オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/11/27 11:00

インタビュー

[インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

 韓国・釜山で開催されたG-STAR 2023で,Netmarbleの新作オープンワールドRPG「七つの大罪 Origin」PC / 家庭用ゲーム機(確定はPS5)/ iOS / Android)の開発陣にインタビューした。

関連記事

[G-STAR 2023]オープンワールドRPG「七つの大罪 Origin」試遊レポート。物語の主人公は,メリオダスの息子“トリスタン”

[G-STAR 2023]オープンワールドRPG「七つの大罪 Origin」試遊レポート。物語の主人公は,メリオダスの息子“トリスタン”

 G-STAR 2023に,Netmarbleが新作ゲーム「七つの大罪 Origin」をプレイアブル出展している。本作は,鈴木 央氏のマンガ「七つの大罪」を原作としたオープンワールドRPGで,広大な世界で大罪メンバーたちを操り冒険する。

[2023/11/17 13:31]

 本作は,鈴木 央氏の人気マンガ「七つの大罪」(のTVアニメ版)を原作としたオープンワールドRPGで,同社のモバイルゲーム「七つの大罪 光と闇の交戦」(以下,グラクロ)の後継作でもある。

 物語は「七つの大罪」と続編「七つの大罪 黙示録の四騎士」の中間を描くオリジナルストーリーで,主人公はメリオダスとエリザベスの息子「トリスタン」と,キングとディアンヌの娘「ティオレ」だ。

 今回は,開発のNetmarble F&C 総括プロデューサーのク・ドヒョン氏と,Netmarble 事業部長のキム・ビョンロク氏の2名に,アニメをそのままゲームに落とし込んだかのような作品の魅力を尋ねた。

写真左から,Netmarble 事業部長のキム・ビョンロク氏,Netmarble F&C 総括プロデューサーのク・ドヒョン氏
画像集 No.001のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.002のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド


「七つの大罪」は韓国でも大人気


4Gamer:
 まずはゲーム内容を簡単に教えてください。

ク・ドヒョン氏(以下,ク氏):
 「七つの大罪 Origin」は,「七つの大罪」が原作のオープンワールドRPGです。その特徴は,マルチバース形式のオリジナルストーリーと,グラクロの知見を生かした原作フィーチャーの開発体制にあります。

4Gamer:
 プラットフォームには「家庭用ゲーム機」との記載があります。
 具体的には,どの機種で予定されていますか。

ク氏:
 現状はPlayStation 5を予定しています。

画像集 No.003のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.004のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.005のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.006のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer:
 本作は1人用RPGなのか,あるいはマルチプレイ向けなのかは。

ク氏:
 基本は1人用RPGとして遊んでもらえますが,MOのように友人たちと一緒に遊べるマルチプレイモードもあります。
 システムとしては,フレンドやメンバー募集でパーティを作成してもらい,オープンワールドを一緒に冒険してもらえます。
 詳細な仕様については,以降のお話も含めてまだ検討中ですが,「参加者はパーティリーダーの世界に行く」方式で,ゲーム進行度が同じくらいであれば,同一のクエストを一緒に消化できる形にします。

4Gamer:
 オープンワールドを形作るうえで,影響を受けた作品などは。

ク氏:
 私は子供のころからJRPGに強く影響を受けてきた人間です。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」もやり込みましたしね。
 ですから,JRPGのエッセンスは存分に注ぎ込んでいると言えます。

4Gamer:
 オープンワールドゲームでは,なにがどこまでできるかを期待されるかと思います。その点,やれることの取捨選択には悩みましたか。

ク氏:
 現代のオープンワールドRPGにはいろいろな形がありますが,私たちは「プレイヤーが考える,やりたいことができる」を目指しました。
 この考えを骨格として,逐一やる,やらないを判断しています。

画像集 No.007のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.008のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.009のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.010のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer:
 本作はグラクロの後継作なんですよね?

キム・ビョンロク氏(以下,キム氏):
 そうです。グラクロから継承したシステムもたくさんあります。
 そのうえで,前作のターン制バトルでは表現しきれなかった“七つの大罪の世界”を,オープンワールドでより豊かに描きます。

4Gamer:
 本作の企画時,グラクロの延長線上で制作するのも一案だったはずですが,最初からここまで進化させようと考えていたのでしょうか。

ク氏:
 後継作と言うからには,発展はしなければなりません。
 そもそも,私は以前作ったものと同じものを作るのが好きではありません。これは同業者もそうでしょうし,プレイヤー的にもそう。みんな観点やレベル,開発機材すらアップデートされるので,そのときに合ったやり方で新しいものを生み出すのが正しいと思っています。

4Gamer:
 原作再現もこだわっているのでしょうか。

ク氏:
 キャラクターの個性が表現されたゲームにしたいので,こだわって作っています。グラクロはゲームシステム的な制約もあったので,今回はオープンワールドを生かして,人物や地域,道具といったものも見せていきます。「灰色の魔神」など,原作に現れるモンスターも多数います。

画像集 No.011のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.012のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.013のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.014のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer:
 企画時,原作側とはどのようなやり取りをしたのでしょう。

ク氏:
 最初はアイデアを書面にまとめて,「こういうストーリーで,こういうオープンワールドRPGを作りたいです」と打診させてもらいました。すると,「すごくおもしそうです」と反応をいただけました。
 開発に入ってからのリソース制作でも,鈴木 央先生に新キャラクターやその人物のスキルを制作していただいています。

4Gamer:
 そうなると,やはり開発側も原作ファンが多いですか。

ク氏:
 グラクロのころからチーム内のファンは多かったですが,本作の開発をとおして,今では強い愛着を持っている人ばかりです。
 「七つの大罪」はとても華やかで,世界中で人気があります。ゆえにゲーム作りをとおして,いろいろな設定を調べ,落とし込んで,そうやって作業しているうちに,みんなさらにハマるわけです(笑)。

4Gamer:
 当然のように韓国でも人気なんですね。

ク氏:
 とても人気です。多くの人たちが知ってますよ!

画像集 No.015のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.016のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer:
 どこも同じですね。物語はどのような仕立てですか。

ク氏:
 舞台は「七つの大罪」と「七つの大罪 黙示録の四騎士」の中間で,主人公はメリオダスとエリザベスの息子「トリスタン」です。
 トリスタンは相棒である,キングとディアンヌの娘「ティオレ」とともに星のアーティファクトを発見したことで,“時間と空間が混ざり合うマルチバース世界”に飛ばされてしまいます。
 4Gamerさんは「スパイダーマン」の映画は観ていますか?

4Gamer:
 いまだにアメスパが最高傑作ですが。
 つまり,直近で分かりやすいのだと「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」や「スパイダーマン:スパイダーバース」のような?

ク氏:
 はい。私はスパイダーマンを見て「コレだ!」と思ったので(笑)。

4Gamer:
 なるほど。では,登場キャラクター数はどうでしょう。

ク氏:
 現時点では,約20キャラクターを制作するつもりです。
 ただし,キャラクターモデルは基本動作だけでなく,1体に武器3種,1武器にスキル4種と用意すべきモーションが多く,感覚的には“1体作るのに,ほかのゲームの3体分の工数”がかかるイメージです。
 そのため,簡単に追加できるとは言えないものの,まずはローンチまでに20体前後。以降は運営を通じて徐々に増やしていきます。

4Gamer:
 マネタイズは,キャラクターが中心ですか。

ク氏:
 ええ。キャラクターと武器をガチャ方式で提供します。
 けれど前提として,いわゆる無課金のゲームプレイでも楽しめるような作りにはします。なので,ガチャの排出アイテムは必須ではなく,ゲームプレイの時短や収集欲につながる調整を心がけるつもりです。

画像集 No.017のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド 画像集 No.018のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド
画像集 No.019のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer:
 現在の開発状況はどれくらいでしょう。

ク氏:
 現時点では50%以上といったところです。

4Gamer:
 ゲームの配信時期や,サービス対象地域は。

ク氏:
 公開時期は未定です。対象地域に関しては,グラクロよりは幅広く展開していける……のではないかと想定しています。

4Gamer:
 最後に,残り半分の完成に向けて一言お願いします。

ク氏:
 前作グラクロは,我々の想定以上となる,たくさんの方々に遊んでいただくことができました。今回の「七つの大罪 Origin」もより幅広い方々に触れていただけるよう,全力で開発していきます。

キム氏:
 前作では見せきれなかった部分も含めて,マンガやアニメのファンの方々には体験してみたかった“七つの大罪の世界”を,ゲームファンの方々にもオープンワールドRPGならではの体験を味わってもらいたい。そのために我々は,リリースに向けてがんばっていきます。

画像集 No.020のサムネイル画像 / [インタビュー]「七つの大罪 Origin」ファンが考える“やりたいができる”。JRPGのエッセンスが注ぎ込まれたオープンワールド

4Gamer「G-STAR 2023」記事一覧

  • 関連タイトル:

    七つの大罪 Origin

  • 関連タイトル:

    七つの大罪 Origin

  • 関連タイトル:

    七つの大罪 Origin

  • 関連タイトル:

    七つの大罪 Origin

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月25日〜02月26日