オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
BATON=RELAY公式サイトへ
  • i-tron
  • 発売日:2020/03/22
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/04/04 12:00

プレイレポート

声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

画像(001)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
 i-tronがサービス中の「BATON=RELAY(バトン=リレー)」iOS / Android)は,レッスンやオーディション,収録といった日々の活動を通じて,なりたい自分を目指す声のヒロインたちを導く“声優活動ディレクションゲーム”だ。

 キャラクターデザインには「神のみぞ知るセカイ」で知られる漫画家の若木民喜氏が,メインシナリオにはライトノベル「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」を手がけたしめさば氏が起用されていることから,発表当時から注目していた人も少なくはないのではないだろうか。

画像(002)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 そもそも「BATON=RELAY」とは,新世代の“声優ヒロイン”の発掘を目的としたメディアミックスプロジェクトで,作中の主要キャラクターを16名の新人・若手声優が演じ,精力的なオフライン活動によってキャストの成長も追いかけられるのが特徴だ。そのメディアミックスの軸としてリリースされたのが,本作「BATON=RELAY」なのである。本稿では,16人の声のヒロインたちの導き方や,彼女たちが紡ぐ物語を少しだけ紹介しよう。

「BATON=RELAY」公式サイト

「BATON=RELAY」ダウンロードページ

「BATON=RELAY」ダウンロードページ



これは新世代の声優ヒロインを生む物語
声のヒロインを導き,支える。それがあなたの使命


 東京都の郊外にある街“友ヶ丘市”。そこに設立された小さな声優事務所「リレープロダクション」が物語の舞台だ。現役人気声優・高縁あかりが代表を務める「リレプロ」では,新人声優を発掘・育成し,新世代へとバトンを渡す“声優ヒロインプロジェクト”が始動しており,あらゆる新人声優が集められていた。

リレプロに採用され,初の出勤日を迎える。チーフマネージャーによると,リレプロは零細弱小事務所らしいが,スタジオやレッスンルームといった設備が充実しているようだ。スタッフも所属声優もみんなかわいいし……なかなかいい職場かもしれない
画像(003)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 憧れの声優と同じ場所に立ちたい,アニメもゲームも声優も好きだから,役者としての道を追求したいから……十人十色の志望動機を胸にスタートラインにつく声のヒロインたち。日々レッスンに励み,オーディションを受けて,笑い,泣き,それぞれの道を歩んでいくのだが,「わたしがなりたい自分って――なんだっけ?」と,ときには進むべき道を見失うときだってある。プレイヤーは,そんな彼女たちを支えるボイスディレクターとして,“ボイスヒロインストーリー”を見守ることになるのだ。

画像(004)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 声優たちの物語は,ディレクターランクに応じて開放される「メインストーリー」とカードに付随した「日常ストーリー」,ミーティングでのトークでアンロックする「関係性ストーリー」の3種類が用意されている。プレイヤー視点で物語が展開するのはプロローグと関係性ストーリーぐらいで,どのシナリオも声優たちの視点で描かれているのが特徴だ。作品そのものの大筋の物語がメインストーリーで描かれるのではなく,声優1人1人をフィーチャーしたオムニバス形式で16人の群像劇が展開していく。

メインストーリーには,1キャラにつき6話のシナリオが用意されている
画像(005)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
画像(006)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
日常ストーリーはすべてのカードに付随している。ひとまずスカウト(ガチャ)を終えたら,重複分を避けて手持ちの日常ストーリーを読んでみるといいだろう。ストーリーを読了することで,ガチャなどで使える“ワード”がもらえる
画像(007)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(008)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

――リレープロダクションに所属する声優たち――

<Team-A>
画像(034)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■桜 美聡(CV.白花恋香)
幼い頃からのあこがれの声優を追いかけて声の仕事を志す。まっすぐに努力を続け,大手事務所の研修生として活動した過去も。
「はい! よろしくお願いします!」
画像(042)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■日向葉澄(CV.矢野妃菜喜)
電気街が好きで足しげく通い,アニメやゲーム,声優をこよなく愛する高校生。年の離れた弟と妹を持つしっかり者。
「大丈夫! 心配ないって!」
画像(043)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■小見川 薫(CV.白河みずな)
つかみ所がなく,ミステリアスな女の子。小柄な見た目にとらわれない,声のみの演技に魅力を感じてリレプロの門を叩く。
「なんちゃって,です」
画像(044)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■神宮凜々花(CV.星希成奏)
演技,歌,ダンスなど,何でもできるスゴイ声優アーティストになることを目指している。楽しむこと,楽しませることが大好き。
「いいじゃん! すっごく面白いよ!」

<Team-B>
画像(045)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■五条 咲(CV.たけだまりこ)
ロボットに乗って必殺技を叫ぶ! 主人公としてアニソンを歌う! 両方叶えるため声優を志す,超豪邸にお住まいのお嬢様!
「みんなで,テッペン!」
画像(046)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■高橋京子(CV.ペイトン尚未)
気高く芯の強いお姫さま……を夢見ている,ごく一般的な家庭で育った女の子。手先が器用で,衣装やアクセサリの自作が趣味。
「もう,うるさいなあ!」
画像(047)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■千歳つくし(CV.小坂 澄)
変身ヒロインアニメが大好き。あがり症で引っ込み思案だが,強靭な体力と生活力の持ち主。趣味はマラソン,特技はキャンプ。
「あ,あぅ……あたし……」
画像(048)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■椛坂冬華(CV.石飛恵里花)
あるきっかけで休業していた元読者モデル。もう一度まわりに喜んでもらえる仕事をしたいと考えていた折に,声優の仕事を知る。
「一緒に,がんばりますっ」

<Team-C>
画像(049)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■白川琴音(CV.澤田真里愛)
歌が大好きな大学生。「歌のおねえさん」のように,声で子どもたちを笑顔にできる仕事に夢を抱く。不器用で家事は壊滅的。
「みんなの方が,よっぽどお姉さんよね」
画像(035)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■広瀬 晶(CV.水野 朔)
クールな外見とは裏腹に,かわいいものが大好きな女の子。日々の着ぐるみバイトでキャラらしい動きや声を研究をしている。
「わたしなんか……でも……」
画像(036)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■新瑞なお(CV.潮先夏海)
劇団一家の一人娘。舞台とは異なる演技に出会うべく声優を志望する。普段ボーッとしているが,演技のスイッチが入ると――。
「ぼくも,いいです?」
画像(037)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■神崎千里(CV:橘 一花)
二次元を愛する大学生。事務所スタッフをしていたが,あるきっかけで声優の活動も始めることに。趣味は同人活動とコスプレ。
「はいはい,万事オーライっすよ!」

<Team-D>
画像(038)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■戸田有理(CV.鳴海夏音)
自己表現の追求と研鑽に生きるストイックな女の子。電気街の「天使と悪魔カフェ」でも働き,演技に活かす日々を送っている。
「お導きのままに……ふふ」
画像(039)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■村山 萌(CV.日原あゆみ)
あらゆる活字に触れてきた本の虫。現実の世界では起こり得ないフィクションを追求できる仕事として,声優業に興味を抱く。
「お前ときたら……はあ」
画像(040)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■天神茉莉(CV.美久月 楓)
スイーツにバイト代を注ぎ込んでしまう金欠フリーター。自分に個性が無いと思いこんでおり,コンプレックスに感じている。
「え,え? わたし,えっ!?」
画像(041)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
■瀬戸ひなの(CV.春咲 暖)
メンドくさがり・夜型人間なインドア娘。人前に出るのは苦手だが,それでも両親がまわりに誇れるような仕事を,と考え――。
「好きに起きて寝るのが一番だよぉ」


ボイスディレクターのお仕事って?


 所属声優たちが受けるべき“案件”にたどり着けるよう,育成したり,精神的にサポートしたりするのがボイスディレクターの役割だ。簡単にサイクルを説明すると,案件ごとのオーディションに向けて「レッスン」を受けさせ,声優に自信が十分についたら「オーディション」へ送り出し,合格したら「レコーディング」にチャレンジさせ,次の案件に向けて再び「レッスン」へ……という流れだ。

4人の声優を編成し,アニメのアフレコをはじめとした「案件」に挑戦しよう。まずはそれぞれの役を演じる“自信”を100%にしつつ,★3の評価をもらえるまでレッスンを繰り返すべし
画像(009)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
画像(010)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(011)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 「レッスン」「オーディション」「レコーディング」で得られるものはそれぞれ異なり,「レッスン」ではチケットをはじめとした育成アイテムが,「オーディション」ではミーティングで使用するトークが,「レコーディング」ではコインが手に入る。ある程度の案件をアンロックできたら,育成に足りないものを効率よく収集できるよう,スタミナとハートの残量に気を配りつつ3つのメニューを周回するのが基本だ。

声優たちのレベルが高ければ,レッスンなしの状態でも難度低めのオーディションに合格することは可能だが,育成を始めたばかりの段階ならレッスンで得られるボーナスポイントがないと厳しめ
画像(012)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート


■レッスンは適性に合わせてブン回すべし


 レッスンでは,「筋トレ」「ボイス」「ダンス」「演技」の4つのメニューを1〜3のフェーズをとおして行っていく。メンバーにどのメニューを割り振るかは開始前のスケジュールで確認・調整できるので,なるべくキャラクターのタイプと合致するメニューが多いレーンに声優を移動させよう。深く考えずにサクッと始めたい場合は「おすすめ配置」に頼れば解決!

ある日のレッスンスケジュール。筋トレのメニューが多すぎて,みんなマッチョになってしまうのでは……
画像(013)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 声優たちはレッスンをこなすごとにスタミナを消費し,代わりにテンションが上昇していく。スタミナゲージがゼロになると「オーバーワーク」状態になってしまい,その後のレッスンをこなせなくなってしまう。彼女たちが倒れてしまわないよう,テンションMAX時に使用できる特殊効果「ファイト」でスタミナを回復してあげよう。

オートで周回する場合は,オート設定を「ファイト」に合わせておけば安心だ
画像(014)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート


■オーディションは気を抜いた時点で試合終了


 案件の「レコーディング」に挑戦するには,まず「オーディション」に合格しなければならない。「オーディション」の配役タイプに合致する声優を編成して,一次〜最終までの各審査でアピールしてもらおう。各審査で目標スコアに達しなければその時点でオーディション失格。高評価を得たいときは,画面右下の「全力アピール」ボタンをONにして審査にのぞむべし。

ここでのディレクターの役割は,声優たちのアピールをアシストすることのみ。画面中央の収縮するサークルが小さくなったタイミングで画面をタップし,アピールを成功させよう。高スコアを狙うなら,色が濃いゾーンにサークルが収まるようタップするとボーナスが加算される
画像(016)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(017)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート


■レコーディングは声優を信じて見守るだけ!


 いよいよ案件の本番! レコーディングはこれまでの育成やレッスンの成果を発揮する場のため,案件の配役タイプと声優のタイプを合致させておけば難しいことを考えなくてOK。レコーディングの成否は画面下の獲得お仕事Ptの目安で確認できるが,この時点ではレッスンで高めた「自信」によるボーナスは反映されていない。編成画面で仮に失敗判定になっていたとしても,目標お仕事Ptと大きくかけ離れていなければ,ボーナス分で成功判定をもぎれる可能性があることを覚えておこう。

バイブリーアニメーションスタジオが手掛ける珠玉のアニメ映像をバックに,チームに編成した声優のボイスで楽しめるのがレコーディングのポイント。地上波で放送されていてもおかしくない高クオリティのアニメーションを堪能しよう
画像(018)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
画像(021)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(022)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
案件のオーディションに合格したり,お仕事をクリアしたりすると,設定資料やアニメの映像が「鑑賞」に追加され,いつでも閲覧できるようになる
画像(019)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(020)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート


■育成のポイント


 案件をこなすことで声優たちの経験値が蓄積されていくが,手っ取り早く成長させるなら「自主トレ」が一番だ。トレチケはレッスンをこなしていればそこそこ溜まるのだが,自主トレを始めると何かとコインが枯渇しがちになる。育成が本格化する前から,通常案件のレコーディングか,曜日で開放されるコイン案件を周回してコインをコツコツためておくといいだろう。

トレチケやコイン集めは,曜日ごとに発生する案件を周回するのがオススメ
画像(023)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 とくに,育成で覚えておきたいのがメモリアルキーの用途だ。メモリアルキーは,ミーティングでトークを100消費するごとに得られ,キーによって声優たちの隠されたプロフィール(エピソード)をオープンできる。さらに,プロフィールを開放していくと声優との関係レベルが上昇し,関係性ストーリーがアンロックされるとなれば,メモリアルキーをここで消費したくなってしまうところ。

プロフィールのエピソードでは,メッセージアプリのトーク画面を模したショートストーリーを楽しめる。メッセージに対して猫のスタンプでお返事できる仕様で,この猫のスタンプがだいぶかわいい
画像(024)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 育成を急がずじっくりプレイしたい人ならそこまで意識しなくても問題ないが,上述したメモリアルキーは声優のステータスを大幅に上昇させる「開花」にも使用するアイテムだ。関係レベルの上昇と「開花」のどちらを優先するかはディレクターとしては迷いどころ。彼女たちをより深く知りたいならミーティング優先で,ステータスアップが急務なら「開花」を優先しておこう。

「オーディション」は一度クリアしたら周回なしでOKでしょ? と思っているディレクターは,後々メモリアルキー不足で泣くことになる。オーディションの周回も忘れないで!
画像(025)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(026)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート


か弱く,ひたむきな彼女たちがつなぐ物語に心が震える


 リリース前に公開されたボイスドラマ「BATON=RELAY alternative」を視聴してからというもの「推しは堤 八雲ちゃんだ!!」と確信していたのだが,プレイを始めてから八雲が「リレプロ」ではなく「アーツ&スターズ」所属であることを知ってしまった。推しに注ぐはずだった愛をどこにぶつければ……と思ったのも束の間,メインストーリーを読み始めてみれば推しがドンドコ増えてしまい“好きの大渋滞”状態になっていた。もうね,「リレプロ」の子たちが健気に自分の“なりたい”を探し求める姿を見ていると,一番なんて選べない……リレプロ箱推しですよ……

彼女たちの視点で綴られるストーリーでは,心の奥に秘められた感情まで丁寧に描写されている。1人分のエピソードを読了する頃には「この子の頭をやさしく撫でてあげたい……」そんな感情がこみ上げてくるほどだ(※個人差があります)
画像(031)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
画像(030)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 こうして好きの大渋滞が起こったのは声優個々の魅力ありきとも言えるのだが,それに気付かせてくれるメインストーリーあってのことだと感じている。上で説明したとおり「BATON=RELAY」のメインストーリーは1人1人をフィーチャーしたオムニバス形式ではあるのだが,それぞれのストーリーはところどころで“つながっている”ことがある。同じ事務所での出来事と考えれば自然なことかもしれないが,誰かの行動が誰かの背中を押していたり,見失っていた自分の“なりたい”に気付かせるきっかけになっていたりと,物語上で起きたつながりによって声優たちのドラマがより味わい深いものになっているのだ。それはまるで,誰かの想いが声とともに託されていくバトンリレーのように

メインストーリー上で1人1人の物語が丁寧に描かれるからこそ,プレイヤーが推しを見つけやすく……いや,推しがどんどんと増えていってしまう現象が生まれるのだろう
画像(029)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート
画像(027)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート 画像(028)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

 想いのバトンリレーによって,不完全な声のヒロインたちが次々と化学反応を起こしていくさまに,たまらなく胸がきゅっと締め付けられる。誰か1人だけが主役ではないし,誰かが欠けてしまっても生まれなかった物語。ときに競い合い,支え合い,ぶつかり合いながら成長し,一人前の声優となる。16人全員が主人公であり,それぞれの軌跡が絡み合って1つの物語が生まれていく。ひとたびメインストーリーに触れれば,不思議と温かな気持ちになることだろう。

 声優たちの物語はまだ始まったばかり。先日の運営通信によると,メインストーリー第一部のフィナーレにあたる物語「ミライ=バトン」が4月中旬頃に追加されるとのことなので,今後彼女たちがどのような成長を遂げていくのか見届けていきたい。

もしディレクターデビューする予定があるなら,センス溢れる咲のレッスン着に注目してみてほしい。「1/1スケール」の文字から伝わる個性のクセがすごい
画像(032)声のヒロインたちがつなぐ想いのバトンリレーに胸がアツくなる。「BATON=RELAY」プレイレポート

「BATON=RELAY」公式サイト

「BATON=RELAY」ダウンロードページ

「BATON=RELAY」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    BATON=RELAY

  • 関連タイトル:

    BATON=RELAY

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
78
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
75
アークナイツ (iPhone)
71
三國志14 (PC)
67
仁王2 (PS4)
43
2019年12月〜2020年05月