オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/27 00:00

紹介記事

「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 カプコンから本日(2020年2月27日)発売される「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」PC / PS4 / Xbox One / Nintendo Switch)は,「ロックマン ゼロ」「ロックマン ゼクス」という2つのシリーズの6タイトルを1つのソフトにパッケージしたコレクション作品だ。
 好みのセッティングでプレイできる機能やイラストギャラリー,ミュージックプレイヤーなどの新要素が加わり,より2つのシリーズ作品を楽しめるようになった本作の魅力をお伝えしよう。

画像(001)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」公式サイト



ロックマンXから連なる未来を舞台とした名作6タイトル


 「ロックマン ゼロ」シリーズは,2002年から2005年までゲームボーイアドバンス向けに4作品が,「ロックマン ゼクス」は,2006年と2007年にニンテンドーDS向けに2作品がそれぞれリリースされた「ロックマン」のシリーズ作品だ。「ロックマン ゼロ」はWii U向けのバーチャルコンソール版やDS用ソフト「ロックマンゼロ コレクション」が販売されているが,「ロックマン ゼクス」シリーズが復刻されるのは今回が初である。

画像(064)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ロックマン ゼロ
画像(065)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ロックマン ゼクス

 「ロックマン ゼロ」は,主人公エックスと人類滅亡をもくろむシグマの戦いを描いた「ロックマンX」にて,エックスの親友として登場したゼロを主人公とするシリーズ作品だ。「ロックマンX」から数百年後を舞台とした「ロックマン ゼロ」では,長い眠りから目覚めたゼロが,人類から不当な扱いを受けるレプリロイドたちを救うため戦う姿が描かれる。
 さらに数百年後の世界を舞台とした「ロックマン ゼクス」では,謎の金属「ライブメタル」との出会いにより,ロックマンとなって戦うことになった少年少女の物語が展開するのだ。

画像(066)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ロックマン ゼロ2
画像(067)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ロックマン ゼロ3
ロックマン ゼクス アドベント
画像(068)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 ここからは,収録されている6タイトルの物語やゲームの特徴をお伝えしよう。

■ロックマン ゼロ

 「ロックマンX」から数百年後に目覚めたゼロが,レプリロイドを弾圧する「ネオ・アルカディア」に立ち向かう物語が描かれる。ゼロとともに戦う,科学者シエルが率いるレジスタンスが絶望的な戦いを続けるダークな世界観が特徴だ。

画像(002)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 なかでも印象的なのが,ゼロをサポートしてくれるサイバーエルフたちの存在。使用するとライフ回復や移動サポート,特定地形の無効化といった効果を与えてくれるが,それがサイバーエルフの命と引き換えになっているという,なかなかショッキングな設定となっている。カーソルを合わせた際の悲しい呟きはトラウマものだ。自分の宿命を理解し,覚悟をもってサポートしてくれるサイバーエルフたち。それを知っていても使用するのは辛いものを感じるが,先へ進むために使わざるを得ないというジレンマがプレイヤーの心を苛むのだ。

画像(003)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(004)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
封印されていたゼロは,サイバーエルフのパッシィの命と引き換えに目覚める
画像(006)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(005)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
画像(007)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(008)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
サイバーエルフたちの思いを胸にさらなる戦いに挑む


■ロックマン ゼロ2

 勢力を伸ばしたレジスタンスは,新リーダーのエルピスのもとで反攻作戦を開始。平和を求めるシエルが心を痛めるなか,さらなる力を求めるエルピスが闇へと墜ちていく。

画像(009)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 ボスを倒すと「EXスキル」が手に入り,武器の攻撃が変化するのが本作の特徴だ。バトル時の行動に応じてさまざまな「フォーム」を習得でき,被弾時のノックバックがなくなる「ディフェンスフォーム」や,移動速度が早くなる「アクティブフォーム」など,その特徴に応じた戦い方も可能となっている。
 本作で新たに登場した「チェーンロッド」が,オブジェクトにぶら下がってターザンのように移動できる面白い武器だったが,残念ながら次回作からは消えてしまった。

画像(010)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(011)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
危険な反攻作戦に踏み出す,レジスタンスの新リーダー・エルピス(左)。レプリロイドが弾圧される理由がエネルギー問題であることが判明(右)
画像(012)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(013)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
地形や敵に突き刺してスイング移動できる「チェーンロッド」(左)。個性的なボスは本作でも健在。「ヒューレッグ・ウロボックル」はヘビ型の足場をさまざまな形に組み替える恐ろしい技を使う(右)


■ロックマン ゼロ3

 レジスタンスとネオ・アルカディアが争う原因となっていたエネルギー問題を解決する,「システマ・シエル」が完成。和平が成立するかと思われたが,そこに現れた悪の科学者ドクター・バイルの奸計が世界を再び戦火に巻き込んでいく。

画像(014)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 サイバーエルフに関するシステム面が大きく緩和されたのが特徴だ。ゼロに従って飛ぶ「サテライト」として装備した場合や,ステージ中にある「サイバー空間」にいるときはサイバーエルフは死ぬことなく,その能力を発揮できるようになった。また,ゼロの頭や胴,足に「チップ」をセットすることで,特殊効果が発動するのもポイントとなっている。新武器は「リコイルロッド」。チャージして地面に撃ち込むことでハイジャンプでき,それが攻略の助けとなる。

画像(015)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(016)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
新エネルギー「システマ・シエル」によって和平が成立する直前,悪の科学者ドクター・バイルが世界を更なる混沌に陥れる
画像(017)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(018)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
サイバー空間で能力を発揮するサイバーエルフ(左)。今回もボス戦は趣向が凝らされている(右)
地面に向けて溜め撃ちするとをハイジャンプできる「リコイルロッド」
画像(019)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作


■ロックマン ゼロ4

 人類の理想郷だったネオ・アルカディアは混乱に陥り,今やドクター・バイルが支配する地獄となった。ドクター・バイルはアインヘルヤル八闘士を率い,ネオ・アルカディアを逃げ出した人々を攻撃する。正義のためだったはずの戦いが人々を苦しめ,人間とレプリロイドの対立が決定的なものになるという,これまでに増して重い展開だ。

画像(020)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 システム面での特徴となっているのが,ゼロの新武器として登場する「ゼロナックル」。この拳で敵にとどめを刺すと,パーツを奪って自分の武器にできる。「ロックマン」シリーズの原点にある「倒した敵の武器を使って戦う」という要素を感じさせる武器で,新たな武器探しが楽しい。敵を倒して入手するパーツを組み合わせて,ゼロを強化するチップを作成できるのも面白いポイントだ。サイバーエルフはさらに緩和され,ゼロに付き従う1体が3系列の能力を使えるように。命と引き換えにサポートするという設定は過去のモノとなった。

人類は「レプリロイド同士の争いに巻き込まれた」と考えており,ゼロたちに激しい敵意を向ける
画像(021)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(022)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ドクター・バイルに従うアインヘルヤル八闘士。特撮番組を思わせる濃いデザインとキャラ立ちは,オリジナル版の開発を担当したインティ・クリエイツのお家芸といったところ
画像(023)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
「ゼロナックル」でとどめを刺すと,敵のパーツを奪って武器にできる
画像(024)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(025)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作


■ロックマン ゼクス

画像(026)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
 「ロックマン ゼロ」の時代から数百年後。運び屋の主人公は偶然に謎の金属「ライブメタル」を手に入れてロックマンに変身。兄と慕っていた青年・ジルウェの死を乗り越え,巨大企業の社長・セルパンの邪悪な野望に立ち向かう。

 ボスを倒して手に入れた能力を使い,行動範囲を広げていくという,現代でいうところの“メトロイドヴァニア”に近い要素も加わったシステムとなった。ボス戦では,弱点に攻撃を当てると効果的に耐久力を減らせるが,相手のライブメタルも傷ついてしまうため,入手時の武器のエネルギーが低くなってしまう。弱点を狙うか,ライブメタルを優先するかの判断も重要となる。街で変身を解除せずにいると,住民から怖がられるというユーモアある要素も。

主人公は,ヴァンとエールという男女のどちらかを選ぶ。DS版の下画面は,基本設定だと画面右下のウインドウに表示され,Rスティックでカーソルを移動,[R2]でタッチ操作を行う。下画面の表示方法は,後述する画面レイアウトの設定で変更可能だ
画像(027)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
画像(028)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(029)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
謎の金属・ライブメタルを手に入れた主人公は適合者となり,ロックマンに変身する力を得る
画像(030)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(031)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
主人公の先輩であるジルウェもロックマンになるが,敵に操られて主人公に襲いかかる。つらい戦いの末に勝利した主人公は,ジルウェの死を乗り越え,その力を受け継いで赤いロックマンとして覚醒する
画像(032)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(033)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ボスとの戦いでは,弱点を狙うか否かの判断が重要だ(左)。ボスを倒せば,ライブメタルが手に入り,ボスの能力も自分のものとできる(右)
人々を守る「ガーディアン」のリーダー,プレリー。その風貌とぬいぐるみが,とある人物によく似ているが……? この辺りはシリーズモノの醍醐味だ
画像(034)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作


■ロックマン ゼクス アドベント

画像(035)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
 「ロックマン ゼクス」から4年8か月後。「ライブメタル・モデルA」の適合者である主人公の前に,次々とロックマンたちが現れる。最後に生き残った者が世界の王になれるという,恐ろしい戦いが繰り広げられるなか,主人公は果たしてその戦いの先に何を見るのか。

 男女主人公の選択式やゲームシステムなどは前作を継承しつつ,新システム「トランスオン」で戦いと探索がより面白いものとなった。トランスオンは,倒したボスそのものに変身し,その特殊能力を自由に使えるというものだ。カブトガニ型の「クロノフォス」なら水中を自由に動けるようになり,ガゼル型の「ディアバーン」は敵対した際に脅威となった強力な攻撃「3WAY火矢」を撃てるなど,その特徴もさまざま。「このボスはどんな能力なのだろう」と,これまでの作品とは違ったボス戦の楽しみが生まれた。

画像(036)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(037)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
グレイとアッシュという男女の主人公は,性別だけではなくその能力も異なる
画像(038)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(039)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
グレイは謎の施設で眠っていた記憶喪失の少年。「ライブメタル・モデルA」に選ばれて新たなロックマンに変身する
エリア内の敵をロックして追尾する「ホーミングショット」。こちらもグレイとアッシュで性能が異なる
画像(040)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
画像(041)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(042)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
倒したボスそのものに変身し,強力な技を使用できるできるトランスオン
画像(043)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(044)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
トランスオンを使えばボス対ボスの戦いも可能だ。とはいえ万能ではなく,例えばクロノフォスは水中用ボスのため陸上では動けなくなるので,ボスの特性を理解することも重要


プレイヤー好みの設定でより遊びやすく

タイムアタックが楽しめる新モードも


 本作は,オリジナル版をそのまま移植しただけではない。好みの設定で快適にゲームを進められるモードや,イラストを閲覧できるギャラリーのようなお楽しみ要素なども搭載されており,単なる復刻に留まらない内容になっているのだ。

 まずは高画質フィルターと画面レイアウト。ドットを滑らかにする高画質化フィルターが用意されており,さらにオリジナル版のグラフィックスも選択できる。画面比率を変更してゲーム画面を大きくできるので,熟練のドット絵技術で描かれたゼロや敵キャラクターたちが躍動する姿を眺めることも可能だ。「ロックマン ゼクス」シリーズの下画面はオプションから7種類のレイアウトから選べるので,自身がプレイしやすい設定にするといいだろう。

こちらはフィルターなしのオリジナル版同様のグラフィックス
画像(045)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
高画質化フィルターは2種類が用意されている
画像(046)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(047)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
左は高画質化フィルター1を適用した画像で,右はフィルターなしのもの。画面を大きくして遊ぶ際は縦横比率が,レイアウトを変える際は画像比率が変わる場合があるので注意しよう
画像(048)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(049)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 今回の目玉の一つが「Zチェイサー」モード。6作品から選ばれた12のステージを舞台に,対戦相手とクリアタイムを競うという,これまでのシリーズ作品にありそうでなかったモードだ。

画像(050)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 CPUが相手となる1人用の「シングルチェイサー」では,5段階の難度設定により自分の腕前に合わせて競争できるのが楽しい。とくに最強の「ZZ」ランクCPUは,最低レベルの「B」ランクなら3分弱掛かる「スクラップ処理場」を52秒ほどでクリアするというスゴ技を見せてくれる。「こんな戦い方があったのか!」と,その芸術的な動きに見とれてしまうこと間違いなしだ。

慣れていないと,「B」ランク相手でもこれだけ差を付けられる。「ZZ」ランクのCPUだと,あまりの素早さに画面スクロールが追いつかないことすらある
画像(051)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
画像(052)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 今回は体験できなかったが,2人用のローカル対戦「ダブルチェイサー」や,各ステージのオンラインランキング1位のリプレイデータをダウンロードして対戦できる「WWレコードチェイサー」もあるので,タイムアタック好きなプレイヤーならかなり熱くなれるモードだろう。


 あまりアクションが得意ではない人や,ストーリーをメインに楽しみたい人にとって嬉しいのが「カジュアルシナリオモード」と「アシストセーブ」の存在だろう。
 カジュアルシナリオモードは,難度が非常に低くなっているうえ,敵から受けるダメージも非常に少ない。「ロックマン ゼロ」シリーズならサイバーエルフやパーツ類,体力回復の「サブタンク」を所持しているといったように,ゲームを進めるうえで有利となるアイテムも最初から所持している。

カジュアルシナリオモードは,「ロックマン ゼロ」のオリジナル版やコレクションをプレイした人なら,「アルティメットモード」に近い印象を受けるだろう
画像(053)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 便利なのがアシストセーブ。フィールド上に新設されたセーブポイントに近づくだけでオートセーブされ,その先でやられても機数が減らず,直近のセーブポイントからすぐにプレイを再開できる。再開時は体力も満タンまで回復しているため,任意のタイミングでのセーブ(ステートセーブ)よりも使い勝手がいい。事実上,残機の制限がなくなるので,なかなかに強烈だ。
 どちらも個別にON / OFFできるので,物語に集中したい人から手応えあるアクションが楽しみたい人まで,どのように設定するかはプレイヤー次第。アシストセーブだけを使うと現代のゲームに近いテンポで遊べるので,こちらもオススメだ。

「ロックマン ゼロ4」のカジュアルシナリオモードでは,全てのサイバーエルフの能力を一度に設定できる
画像(054)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(055)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
「ロックマン ゼクス アドベント」では,EC(ゲーム内通貨)を使用せずに転送ポイントを起動できる
画像(056)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
ゼロの後ろにあるのが「アシストセーブ」のセーブポイント。一度ゲームを中断しタイトル画面から再開する際も,アシストセーブのデータをロードできる
画像(057)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(058)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 オリジナル版のプレイヤーにとって嬉しいのが,懐かしの「改造カード」を使った連動機能が,ゲーム内で再現されているところだろう。
 「ロックマン ゼロ3」に導入されていた改造カードは,TCGのようなパッケージで販売されたカードをGBAの周辺機器「カードeリーダー+」を使って読み込ませると,能力が強化されたりゲーム内容が変化したりする機能だ。それが本作では,ゲームを進めることで手に入り,一覧から選択した状態でカードの効果を反映できるのだ。
 改造カードを買い漁っては読み込ませた人や,コレクションとして集めたが「カードeリーダー+」を持っていなくてその効果を確かめられなかった人……。当時を知るプレイヤーは,思い出に浸りつつ楽しんでほしい。

画像(059)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 さらに熱いのが,「ロックマン ゼクス」を遊ぶ際,DSに「ロックマン ゼロ3」「ロックマン ゼロ4」を差し込むと追加ボスと戦えるという,オリジナル版の機能が再現されているところ。「ゼロ3 プラスモード / ゼロ4 プラスモード」というモードで2作品の追加ボスとの戦いがまとめて楽しめるので,こちらもチャレンジしてみよう。

画像(060)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 お楽しみ要素となるギャラリーとミュージックプレイヤーの充実ぶりも見逃せない。ギャラリーには,650点を超えるイラストや設定画,改造カードを収録。それが高解像度で堪能できる。ミュージックプレイヤーには200以上の楽曲が収録されており,マイミュージックの機能でお気に入りの楽曲を集めたプレイリストを作成し,それを聴きながらギャラリーを楽しむことも可能だ。
 オリジナル版からのファンは思い出に浸れること間違いなし。初めて「ロックマン ゼロ」と「ロックマン ゼクス」に触れる人にとっても,シリーズの魅力を知る機会となるだろう。

画像(061)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作 画像(062)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作
画像(063)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

 「ストーリーをメインにアクションは気軽に楽しみたい」という人から,「とにかくハードなアクションを堪能したい!」という腕自慢まで,プレイヤーの好みに合わせた設定でゲームが楽しめる本作。とくに,13年以上前の作品を現在のゲームに近いテンポで遊べるアシストセーブはありがたい機能で,良いアレンジといえるだろう。
 ダークな世界を舞台とした「ロックマン ゼロ」から,冒険要素を前面に押し出した“変身モノ”の「ロックマン ゼクス」という,「ロックマン」シリーズの変遷を1つのソフトで体験できる点は,興味深いものを感じる人も少なくないはず。当時を知る人はもちろん,遊び応えのあるアクションを求めている人はプレイしてみてはいかがだろうか。

ロックマン ゼロ4
画像(069)「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」を紹介。プレイヤー好みに設定できるモードや改造カードの再現が嬉しい一作

「ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

  • 関連タイトル:

    ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

  • 関連タイトル:

    ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

  • 関連タイトル:

    ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月31日〜04月01日