オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ETERNAL公式サイトへ
  • アソビモ
  • 発売日:2020/12/15
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
35
投稿数:5
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/15 17:32

プレイレポート

「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 アソビモは,2019年秋に配信予定の新作MMORPG「ETERNAL」iOS / Android)の第2回クローズドβテストを,11月8日から13日にかけて実施した。本作は,キャラクター・モンスターデザインに天野喜孝氏,主題歌にLUNA SEA,ゲームサウンドにMONACAといった,錚々たるメンバーが起用されていることでも注目を集めるタイトルだ。

画像集#001のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 前回のCBTでは,サブクエスト攻略やバトルを中心とした限定的なコンテンツを体験できたが,今回は第1回CBTの内容に加え,新たに戦術システムやジョブの特性変化などを体験できた。本稿では,今回のCBTから実装された新要素のプレイフィールを中心にレポートしていく。なお,バトルやクエスト,マルチプレイまわりの基本コンテンツについては前回の記事に詳しいので,そちらをチェックしてみよう。

グラフィックスの緻密さはこのとおり。静止画では伝わらないかもしれないが,風が野をそよぎ,雨とともにミストが舞う,リアリティのある情景はさすがのひと言だ
画像集#002のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
画像集#003のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート 画像集#004のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

関連記事

何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

何もかもが美しいファンタジー世界を自由に駆け巡る。アソビモの新作MMORPG「プロジェクト エターナル」CBTプレイレポート

 アソビモは,2019年秋に配信予定のスマホ向け新作MMORPG「プロジェクト エターナル」のクローズドβテストを,5月15日から21日にかけて実施した。第1回となるCBTで触れられた本作のゲームシステムや見どころを,インプレッションとともにお伝えする。

[2019/05/28 12:00]

「ETERNAL」公式サイト


ストレスの少ない手軽なゲーム進行
“戦術”を使いこなせば狩りもはかどる!


 ゲームを開始すると,まずウォーリア/パラディン/メイジ/プリーストからジョブを選択し,プレイヤーキャラを作成することになる。第2回CBTでお披露目されたキャラメイクは,顔,髪型,体型といったパーツとその色,ボイス,妖精をリストから選ぶオーソドックスなものではあったが,自分の分身を理想の見た目にできるのはやはりうれしい。キャラメイクが終わると,本作の世界観を掴めるハイクオリティなムービーが流れ,その後,冒険が幕を開ける。

妖精は冒険中にヒントを与えてくれるサポートキャラのようなもの。メニュー画面を開くと頭を撫でられる
画像集#005のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
画像集#006のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート 画像集#007のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
画像集#008のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
オープニングムービーのワンシーン。グラフィックスも音楽も素晴らしく,個人的にはかなりテンションが上がった
画像集#009のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 フィールドに降り立ったあとは,ガイドキャラの指示に従ってクエストを進行していく。クエストにはオート機能が備えられていて,画面左のクエストリストをタップすれば目標地点へ自動で移動してくれたり,討伐目標との戦闘を行ってくれたりと,手軽に遊べる形になっていた。もちろん手動操作での移動や戦闘も可能なので,マップを気ままに歩いて敵とのバトルを楽しむのもいいだろう。

キャラの操作は,バーチャルパッドで移動,画面右下のアクションボタンをタップしてスキル発動,通常攻撃,ジャンプ,回避を行える
画像集#010のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
画面左のクエストリストをタップすればオートでキャラクターが移動するお手軽仕様! 手動操作で目標地点へ向かう場合は,クエスト名右のコンパスマークで方角や距離を確認しよう
画像集#011のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 フィールドでのバトルは,通常攻撃のほかショートカットに設定したスキルを駆使して戦う。スキルには,攻撃や回復手段となるアクティブスキルと,効果が常時発動するパッシブスキルが存在する。レベルが上がると手に入るスキルポイントを消費して,威力などを強化できるほか,一定レベルまで強化すれば追加でスキルを習得することも。

 手動でバトルをこなすのもいいが,オートでの戦闘が新要素“戦術”によって快適になっている点にも注目したい。戦術は今回のCBTから実装された機能で,プレイヤーキャラの置かれた状況に応じて,あらかじめ設定した行動をとってくれるマクロのようなものだ。
 例えば体力が50%以下ならポーションを使用し,その後,最も近い敵にスキルで攻撃する。といった具合にオート戦闘時の行動を条件ごとに設定でき,自動戦闘をより快適にしてくれている。

対象や条件を指定して,プレイヤーキャラの行動を細かく設定できる。攻撃,スキルの使用だけでなく,ポーションをはじめとしたアイテムの設定も可能だ
画像集#014のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
画像集#015のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 一般的なオートバトルは,プレイヤーキャラの置かれている状況に関係なく行動するものが多いイメージで,手軽である反面,強敵相手や特殊な動きをする敵相手では役に立たないこともしばしば。しかし本作の戦術システムは,条件設定を行う手間はあれど,組み方次第では想像以上のパフォーマンスを見せてくれることもあり,自分で組み上げた戦術がうまくはまったときの達成感はひとしおだ。ソロプレイのほか,パーティプレイ用の戦術を設定できるのもなかなかに嬉しい。人によってはかなりハマる要素なので,これを目当てに本作を遊んでみるのもいいかもしれない。

 なお,戦術を組むのが面倒,そんなことよりどんどん進みたい! という人は,自動で戦術を設定してくれるおすすめ機能もあるので安心してほしい。


特性を変えれば同じジョブでも性能がガラリと変化


 第2回CBTの目玉となる要素は戦術だけではない。ジョブのプレイスタイルをガラリと変える“特性”も漏れなくチェックしておきたい。どういったものかというと,ジョブごとに用意された3つの役割の中から,プレイスタイルに合ったものを選択し,後天的に特性を変化させられるというシステムだ。

 ウォーリアの場合は,剛腕,激情,鉄壁といった具合に集団戦が得意なもの,防御に特化したものなどの特性に分かれている。それぞれの特性によって習得するスキルも違えば,特性によってはジョブそのもののロール(役割)が変化するものもある。ウォーリアであれば,“鉄壁”を選ぶと守備に重きを置いた性能になり,ロールがアタッカー(攻撃担当)からタンク(防御担当)に変化するのだ。

ウォーリアの“剛腕”特性では攻撃的なスキルがそろっている
画像集#016のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
かたや“鉄壁”特性では防御寄りの性能に
画像集#017のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 また,基本的には回復がメインの役割であるプリーストも攻撃特化の特性が用意されている。ヒーラーでありながらアタッカーの役割もこなせるようになり,ソロプレイ中の狩りで攻撃面の力不足を特性で補うこともできるのだ。各職業の特性はどれも特徴的なので,いろいろ試しながら自分に合ったものを探してみてほしい。


PKの洗礼はMMORPGの醍醐味? PvP要素も完備!


 フィールドでPKが可能なのも本作の特徴の1つだ。ギルド等で行う大規模なPvP戦が予定されているのはもちろんのこと,個人間でのPK機能もあり,PK可能なマップではほのぼの系のタイトルにはない緊張感を味わえる。かくいう筆者は,CBT期間中にバッチリPKされてしまった口だ。

 ゲーム開始後におとずれるエリアは基本的にPK不可なのだが,ある程度ゲームが進むとフィールドでのPKが解禁される。筆者は,ちょうど監視塔というエリアに到達した際に,運悪くPKを狙うプレイヤーに出くわしてしまった。このエリアは重要なクエストで訪れる場所で,しっかり話を追いながらクエストを進めていたら,どこからともなく攻撃音が聞こえてきて,気付けば画面外から颯爽と現れたプレイヤーに狩られてしまったのだ(流石に悔しかったので反撃に出てみたものの,見事に返り討ちにあい,計3敗したのは秘密にしておきたいところ……)。

攻撃されているのに気付いた次の瞬間にはこの状態に。「ETERNAL」の世界って,意外と殺伐としてる?
画像集#018のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート
PK可能エリアであるかは画面左上の青いアイコンをタップすると確認できる。他プレイヤーから攻撃された際に反撃するか,中立のNPCを攻撃するかなどの設定もここで
画像集#012のサムネイル/「ETERNAL」は,戦術,特性,PvPにハマる大型MMORPGだった! 遊びごたえのあるシステムを体験できた第2回CBTレポート

 なかにはPK要素に苦手意識を抱く人もいるかもしれないが,往年のMMORPGに通じるプレイヤーにとってはなじみのある要素であり,この殺伐とした感じが好きというプレイヤーもいるだろう。ほのぼの系のMMORPGではなく,プレイヤー同士で徒党を組んで大規模な戦争を起こしたり,PKメインもしくはPKを狩るPKKに興じてみたりという楽しみ方もいいだろう。ただし,PKによってカオティクレベルが上昇するというこれまたおなじみの仕様があり,カオティックデバフによるペナルティが課せられることも覚えておこう。

 今回のCBTをとおして,グラフィックスやサウンドだけでなく,システム面においても“本格派タイトル”であることがうかがえた。正式サービスが開始された暁には,オート機能付きで手軽なだけでない,工夫しがいのある本格的な冒険を,ぜひとも「ETERNAL」で体験してみてほしい。

関連記事

天野喜孝氏が語る“役者創り”とは。「ETERNAL」のキャラクターデザインについて聞く

天野喜孝氏が語る“役者創り”とは。「ETERNAL」のキャラクターデザインについて聞く

 アソビモが2019年秋に配信予定の新作MMORPG「ETERNAL」は,5月に行われた第1回クローズドβテストでその世界の一端がお披露目され,話題を集めている作品だ。本稿では,そんな本作のキャラクターデザインを務める天野喜孝氏への合同インタビューの様子をお届けする。

[2019/10/04 18:00]
関連記事

ゲーム音楽はプレイヤーとの会話であり,空気のような存在。「ETERNAL」のサウンドを手がける帆足圭吾氏&高橋邦幸氏にインタビュー

ゲーム音楽はプレイヤーとの会話であり,空気のような存在。「ETERNAL」のサウンドを手がける帆足圭吾氏&高橋邦幸氏にインタビュー

 アソビモが2019年秋に配信予定のMMORPG「ETERNAL」。本作のサウンドは,音楽制作のクリエイター集団・MONACAの帆足圭吾氏と高橋邦幸氏が手がけている。お2人に取材する機会を得られたので,本稿では楽曲の注目ポイントやゲーム音楽への熱いこだわりが語られたインタビューの様子をお届けしよう。

[2019/11/01 18:00]

「ETERNAL」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ETERNAL

  • 関連タイトル:

    ETERNAL

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月26日〜01月27日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月