お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/09/11 06:23

ニュース

「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ

 Ubisoftは本日(2022年9月11日),オンラインカンファレンス「Ubisoft Forward」にて,「アサシン クリード」シリーズの開発中のタイトルである「アサシン クリード コードネーム(Red)」を発表した。
 本作は,ついに封建時代の日本が舞台となり,「非常にパワフルな忍として生きることができる」という。ジャンルはオープンワールドRPGになるようだ。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ
画像集 No.002のサムネイル画像 / 「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ

 さらに,「アサシン クリード コードネーム(Hexe)」というタイトルも発表されている。公開された短いトレイラーでは,怪しげな森や魔方陣が描かれたロゴが映されており,アサシン クリードのゲームとしてはかなり異質なものと紹介されていた。Hexeは魔女という意味だが,どのようなタイトルになるのだろうか。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ
画像集 No.004のサムネイル画像 / 「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ

 また,昨年発表された「アサシン クリード コードネーム(Infinity)」についての情報も少し紹介された。このプロジェクトはゲームそのものではなく,ファンにとってシリーズの入口として将来的に機能するものになるという。「私たちのさまざまな経験やプレイヤーを意味のある方法で結び付けるハブ」「単体のマルチプレイヤー体験を復活させる方法を模索している」とコメントしていたが,こちらも詳細は不明だ。
 これらコードネームが付けられたプロジェクトの動画は,「『アサシン クリード』 2022 ショーケース」後半で確認できる。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 「アサシン クリード」の舞台はついに日本に!? 忍として生きる“コードネーム(Red)”など,開発中のタイトルをショーケースでチラ見せ
  • 関連タイトル:

    アサシン クリード コードネーム(Red)

  • 関連タイトル:

    アサシン クリード コードネーム(Hexe)

  • 関連タイトル:

    Assassin’s Creed Infinity

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
76
72
ゼノブレイド3 (Nintendo Switch)
56
スプラトゥーン3 (Nintendo Switch)
51
2022年06月〜2022年12月