オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/12/03 14:54

テストレポート

「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは本日(2018年12月3日),初代PlayStationをモチーフにしたPlug and Play式のゲーム機「プレイステーション クラシック」を発売した。価格は9980円+税。

 さっそく入手したので(ちなみに筆者がプライベートで購入したソニーストア抽選販売分だ),初代PlayStationとの比較も交えつつ,簡単に紹介していきたい。

画像(001)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた 画像(002)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

マニュアルも初代PlayStationをオマージュしたもの
画像(007)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた
 プレイステーション クラシックのパッケージおよび本体は,1994年に発売されたSCPH-1000版PlayStationがモチーフとなっている。言うなれば“初代の初代”のデザインだ。なお,プレイステーション クラシック自体の型番はSCPH-1000Rとされている(パッケージにはSCPH-1000RJとも表記)。

 用意した初代PlayStationは1996年に発売されたSCPH-5500なので,ボックスについてはあまり比較対象として適さないが,ご容赦いただきたい。なおSCPH-5500のボックスは緑バージョン/赤バージョンと,これまたバリエーションがあったりする。

 本体が最初期のSCPH-1000をモチーフとする一方で,収録ソフトは“成熟期”と言える1997〜1998年のタイトルが多い。「PlayStationの代表作」を集めた結果ではあるが,型番ごとのPlayStationをモチーフに筐体を作り,その型番に応じた発売年のタイトルを集めたバリエーションなどがあっても面白いのではないだろうか。SCPH-5000版やSCPH-7000版などにも期待したい。


 SCPH-1000風のボックスは化粧箱で,その中からインナーボックスが出てくる。同梱物は,本体×1,コントローラ×2,HDMIケーブル×1,USB Micro-Bケーブル×1。USB/ACアダプターは同梱されていないので,別途用意する必要がある。

画像(004)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 横に並べてみた。公称によると「本体は縦横で約45%,体積で約80%コンパクトに」という小ささだ。なお,色が若干薄めになっているように見えるが,初代PlayStationの筐体が経年劣化で黄ばんでいることは加味してほしい。

コントローラはSCPH-1010と同サイズ。おなじみの「Dualshock」シリーズではない「PlayStationコントローラ」だ。
画像(005)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 重ねてみた。せっかくなので一番上に置いた小さいPlayStationは,タカラトミーアーツから以前に発売されたカプセルトイ(SCPH-7000モチーフ)だ。

正月には鏡餅の替わりに飾ってもいいかもしれない
画像(006)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 いろいろな角度から見ていこう。まずは正面と,右斜め前。

画像(009)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた 画像(010)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 続いて背部と,裏面。裏面は放熱穴の位置が異なるが,これもSCPH-1000とSCPH-5000の違いによるもの。SCPH-1000だとシリアルナンバーのシールも含めて,そっくりなデザインとなっている。

画像(011)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた 画像(012)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 酷使されてディスクドライブの弱ったPlayStationに与えられる姿勢,縦置き。プレイステーション クラシックにディスクドライブは搭載されていないので,どれだけ遊び倒しても,この姿勢にすることはないだろう。

画像(013)「プレイステーション クラシック」が本日発売。初代PlayStationと比較しつつ開封してみた

 本稿のほか,4Gamerでは別途ハンズオンなどのレポート記事を掲載する予定だ。

 ちなみに,筆者は海外版のプレイステーション クラシックスも購入している。海外版は「鉄拳3」「女神異聞録ペルソナ」が英語版になっているほか,「グラディウス外伝」「ARMORED CORE」が収録されておらず,その替わりに「Grand Theft Auto」「TOM CLANCY'S RAINBOW SIX」が収録されている。こちらも届くのが楽しみだ。



「プレイステーション クラシック」公式サイト

  • この記事のURL:
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月13日〜12月14日