オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ヨコオタロウ氏やイシイジロウ氏らゲーム業界人5名による映画「TENET テネット」へのコメントが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/09/07 19:48

リリース

ヨコオタロウ氏やイシイジロウ氏らゲーム業界人5名による映画「TENET テネット」へのコメントが公開

TENET テネット
配信元 フラッグ 配信日 2020/09/07

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

『ダークナイト』『インセプション』『ダンケルク』
クリストファー・ノーラン監督が放つ未知なる映像体験

画像(002)ヨコオタロウ氏やイシイジロウ氏らゲーム業界人5名による映画「TENET テネット」へのコメントが公開

 『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と斬新なアイデア、驚異的ビジュアル、圧倒的なリアリティで、観客に新たな世界を体験させ続ける“世界でも最も次回作が期待される映画監督”クリストファー・ノーラン。彼の集大成にして最高傑作の呼び声高いタイムサスペンス超大作『TENET テネット』が9月18日(金)に日本公開する。

画像(001)ヨコオタロウ氏やイシイジロウ氏らゲーム業界人5名による映画「TENET テネット」へのコメントが公開

 8月26日から41の国と地域で公開され、業界関係者や事前報道の予測を大幅に上回る興行収入5,300万ドルのオープニングを記録した本作が、遂に9月3日(木)から全米、中国が公開された。いまだ、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコなどのある大都市の劇場が制限されている中、本作『TENET テネット』が米国2,810館で上映がスタート。本作を皮切りに、アメリカ最大チェーンのシネコンAMCは、客席数を25〜50%に制限させ、65-70%の劇場をオープン。このような状況下にも関わらず、9月4日(金)〜9月6日(日)の3日間の週末興行収入は、2,020万ドルのオープニング記録を達成、劇場封鎖となった3月以降で、断トツのNo.1の大ヒットとなった。「The New York Times」「Variety」「Deadline」などの各誌は、“『TENET テネット』 により、映画界の復活と言える素晴らしいスタートを切り、観客を映画館に連れ戻した”と一斉に報道しており、本作で “世界を救うキーワード”として描かれる『TENET テネット』が、タイトル通り世界中を席捲している。

 また中国では、興行収入3,000万ドルを超え、過去のクリストファー・ノーラン作品でも歴代No.1の大ヒット。IMAX(R)フォーマットでは、今年最高の数字をたたき出した。公開2週目となる世界各国の興行累計は、イギリスでは1,310万ドル、フランスでは1,070万ドル、ドイツでは870万ドル、韓国では820万ドルと、前週から落ちることなく興行をキープ。特にイギリスでは国内市場の70%近く、ドイツでは50%以上を占めるほど、『TENET テネット』現象が吹き荒れている。そして全世界では、累計1億5,000万ドルに迫る、1億4,620万ドルという興行収入を達成した。

 本作では、世界7カ国を舞台に、70ミリフィルムのIMAX®カメラで、ありとあらゆる「本物」を撮影したノーラン監督。本物のジェット飛行機を爆破させ、8キロに及ぶ高速道路を3週間封鎖したカーアクションを繰り広げるなど、想像を上回る大規模な撮影を敢行、最高の映画体験をつくりあげた。想像を超えた映像体験と映画を観られる喜びに多くの観客が歓喜、世界中でいま称賛の声が降り注いでおり、先日、ロンドンで行われたプレミアム上映に参加したトム・クルーズも自身のSNSで「大作映画。大スクリーン。すばらしかった」とコメント。1人の映画ファンとして映画体験の帰還に最大級の賛辞を贈った。

 COVID-19以降、初の全世界公開の大作映画としてスタートを切った本作。他、競合作品がないことから長期に渡るロングランが見込め、Rotten Tomatoesのオーディエンススコアでも80%の高評価(※9/6時点)を記録していることから、さらなる大ヒットに期待がかかる。時間が“逆行”するという未知なる映像体験が、あなたの常識を一瞬で吹き飛ばす!驚異のスケールで放つ極限のタイムサスペンス超大作の公開までもうすぐだ。

 ヨコオタロウ<ゲームディレクター(「ドラッグオンドラグーン」「ニーア」シリーズ)>、横山昌義<株式会社セガ 龍が如くシリーズ チーフプロデューサー>、イシイジロウ<ゲーム作家>、高木謙一郎<株式会社Cygames ゲームクリエイター>、吉田直樹<株式会社スクウェア・エニックス 『ファイナルファンタジーXIV』 プロデューサー兼ディレクター>日本のゲーム業界からの錚々たる面々からも絶賛コメントが到着!

<コメント全文は以下をご参照ください>

ヨコオタロウ
<ゲームディレクター(「ドラッグオンドラグーン」「ニーア」シリーズ)>
 わーい!みんな大好きクリストファー・ノーラン監督の大期待作「TENET」!楽しみすぎるよ。お、冒頭からノリノリじゃないですか、ん?なんだ、あれ?……ん?ん?ん?いや、どうなってんの?え?え?え?どういう事!?わかんない!!え?ああ、そうか!!いや、え?何?待って!待って!え、ちょ、おま……この、ノーラン!ノーラアッアアンンン!テッTENETって!ンンンアアッ(中断中)

横山昌義
<株式会社セガ 龍が如くシリーズ チーフプロデューサー>
 2020年8月20日。天才棋士・藤井聡太が指した常識外の一手は、その瞬間から棋界の”定石“となった。
 そして9月18日。天才ノーラン監督の常識外の構想は、理をもって可視化され、新たな映画の”常識“となる。
 彼の作り出したクリエイティブの極地は劇場にある。目と耳と肌で感じろ。

イシイジロウ
<ゲーム作家>
 そう!これこそがノーラン映画なんだよ。「メメント」や「インセプション」を観た時のパズルを解く様な知恵熱を呼ぶ映画体験。時間は哲学であり、哲学は時間である。時間と映像に飲まれる至高の150分。

高木謙一郎
<株式会社Cygames ゲームクリエイター>
 今作は没入感などと生易しい感覚でいられない。順行と逆行する時間の同時存在は否応なしに観る人をスクリーンへ巻き込んでくる。
 先に進んでいるようで元に戻っていく物語の迷宮で主人公と共に不思議な場所に辿り着く新しい映像体験。

吉田直樹
<株式会社スクウェア・エニックス 『ファイナルファンタジーXIV』 プロデューサー兼ディレクター>
 僕はノーラン監督にはいつも嫉妬しか感じない。
 この人がゲームを作ったら、いったいどうなるんだろうか、と。
 とんでもない映画である。この監督、やっぱりイカれてる!!
 ゲーマーたちよ、この映画は必見だ! そして、大いに語り合おう!!

【公開情報】『TENET テネット』9月18日(金)全国ロードショー

 ミッション:〈時間〉から脱出して、世界を救え――。名もなき男(ジョン・デイビット・ワシントン)は、突然あるミッションを命じられた。それは、時間のルールから脱出し、第三次世界大戦から人類を救えというもの。キーワードは〈TENET テネット〉。名もなき男は、相棒(ロバート・パティンソン)と共に任務を遂行し、大いなる謎を解き明かす事が出来るのか!?

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス
製作総指揮:トーマス・ヘイスリップ
出演:ジョン・デイビッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、ディンプル・カパディア、アーロン・テイラー=ジョンソン、クレマンス・ポエジー、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー
オフィシャルサイト:http://tenet-movie.jp
オフィシャルTwitter:https://twitter.com/TENETJP #TENETテネット
配給:ワーナー・ブラザース映画

「TENET テネット」公式サイト

  • この記事のURL:

キーワード

下線
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月25日〜10月26日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月