オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
名作カードゲームの最新作「ラブレター -恋文-」が10月25日に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/09 16:17

リリース

名作カードゲームの最新作「ラブレター -恋文-」が10月25日に発売

ラブレター -恋文-
配信元 幻冬舎 配信日 2018/10/09

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


世界のボードゲーム愛好家を魅了し、
累計200万個以上を販売している
名作『ラブレター』シリーズの最新作!
カードゲーム『ラブレター -恋文-』10/25(木)発売

株式会社幻冬舎(代表取締役社長:見城徹/東京都渋谷区)は、カードゲーム『ラブレター -恋文-』(ゲームデザイン:カナイセイジ)を2018年10月25日(木)より全国発売致します。

名作カードゲームの最新作「ラブレター -恋文-」が10月25日に発売

『ラブレター』は、「日本ボードゲーム大賞2012」大賞受賞、世界最大のボードゲームサイトによる「ゴールデン・ギーク賞2013」4部門受賞など国内外で数々の賞を獲得した名作で、日本人ゲームデザイナーのカナイセイジ氏が手掛けました。ボードゲーム専門メーカーの株式会社アークライトから発売され、国外でも20言語以上で翻訳版が出ています。

本ゲームの魅力は、わずか16枚のカードとシンプルなルールで奥深いゲーム性を味わえる点にあります。手札はたった1枚で、手番では山札から1枚引いて2枚になった手札から1枚選んで出すだけというものです。2人からできて5分で終わるミニマルなゲームながら、「姫にラブレターを届ける」という物語性と、読み合いや駆け引きの心理戦が楽しめます。

最新作の『ラブレター -恋文-』では、中世の西洋から日本へと舞台を移し、「侍」「巫女」「浪人」などのキャラクターが登場します。オリジナルの役割を持つカードとして「代筆屋」「妖狐」を収録し、また異なる世界観とゲーム性を味わうことができます。より多くの層に届けるため、玩具店・書店を中心に全国発売し、幅広く展開致します。

名作カードゲームの最新作「ラブレター -恋文-」が10月25日に発売

【商品名】ラブレター -恋文-
【ゲームデザイン】カナイセイジ
【イラスト】田中寛崇
【発売日】2018年10月25日(木)
【価格】1,300円+税
【販売場所】全国の玩具店・雑貨店・書店
【対象年齢】10歳以上
【対象人数】2〜4名
【プレイ時間】5〜10分
【パッケージサイズ】H102×W74×D19mm
【セット内容】カード24枚(ゲームカード:姫×1 家老×1 侍×1 陰陽師×2 巫女×2 浪人×2 忍び×2 女中×5/追加カード:若殿×1 御目付×1 代筆屋×1 妖狐×1/早見表カード×4)、説明書 1枚

幻冬舎公式サイト:
https://www.gentosha.co.jp/
  • この記事のURL:

キーワード

下線
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日