オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/03/19 02:55

ニュース

PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

PS5についての説明を行うMark Cerny氏
画像(002)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる
 2020年3月19日,ソニー・インタラクティブエンタテインメントは,次世代ゲーム機「PlayStation 5」(以下,PS5)のハードウェアに関する詳細を明らかにした。
 PS5のリードシステムアーキテクトであるMark Cerny氏による説明の中でとくに興味深かったのは,PS5のストレージサブシステムに関する情報だ。「高速なSSDを使う」という話は以前から明かされていたが,その仕組みがより詳しく説明されたのだ。

 たとえば,PlayStation 4(以下,PS4)のHDDは,読み出しの帯域幅がおおむね50〜100MB/s程度であったのに対して,PS5のSSDは少なくとも5GB/sと,実に50〜100倍もの帯域幅を実現するという。2GB分のデータ読み出しには,ほんの0.27秒しかかからないそうだ。

画像(003)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる
画像(004)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

 SSD高速化実現の鍵となる要素は,以下の3点に集約される。

  1. SSD内にカスタム化したフラッシュメモリコントローラを搭載する
  2. SSD内のデータは圧縮して保存しておく
  3. PS5のSoC(System-on-a-Chip)内に設けた「I/O Complex」内に,データの展開(解凍)やDMA転送を行う機能を搭載する

SSD側の仕組みを示したスライド。容量は825GBのようだ。フラッシュメモリコントローラから12チャネル分のインタフェースが出ており,内部での帯域幅は5.5/s,SoCとの接続はPCI Express Gen 4を使用する
画像(005)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

SoCと,その内部にあるI/O Complex,およびメモリ,SSDの構成図。I/O Complexには2基のI/Oプロセッサ,データ展開機構,内蔵メモリ,DMAコントローラなどを詰め込んでいる
画像(006)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

 こうした要素によって,PS5のSSDは,より高速なデータ読み出しを可能にしているというわけだ。

 そのほかにも発表では,PS5のメモリシステムは,容量16GBのGDDR6メモリを採用することも明らかとなった。

画像(007)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

 また,注目のGPUはRDNA 2世代で,GPU内部の演算ユニットである「Compute Unit」(以下,CU)数は36基,GPU動作クロックは2.23GHzで,10.3 TFLOPSの演算能力があるとのことである。

画像(008)PS5の詳細が明らかに。カスタムコントローラ内蔵SSDと高速化技術でデータ読み出し速度はPS4の50〜100倍になる

 そのほかにも,3Dポジショナルオーディオ機能に関する説明も多数あったが,それらを含めた詳報は,追ってレポートする予定だ。

米国のPlayStation公式Blog(英語)

  • 関連タイトル:

    PS5本体

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月08日〜04月09日