パッケージ
GUNDAM EVOLUTION公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/03/29 18:13

ニュース

「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

 バンダイナムコグループは本日(2022年3月29日),グループ全体を横断する「ガンダムプロジェクト」の戦略や活動内容を発表する“第3回ガンダムカンファレンス”を開催した。その中で,ガンダムに関連するコンテンツを繋ぐメタバース「SIDE-G」を中心とする「ガンダムメタバースプロジェクト」を発表した。

画像集#001のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

 「ガンダムメタバースプロジェクト」は,ゲームやガンプラといったガンダム関連コンテンツの各カテゴリを象徴する“コロニー”を,メタバース“SIDE-G”に打ち上げていくプロジェクトだ。最初に打ち上げられるのは「ガンプラコロニー」で,2022年秋にテストオープンが行われる。

 続く2023年には「esportsコロニー」も打ち上げられる予定だ。2022年内にリリース予定の「GUNDAM EVOLUTION」や,6対6のオンラインバトルを楽しめる「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」といったタイトルのコミュニティが展開される。コロニーは海外向けにも展開され,世界中のプレイヤーが参加できるコミュニティを目指すという。

画像集#002のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

 また,カンファレンスでは将来のガンダム関連ビジネスや,新作TVアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」などの情報も発表されている。カンファレンスのレポート記事を追って掲載予定なので,そちらも確認してほしい。

関連記事

バンダイナムコグループが「ガンダムプロジェクト」を発足。新作ゲームの開発を含む,「機動戦士ガンダムSEED」新プロジェクトの始動も発表

バンダイナムコグループが「ガンダムプロジェクト」を発足。新作ゲームの開発を含む,「機動戦士ガンダムSEED」新プロジェクトの始動も発表

 バンダイナムコグループは本日,「機動戦士ガンダム」の“IP軸戦略”を進化させるべく,「ガンダムプロジェクト」を発足したと発表した。合わせて,「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの新プロジェクト「GUNDAM SEED PROJECT ignited」の始動も発表。同プロジェクトには,新作ゲームの開発も含まれるようだ。

[2021/05/28 20:30]

「GUNDAM EVOLUTION」公式サイト


「第3回ガンダムカンファレンス」開催
「ガンダムメタバースプロジェクト」の展望を発表!
ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUDA」より「ガンダムオープンイノベーション」の続報も発表

 バンダイナムコグループの横断プロジェクト「ガンダムプロジェクト」は、本日、バンダイナムコグループのガンダム事業統括者であるチーフガンダムオフィサー(CGO) 藤原 孝史(ふじわら こうじ)が登壇し、「第3回ガンダムカンファレンス」を開催いたしました。

 第3回となる今回のカンファレンスでは、ガンダムのIP(キャラクターなどの知的財産)価値を向上させ、SP(Social Property/社会的アイコン)として成長させるための構想として、新たにワールドワイド戦略軸、作品軸、GUDA(※)軸のプロジェクトをスタートさせることを発表いたしました。

 ワールドワイド戦略軸では、バンダイナムコグループが2022年4月から掲げる中期ビジョン「Connect with Fans」のもと、その重点戦略の一つである、IPでファンとつながるための新しい仕組み「ガンダムメタバースプロジェクト」について、今後の展望を発表いたしました。 作品軸では、2022年ガンダムシリーズ TVアニメーション最新作の『機動戦士ガンダム 水星の魔女』についての最新情報を、GUDA軸では、社会課題に対してガンダムと未来技術を掛け合わせることにより未来の夢と希望を現実化するプログラム、「ガンダムオープンイノベーション」に関する続報を発表いたしました。

 今後も、バンダイナムコグループだけでは成しえないことに挑戦し、SPへの成長を図りながら、ガンダムを通じてより良い未来の実現を目指してまいります。 引き続き、ガンダムの各種プロジェクトにご期待ください。
※ガンダムを通じて社会問題を考えるサステナブルプロジェクト「GUNDAM UNIVERSAL CENTURY DEVELOPMENT ACTION」の略称

■本日の発表内容
●ワールドワイド戦略軸
「ガンダムメタバースプロジェクト」に関して
・目指す姿について
・「SIDE-G」への歩み

●作品軸
ガンダムシリーズ TVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に関して

●GUDA軸
「ガンダムオープンイノベーション」の続報
・来るべき現実の宇宙世紀に向けた企画の採択先決定!
・「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」パビリオンでの成果発表会の実施について


■ワールドワイド戦略軸に関する発表内容
●「ガンダムメタバースプロジェクト」に関して
<目指す姿について>
 バンダイナムコグループは、2022年4月からグループの最上位概念となる「パーパス」の導入を行います。 特に重要な要素は、“つながる”“ともに創る”という要素で、バンダイナムコとファンが「夢・遊び・感動」を通じてつながることで“Fun for All into the Future”を実践していきます。

 このパーパスのもと、同月にスタートする新中期計画では世界中のIPファン、あらゆるパートナー、グループ社員、社会と常に向き合い、深く、広く、複雑につながる存在を目指すため「Connect with Fans」という中期ビジョンを掲げました。

 新中期計画では、バンダイナムコグループの強みであるIP軸戦略を重点戦略の一つとしており、IPでファンとつながるための新しい仕組みとしてIPごとのメタバースを構築してまいります。 その第一弾として「ガンダムメタバース」の開発に着手いたします。 この「ガンダムメタバース」の目指す姿は、世界中のガンダムファンが集い、語り合い、さまざまなカテゴリーのコンテンツに出会い、ふれあう場の創出です。

 今後の展望としましては、すぐにメタバース空間の完成形を目指すのではなく、段階を踏んで基盤を構築してまいります。 まずは、カテゴリーごとにヴァーチャルコミュニティーを創出し、それらをバンダイナムコID(※)により連結いたします。

※バンダイナムコIDとは、バンダイナムコグループの共通アカウントです。 一つのアカウントで、グループ各社で展開するさまざまなサービスやコンテンツをお楽しみいただくことができます。

「ガンダムメタバースプロジェクト」バンダイナムコIDでの連結イメージ
画像集#003のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

 創出したヴァーチャルコミュニティーは、ガンダムの世界観になぞらえ、仮想空間という広大な宇宙にあるスペースコロニーとし、それらをつなぐことで一つの「ガンダムメタバース」宙域、その名も「SIDE-G」を創り上げます。

 今後、「SIDE-G」を構成するアニメ、ガンプラ、ゲーム、音楽など、さまざまなカテゴリーが主体となるスペースコロニーが、続々と仮想空間内に打ち上げられていく予定です。デジタルサービスにとどまらず、バンダイナムコグループの強みを活かし、デジタルとフィジカルが融合した空間を目指してまいりますので、ぜひご期待ください。

■「ガンダムメタバースプロジェクト」に関して
<「SIDE-G」への歩み>
●「ガンプラコロニー」
 「SIDE-G」の完成を目指して、ガンプラに関わるさまざまな体験を提供する仮想空間、「ガンプラコロニー」を最初に打ち上げます。

 2021年にテスト運用を行った、世界中どこからでも遊びに行くことができるヴァーチャルガンプラエンターテインメント総合空間「ガンダムベースヴァーチャルワールド」を、「ガンダムベースガンプラコロニー店」として正式サービスインを目指し、今秋に期間限定テストオープンいたします。

 また、バンダイナムコIDによるマイルーム機能を実装し、ガンプラの作品を通したコミュニティーを形成いたします。 さらに、ガンプラをスキャンして戦うことができる「ガンプラバトル」や「ガンプラコンテスト」の開催、ガンプラオンライン講座など、デジタルとフィジカルを融合させたエンターテインメント区画を充実させ、「ガンプラコロニー」の完成を目指してまいります。

画像集#004のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

●「esportsコロニー」
 次に打ち上げるコロニーは、2023年の完成に向け鋭意建設中の「esportsコロニー」です。

 まず、「esportsコロニー」の皮切りタイトルとして、2022年に『GUNDAM EVOLUTION』を正式稼働いたします。 本タイトルは、esportsに特化したガンダム初のFPSゲーム(※)です。 ガンダムという作品の魅力を最大限に生かしつつ、FPSゲームとして最高峰の楽しさを提供するという2つの要素を高次元で両立させています。 6vs6のオンラインマルチプレイ『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』と合わせ、日本国内だけでなく海外にも広く展開し、世界中のお客さまが参加できるゲームコミュニティー、「esportsコロニー」を生み出します。

 まずは、『GUNDAM EVOLUTION』の正式稼働に先駆け、2022年4月8日(金) よりPC版のネットワークテストを日米同時に実施予定です。
※一人称視点のシューティングゲーム(First Person Shooter)の略称。

『GUNDAM EVOLUTION』『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』
画像集#005のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

●ガンダムにおける他企業の参入およびC to Cビジネスの推進
 さらに、近い将来にはバンダイナムコグループ以外の企業によるガンダムビジネスへの参入促進、また、一般ユーザーによるガンダムを活用したビジネス可能な場の提供を目指し、ガンダムにおけるUGC(User Generated Content)を許諾し、C to Cビジネスを推進する予定です。
 キャラクターの権利が保全されたメタバースを構築し、本取り組みを実施することで、新たなガンダムのビジネスが生まれ、ファンと共創したガンダムIPのさらなる拡大につながることを期待しております。

「ガンダムメタバースプロジェクト」 イメージ
画像集#006のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

 「ガンダムメタバースプロジェクト」では、カテゴリーごとのスペースコロニーを随時打ち上げ、「SIDE-G」を構築してまいります。 仮想空間上ではありますが、世界中のガンダムファンが集う大規模な生活圏の構築を目指すとともに、バンダイナムコグループ以外の企業の参入やC to Cビジネスの推進により、新たな経済圏を創出いたします。

 現在の展望にとどまらず、2026年以降もさらなる規模へと成長させるべく、「ガンダムメタバースプロジェクト」をバンダイナムコグループの柱として据え、各コロニーの展開を促進してまいります。 ぜひ、今後の発表にご期待ください。

■作品軸に関する発表
●ガンダムシリーズ TVアニメーション最新作 『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に関して
画像集#007のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定
 2022年10月より毎週日曜午後5時〜MBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始ティザービジュアル&ティザーPVを解禁!さらに前日譚「PROLOGUE」が今夏公開予定!

 ガンダムシリーズのTVアニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』が、2022年10月より毎週日曜午後5時からMBS/TBS系全国28局ネットにて放送開始いたします。

 最新情報として、本作の主人公と、主人公機が描かれたティザービジュアルやティザーPV、モビルスーツの設定画を解禁いたしました。 さらに、アニメ本編の前日譚にあたる「PROLOGUE」の制作が決定し、この夏より公開を予定しております。

 本作に関する発表の詳細は、3月29日(火)14時に株式会社サンライズから配信しているニュースリリースをご覧ください。

ニュースリリース掲載URL:
https://www.sunrise-inc.co.jp/news/news.php?id=19618

■GUDA戦略軸に関する発表内容
●「ガンダムオープンイノベーション」の続報
<来るべき現実の宇宙世紀に向けた企画の採択パートナー決定!>
 2021年6月より始動した、ガンダムと未来技術を掛け合わせることで未来の夢と希望を現実化するプログラム「ガンダムオープンイノベーション」につきまして、多数の公募の中から、この度、採択パートナーが決定いたしました。

●「ガンダムオープンイノベーション」公募概要
・応募テーマ
 ガンダムの世界同様に今後社会が向き合う人口問題、環境問題などの未来社会におけるサステナブルなテーマ・領域において、革新的なアイデアや技術。

【公募期間】
2021年7月15日(木)〜
2021年10月15日(金)

・選考概要
 宇宙世紀を起点に人類の革新や人類が望む未来社会を構想し、本気で実現に向けて挑むことのできるさまざまな分野のエキスパートやイノベーター、研究機関や先端企業などの採択パートナーを幅広く募集いたしました。 主に、「ガンダムへの深い理解」「募集テーマにおける技術・経験・実績」「今後の実現性(3〜4カ年の計画)」をポイントに選考いたしました。

・採択パートナー一覧
画像集#008のサムネイル/「ガンダムメタバースプロジェクト」始動。カテゴリごとの仮想コロニーが打ち上げられ,2023年には“esportsコロニー”も登場予定

【ロボット】
※以下2社はチームでの参加となります。
株式会社乃村工藝社(チームBALL)
アスラテック株式会社(チームBALL)

【ロケットエンジン】
神奈川大学宇宙ロケット部
株式会社SPACE WALKER

【都市・コミュニティー】
avatarin株式会社
大分県
大和大学社会学部

【宇宙・月面探査】
高砂熱学工業株式会社
東京理科大学 スペースシステム創造研究センター

【医療・倫理】
慶應義塾大学
国際医療福祉大学 成田病院

【素材開発】*以下2社はチームでの参加となります。
自然科学研究機構 核融合科学研究所(チーム宇宙世紀の矛と盾)
東北大学(チーム宇宙世紀の矛と盾)

【サポートチーム】
株式会社NTTデータSBC
日本マイクロソフト株式会社


 各採択パートナーとのアクションプランにつきましては、現在検討中でございます。 また、今回発表した採択パートナーのほかにも、現在選考中の企画もございます。 各企画の内容や進捗状況につきましては「ガンダムオープンイノベーション」の公式サイトにて公開してまいります。

■「ガンダムオープンイノベーション」の続報
<「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」パビリオンでの成果発表会の実施について>
 バンダイナムコグループとして出展が決定した「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」の「ガンダムパビリオン(仮称)」にて、「ガンダムオープンイノベーション」の一部の企画の成果を発表し、宇宙世紀宣言を掲げることを目指してまいります。 来るべき“現実の宇宙世紀”に向けた企画の歩みに、ぜひご期待ください。

詳細は、「ガンダムオープンイノベーション」公式サイトをご確認ください。
・「ガンダムオープンイノベーション」公式サイト:
https://www.bandainamco.co.jp/guda/goi/index.html
  • 関連タイトル:

    GUNDAM EVOLUTION

  • 関連タイトル:

    GUNDAM EVOLUTION

  • 関連タイトル:

    GUNDAM EVOLUTION

  • 関連タイトル:

    GUNDAM EVOLUTION

  • 関連タイトル:

    GUNDAM EVOLUTION

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日
タイトル評価ランキング
83
Halo Infinite (PC)
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
46
ELDEN RING (PC)
2021年11月〜2022年05月