パッケージ
ANNO: Mutationem公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/08/08 16:23

イベント

[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介

画像集#002のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
 中国・上海で開催されたゲームショウ「ChinaJoy 2018」のSony Interactive Entertainmentブースは,個人的に大豊作であった。新興ゲームメーカーを支援するプログラム「China Hero Project」の関係者は皆アグレッシブで,中国におけるコンシューマゲームの勃興が感じられたが,そのほかの出展作も粒揃いだったと思う。本稿では,そのなかの一作である,ThinkingStarsが開発を行う「ANNO Mutationem」PlayStation 4)を紹介しよう。

 本作は,サイバーパンク風の世界観を採用した,横スクロール型のアクションゲームである。ピクセルの粗さが活かされたグラフィックスが特徴で,海外ゲームに詳しい読者であれば,いわゆる“メトロイドヴァニア”と聞けばピンと来るだろう。

画像集#003のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
画像集#004のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介 画像集#005のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
画像集#006のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介 画像集#007のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介



画像集#014のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
 このゲーム内世界の人類は,体の一部を機械化することでウイルスの侵食に対応している。そういった人たちが当たり前のように住まう時代で,女戦士ANNを操って戦いぬくというゲーム内容だ。
 ANNはビームサーベル状の武器をメインに使うほか,体の一部をレーザー砲など,さまざまな機械に変化させられる。またNPCとの会話などを行うアドベンチャーパートもふんだんに用意されているようだ。

画像集#008のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介 画像集#011のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
画像集#009のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介 画像集#010のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介

ThinkingStars CEO,Li Yao氏
画像集#012のサムネイル/[CJ2018]サイバーパンク風の新作メトロイドヴァニアがPS4向けに開発中。「ANNO Mutationem」の直録りムービーなど動画2本を紹介
 話を聞いたThinkingStarsのCEOを務めるLi Yao氏によると,(やっぱり想像どおり)「ザ・キング・オブ・ファイターズ」「メトロイド」などの日本のゲームが大好きなスタッフが多く集まっているとのこと。ああいったアクションを,最新世代のプラットフォームであるPlayStation 4で実現したいそうだ。
 一方でその世界観や,体内に機械を取り込むという設定などは,映画「ブレードランナー」などに代表されるサイバーパンクをベースに,漫画/アニメ「攻殻機動隊」などからの多大な影響を受けているという。

 本稿では試遊台の直録りムービーを掲載するので,こちらもぜひチェックしてほしい。アクションに関しては未知数だが,薄汚い路地にネオンが浮かび上がる様など,世界観やグラフィックスは,かなり良い線行っているのではないだろうか。



 発売時期に関しては,2019年の第3四半期が予定されている。海外展開も気になるところだが,Li Yao氏によると,SIEが海外パブリッシングにも積極的という部分に同意して,プラットフォームにPlayStation 4を選んだとのこと。現在の中国におけるPS4は,既存のPCやスマホに対して後発にあたるが,SIEが目先の利益ではなく5年後や10年後を見据えていることにも賛同しているそうだ。メトロイドヴァニア好きの読者は「ANNO Mutationem」の名前を覚えておいて損はないだろう。

4Gamer「ChinaJoy 2018」記事一覧

  • 関連タイトル:

    ANNO: Mutationem

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月15日〜05月16日
タイトル評価ランキング
83
Halo Infinite (PC)
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
46
ELDEN RING (PC)
2021年11月〜2022年05月