オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BATON=RELAY公式サイトへ
  • i-tron
  • 発売日:2020年内
  • 価格:未定
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/21 20:29

リリース

「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

BATON=RELAY BATON=RELAY
配信元 i-tron 配信日 2019/10/21

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

新世代声優ヒロインプロジェクト『BATON=RELAY』(バトン=リレー)、『BATON=RELAY WORKSHOP vol.1』、まったく新しいワークショップ形式のイベントを開催!

画像(002)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 新世代声優ヒロインプロジェクト『BATON=RELAY』の定期イベントWORKSHOP vol.1が開催された。『BATON=RELAY』に出演する新人声優たちが、ステージ上で歌や生アフレコや朗読劇に挑戦し、一人前の声優になるために頑張る……というレッスン形式のイベント。2020年の配信を予定している『BATON=RELAY』のアプリゲーム内で行われることを、一足先に見ることができるという新たな試みが詰まった企画だ。

 そのvol.1に登壇したのは、澤田真里愛(白川琴音役)、岩倉あずさ(椛坂冬華役)、水野朔(広瀬晶役)、たけだまりこ(五条咲役)の4人。

画像(003)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 昼と夜の2回公演だったのだが、昼の部では【みんなでトーク】という、「あるテーマに沿ったトークをOKが出るまで続ける」というレッスンを実施。ステージで初めて知ったお題「自分にとって理想のヒロイン像は?」というお題から話を広げていくのだが、最初は奮闘し盛り上がるものの、なかなか話が続かず苦戦する4人。トークコーナーは、誰が話を回すのか、どう膨らませるのか、そしてどうやってお客さんを楽しませるかなど、かなり瞬発力や頭の回転が必要になるが、そこはまだまだ改善の余地がありそうだ。

 そして夜の部は【みんなでエチュード】。お題は「修学旅行で京都に行くことに! 自由時間に行く場所を話し合うけど、意見がバラバラ。4人が出した答えは……」というもの。ここで問題になったのは、「演技」としてのキャラクター設定。みんな自分の「素」が出てしまい、自身の個性は出ていたがキャラにはなり切れていなかった。終了後にキャストも声を揃えて「そもそもエチュードだったのかな?」と言っていた通り、トークになってしまっていて、即興劇ではなかった。

 このように、レッスンでは課題が山積みという印象を受けたが、ワークショップなので、ここからキャストがそれぞれどう成長していくのかが大事だというのを忘れてはならない! そしてその成長を一緒に追いかけることができるのが、このイベントの面白いところと言えるだろう。

画像(004)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 イベントでは朗読劇も行われた。ゲームがリリースされるまでは、彼女たちが演じているキャラクターの性格や日常を知る機会も限られているので、それを知ることができる貴重な機会になった。そして、さらに面白かったのが生アフレコのコーナー! 『BATON=RELAY』にはゲーム内でアニメのオーディションがあるのだが、その場面を、リアルな資料とアニメーションを使って再現していた。しかも昼と夜同じ台本で、演じる役をガラッと変えて見せてくれたので、意外とクールな役もハマるんだ!とか、かわいい声も似合うんだなど、キャストの新たな魅力が発見できて楽しい。「自分っぽいキャラじゃなくても、声質的には合っているのかも?」と、キャスト自身にも発見があったようで、それは今後の声優人生にも活きてくるだろう。

画像(005)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開 画像(006)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 そして『BATON=RELAY』と言えば歌! この日はそれぞれがカバー曲を披露。澤田真里愛がバツグンの歌唱力で、大好きなLiSAの楽曲を熱唱。難しい上にエネルギーが必要な楽曲をここまで表情豊かに歌えるのはすごい才能だ。岩倉あずさは「U&I」(放課後ティータイム)と「Polaris」(Wake Up, Girls!)というアニソンファンの心をグッと掴む曲をセレクト、かわいく歌いあげる。水野朔は動画サイト系の楽曲が好きなようで、「Deal with the devil」(TiA)という高難度の曲をセクシーに歌っていたのに驚かされた。たけだまりこは「音楽系の学校に通っていて声楽専攻なんです」と語って「夢路より」というクラシック楽曲を、普段とはまったく違う発声方法と歌声で披露。4人の個性がはっきりと表れたコーナーになった。

画像(007)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開 画像(008)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 さらに『BATON=RELAY』のオリジナル楽曲も披露。岩倉とたけだがかわいい仕草も交えながら歌ったポップチューン「ビバフィーバーバンビーナ」、澤田と水野は、自分たちでハモリを考えたというバラード曲「金糸雀」(カナリア)という新曲をお届け。4人では私服衣装と、白の歌唱衣装で「Start me up」と「かけだしのモノローグ」を歌い、WORKSHOP vol.1は終了した。

画像(009)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

 次回の「BATON=RELAY WORKSHOP vol.2」は11月2日に町田市文化交流センターホール、「BATON=RELAY WORKSHOP vol.3」は11月24日にベルサール御成門駅前で開催されることを発表。彼女たちの声優としての成長を、ぜひ一緒に追いかけてもらいたい。

BATON=RELAY WORKSHOP Vol.1
10月19日(土) 町田市文化交流センターホール

<SET LIST>
●昼の部
M01 Start me up
トークコーナー「みんなでトーーク!」
M02 星間飛行(たけだまりこ/Original Song:ランカ・リー(中島愛))
M03 U&I(岩倉あずさ/Original Song:放課後ティータイム)
M04 一番の宝物 〜Yui final ver.〜(澤田真里愛/Original Song:Girls Dead Monster STARRING LiSA)
M05 Calc.(水野朔/Original Song:ジミーサムP feat.初音ミク)
朗読劇「はじめての、オーディション!」
アフレコ実践(題材アニメ:『@MAGIA ―アットマギアな職場です。―』)
M06 ビバフィーバーバンビーナ(たけだまりこ、岩倉あずさ)
M07 金糸雀(澤田真里愛、水野朔)
M08 かけだしのモノローグ
〜アンコール〜
M09 Start me up (歌唱衣装Ver.)
M10 かけだしのモノローグ (歌唱衣装Ver.)

●夜の部
M01 Start me up
即興劇コーナー「みんなでエチュード!」
M02 Polaris(岩倉あずさ/Original Song:Wake Up, Girls!)
M03 夢路より(たけだまりこ/Original Song:鮫島有美子)
M04 Deal with the devil(水野朔/Original Song:TiA)
M05 紅蓮華(澤田真里愛/Original Song:LiSA)
朗読劇「始まりの、オーディション」
アフレコ実践(題材アニメ:『@MAGIA ―アットマギアな職場です。―』)
M06 ビバフィーバーバンビーナ(たけだまりこ、岩倉あずさ)
M07 金糸雀(澤田真里愛、水野朔)
M08 かけだしのモノローグ
〜アンコール〜
M09 Start me up (歌唱衣装Ver.)
M10 かけだしのモノローグ (歌唱衣装Ver.)

 また、11月2日(土)まで、キャストの直筆サイン入りポスターが抽選で当たるフォロー&リツイートキャンペーンも開催中なので、ぜひチェックしてほしい。

画像(001)「BATON=RELAY」,定期イベント・WORKSHOPのvol.1公式レポートが公開

キャンペーン詳細はコチラ

「BATON=RELAY」公式サイト

  • 関連タイトル:

    BATON=RELAY

  • 関連タイトル:

    BATON=RELAY

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月