オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/01/29 12:00

イベント

武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

 2015年1月25日,東京都内で「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!〜第2回リーグマッチ サングリエ vs 黒鋼衆〜」が開催された。これは,2014年11月30日に開幕したリーグの第2戦となる。
 アーマードバトルについては,過去にも3回,取材レポートお送りしているので,ご存じの読者もいるとおもうが,甲冑を着込んだ選手達が戦うという競技だ。今回も観戦に招かれたので,レポートをお届けしよう。

画像(001)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

 さて,今回の対戦カードは,さまざまな武術・武道を取り入れるサングリエと,日本の剣術をベースとする黒鋼衆だ。つまりは西洋甲冑と日本甲冑のぶつかり合い,騎士VS.武者なわけである。ゲームをプレイしていれば,西洋剣を持ったキャラクターと日本刀を持ったキャラクターが戦うシーンはよく見るが,まさか現実でガチバトルを繰り広げる様を観戦できるとは。西洋剣術に対して日本剣術がどう立ち回るのか,興味が湧いてくるというものだ。

武者VS騎士。とてもゲーム的
画像(002)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

武器の刃部分はしっかりと丸められている
画像(003)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
 ちなみに,ジャパン・アーマードバトル・リーグで使用される武器は,刃がしっかりと潰され,国内法に準拠した構造のもととなっている。そのため,黒鋼衆が使用するソードは日本刀のような反りはあるが,実際の斬撃を行える性能は有しておらず,叩き合うことが攻撃の中心になってしまうが,それでも両陣営の動きは異なっており,見応えあるバトルが展開された。

 ルールは前回のリーグ戦と同様なので,こちらの記事を参照してもらうとして,リーグ戦初登場となる黒鋼衆を見てみよう。ビジュアルは日本甲冑に身を包んだ武者まんまである。メンバーは田中克実氏,八ヶ代大輔氏,そしてポーランドから助っ人参戦のバサク・ヤコブ氏。いずれも武道経験者だ。装備している日本甲冑はジャパン・アーマードバトル・リーグのレギュレーションに対応する設計になっており,重量は40kgほど。西洋甲冑と比べると鎧のマウント方式がやや異なるそうだ。見た目とイメージよりも重量がある原因は,袖や草摺(くさずり,甲冑の胴の裾に垂れている部分)などにも金属が使用されている。叩き合っても身の安全を確保するべく,従来の日本甲冑とは異なる素材が採用されているのである。

日本甲冑フルプレート版といった作りだが,細かく装飾されている
画像(004)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(005)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

装備中の様子。頬当てもしっかりと用意していた。見た目はまさに武者という感じだ
画像(006)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(007)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

画像(008)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
サングリエ
画像(009)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
黒鋼衆

画像(010)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
リングは前回と同じくオクタゴン。奥に見えるのが観客席。手前側にも立ち見席があり,男性6:女性4といった比率だった。プロレス同様に女性からの注目度も高いようだ
画像(011)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
マーシャルはキャッスル・ティンタジェル城主であるジェイ・ノイズ氏。「DARK SOULSII」や「ファイナルファンタジー XII」で剣術指導を行うなど,ゲームとも関わりのある人物だ

今回もゲームオンのArcheAgeがスポンサーとなっている
画像(012)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート


ソード&シールド


 まず行われたのは,片手剣とシールドの構成で戦う個人戦だ。サングリエ側はショートソードとシールド,黒鋼衆側も同様の構成で,シールドはだいぶ無骨な感じだ。2014年に渋谷で開催された「STEEL! ジャパン・アーマードバトル・リーグ」では二刀流で戦う姿が話題だったのだが,防御面で難度が高いようで,選手によって盾か脇差しかを切り替えるとのこと。
 黒鋼衆の助っ人選手であるヤコブ氏は,今大会でもっともテクニカルな動きをしていたといってもいいほどのやり手だ。とくに崩しがうまく,サングリエのショーン選手の苦戦が伝わってきた。

両選手ともにシールドは中型のものを選んでいた
画像(013)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(014)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

画像(016)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
ソード&シールドにおけるシールドは,防御もするが攻撃にも使用される。視界を奪うだけでなく,チャージしつつ相手を崩すという使い方も多い
画像(017)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
ディスアーム(相手の武器を落とす)と2ポイントとなるのだが,写真を見てもわかるようにしっかりと武器を拾えないようにしているところがステキ

画像(018)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
武器を落としてしまったヤコブ氏だが,そのまま戦闘を続行
画像(019)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
キレイに壁に追いやって優勢になるだけでなく,そのままスローイングを狙う勢いだった。それにしても崩しの上手い選手である

サングリエの選手たちがあまりやらない崩しもしていた。上に崩すのではなく,横に崩す動きだ。崩したあとはしっかり斬撃につなげていた
画像(020)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(021)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

両者ともベテランなので,攻防は取材抜きで見ていて楽しいものだった
画像(015)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(022)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート




ツーハンドウェポン


 続いては,サングリエの佐藤尚樹氏,黒鋼衆の田中克実氏による,日本人同士の対戦だ。武器は両手持ちの剣で,激しい斬り合いは見応え抜群だ。
 試合展開は,3ラウンド通して田中氏が圧倒的に優勢だった。田中氏は剣道歴が長く,試合運びもそれに近いもので,佐藤氏の斬撃をラクラクといなしていたのが印象的だ。

画像(024)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
黒鋼衆もガントレットを装備している。小手の部分は作るのが大変なようだ
画像(025)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
武器の長さは,太刀がやや長め

つばぜり合いになる展開が多かった
画像(026)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

器用に柄の部分で攻撃を受けるシーンもあった。写真をよく見ると,受けるタイミングを利用して,佐藤氏の重心を後ろに押している。つまり,佐藤選手からすると次のアクションに制約が生まれてしまう
画像(027)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

画像(028)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
これくらいの距離で打ち合うことが多く,金属の激突音が鳴り響いていた
画像(029)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
様子見のときは写真のような間合いで,円を描くように動いていた

田中氏はキレイな剣術をしているなぁ,などと思っていたら,壁際ではおもむろに頭突きを繰り出し,崩れたところで投げを狙うなどガチムチな面も
画像(030)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(031)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(032)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート




ポールアーム


 ポールアームは,長槍やポールアックスなどで戦うジャンルだ。サングリアからは,過去すべての大会で暴れっぷりが印象的だった,身長201cmの阿見靖士氏が出場。一方,相手は身長158cmの八ヶ代大輔氏。体重差もあるため,ポイントハンデが適用されていたが,八ヶ代氏の苦戦するシーンが続いた。下に掲載している動画を見てもわかるが,じわじわと寄っていく巨体の阿見氏と,スピーディーな動きでヒット&アウェイをしかける八ヶ代氏の絵は,武蔵坊弁慶と源義経のような雰囲気だ。
 ちなみに,阿見氏側には観客席から野太い声援が飛んだのに対して,八ヶ代氏には女性からの黄色い声が多かった。

画像(034)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
対峙する阿見氏と八ヶ代氏。露骨なまでの身長差である
画像(035)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
八ヶ代氏は身軽な動きで常に距離を取るよう動いていた。鎧重量は35kgほどらしいのだが,それを感じさせない動きだ

画像(036)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
阿見氏の攻撃で武器破壊が起きたところ。パワーキャラがスピードキャラを捕まえるために,まずはデカいダメージで脚を止めるといった雰囲気だ
画像(037)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
武器をポールアックスに切り替えて試合続行となったが,八ヶ代氏のヒット&アウェイは健在。リングをキレイに使いこなす

3ラウンド目になるとさすがに動くのが辛くなってきたのか,攻撃を受け止めるシーンも。阿見氏の武器の持ち方を見てもらいたい。2m越えの身長ならではの,そのままチャージにもっていける合理的な持ち方となっている。それにしても重そうな一撃だ
画像(038)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(039)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

クリーンヒットしたところ。筆者は絶対に受けたくない
画像(040)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート




エキシビション


 エキシビションは2試合行なわれた。観客が武器を選ぶフリーバトルと,阿見氏とヤコブ氏のポールアーム戦で,それぞれ1ラウンドのみとなる。
 フリーバトルに出場したのは,ポールアームを持ったショーン氏と,ツーハンドウェポンを持ったヤコブ氏。ただポールアームは従来よりも短いものになっており,ツーハンドウェポンのように使っていた。

画像(043)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
リーチはほぼ同じ
画像(042)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
壁際での鍔迫り合いという渋いシーンが見られた

画像(044)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
お互いに得意とする武器なのか,ギリギリの距離でも悠々とかわすことが多く,端から見ると煽りプレイのようだった
画像(045)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
壁際ではやはりヤコブ氏がうまく,キレイに形勢を逆転するといった展開も

 阿見氏とヤコブ氏のポールアーム戦は,体格差があるため,一方的に阿見氏が押し切るかと思われたが,どうもヤコブ氏はポールアームが得意なのか,細かいテクニックで巨漢と渡り合うというナイスファイトを見せた。テクニカルな展開もあったので連続写真で見てみよう。

ここでも体格差が目立つ。阿見氏の構えがヒールっぽい
画像(046)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

ゲームではあまり再現されない流れだが,攻撃を受けてからの反撃,さらにそこから崩すという連続写真。1枚目は阿見氏が振り下ろすところだが,それに合わせてヤコブ氏も動いている。2枚目は先の攻撃を押し返したところ。ミートポイントを潰すといったところだろうか。3枚目では,カウンター気味にヤコブ氏が阿見氏の顔面を攻撃。狙っているところが目のあたり,いやらしい。そして4枚目では戻す手と阿見氏のチャージした勢いを利用して,また崩している(阿見氏が前につんのめっている部分に注目だ)。このあとバックステップで距離を取っていたが,状況次第ではがら空きの脚を狙っていたものと思われる
画像(047)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(048)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
画像(049)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(050)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート


メーレー戦


 最後のメーレー戦は,3対3の団体戦だ。1ラウンドの時間は1分で,今回は5ラウンド行われた。個人戦とは異なり,ポイント制ではなく,最後に立っている側の勝利となる。メーレー戦前の休憩時,黒鋼衆はボードを使って試合運びを相談していた。最初に一人でも倒せば,数で有利に立てるため,初手の展開を重点的に話し合っていた模様だ。

画像(051)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
打ち合わせをしている様子
画像(052)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
メーレー戦前,ヤコブ氏はサングリエの面々を軽く挑発

サングリエは,ソード&シールド,メイス&シールド,ポールアームの構成。選手が4人いるため,交代可能だった。黒鋼衆は3名とも太刀を装備
画像(053)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(054)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

画像(055)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
まずは1対1に持ち込む
画像(056)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
ダウンした選手はその場でラウンドの終了を待つ感じ

サングリエは途中,ひとりを突撃させて様子を見る戦法を取っていた
画像(057)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート 画像(058)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート

画像(059)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
だれか一人をフリーにすると,後ろからやられてしまう
画像(060)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
阿見氏はフリーになっているときに,フルスイングで斬り下ろしを連発していた

画像(061)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
メーレー戦途中に柄が曲がった太刀と鎧のパーツ
画像(062)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
草摺の先端も外れそうになっていた





 狭い試合会場ながらもシートも立ち見も満員状態だった本大会。次戦は3月28日,より広い会場で開催されるそうだ。ゲームのようななシチュエーションで行われるガチバトルは,ゲーマーとして心躍るものがある。興味のある人は,観戦にいってみてもいいし,キャッスル・ティンタジェルの門を叩いてみるのもいいだろう。

 最後に,例によっていっぱい写真を撮ってきたので趣味寄りのカットを掲載しておこう。

画像(065)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
キャッスル・ティンタジェルがある敷地内には撮影スタジオもあり,収録していたと思われるビジュアル系アーティストさんが「何やってんだろう……」と見ていた
画像(066)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
シート席からの様子。安全性を確保するために柵を多重に配置していた

画像(067)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
違和感がよく仕事をしている絵である
画像(068)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
ヒール路線になってきた阿見氏。よくよく見るとヘルメットも悪役っぽい

画像(069)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
休憩中の様子。道場規模が少し大きくなったことで,今回は大和レンタルボックスに討ち入り直前のような状態にはならず
画像(070)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
鎧の不具合を応急処置しているところ

画像(071)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
日本甲冑にポールアックスの構成はなかなかアリ
画像(072)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
チェーンメイルのアップ。大変かっこいい

画像(073)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
日本甲冑を着たポーランド人と西洋甲冑を着た日本人
画像(074)武者と騎士がガチバトル。「ジャパン・アーマードバトル・リーグ STEEL!」の第2回リーグマッチをレポート
メーレー戦後のヤコブ氏。兜がだいぶへこんでいる

キャッスル・ティンタジェル公式サイト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月10日〜07月11日
タイトル評価ランキング
82
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
69
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
64
2020年01月〜2020年07月