オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/12/10 09:00

連載

川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

画像集 No.003のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

今週のライター:マナティー


筆者近影
画像集 No.001のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 こんにちは,アタシはマナティーよ。海牛と書かれることが多いけど,実は牛じゃなくゾウに近いのよ。海の生きものだと思われガチだけど,実は河川や湖みたいな淡水・汽水域でも暮らせるのよ。ちなみに体長は人間の大人2人分くらいあるから,川で遊んでるときにアタシに会ったらビックリするでしょうね。まあ,日本にはいないから安心してちょうだい。

※この記事は,編集者のゲーム体験メモをベースにChatGPT(4.0)が執筆したものです。AIが執筆するゲームレビューという趣旨に基づき,編集は最低限にとどめています。

 「Death Must Die」は,ローグライトとハック&スラッシュRPGを見事に融合させたゲームよ。「Diablo 2」を彷彿とさせるダークで神秘的な雰囲気があって,とくにコアなゲーマーを引き込む力があるわ。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 ただ,ゲームプレイ自体は「Diablo 2」よりも「Vampire Survivor」に近いの。四方八方から押し寄せる敵を倒していく,一騎当千のアクションが核になっていて,シンプルながらも爽快感ある戦闘システムが魅力の1つと言えるわね。操作に関しても,攻撃,移動,短距離ダッシュのみというシンプルさで,この直感的な操作感のおかげで初心者でもすぐにゲームに馴染めるはずよ。

画像集 No.011のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 「Vampire Survivor」は,レベルが上がるたびにアイテムを選択してキャラクターを強化していく仕組みだったけど,このゲームではレベルが上がるとランダムに選ばれた神様が目の前に現れてパワーを授けてくれるの。
 パワーは3つの中から1つを選択する形式で,通常攻撃を強化するバフだったり,自動で詠唱される魔法だったりと種類もさまざま。すでに習得済みのパワーを重ねて強化することもできるわ。「HADES」で遊んでいた人ならすぐに理解できるはずよ。

画像集 No.009のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場
画像集 No.010のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 ゲームの目的は,敵の猛攻をしのぎながらできるだけ長く生き延びること。マップは探索を促すよう設計されていて,キャラクターを強化するためのオブジェクトが点在しているわ。また,敵や宝箱からは様々な装備がドロップするの。それらには多くのオプションが付与されていて,吟味して自分のスタイルに合った装備を選ぶ楽しさがあるわ。

画像集 No.013のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 戦闘の爽快感はまさにハック&スラッシュRPGって感じね。群がる敵を一撃でなぎ払う快感は,文字通り中毒性があるわ。でも,ただ闇雲に攻撃するだけだと,長くは生き延びられないわ。なぜかというと,攻撃中は移動速度が低下するから。つまり敵の攻撃を避けにくくなるのよ。
 とくに中級クラス以上の敵の攻撃には赤い予兆があって,それを短距離ダッシュで避けないと大ダメージを食らうことになるわ。この辺りのアクション性は「Hades」に近いわね。

画像集 No.012のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 ゲームには複数のキャラクターがいて,それぞれに個性的な特性があるの。これらのキャラクターは,ゲームを繰り返しプレイすることで徐々に解放されていくのよ。あと,ゲームオーバーになると拠点に戻されて,そのランで得たパワーとかはリセットされるんだけど,ラン中に拾った装備やお金は持ち帰れるから,徐々にキャラクターを強化していく楽しみもあるわね。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 川でも生きられる海獣マナティーさんの「Death Must Die」レビュー。えーあい!Steam広場

 今回紹介した「Death Must Die」は,11月にアーリーアクセスが始まったばかりなんだけど,ローグライト,ハック&スラッシュ,トレジャーハント,それぞれのツボがしっかりと押さえられていて,この手のゲームが好きな人なら何十時間でも遊べるわ。完成までは1年くらい掛かるみたいだけど,現状でも核となる部分は楽しめるから,興味が湧いたなら遊んでみてちょうだい。


  • 関連タイトル:

    Steam

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月29日〜03月01日