながら」の良さを再発見するスパイラルは刺激的でした。
なんとなくラーメンの進化と重なるように思います。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年、「信長の野望」は40周年の大きな節目を迎えます。これまでシリーズをご愛顧、ご支持いただいたすべての皆様に深く感謝申し上げます。
シリーズの新しい未来に向けてしっかり野望の継承をするべく新たな展開の準備をしておりますので、是非今後のお知らせを心待ちにしていただければと存じます。

「信長の野望・新生」(PC / PS4 / Nintendo Switch
(C)2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.222のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.223のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「討鬼伝2」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2016 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.224のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.225のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
菊地啓介

代表作:零シリーズ,影牢シリーズ

画像集 No.226のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ウルトラ怪獣モンスターファーム」
当社開発タイトルですが、ウルトラマンZが好きだったので、初回特典の「セブンガー 光の巨人ペイント」に惹かれてやってみました。
コラボタイトルとして、相性もゲームへの落とし込み方のバランスも良く、愛着を持って怪獣たちを育てて遊べました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

NODA・MAP「Q」
今年は久しぶりに何本か舞台を見ることができて、改めて生の舞台の良さを味わうことができました。
その中でも「Q」の再演は、相変わらずのセリフ回しと話の構成の巧みさ、エネルギーとスピード感に酔いしれました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

西尾維新さん
毎年たくさんの本を出されていますが、今年、デビュー20周年ということで、更にたくさんの執筆や関連展開があり、創作意欲を刺激されました。戯言シリーズの最新刊「キドナプキディング」も楽しみです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

現在、数年かけて開発中の新作アプリに注力していて、2023年の発表・リリースに向けてがんばっています。
また零シリーズも、3月9日に「零 〜月蝕の仮面〜」のリマスターが発売予定ですので、お楽しみに。

「零 〜濡鴉ノ巫女〜」(PC / PS5 / PS4 / Xbox Series X|S / Xbox One / Nintendo Switch
(C)2014-2021 Nintendo / コーエーテクモゲームス
(C)2014-2021 コーエーテクモゲームス
画像集 No.227のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.228のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「影牢 〜もう1人のプリンセス〜」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2015 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.229のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.230のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
代表取締役社長
鯉沼久史

代表作:仁王シリーズ,無双シリーズ,「進撃の巨人」など

画像集 No.231のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
壮大な世界観とボリューム、ゲーム体験の面白さ、良く作りこんだなと感心しました。久しぶりに長時間プレイしてました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「トップガン マーベリック」
良かったです。1作目を見直してから、本作を見たので、時間の流れを感じましたし、ちゃんと繋がってた。自身年取ったなと思いました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

今年も大谷翔平さんに期待してます。海外で活躍されている方全般応援してますが、多分彼が一番常識を覆してる気がしてるから。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

世界中の人たちに遊んでもらえるゲームを常にリリースできるような、会社でありたいし、クリエイターでもありたいと考えてます。また、時間が許す限り何か新しい事に取り組みたいと思ってます。

「戦国無双5」(PC / PS4 / Switch
(C)2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.232のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.233のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.234のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「仁王2 Complete Edition」(PC
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.235のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「進撃の巨人」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 (C)2018-2019 コーエーテクモゲームス



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
作田泰紀

代表作:「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」

画像集 No.555のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「勝利の女神:NIKKE」です。
DOAXVVで以前コラボさせていただいた「デスティニーチャイルド」のSHIFT UPが開発に関わられたゲームなので、タイトル発表時より注目していました。
配信開始後に早速プレイしましたが、重厚な世界観とストーリー、爽快感のあるバトルシーンが印象的で、遊び続けたくなりましたね。
そして何よりも、キムヒョンテさんの描かれている美少女はやっぱり最高ですね!とってもセクシーでキュートだと思います!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」です。
これまでのガンダムとは違った世界観・設定なので、毎回どんな話になるのか、今後どんな展開になるのかを楽しみに観ています。
ガンダムを語れるほどの知識はないので、設定周りの話は他の方にお任せしますが、
個人的には、スレッタというシリーズ初の女性主人公を選んだ制作陣の挑戦が興味深いと思いますし、ミオリネをはじめとした周囲のキャラクターとの関係性にフォーカスをあてた描き方がとても面白いです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

本田圭佑さんです。
サッカーW杯の日本戦は本田さんの解説を聴きたくAbemaで視聴しました。
ミーハーな感想で恐縮ですが、状況理解や展開予想・打開策の考え方をわかりやすく教えていただけたことで、楽しく観戦できました。
ピッチ上の選手視点とピッチを俯瞰した解説者視点の両方で試合をとらえ、対戦相手の監督の深層心理をよんで、次なる展開をリアルタイムで思考する、本田さんの「ライブ感」を垣間見た気がしました。
こういったライブ感はゲーム運営においても重要なので、引き続き注目して学びに繋げたいと思いますし、選手としてだけでなく新たな可能性を見せていただけた本田さんが、今後どういった活躍をされるのか純粋に楽しみにしています!

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

サービス中の基本プレイ無料のバカンスゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」は、おかげさまで2022年11月で5周年を迎えました。
6年目の挑戦として実施したみさきのトゥルーカラーアップデートも、オーナーの皆様に喜んでいただけて本当に嬉しかったです。

これからの1年、さらなる「あたらしい日々」を提供できるよう開発一同頑張りますので、注目していただけますと幸いです!

ちなみに、DOAXVVはPCにインストールしなくても、ブラウザがあれば気軽に遊べます。
寒い冬の日本から飛び出したい方はぜひバカンスにお越しください!常夏の島でお待ちしております!

「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」(PC
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.237のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.238のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
ゼネラルプロデューサー
シブサワ・コウ

代表作:信長の野望シリーズ,三國志シリーズ,仁王シリーズ

画像集 No.239のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
二か月間、徹底的にやり込みました。世界観が素晴らしい。エンディングを迎えた時は幸せだったなあ。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「鎌倉殿の13人」
三谷さんの脚本のおもしろさに大拍手。毎週日曜の夜が楽しみでした。
また、信長の野望シリーズの全国マップを「真田丸」に続き使って頂いて感激です。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

樋口真嗣監督
「シン・ゴジラ」「シン・ウルトラマン」と来て、次の「シン」は何か?ね、シンちゃん。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年は「信長の野望」40周年。ファンの方々の長年にわたる応援に心から感謝しています。12月にスタートした「信長の野望 覇道」はたくさんのプレーヤーの方々に遊んで頂いておりまして、ありがとうございます。また来年も「アッ」と驚くタイトルを予定しておりますので、どうかご期待下さい。

画像集 No.240のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「信長の野望 覇道」(PC / iOS / Android
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.241のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「信長の野望・新生」(PC / PS4 / Nintendo Switch
(C)2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.242のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「三國志14 with パワーアップキット」(PC / PS4 / Switch
(C)2020 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.243のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「仁王2 Complete Edition」(PC
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
執行役員 / ω-Forceブランド長
庄 知彦

代表作:「真・三國無双2〜5」「ドラゴンクエストヒーローズI・II」

Twitterアカウント
画像集 No.244のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ゴッド・オブ・ウォー ラグナロク」
前作からのワンカメによるシームレスなゲーム体験は言うまでもなく、アクションの進化、地味ながらも探索要素での細かなゲームデザイン、高いビジュアル表現、それらがストーリーや世界観と高い次元でまとめられていて、素晴らしいと思います。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シン・ウルトラマン」
世界的に有名で歴史のあるコンテンツであるウルトラマン。それを今の時代に合わせて、かつてのファンの期待に完璧に応えつつも、新たな世代へも響く格好いいエンタメに昇華させた、リブートのお手本のような作品だったと思います。ゲームでもリブートするからにはこのようにありたいです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

大谷翔平さん
前年のご活躍があり、周囲の期待が当たり前のこととして高まる中、自身をしっかりともち続け、期待以上の結果を出されたことは本当に凄いことだと思いますし、それが、夢や希望、ワクワクといった楽しい感情を多くの人々にもたらしたことが最高だな、と。私も負けてられないなと思いました!

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

私自身としてもω-Forceとしても、2023年は大きな節目の年と捉えています。このコメントが読まれはじめるタイミングでは言えないのですが、1月までに私が長年ずっと取り組んできたタイトルが2つ発表されている……はずです(笑)。そして、2月にはω-Forceブランドとして新しいチャレンジとなる新作ハンティングアクション「WILD HEARTS」がワールドワイドで発売されますし、2023年中にさらにもうひとつ、ω-Forceとしても私としても大事なタイトルを発表したいと考えています。いずれも皆様のご期待に応えられるタイトルなので、よろしくお願いします!

画像集 No.245のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城」(PS4 / PS3
(C)2015 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
画像集 No.246のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり」(PS4 / PS3 / PS Vita
(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
「真・三國無双5」(PS3 / Xbox 360 / PC
(C)2007 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.247のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
鈴木亮浩

代表作:真・三國無双シリーズ

Twitterアカウント
画像集 No.248のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
感想を一言で表すなら“圧倒的”。何か突出して目新しいゲームというわけではありませんが、世界観やゲームシステムなど、すべての要素の完成度が高く、かつ、バランスが秀逸。
懐の深〜い世界観に飲み込まれて抜け出せなくなります。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

アニメ「キングダム」第4シーズン
キングダムといえば戦術・戦略性の高い戦争シーンが魅力ですが、本シーズンは政治的な駆け引きもあり面白かったです。
嬴政と呂不韋の政治闘争に決着がつき、昌平君が嬴政側につくなど、今後の中華統一への熱い展開に期待しています。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

庵野秀明氏
ここ数年注目中です。2022年に「シン・ウルトラマン」が公開、そして2023年には「シン・仮面ライダー」が公開される予定です。
これまでの「シン」シリーズよりもリアルに近い設定の「仮面ライダー」をどう描くのか楽しみにしています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年の真・三國無双シリーズは、もうすぐ2周年を迎えるアプリ「真・三國無双」や海外でのIP許諾タイトル運営などが主な展開でした。
新しい展開についての情報をお伝えできず申し訳ありません。
2023年には是非とも皆様へお届けしたいと考えていますので、引き続き応援よろしくお願いします。

「真・三國無双8 Empires」(PC / PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / Xbox One / Switch
(C)2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.249のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.250のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「真・三國無双」(iOS / Android
(C)2021-2022 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.251のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.252のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
取締役副社長 エンターテインメント事業部長
早矢仕洋介

代表作:「WILD HEARTS」「ファイアーエムブレム無双 風花雪月」「ゼルダ無双 厄災の黙示録」「仁王」「DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation」「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA」

画像集 No.253のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
「未知の大地を冒険する」というビデオゲームらしい体験を圧倒的なボリュームとシンプルなゲームデザインで創りきっている事に感銘を受けました。
世界観が魅力的で熱中できる本作には心奪われると同時にこれに負けないゲームを創りたいと改めて思わせてくれるゲームでした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「THE FIRST SLAM DUNK」
漫画で何度も読んだあの試合が時を経て実際に観戦しているようなリアルな映像として体験出来た事はとても印象的でした。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

稲盛和夫さん
前から著作は何冊も読ませて頂いていました。
今年、訃報に接し改めて読みなおし「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という言葉は我々ゲーム創りの世界でもまさにその通りだなと改めて感銘を受けました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年はコーエーテクモの新たな挑戦をいくつも皆様にお届けする1年になります。
皆様により支持いただけるようどのタイトルも全力でお届けしたいと思います。

「WILD HEARTS」(PC / Xbox Series X|S / PS5
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
(C)2022 Electronic Arts Inc.
画像集 No.254のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.255のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「ファイアーエムブレム無双 風花雪月」(Switch
(C)Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo
画像集 No.256のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.257のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
ガストブランド長
細井順三

代表作:アトリエシリーズ

画像集 No.258のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ヘブンバーンズレッド」は、シナリオや、キャラクターたちが素晴らしいことはもちろんですが、
2Dイラストを駆使してここまで多彩で臨場感のある表現ができるのかと驚きました。
そして魅力的なキャラクターデザインは、さすがゆーげんさんですね!

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」。内容自体は以前から知っていたが、実際に日本公演を見た際に細部にわたって作り込まれており、日本人キャストの方の演技も素晴らしくて感動しました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

ドラマ「ストレンジャー・シングス4」のスティーブ
最初はいけ好かないやつでしたが、シーズンを追うごとに成長して、主人公たちの「良いアニキ」になっていく姿に胸が熱くなりました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

まず「アトリエ」25周年記念作品の「ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜」を発売いたします。
ライザたちの冒険のフィナーレとして、みなさんに満足していただけるような作品をお届けしますのでもう少しお待ちください。

また、「BLUE REFLECTION SUN/燦」も配信に向けて鋭意作り込んでいます。こちらはスマホタイトルですので気になった方は気軽に遊んでみていただければと思います。

2023年は、様々な挑戦をする1年になりますので、ぜひガストブランドにご注目ください!

「ライザのアトリエ3 〜終わりの錬金術士と秘密の鍵〜」(PS5 / PS4 / SwitchPC
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.259のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.260のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
TeamNINJAブランド長,プロデューサー / ディレクター
安田文彦

代表作:仁王シリーズ,NINJA GAIDENシリーズ

画像集 No.556のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
2022年は多くの素晴らしいタイトルがありましたが、質・量ともに圧巻の出来だったと思います。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「チ。-地球の運動について-」
個人の中の抗えない感動が信念となり、人や時代を越えて歴史になり、その歴史を超えた物語が見事に描かれていたと思います。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

ミケル・アルテタ
プレミアリーグ、アーセナル監督。
ドキュメンタリー「All or Nothing」で見せていた苦悩も含め、チームの改革を成し遂げつつある姿はチームの20年来のファンとしても、同年代としても注目を続けています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年3月3日に「仁王」シリーズ以来のTeamNINJA最新作「Wo Long: Fallen Dynasty」が発売されます。
ディレクターを務める「Rise of the Ronin」の制作も佳境に入るので制作頑張ります。
両タイトル、お楽しみに!

「Wo Long: Fallen Dynasty」(PC / PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / Xbox One
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.262のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.263のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.264のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「NINJA GAIDEN: マスターコレクション」(PC / PS4 / Switch / Xbox One
(C)2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.265のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「仁王2 Complete Edition」(PC
(C)2020-2021 コーエーテクモゲームス All rights reserved.



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山際眞晃

代表作:「Bloodborne」「Déraciné」「TOKYO JUNGLE」

画像集 No.266のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
「何かいるから行ってみよう」とか「ここは今は難しいから後で戻ってこよう」とか脅威に満ちた広大な世界を試行錯誤しながら踏破していく行為がとにかく楽しかったです。キャラクタービルドの自由度の高さと相まって、自分だけの冒険譚に酔いしれました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「鎌倉殿の13人」
放送前は三谷幸喜脚本の期待感はありつつも、鎌倉時代や主人公が北条義時という設定に地味な印象があったのですが、今では必然の選択だったことが分かります。特に義時の変化していく描写は大河ドラマでしか表現できないと思います。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

村上宗隆
歴史を塗り替える挑戦はやはりワクワクします。今年は村上選手のニュースに毎日楽しませてもらいました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「Wo Long: Fallen Dynasty」を2023年3月3日に発売予定です。三国志をダークファンタジーの世界観で描くアクションRPGとなります。よろしければぜひプレイしてみてください。それ以外にも「Rise of the Ronin」の開発、新しいタイトルの仕込みなど来年も全力で取り組みます。

「Wo Long: Fallen Dynasty」(PC / PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / Xbox One
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.267のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.268のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コーエーテクモゲームス
プロデューサー
山口英久

代表作:Winning Post 8シリーズ,Winning Post 9シリーズ

画像集 No.269のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Stray」
我が家でも2匹の猫を飼っていますが、このゲーム、猫の動きがとにかくリアルで秀逸ですね。うちの猫もあんな感じです。猫の動きを眺めているのも楽しいのですが、操作しているのは自分であって、自分が野良猫になった気分も味わえ、なんとも言えない不思議な感覚です。単に猫の可愛い動きを愛でるだけのゲームではなく、きちんとゲームに落とし込まれている点も良かったです。猫好きの方の中には、猫がひどい目にあう姿を見たくないからプレイできないというネガティブな意見もあるようですが、ゲーム上最低限必要な表現にとどめられていますし、また、猫らしさの再現度へのこだわりを見るだけでも、猫に対する愛情を持った方達の作品だと感じられました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「トップガン マーヴェリック」
前作は自分が高校生の頃に公開され、まさに世代の映画です。その続編となる本作ですが、前評判通り、圧倒的な感動と興奮を覚えるエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。前作は30年以上前の作品ですので当然ではありますが、前作をはるかに凌ぐ映像技術、カメラワーク、迫力の飛行シーンは鳥肌が立つ出来です。トム・クルーズは相変わらずの格好良さですし、あれこれ書くよりも、「面白いから、とにかく見てみて!」の一言で済ませたい作品でした。前作を見ていなくても十分楽しめる作品だと思います。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

今年も競馬界に大注目の騎手が登場しました。新人女性ジョッキー、今村聖奈騎手です。
3月デビュー後、5月には女性騎手によるデビュー年の最多勝利数を早々にクリア。7月には新人女性騎手初の重賞制覇、10月にはJRA女性騎手の年間最多勝記録も更新するなど、目を見張る活躍ぶりです。初重賞制覇となったレースで見せた思いきりの良い逃げなど、新人離れした騎乗技術とセンス、度胸に競馬ファンのおじさま達が虜になっています。今村騎手以外にも、今年は女性騎手の活躍が目立っており、今後の競馬界に明るい話題を振りまいてくれたと思います。今後の活躍にも注目です。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年3月30日に、「Winning Post 10」を発売します。シリーズで初めてPlayStation5にも対応。皮膚や毛ヅヤの質感や筋肉の動きなどにもこだわったサラブレッド、よりフォトリアルに再現された競馬場によって、実際に競馬場で観戦しているような臨場感をお届けします。また、ゲームならではのカメラワークや演出を融合し、かつてない迫力のレースシーンをお楽しみ頂けます。更に本作では競走馬の内面的な個性を表現し、その個性とどう向き合って競走馬を成長させていくかといった新たな育成要素も盛り込んでいます。前シリーズで好評だった既存要素も搭載していますので、シリーズファンの方も安心してプレイ頂けます。お楽しみに!

「Winning Post 10」(PC / PS5 / PS4 / Switch
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
画像集 No.270のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.271のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KONAMI
プロデューサー
石原明広

代表作:「シャインポスト」「クイズマジックアカデミー」「ラブプラス」「Elebits」など

画像集 No.039のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」です。「Oblivion」でオープンワールドの楽しさを知り、以来海外OWばかりをやってきましたが、どうしてもELDEN RINGはPS5でやりたくなり、抽選落ちること30回超。その間ずっと動画を観漁ってイメージを膨らませやっと念願のP55を入手しました。動画であらゆるルートを観ていたのに、プレーしたらのめり込んでしまい、レベルカンスト目指してまだ遊んでおります。
割り切りつつも十ニ分に遊べるラインの見極めが素晴らしく、街など要らないんだと改めて気付かされました。「ELDEN RING」はボス戦ひとつとっても、真正面から挑むもよし、チクチク行くもよし、半分ズルなチキン戦法でハメ倒すも良しと、技術一辺倒ではないバランスもハマれた理由です。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「THE FIRST SLAM DUNK」です。
原作ど真ん中世代でしたから、第一報を聞き嬉しかったと同時に不安でした。良い思い出のままスラムダンクの世界は完結していたので、例えば昔好きだった飲食店に久しぶりに行ったら「こんな味だったっけ?」と急に何か思い出が色褪せるような、そんな思いはしたくないなと。
しかし杞憂でした。原作の熱量がしっかりと感じられる素晴らしいアニメーション。物語の縦軸となる或る視点も素晴らしく、自分の中のスラムダンクがしっかりアップデートされました。
僕は原作作品のゲーム化も、原作制作も経験しましたが、作品は一度受け手に渡ったら、それぞれの中で咀嚼され受け手のものとなると考えています。故に続編やリブートは難しい。ましてやそれが名作スラムダンク。井上先生始め制作の方々には感服いたしました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

「ダウ90000」です。お笑いがとても好きなのですが、ダウ90000さんは「演劇」や「コント」、「舞台」や「映像」、「芸人」と「役者」など、そういうお笑いの生息場所の垣根をやんわり破壊して新しい時代のお笑いを定義しようとしてくれている気がしていて、これからの活動にも注目しています。僕の世代で言うとジョビジョバさんやラーメンズさんとかを彷彿とさせつつも、しっかり令和の新しいお笑いとしてお若いのにすごいことをやっているなと感心しています。
舞台や配信だけでなく、最近はTVなどにも活動の場を増やしていて、すでにチケットが全然取れないんですよ。2023年は何とかして生で観てみたい方々ですね。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年は5年超に渡って仕込んできた「シャインポスト」をやっと小説やアニメで皆様にお届けできた年でした。
私は4Gamerさんのせい(?)でアイドル好きにさせられた経緯があり、全国津々浦々の現場に通いましたが、アイドルさんの生き様、在り様には元気と勇気をたくさんもらいました。その恩返しではないですが、そんなアイドル好きがこだわって手掛けた、アイドルが持つ普遍的な人間ドラマをテーマとした、ある意味王道なアイドル作品が「シャインポスト」です。4Gamerさんが無かったら「シャインポスト」は生まれてないかもしれません…。
素晴らしいクリエイターさん達が集結し小説もアニメも音楽もとても素晴らしい作品を作り上げてくださいました。
ゲーム「シャインポスト Be Your アイドル!」はありそうで無かったアイドル育成ゲームとなりますので,楽しみにしていてください!

「シャインポスト Be Your アイドル!」(iOS / Android
(C)Konami Digital Entertainment,Straight Edge Inc. (C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.040のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KONAMI
シニアプロデューサー
岡村憲明

代表作:「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」「スーパーボンバーマン R」「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」

画像集 No.030のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「Stray」
「そうだよねー。猫ってこれくらいジャンプするよねー。なるほど。猫をプレイヤーキャラにしたらこれくらい(人間型でやったら嘘くさいくらい)ジャンプできてもリアリティー出るんだ!」、と思ったのが、まず一番に感心した部分です。
リアル系のアクションゲームのレベルデザインにおけるゲーム性とリアリティーの両立ってみんな苦労する部分だと思うんですが、猫だとこういう落としどころあるんだな、と勉強させてもらった次第。
まあもっとも、ウチのハナ(飼い猫)のリアリティーは、もっとはるかに可愛くて、もっとはるかに言う事聞かなくて寝てばっかりなんですけどね。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

やっぱり、NHK大河「鎌倉殿の13人」です。そんなに派手な合戦や城攻めみたいな展開も、そんなに有名な歴史上の人物も出てこない時代を、ここまで面白くできるのは、群像劇の雄である脚本家三谷幸喜さんの力量以外の何者でもないです。要所要所に入るコメディ作家さんとしての一面も光り、今年一年ずっと楽しませていただきました。リアルタイムで大河見ながら、NHKオンデマンドでも最初から見直して、小栗旬さんの闇落ちしていく姿を見比べるのが最高に楽しかったです。気が早いですが、何年先でもいいので次の作品を期待しています!

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

生方美久さん
同じ日本のTVドラマの脚本家さんで、フジテレビ木曜劇場「silent」の作家さんです。
僕はTVドラマが大好きなので、三谷幸喜さん以外にも金城一紀さん、古沢良太さんなどたくさん大好きな脚本家さんはいるのですが、いいなと思うドラマはだいたい大好きな脚本家さんの誰かになってる部分があって、自分が歳をとったからなのかな?と思っていた矢先の「silent」でした。56歳にして、もう毎回キュンキュンして、だだ泣き(笑)。
これを機会にTVドラマに若い才能のある脚本家さんがたくさん出てくるといいなと思うくらい、これからの活躍を期待する注目の若手脚本家さんです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年はまず最初に、ブラウザ版「桃太郎電鉄 教育版Lite 〜日本っておもしろい!〜」を、日本全国の学校教育機関に無償で提供し、学校の授業で「桃鉄」を活用いただくことを進めていきたいと考えています。昔から、日本の地理は「桃鉄」で覚えました!という声を非常にたくさん聞くタイトルですので、児童・生徒の皆さんに是非、楽しみながら、地理の成績を上げていっていただきたいなと、ワクワクしています。
それ以外にも、「桃鉄」も「桃鉄」以外のタイトルも、いくつか発表できることがあると思いますので、楽しみにしていただければと思います。

「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」(Switch
(C)さくまあきら (C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.031のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.032のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KONAMI
プロデューサー
岡本 基

代表作:「SILENT HILL 2」「SILENT HILL f」

画像集 No.033のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「NEEDY GIRL OVERDOSE」
ちょっと病んでいる女の子のお世話をしたり、振り回されるのは至極楽しい。その真実に改めて気づかされたゲームでした。2022年にふさわしい最新のゲームでありながら、「巫女みこナース・愛のテーマ」などの電波ソングが流行った時代のあの病んだ空気感を漂わせるという点で、レトロゲーとしての懐かしさも併せ持っており、一人のおっさんとして20年前と現在がループしているかのような感覚に囚われてしまいました。

振り返ってみれば、Keyブランドのゲームを始め、少なくない美少女ゲームの一側面には、心の傷を抱えた女の子のカウンセリングを行って心を開いてもらう、という要素が備わっています。ビデオゲームには何故こんなにも多く、ちょっと病んだ女の子たちがいるのでしょうか。

ゲームはプレイヤー自らが進んで困難や障害やトラブルに付きあって対処していくメディアです。面倒くさい女の子と付き合う面倒くささそのものは、実はビデオゲームを遊ぶことそのものの備えた楽しさに接続しているのです。

今年発売の『Milk outside a bag of milk outside a bag of milk』も、その前作の『Milk inside a bag of milk inside a bag of milk』もまた、病んだ女の子の相手をする短編ゲームでした。超てんちゃんとは大きく異なる性格の女の子に、思いきり雑に扱われます。わずか10分程度のゲームですが、濃厚です。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「タコピーの原罪」
不快感や嫌悪感を覚えるようなシリアスなシチュエーションを生々しく描きながらも、エンタメとしてのドキドキハラハラ感やユーモアをしっかり盛り込んだ、いい意味での問題作でした。

ネグレクトされているしずかちゃん家の散らかり方、母親が少し危なっかしいまりなちゃん家の病みっ気漂う乱雑さ。細部のディテールが細やかで、それぞれの救いのない家庭環境の解像度が極めて高いのがなんともエグい。リアリティあるディテールが読者の精神に深く、深く、突き刺さり、心をエグってきます。

こちらの予想を超えて心をエグってくる展開が続いたにも関わらず、要所要所で起こる意外な展開で心を掴まれ、最終話まで振り回され続けました。卓抜とした物語構成です。単純に陰鬱なだけでなく、所々にユーモアが光っており、多くの読者がふるい落とされずに最後まで完走できたのも、その優れたバランス感覚のおかげでしょう。なによりも、タコピーの愛くるしくも、ちょっとうっとおしく、そして役に立たない……、"愛すべき優しい無能"ぶりが彼女たちと我々読者の心に響いたのは確かです。

シリアスな暗黒をいかにユーモアを交えて調理するか、その才能に感服しました。新連載の「ノ瀬家の大罪」も毎週ドキドキしながら拝読しています。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

濱口竜介監督
「ドライブ・マイ・カー」でアカデミー賞の作品賞・監督賞・脚色賞・国際長編映画賞の4部門ノミネート、そして国際長編映画賞を受賞。濱口監督は日本映画界の旗手になられたと感じました。インディー映画で活躍してきたクリエイターが数作を経て大きな脚光が当たり、大舞台に立てるのが映画産業のすばらしい点です。

世界的にもインディーゲームはますます活性化していますが、インディーチームが成功した後にAAAタイトルを手掛けるようなチャンスはまだまだ極少の事例に留まっています。ゲーム産業は特に個人のゲームクリエイターに対して、映画産業のように、スターダムを駆け上がる才能をもっともっと支援していかなければならない、と思います。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2022年は「SILENT HILL」シリーズの復活を掲げて、映画を含めて5作品をまとめて発表させていただきました。「SILENT HILL」がハイエンドゲームとして復活すること、しかも1作だけではなくシリーズとしての復活であることをお伝えできました。我々は本気です。

そして、続報をお待ちのファンの皆様に次の情報を伝えていけるよう、それぞれのタイトルの制作を進めていきます。ホラーゲームの世界を盛り上げていけるように、異なるテイスト、異なる舞台の「SILENT HILL」を、世界各地のチームが全力で制作しています。お楽しみに。

「SILENT HILL 2」(PC / PS5
(C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.034のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.035のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KONAMI
シニアプロデューサー
片岡健一

代表作:「遊戯王 マスターデュエル」「遊戯王 デュエルリンクス」

画像集 No.041のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「パワーウォッシュ シミュレーター」
高圧洗浄機で色んなモノを洗うだけのゲームなのですが爽快感がたまらなくいつのまにか時間が過ぎていきます。
高圧洗浄機を題材にするという発想と不思議な中毒性に感心させられたゲームです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

NHK大河「鎌倉殿の13人」
この時代の残酷な描写と三谷幸喜さんらしいコメディ調のシナリオ・演出が絶妙に組み合わさり、比較的地味な時代を戦国時代や幕末以上に面白く描く手腕が凄いです。
史実に無い部分の補完の手法がゲーム制作者としても勉強になります。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

MotoGPライダーのマルク・マルケス選手です。
私は若い頃にバイクのレース活動をやっていたこともあり、今もレースを観るのが大好きです。
絶対王者と言われたマルケス選手が2020年にクラッシュで負傷して以来怪我との戦いが長引いていましたが今年から本格復帰、来年は完全復活できるか注目しています。
最近はドカティ等海外メーカーが強いのですが、マルケス選手の手でホンダの復活に期待しています。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「遊戯王 マスターデュエル」はおかげさまでリリースから1年経たずして先日累計5,000万ダウンロードに到達しました。
リリース以来世界中の多くのユーザー(デュエリスト)から大きな反響をいただいております。
制作スタッフ一同を代表して御礼申し上げます。
「遊戯王 マスターデュエル」は見ている人にも楽しんでもらえる演出、カードの世界に特化した世界観、多くのハードに対応したマルチプラットフォーム展開とこれまでにないチャレンジを評価して頂けたと思っています。
今後もユーザーの皆さんが驚き楽しんでくれるチャレンジを行っていきますのでご支援ご声援の程よろしくお願い致します。

「遊戯王 マスターデュエル」(PC / PS5 / Xbox Series X|S / PS4 / Xbox One / Switch / iOS / Android
(C)スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI (C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.042のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.043のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



KONAMI
「スーパーボンバーマンR2」プロデューサー
松尾達則

代表作:「スーパーボンバーマン R オンライン」

画像集 No.036のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

個人的に昔好きだったタイトルのリメイクとなる「ライブアライブ」の発売には衝撃を受けました。リメイクだからといって余計な変化はさせず昔のままのゲームデザインやグラフィック、サウンドを純粋に向上させた作りは、旧来のファンの事を思って制作されていると感動いたしました。中でも声優の配役は、このキャラにはこの人しかない(例えば高原日勝=関智一氏だったり)というイメージを的確に充てられており、非常に楽しむことが出来ました。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は非常に衝撃的でした。ドロドロとした権力闘争が中心の話なのに適度に笑えるシーンがあり重くなりすぎない。登場人物が1週に1人いなくなっていくバトルロイヤル感。これまであまりなじみのなかった時代背景にどっぷりはまり込むことが出来ました。脚本の三谷幸喜さんは「平安末期」「室町末期」「江戸末期」と時代の変遷を描かれているので、次回は是非とも「鎌倉末期」太平記の話を期待したいです。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

個人的に野球好きという事と、同郷(熊本県出身)という事もあり、東京ヤクルトスワローズ村上宗隆選手の今シーズンは非常に熱く見続けることが出来ました。
特に最終打席で日本人最多記録の56号を達成した際には強烈なドラマ性を感じてしまいました。これからどのくらいすごい選手になっていくのか大きな期待を感じずにはいられません。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は「ボンバーマン」シリーズ40周年というメモリアルイヤーを迎えます。これまで皆様に愛されてきた「ボンバーマン」は新たなステージへ挑戦いたします。攻め手と守り手に分かれて戦う新モード「キャッスル」やそのステージをクリエイトする「ステージエディタ」機能など、これまでになかった要素が数多く詰まっています。「スーパーボンバーマン R オンライン」で好評だった「バトル64」も搭載。これまでのシリーズの集大成といった出来に仕上がっていますので、是非ご期待ください。

「スーパーボンバーマンR2」(PC/PS5/Xbox Series X|S/Switch/PS4/Xbox One
(C)Konami Digital Entertainment
画像集 No.037のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.038のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



コロプラ
代表取締役社長
宮本貴志

代表作:カードゲーム「アルテイル」(コアエッジ)など

画像集 No.272のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ヘブンバーンズレッド」ですかね。麻枝 准さんも含め、参加クリエイターの豪華さや音楽、世界観といった総合エンタメ力に「おお?そういうことか?」と感心いたしました。2022年にローンチしたゲームの方向性をはじめに感じさせてくれたゲームでしたね。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

年齢的にも「トップガン マーヴェリック」はグッときましたね。内容はさることながら、私が中2の時に観た映画の続編を、30年以上経って中2の娘と観るとは…。エンタメ冥利につきますよね。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

Stray Kidsです。JYP所属の韓国の8人組男性アイドルグループなのですが、韓国はもちろん日本、アジアで大人気ですね。このグループに限らずですが、20年以上前のオンラインゲーム黎明期から、韓国はエンタメの世界への発信力が本当に上手だなと注目していました。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ゲームマーケットの情勢がコロナ前後で大きく変わったように感じます。海外のタイトルが日本マーケットに進出してきているのは従前の通りですが、2022年は多くの日本のスマホオンラインゲームが日本のゲームの魅力を携えて海外にワンバイナリで進出し始めた年だったのかなと思います。スマホの進化と共にゲームのみならず様々なエンタメコンテンツが供給される中、当社においては、2023年も引き続き「コロプラ」らしいコンテンツ、「コロプラだからご提供できるコンテンツ」を開発してお届けしてまいります。

「アルテイル 〜神々の世界『ラヴァート』年代記」(BROWSER
(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.(C)2008 GP CoreEdge Inc, All Rights Reserved
画像集 No.273のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.274のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



Cygames
プロデューサー / ディレクター
高木謙一郎

代表作:閃乱カグラシリーズ

Twitterアカウント
画像集 No.013のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「星のカービィ ディスカバリー」
「3Dのカービィってどんな感じなんだろう?」と、これまでシリーズを遊んできた経験から当初は不安を感じたりもしましたけど、とても可愛く楽しく遊びやすい空間がしっかりと実現されていました。立体感を活かした自由すぎず不自由でもないレベルデザインは、遊んでいるのか勉強しているのかわからなくなるほど、たくさんのアイデアを感じさせてもらいました。また、歯ごたえのあるプレイ内容でも小さな子供と一緒に遊べる2人プレイは、これからのゲーム作りに大きな影響を受けていきそうです。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「こういうのがいい」
「となりのヤングジャンプ」で連載されている、双龍先生の「こういうのがいい」という漫画作品です。
20代を再び過ごすことがあるなら、まさに“こういうのがいいな”って心から思っちゃいます。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

藤本タツキ先生
ここ数年ずっと漫画・エンタメという枠を超えた、何か新しい作品を生み出してくれるような期待感を抱かせてくれます。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

Cygamesはコンシューマーゲームにも本気で取り組み続けています。
今年は高い評価をいただいた、お手軽ローグライトアクション「リトル ノア 楽園の後継者」をリリースいたしました。2023年は、ハイクオリティな「GRANBLUE FANTASY: Relink」の展開を期待していただきつつ、完全新作である王道魔法ファンタジー「Project GAMM(ガム)」の続報をお届けする1年にしたいと思っています。
そのほか、新作ゾクゾクで様々なコンテンツを楽しんでいただけるように、スタッフ一同で楽しく頑張ってまいります。

Project GAMM
(C)Cygames, Inc.
画像集 No.014のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.015のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
「GRANBLUE FANTASY: Relink」(PC / PS5 / PS4
(C)Cygames, Inc.
画像集 No.016のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.017のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



Cygames
ディレクターリーダー / シニアディレクター
松浦弘樹

代表作:「リトル ノア 楽園の後継者」「ドラガリアロスト」

画像集 No.018のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「ELDEN RING」
集大成でありながら、革新的でもある。こうあるべきといったオープンワールドのお約束を崩しつつも、素晴らしいオープンワールドを提示してくれたことに感謝しかありません。
2022年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを受賞されたタイトルでもありますので、その素晴らしさについて今更語れるようなことはありませんが、僕らが子供のころに夢中で夢想していたRPGって、こうだったよな……と世界に浸らせてもらいました。
まだ何か知らないことがあるかもしれない、まだ何か待っているかもしれない、そういった新しい体験への期待や探索に心躍らされることの喜び、この感情のためにゲームを遊んでいるといっても過言ではありません。
次回作にも期待しています。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「正反対な君と僕」
「ジャンプ+」で連載中の恋愛漫画です。登場人物たちの心理描写が巧みで、現実にいそうな感じがとても好きです。彼ら、彼女らの瑞々しい悩みや感情を、コンテンツとして描き出せる感性に脱帽です。
タイトルからも分かるとおり、みんなを肯定する物語でもあるので、読後感が爽やかなのも良いですね。
僕にとっての高校時代は四半世紀以上前になりますが、それでも鮮やかな記憶を思い起こせる特別な時期ですから、漫画を読むことであの日の生活とリンクさせて、楽しんでいるのかもしれません。漫画とは違って恋愛方面はからきしでしたが、あの時は話しかけづらかったクラスメートも、こんなふうだったのかな、なんて。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

佐久間宣行さん
テレビはそれほど見ないのですが、習慣的にテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」を見ていまして、その流れで「あちこちオードリー」を見ています。
出演者が少ない1時間のトーク番組という長尺の構成もすごいですが、深掘り具合が他の番組とは違って、ゲストの知らなかった面白い一面が見えるので、飽きずに最後まで見てしまうパワーがあります。その番組のプロデューサーが佐久間さんです。
著書の「ずるい仕事術」は共感できる内容が多く、若手の方にはぜひ読んで欲しいですし、同年代の中間管理職の方にもおすすめです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2023年は引き続き「リトル ノア 楽園の後継者」をアップデートしていきますので、ご期待ください。
また、Steamのユーザーレビューでは95%の好評をいただき、「圧倒的に好評」ステータス(2022年12月12日現在)となっており、感謝でいっぱいです。
アップデートが続けられるのも、応援いただいた皆様のおかげです。
ありがとうございます!

「リトル ノア 楽園の後継者」(PC / Switch / PS4
(C)Cygames, Inc.
画像集 No.019のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.020のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
画像集 No.021のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画 画像集 No.022のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画



Cygames
ディレクター
宮岡 寛

代表作:メタルマックスシリーズ

画像集 No.011のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画
<質問1>2022年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

2021年末あたりから、公私ともに、リアルの方がゲームより衝撃的と言うか、予想外の出来事の連続みたいな状態が続いておりまして。とくに印象に残るゲームを1本選ぶのは難しい1年でした。

<質問2>2022年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

プライムビデオで公開されたドラマ「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」
あの超有名作の続編(正確に言えば前日譚ですが)を、半ばオリジナルの新作として描き起こし撮りおろすという、野心的かつ無謀な企画。
でもってそこにケタはずれの、ありえへん巨額の予算を出すアマゾン。
自分、50年前からの筋金入りの「指輪物語」のファンなので、つい批判的に見始めてしまったわけですが。
ダルめの始まりからだんだん物語が加速していく感じも妙にトールキンぽくて。
シーズン観終わってみると、いやこれはもうじつに立派な出来栄えでございました。

<質問3>2022年に、個人的に注目した(している)人物

小島秀夫さんですね。
つい最近「DEATH STRANDING 2」が発表されたばかりですが、「DEATH STRANDING」は作品としての個性が際立っていましたから、どんな続編になるのかとても楽しみ!
Xboxではクラウドを使った新企画にも取組んでおられる由、こちらも興味深いです。

<質問4>2023年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

すでにご存じの方も多いと思いますが、「メタルマックス」シリーズは今後、株式会社Cygames発のシリーズ作品に。そして私自身もCygames所属のディレクターとして、シリーズのリブートに関わらせていただいております。
現時点ではっきり言えるのは、メタルマックスがコンシューマ向けタイトルであり続けること、そして、過去のメタルマックスを愛してくださっているファンの皆様だけでなく、まだこのシリーズに出会っていない多くの方々にも魅力的なRPGとして、生まれ変わろうとしていることです!
具体的な情報をお伝えするにはもう少しお時間を頂戴することになるかと思いますが、どうぞ、今後ともサイゲームスとメタルマックスをよろしくお願いいたします!

(C)Cygames, Inc.
画像集 No.012のサムネイル画像 / ゲーム業界の165人が2022年を振り返り,新年への抱負を語る。年末恒例のコメント集企画

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日