オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/09 10:00

連載

少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

画像(009)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ステージ攻略型のスマホ向けアクションゲーム「Candies 'n Curses」iOS / Android)を紹介しよう。プレイヤーは少女モリーを操り,懐中電灯を片手にお化け屋敷を探索していくのだ。

アプリは無料で遊べる。ストーリーも存在するが,日本語化はされていない
画像(001)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回 画像(002)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

「Candies 'n Curses」ダウンロードページ

「Candies 'n Curses」ダウンロードページ


 ステージ内では,上下左右のスワイプでモリーを移動させ,懐中電灯の光をお化けに当てて撃退する。次々と出現するお化けを撃退し,最後に出てくるボスも撃破できたらステージクリアだ。モリーの動きはとてもスピーディなので,直感的なアクション操作の楽しみを存分に味わえるだろう。

お化けはかなりの数が出現する。操作は簡単だが,骨太のアクションが楽しめる
画像(003)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回 画像(004)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

 お化けに接触したり,攻撃されたりすると画面左上のライフが減っていき,ゼロになるとゲームオーバーだ。倒したお化けやステージ進行度に応じて経験値が加算され,レベルアップすると新たな装備品やアップグレードがアンロックされる。なお,装備品の購入などにはゲーム内通貨が必要なので,たくさんのお化けを倒して稼いでいこう。

初期装備でも戦えないことはないが,素直にアップグレードしていくほうが楽だ
画像(005)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回 画像(006)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

 ゲーム内通貨は結構な量が求められるので,主人公のレベルアップ時のボーナスをはじめ,デイリーミッションやログインボーナスなどを積極的に活用していくといい。アプリ内課金を利用すれば簡単に増やせるので,煩わしく思ったら検討しよう。

ステージ間では強化アイテムを入手するチャンスが。強力ゆえにマイナス効果付きのものもある。まさにキャンディと呪いである
画像(007)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回 画像(008)少女モリーがお化け退治。スマホ向けアクション「Candies 'n Curses」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1905回

 ドット絵で描かれたキュートなグラフィックス,遊び甲斐のあるゲームボリューム,さらに簡単ながらも骨太なアクションを含めて,基本無料とは思えない充実さを見せている本作。興味を持った人は,この機会に挑戦してみてはいかがだろう。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,”キャプチャー・ザ・フラッグ”こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Candies 'n Curses

  • 関連タイトル:

    Candies 'n Curses

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月21日〜01月22日