お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/05/16 00:00

ニュース

ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

 米国時間2024年5月15日,Intelは,高速インタフェース規格「Thunderbolt 5」または「Thunderbolt 4」を使って,2台のPCでファイルやデスクトップを共有する「Thunderbolt Share」を発表した。できることはLAN経由で行う共有と大差ないが,現行のThunderbolt 4であれば,双方向40Gbpsという超高速インタフェースを使ってファイルやデスクトップを共有できることが大きな特徴だ。

画像集 No.002のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

 Thunderbolt Shareを利用するには,Thunderbolt 5/4を搭載する2台のPCと,「Thunderbolt Shareアプリ」が必要になる。Thunderbolt Shareアプリは,ライセンスを受けたPCメーカーや周辺機器メーカーが,PCにプリインストールしたり,ダウンロードサービスで提供したりすることになるそうだ。

Thunderbolt Shareアプリのイメージ
画像集 No.003のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

画像集 No.004のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表
 Thunderbolt Shareのライセンスを受けたPCには,特別なロゴシールが貼り付けられる。ちなみに,Thunderbolt Shareで共有を行うPCのうち,一方のPCだけにライセンスがあれば利用できるそうだ。

 なお,Thunderbolt Shareアプリが提供されるOSはWindowsのみだが,Intel製CPUだけに制限されているわけではないという。IntelがThunderbolt Shareの動作保証を行うことはないものの,たとえばAMD製CPUを搭載するPCに,PCメーカーがThunderbolt Shareを提供することは可能とのことだった。


リモートPCでゲームをプレイすることも可能


 Thunderbolt Shareで共有を行うPC同士の接続は,Thunderboltポートの直接接続のほかに,Thunderbolt Dockを介した接続も可能だ。Thunderboltの仕様上,ケーブル長は2m以内という制限があるので,離れたPC同士をThunderbolt Shareでつなぐことはできないが,代わりに一般的なGigabit Ethernetによる有線LANの10倍以上という広帯域で共有が可能ということが利点と考えていいだろう。

Thunderbolt Shareの接続形態。ドック経由やThunderbolt対応ディスプレイ経由での接続も可能だ
画像集 No.005のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

 Thunderbolt Shareアプリは,デスクトップやファイル共有のほかにも,ファイルの同期や新規PCへのデータ転送も可能だ。これらには,「Thunderboltネットワーク」と呼ばれるネットワーク技術が使われており,「一般的なネットワーク共有に比べて,高いセキュリティが特徴」と,Intelはアピールしていた。Windowsファイアウォールが機能するほか,ファイル共有はWindows SMBプロトコルが使用されるそうなので,物理層としてThunderboltを使用するネットワークの一種だろう。

Thunderbolt Shareでは「エンタープライズレベル」の高度なセキュリティが保証されるとのこと
画像集 No.06のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

 ただし,サードパーティのネットワークアプリケーションを利用したりはできないと,Intelは説明している。つまり,Thunderbolt Shareを介して2台のPCでゲームのネットワーク対戦を行うことは,現状ではできないようだ。

 有線LANなどによるネットワーク共有に対する利点としては,40Gbpsという超高速伝送に加えて,デスクトップ共有の映像伝送が非圧縮で行われるため,極めて遅延が小さいという点を,Intelは挙げている。
 Intelによると,解像度1920×1080ドットのデスクトップ共有ならば,60fpsのフレームレートで表示可能で,マウスやキーボードの遅延もほとんどないとのこと。そのためリモートPCでゲームを快適にプレイできるそうだ。有線LANなどを使ったデスクトップ共有だと,遅延やフレーム落ちが大きすぎてゲームにならないことが多いので,ここは確かにアドバンテージと言えるかもしれない。

非圧縮により超低遅延のデスクトップ共有が可能。ゲームもプレイできるそうだ
画像集 No.007のサムネイル画像 / ThunderboltでファイルやデスクトップをPC同士で共有する「Thunderbolt Share」をIntelが発表

 たとえば,高性能GPUを搭載したゲーム用のPCのデスクトップをノートPCで共有し,ノートPCでゲームをプレイするとか,2台のPCを使って2つのゲームを同時にプレイするといった応用が考えられるだろう。いちいち画面やキーボード,マウスを切り替える必要がないので,プレイアビリティが向上しそうだ。
 もっとも,ケーブル長が2m以内という制限はあるが。

 Thunderbolt Shareは,2024年第2四半期からの提供を予定している。Thunderbolt Shareを利用したいPCユーザーはロゴを目印に,Thunderbolt対応PCを購入するといいだろう。

IntelのThunderbolt情報ページ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月29日〜05月30日